2016年11月06日

2016年11月の予定&駄文・歯の語呂と記念日

2016年11月の予定

 9日・水曜・19時終了
14日・月曜・19時終了
15日・火曜・午後より診療(午前休診)
16日・水曜・19時終了
18日・金曜・19時終了
21日・月曜・19時終了

今回は第3週に集中して予定が詰まってしまいました。
19時以降を希望される方には申し訳ありませんが
1週ずらしていただくかもしれません。
お電話等でご確認ください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、語呂好きの人はお解かりかもしれませんが、
11月8日は「いい歯の日」です。

実は
4月18日も「よい歯の日」です。
どちらも昭和60年に誕生したよう。

それ以前から
6月4日の「虫歯予防デー」
はあったのですが、
年1回の啓蒙活動だけでは
虫歯は減らない。
歯科の病気は虫歯だけでなく
歯周病などになっている
成人や高齢者の増加もある。
との思いから
検診推進・健康意識向上のために
「春・秋」で口腔内全体の健康を
確認できる機会を
日本歯科医師会として制定したようです。

余談ですが現在は
「虫歯予防デー」→「ムシ歯予防週間」
として「6月4日〜10日」
と改定されています。

ちなみに日本矯正歯科学会は
11月8日を「いい歯ならびの日」
として制定しています。

ただ、4月・6月・11月と考えると
なぜ1月あたりでもう1つとしなかったのでしょう?
1月18日だって
「いい歯の日」にしても良いように思います。

年越しで生活リズムが乱れ、歯周病などの悪化に
拍車がかかっている人が増える時期。
また成人式直後でもあり、
いいきっかけになると思うのですが・・・
新年早々じゃ何かと忙しく
自分のことに目を向ける余裕がない
ということかもしれませんね。

「歯の記念日」と検索してみると
様々な会社や団体などが
関連する語呂の記念日を制定しています。
「いい歯肉の日」とか「白い歯の日」など
結構数ある事に驚かされます。

語呂というわけではありませんが
歯科ってあまりいい響きがないんですよね。
歯科医 → 司会?
歯科医師 → 司会士?
歯医者 → 敗者?廃車?
ドクター → 医者?
デンティスト → 聞いたこともない?
職業と聞かれて、
口頭でどう答えても
一回で正しく伝わったためしがありません。

おまけに治療的にも歯科は
怖がられる対象となっています。
中にはウチなら大丈夫と
いってくれる人もいるのですが、
過去に植えつけられた恐怖心は
そんなに簡単には払拭できません。

毎日汚れが溜まる部位ですから
9割以上の人々は
最低でも年1回以上の
メンテナンスを受けて欲しいものです。
診療や治療から遠ざかるのが一番危険ですし
安定している人でも、
急に忙しい時期が続くと
別人のような口内環境に
なっていることもあります。

逆に定期的にメンテナンスすることで
確実に良くなっている人はいます。

年末年始に差し掛かるほうが
何かと気忙しく、放置されがちですので
気になっている方ほど、11月のうちに
受診してしまうことをおすすめします。


カラフルあっぷるいーと3.JPG





posted by あっぷるいーと いんちょう at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

駄文・2016年10月にあったことと中年の自覚

2016年10月ももう終わります。
今月は
月初めのコピス前ステージ演奏。
月中の武蔵野市歯科医師会創立50周年記念式典。
月末の休日診療。
など日曜に予定が詰まっていて
結構あわただしい月でした。

コピス前の演奏は
バンドメンバーに晴れ男・晴れ女が多いのか
毎回暑すぎるほどの晴天。
椅子なんか数十秒離れるだけで
座るのが辛いくらい熱がこもって。
特にドラムはシンバルがレフ版のように
太陽光を反射して
集中力を奪うほどの暑さに。
演奏はカラオケのようにエコー多めに
誤魔化していたので・・・
本人たちは楽しんでいます。

北多摩地区合同歯科医師会から
武蔵野市歯科医師会として独立して
50周年の記念イヤー。

この頃からいらっしゃる人はどんなに若くても
現在は75歳を超えています。
そんな方とお話しする機会もあります。
今の会の雰囲気は、その頃からの積み重ねで
作ってこられた居心地のいい時間。
様々な敬意と感謝を感じつつの
記念式典でした。

そして本日は休日診療の当番。
ちなみに9時から5時までです。
ハロウィンなので
はしゃぎすぎて
怪我する子供が増えなければよいのだけど。

吉祥寺はハロウィンウィーク。
アニメフェスが終わってから
仮装する親子や店員さんをよく見かけます。
5年ほど前から流行り始めたそうですが
もう定着したイベントですね。

7月から12時・1時頃まで残業する日が多く
やっと10月終盤になってから
落ち着きを取り戻しました。
よく疲れないねと言われることがありますが
自分で決めた必要だからやらなければならないこと
なので大変ではあっても苦には感じません。
リフレッシュしたければ、歯科医師会の先生と
飲みに行ったりもできますし、
楽器なんかもやっているので
バランスよく発散しているのでしょうね。

子供の頃から
あんまりストレスを感じない性格みたいです。
・・・と書いてみて
ジャストタイムで思い出したことがあります。

日ハム10年ぶり日本一決まりましたね。
日テレ王道の2時間以上の延長テレビ枠。
終了予定時間に6回の攻防って、
始めから放送時間延長ありきの予定なのでしょう。
地デジの番組表が、時間を追うごとに
20分後、35分後・・・と
4回くらい延長変更されるのを
わざわざ確認してしまいました。

中学高校の時、寮生活だったため、
週末にしか帰宅できず、
1週間分のテレビ予約を楽しみにしていました。

今のような野球中継でズレた場合の
録画調整できる機能もないVHSのデッキ。
週刊番組表のある雑誌には、
野球中継延長の最大時間が書かれていましたが、
頻繁にそれ以上延長しまくるのが多い印象の日テレ。

最大30分延長ありと書いてあったから
1時間ドラマを1時間30分かけてVHS録画予約して、
野球中継とヒーローインタビューで
すべて埋め尽くされる経験をどれだけしたことか・・・

本戦が終わっても、勝利者インタビューって・・・
プロ野球好きの圧倒的多い日本ですので
私の方がマイノリティでしょう。

仮にドラマが始まっても、いいところで
野球結果速報を流してくれたことも嫌いでしたね。

当時はテレビっ子でしたので
1週間の授業を乗り切るエネルギーとして
たくさんのドラマ録画を
「一日千秋」の思いで楽しみにしていましたから
(野球中継後の番組ワーズハウスでやってた言葉だったので)
どれほどプロ野球を恨んだか。

当時の日テレの近くに住んでいましたから
その横を通り月曜の朝6時ころ
着替えをパンパンに詰め込んだ鞄を手に
寮へと向かうわけです。
局の駐車場で天気予報中継とか
早朝英語番組とかやっていたような。
嫌な気分で登校する感じが画面の端に見切れて
映っていたかもしれませんね。

刑事ものとかがなくなり
ラブストーリーものに飽きだしたころから
まず日テレの番組から見なくなってきたのは
自然な成り行きだったように思います。

専門チャンネルなどが増えたおかげで
野球にわずらわされることがなくなったころには
あまりテレビを見なくなっていました。

ここのところ数年は見ても1クール1つ
程度でしたのでテレビ全般に疎くなっていて
お笑いも歌もほとんど知らない。
時勢にまで疎くなってきました。
(話題すぎるピコ太郎は知っていますが・・・)

子供の頃に感じた
流行に疎いという『中年』の定義が
完全にあてはまったようです。

子供の頃を思い出して
自分が中年な自覚をする・・・
野球後の唐沢寿明主演の
ラストコップを見てしまったせいで
中年感を感じたせいでしょうかね。

まぁ中年になってわかったこと。
流行に疎くてもまったく困らんなぁ。
どっちかというと学生時代より
充実しているような。

これからも
おやじパワーで頑張ってみましょう。



カラフルあっぷるいーと3.JPG



posted by あっぷるいーと いんちょう at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

2016年9月の予定&駄文2つ&臨床経験の一部をお裾分け

9月の予定

16日(金曜)・19時終了
20日(火曜)・午前休診・午後通常診療
24日(土曜)・13時終了
28日(水曜)・19時終了

ご注意ください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

私事ですが秋は音楽イベントが満載。
9月10月11月と連続であります。
まぁ、一般閲覧されるようなイベントは
10月2日の吉祥寺アニメフェスの一環で
コピス前ウッドデッキでのビッグバンドくらい。
日曜日の12時ころから30分ほどです。

半年前の初ステージからあっという間の
セカンドステージとなります。
予定は7曲。
そのうち1曲だけ
16小節ほどのドラムソロがあるんですが
そんな難しいことはしません。
どっちかというと9月11月のサックスのほうが
練習不足でヤバイやばい。
どーしましょう。

−−−−−−−−−

何年か前に飼っていた子にそっくりな
ワンちゃんにウチの親が出会ってしまいました。
ペットショップにいた生後4ヶ月。
翌週、もう一度親が見に行くと
販売価格が3分の1に落ちていた。

大きくなってしまうと商品価値が下がるそうで
(たった4ヶ月で決定してしまうのだそう)
かつては、売れ残りは処分対象となってしまって
いたらしく、その後の経緯をネット検索してみると
とても痛々しいものが数多くあったようでした。
動物愛護法のおかげでだいぶマシなんでしょうが
それでもまだ可哀想な子はいるでしょう。

「ペットショップ 売れ残り その後」
などと検索するといろいろな情報が出てきます。
すべてが真実とは限りませんが・・・
今でも隠れて悲惨な現状があるのかもしれません。

そんな不安から、我が家の家族として
来ることになりました。
最初は様子を伺うように
おとなしかったらしいのですが
私が帰宅して抱っこした時から
わんぱくボウズに豹変。
他の犬猫を追い掛け回して
遊びたがるようになってしまいました。

今まで最短生後10日で我が家に来た子もいましたが
4ヶ月経っていたからといって、
愛くるしい子には変わりありません。
逆にちゃんとおしっこ等が仕込まれていて楽です。
できればそんな時間が経ってしまった子を
愛おしく思ってくれる家族に出会ってほしいと願います。
そういう出会いに巡り合える子が1つでも多く
あるといいなぁ。

ちなみにウチのはオスのペキニーズです。

20160824_204641.jpg
なかなかちゃんと写真にとれなくていまいちですが、
おかげでいつも以上に我が家の笑顔が増えています。

−−−−−−−−−

稀ではありますが自分自身が患者になって
他科を受診することがあります。
何度かかかっている所なら
慣れもあり、いつもな感じでよろしく
的なこともあります。

しかし、そこがお休みな時に
他所のクリニックにかかると
かなり淡白な対応に驚きます。

まぁ、私自身が歯科医師であることを
告げたうえでの対応ですので、
多少は他科の専門知識もありますし
一般の患者さんとは
対応が異なるのかもしれませんが、
2つある診療室を行ったり来たりする先生ですと
こちらが質問しようとするタイミングで
立ち上がり別室へと歩みを進めている途中だったり。

ウチではやりたくない対応ではありますが、
無意識でそう感じさせてしまうことも
あるのかもしれませんね。
通ってきてくれている
患者さんはどう思っているのでしょう。

単なる行き違いということではあるのでしょうが、
2人の間で
意思や話の内容が異なる事は起きます。
受け手にどう伝わるのかはとても難しい。

時折このブログのコメントでも
そんなことしか伝わってないのかと
思い知らされることもあれば、
その程度の意見で噛み付いてくる人
なんかもいたりして、
分けわからんものは消したり、
ときに残したりしていますが、
事実このブログは
万人受けするつもりではないので
当たり障りのないことで済ます内容に
まとめることはないでしょう。


以前も書いたかもしれませんが、
「寝しなのジュースはやめようね」
と伝えたら
「ジュースはやめてスポーツドリンクにしました」
と言われちゃったことがあります。
こちらとしては、ジュースというカテゴリィの中に
スポーツドリンクが入っているという感覚
だったのですが、その子にとっては別物でした。


「軽くだったら運動してもいいですよ」
と伝えたら
「軽く100km走っただけだったんですが・・・」
と言われてしまった事もあります。
24時間テレビでタレントが1日中かけて走る距離が
軽い運動だというその方の本気の運動は
200km走り込むレベルだったと、
ウチで4年以上診療していて初めて知ったわけです。
マラソンレースなどにも参加されていることは
知っていましたが、
私の知人でレースに出る人の5〜10倍の練習量
だとは思ってもいませんでした。
私の勝手な思い込みです。


抜歯やその抜いた歯を処置して再び戻す再植治療
などの外科処置はウチでは定期的に行うのですが、
時折、治りが悪い人がいます。
おかしいなぁと思っていたんですが、
ウチでお渡しするウガイ薬が終わったことで、
心配になり、イソジンなどで自主的にウガイしていた、
ということを知ったのもつい最近です。

特に抜歯再植治療などを行うと、
回復するための細胞が弱々しい時期があります。
イソジンなどは殺菌力が強く、
その弱々しい時期の回復細胞まで殺してしまい、
治りが悪くなってしまうことがあります。

ウチで作ってお渡しするウガイ薬は成分的に
そういうことはないので、
回復期になるまでの2次感染予防として
使ってもらうのですが、
「使い終わったら普通に水だけでいいからね」
と伝えても、外科処置後になるわけですから
心配してしまう人はいるはずでした。

患者さん本人的には悪いことをしていない
つもりなので、治りが悪いことへの
思い当たる原因を聞き取りしたくても、
イソジンなどの使用を含めてくれません。
逆に、
自分の身体が治る力がないのか?
この歯が手遅れだったのか?
とマイナスに思われてしまうこともあります。


キャラメルなどで
小さな銀歯が取れることはありますが
ベーグルなどのモチモチしたパンで
取れることがあることも数年前に知ったばかり。
それまで食べたことがなかったので、
あわてて粘着力を確認しに、
複数の店のベーグルを食べ比べてみたものです。


臨床経験という言葉に集約されてしまいますが、
教科書には記述のない現場での体験からくる
積み上げられた知識や技術には、
些細なことではありますが、こんな体験談でも
底上げされて分厚くなってきます。

何万人診ている、
インプラントを何万本打った経験がある、
なんていう臨床経験とは異なる臨床経験ですが、
現場で、患者さんと触れ合うことで知る
大切な情報です。
コレばかりは流れ作業的に診療していても
気付けないことでしょう。

同業関係者の方もチラホラ「見てるよ」
と言われるこのブログですので、
経験談の参考になるようなことがあれば
幸いです。
ご活用ください。

−−−−−−−−−

なぜ2回に分けないのだと
突っ込まれるであろう長文を御一読いただき
ありがとうございました。
先の2文を足したことで、
今更短い文に編集し直したり
新しいのを書く時間もないので
このままアップします。

まだ暑い日々ですが、
身体にはお気をつけて。


カラフルあっぷるいーと3.JPG





posted by あっぷるいーと いんちょう at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする