2020年12月07日

2020年12月の予定&駄文・バーンアウトは高エネルギー対応しかない

2020年12月の予定

8日(火)19時終了
9日(水)18時30分終了
12日(金)18時30分終了
19日(土)18時終了
22日(火)19時終了

12月27日(日曜)〜1月3日(日曜)までは
お正月休みとなります。
新年は1月4日(月曜)からですのでご注意ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あっという間の年末です。
どこかに行くこともままならないような、
でもどこかに行って
どんどん景気を回せと指示されているような。
国と都の押し付け合いどころか国民に丸投げ。
どうするか皆悩ましいでしょう。

結局今年1年で、辞めてしまった飲食店も増え、
吉祥寺でも
おすすめだったお店がいくつもなくなってしまいました。
非常に残念です。

こんな時期ですから
マスクせずに屋外を歩くだけで、
モテ期でも来たかと思わせるほど
特に女性からの視線が刺さります。
(マスクするだけで一切視線に晒されません)
まぁ郷に入っては郷に従えということでしょう。
大多数意見が世の中を動かすわけです。
(「正しいかどうか」を置き去りにしないよう
我が身も正したいところですね)

肺炎を起こしていなければ40度ほどの熱が出ていても
コロナは軽症扱いになりますので自宅待機。
仕方ないんですけど、
医療現場のキャパには限界があります。
それだけでなく、医療従事者の心の限界も大きい。

終わりが見えない、自分や家族にもリスクを冒す、
それでも細心の注意を払いながら何とか踏ん張る、
でも周囲からは医療従事者というリスクだと扱われる。
何のために辛い思いをしているのか分からなくなって辞めたくなる。

一次的な鎮静化が起きれば一瞬の安堵。
でも景気回復も重要と再活性化。
例えば高速道路を時速120qで一定に走っているなら
どんな車でも同じです。
それが一度減速して再加速する場合、
大トルク大馬力の車ならスムーズに120qまで数秒で戻せる。
そうじゃないものほど強くアクセルペダルを踏み込み
エンジン音も唸りを上げながらなんとか120kmまで。
戦場で居続ける事よりも、
戦場に対応できる状態に持っていくことの方が大変なんです。
不安の中の安堵は休まりません。
そのまま戦場に向かう心構え、
唸りを上げながらアクセルを踏み込む訳です。

また若い医師ほど将来性やスキルアップを考えたい
時期がありますから、やりたい診療以外に回されることに
不満を感じ出す頃。
医者なんだからと人を補えばいい・・・訳ではないんです。

様々な形でバーンアウト(燃え尽き症候群)は発生します。
私ですら仕事以外のコミュニティでは
コロナ影響下で心痛くなるような扱いを受けることもあり
色々嫌になったこともあります。

そこで第3波、真っただ中ではありますが
第4波になった場合を想像してみましょう。
都内の場合。
日に100人で大騒ぎの第1波。
日に300人の耐え忍んだ自粛の第2波。
日に500人以上でゴートゥーの第3波。全国では1,600人越えに。
となれば第4波は日に700人以上?全国で2,000人を超えるでしょうか。

日本の全病床数は150万床。
精神病床・感染症病床・結核病床・療養病床・一般病床・・・
等の総数です。その中でも感染症病床の割合は一番少ない。
全国で120床もない程度。
現時点でキャパ13倍の感染率です。
つまり現時点で既に他の病気に使う予定の
入院ベッドを占拠されている状態。

心筋梗塞は?交通事故は?冬でも起きる脱水症状などは?
入院できません・・・というわけにもいきません。
心筋梗塞での死者は年間3万7000人。
入院患者で年間約30万人と言われます。
循環器外科、循環器内科、小児循環器、合わせたベッド数は65,000床程度。
患者側からするとさっさと病院を追い出されると感じるわけですが、
5人に1人しか入院できない現状を考えると、早く次の危機的状況迫る人に
譲ってほしい現状もうなずけるでしょう。

コロナ罹患者は現時点で計16万人。
心疾患より少ないと油断するのも1つ。
40度の熱が出ても薬もなく自宅で我慢するから良いと考えるのも1つ。
でもたぶん今後は医療者の手は減少するでしょう。
もう一山・・・それが大きくなるほど、もう無理って思っちゃう。
ドクターXが100人いれば乗り越えられる事態
ではなくなってしまっています。

2020年・・・
20という数字は数秘術では幸運のエンジェルナンバー。
画数では厄災・凶数を表します。
何をもってどう見るかで縁起なんてものは変わります。
「運」だけでは避けようもないのが現実。
21年になれば・・・な訳ありません。

ウイルスを取り込む量を減らし、
付着したものはできるだけ洗い流し、
負けない身体づくりを心掛け、
その上で景気貢献して・・・

冷房と暖房を一緒にかけるようなものと揶揄されますが
一緒にかけても気持ちいい環境に調整することはできます。
ただ電気代の無駄ですが。
その電気代の無駄と同レベルの
過剰なエネルギーで乗り越えるしかない
というのが実際問題なのかもしれませんね。

是非ご自愛ください。
としか言いようがありません。

健やかにお過ごしください。
また来年。


カラフルあっぷるいーと3.JPG







posted by あっぷるいーと いんちょう at 17:49| Comment(0) | 健康情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月06日

2020年11月の予定&歯磨きの脱力の意味

2020年11月の予定&歯磨きの指の脱力の意味

10日(火)19時終了
16日(月)18時30分終了
20日(金)18時30分終了
24日(火)18時30分終了
25日(水)18時30分終了

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


11月までたどり着くともう今年も終わりか
という空気が流れてきます。
1日の寒暖差も激しく体調的にもきつくなってきます。

患者さんからお聞きした限りでは、とりあえず3月までは
ホームワークが決定したという方々も多くいるようです。
昔から学校の宿題などは提出日の学校の休み時間にやってきた
自分としては、コンスタントに自宅で仕事をやるって難しい。
ホント尊敬します。

とはいえ働く環境化しなければならないのは大変。
そういうストレスも溜まってきている頃でしょう。

歯磨きも歯だけではなく体もリフレッシュさせる効果があるので
仕事の合間に1度と言わず2度3度と磨いてもらえた方が
色々な意味で良いかと思います。

そこで
久しぶりに歯の磨き方のお話をサラッとやってみましょう。

まず最初に実験してみましょう。
遠くの人とジャンケンをしている感覚で、
その遠い人に手を見せるように
力いっぱい指を広げてジャンケンのパーの形を作ってみてください。
そのまま手首を曲げ伸ばしできますか?

多くの方は「出来ない」のではないでしょうか。
普通の人体構造ならほとんど動かせないはずです。

では逆にジャンケンのグーの状態ではどうでしょう。
力を込めた状態ではほとんど動かず、
軽く握った状態なら45度程度手首を曲げる事ならできる人も多いでしょうか。
どちらにせよ指の力が脱力できている時なら90度は曲げられるでしょう。
あっ、むきになって思いっきり曲げようとすると
手首を痛めて大惨事になりますので絶対やらないでください。

最後に残ったジャンケンのチョキの場合はどうでしょう。
同じように動かない人がほとんどです。

つまり
指を曲げても伸ばしても手首は硬く動かなくなります。

力を抜いて磨きましょう。
といくら言っても指に力がかかっていると
手首の柔軟性が失われ、結果的に力強く歯を磨いてしまうのです。

数年前にドラム(楽器の)界で脱力ブームとなりました。
モーラー奏法が脚光を浴びたころです。
指も手首も肘も肩も肩甲骨も、どう力まずやるか。
連動していますから。
ちなみにドラムの場合は足も同じことを考えます。
リキムは簡単ですが、脱力はホント難しい。
私もドラムでは数年がかりでコツをつかみましたから
大変さは十分承知。
とはいえ慣れたら自由自在です。
それに比べればハブラシぐらいは
・・・と言ってしまいたくなりますが、
多くの人達にとっては激ムズです。

裏ワザとして
肘から手のひら全体を内側に捻り込んでみてください。
その状態で手首をブラブラ。
パー・グー・チョキどのようにしていても
先程よりは手首が曲がるようになりませんか?
90度までは無理でも、30〜45度くらいには。

身体の骨的に、手をブラーンと下ろしている時に
掌が前方を向いているのが自然体と呼ばれる状態。

先程のように遠くの人とジャンケンをするには
その自然体とは真逆に捻っているので、
無理して捻っている状態ともいえます。
骨格的に筋肉は引っ張られ張っている状態。
ましてや反対側の指も突っ張っていたり(パーの状態)、
引っ張られていたり(グーの状態)。
前後で引っ張られているようなものなので、
その状態では柔軟性が失われるのは当然です。

なので腕から内旋(骨格的ひっぱりを取ってあげる)すれば
多少柔軟性が確保できるので動くわけです。

とはいえ、歯磨きで言ったら小指側に毛先を持ってくる態勢に
なるわけですから、挙動制御が難しい。
要はまっすぐ動かすことが難しくなる。

固まった力強い指で磨くよりはマシですが、
万人にお勧めできるものでもない。

なので指の脱力を意識できるようになりましょう。

きっとあなたも凄いドラマーになれる。
もとい、ツルツルになる歯磨きができる様になります。
そしてそれに慣れると、馬鹿みたいに力を込めて
磨くことの無意味さを実感するでしょう。

ほとんどの方が「そんなに力を込めて磨いていない」といいます。
でもちゃんと診させてもらうと
ほとんどの人がその1/10程度の力でいいんです。

正しい磨き方の10倍以上も力をかけているのですから、
ハブラシを握る・触れて持っているだけの部分の・・・
「皮膚が白くなる」。
・・・圧迫の証拠です。

うーん。やはり文字で書くのは難しいですね。
ハブラシ持参してもらって直接やらないとわからないと思います。

ハブラシ指導というのも各クリニックで
推奨する内容が異なります。
ウチで推奨するやり方に納得できない方もいるでしょう。

基本的にハブラシだけのケアで済む人は1割にも満たない。
毎日のハブラシと定期的なプロフェッショナルケアで維持できる
という人は7割程度。
四六時中プロフェッショナルケアをしなければならない状態
だけれども保険制度の縛りがあるため頻繁にはできないので
ヒヤヒヤする状態の人が2割。
仲間内で話した感じだと皆同じぐらい。

どんな方法でも構いません。
本来なら歯は200年保つこともできるはずです。
歯を磨いているのに失っていくならその原因を突き止めてください。
もしその磨き方に原因があるなら、「今まで」が間違っています。

指の力が抜けない人というのは杓子定規になりやすい。
でも変えようと思って気を付けている人で、時間は数年とかかっても
最終的に変わらなかった人はいません。

上手にハブラシができることで
肉体的にも精神的にもリフレッシュできるのは
ネット上にもいっぱい転がっている
我々から見れば常識的な情報ですので
時間がある人は、他の人達の意見も読んでみてくださいね。

年末にかけ、そろそろ集まってみようかとする動きも増えそうな。
気が抜けてコロナ倍増とならないよう、
皆様もお気を付けください。





カラフルあっぷるいーと3.JPG



posted by あっぷるいーと いんちょう at 20:02| Comment(0) | 口腔ケアの大切さ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月02日

2020年10月の予定&コロナ時代もちゃんと食べよう


2020年10月の予定
7日(水)18:30終了
13日(火)19:00終了
17日(土)午前休診・午後通常
20日(火)午前休診・午後通常(保健センター健診)
21日(水)18:30終了
23日(金)18:30終了
27日(火)19時終了

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

食事=栄養、食事=嗜好、食事=お腹がすくから済まさざるを得ないもの。
食事と言ってもその概念は様々。

人間は新陳代謝を繰り返し、今を維持しようとしていますので、
自分の細胞は「食べたもので作り替えられている」わけです。

どのような病気でも同じです。一度病気になった人は、
それまでの食事を含めた生活全般を繰り返していれば
同じ病気を再発するリスクも同じだけ作られるようなもの。

タバコを止める、睡眠時間を長くする、しっかり湯船に入る、
何かしら今までと変えてみましょう。

そんな要素の1つが食事です。
もちろん栄養バランスの取れた食事を毎回できるのが理想です。

どんな調理方法をするかだけじゃなく、
品質的な問題だけじゃなく、
たとえば温度変化でも成分的変質は起こりますし
保存状態でも味や栄養吸収の変化は起こります。

一例をあげると
炊き立てのお米はふっくらして美味しいわけですが
炊く前の給水時間を設けることで米から溶け出したオリゴ糖などの
うまみ成分が形成されて甘く美味しくなります。
逆に冷めた御飯はレジスタントスターチ(消化されにくいでんぷん)
になるそうなので糖質の消化吸収が緩やかになり糖尿病が気になる方には
おすすめの食べ方になると言われます。
とはいえ冷めても美味しいご飯に炊くのはコツがいりそうですが。

人参も常温保管に失敗すると苦味が増えるので
冷蔵庫から出した直後の方が甘かったりします。
無農薬の方が保管方法もシビアになるので、たっぷり農薬の方が
美味しく感じられるなんて言うことも起こっているそうです。

細かく気にし出したら食事って奥が深いわけです。

コロナのせいで外出自粛が増え、
自宅でできる新しい趣味として
男性のパン作りが増えたなんてニュースもありました。
先月書きましたが吉祥寺は高級食パン戦争も始まっています。
せっかくの機会ですから食に関する意識も高めてみませんか?

とはいえ、細かく列挙するには種類も膨大、
そして何よりそこまでの豊富な知識は私にもありません。

なので7色食材活用法をお勧めします。
「赤・緑・黄色・白・紫・茶・黒」
できるだけ毎食含まれている方が良いですが、
縁日食材の代表、たこ焼き・焼きそば・お好み焼きのような
どこを見ても茶色。青海苔だけが緑色。紅ショウガで赤。
なんていう生活を
毎日しているのは身体に良くないのは想像されます。
たまに食べる嗜好品というレベルに留め、
健康に留意した生活を増やすようにしましょう。
同じ茶色でもキノコは菌類ですのでヨーグルトや納豆などと
同じ扱いなので毎日食べてほしいものになります。
色々考えて創意工夫を凝らして食事を楽しむことが
何よりも良い事に含まれるでしょう。

なぜこんな話をいまさらするかというと、
高齢者のわずかな消費活動レベル(生活での運動量)に見合う程度の
お腹の空き具合に合わせただけの総菜パン・菓子パン生活が
増えやすい時期になるからです。

時短・簡便・柔らかい・食べきらなくてもいい・・・
糖分やコレステロール過多、ビタミン・ミネラル・タンパク質欠乏
絶対おかずも食べること!
また御飯に比べ水分含有量も少ないのでその分多めに水分補給する事!
でも噛まずに牛乳などで流し込まない事!

夏バテ疲れ、コロナ疲れ、不安情勢疲れ、
ただでさえ今年は老若男女問わず皆弱っています。
そして自粛の夏を取り戻そうとGO TO キャンペーンで遊び倒すと
アドレナリンが出ている遊んでいる時は元気でしょうが
「異常な日常」が待っている普段に戻ると
五月病以上の精神負担に襲われるかもしれません。

気が滅入れば免疫も弱る。
10月11月が新たな山場となる可能性も危惧されます。

長期戦はペース配分が大事。
兵糧はどうか、動線はどうか、天候変化はどうか、
近隣諸国の動向はどうか、何をもって終結とするのか、
戦国時代の武将たちも頭を働かせていたことでしょうが、
今の時代においては個々の一般人で、自身が生き残るために
頭を働かせなければならないという辛い事が起こっています。

お口の健康も、体や心の健康も、
コロナは直接的にも間接的にも蝕んでいきます。
ヒトは良いも悪いも毎日の積み重ねが作り出した産物です。

無理はなさらず。

生産者支援として様々な地域からお取り寄せしましょう、
とユーチューバーを駆使したCMも流されていますが、
基本本人が楽しめないことは、できないもの、続かない事になります。
どう楽しむか、それが一時的なもので終わるのか、あるいは
血となり身となり経験となり、人生に染み込んでくる消費にするのか
はそれぞれの価値感でしょう。

たった半年でギブアップと言っても、それで終わってくれるほど
ご時世は甘くはありません。
ただ乗り越えてきた感染症は人類史上いくらでもあります。
ちゃんと乗り越えていくにはどうすべきか、
ほどほどに安全に息抜きする方法は?
などわが身は大事にしましょうね。

本来なら過ごしやすい筈の10月。
頑張りましょう。



カラフルあっぷるいーと3.JPG





posted by あっぷるいーと いんちょう at 15:49| Comment(0) | 全身に関わる歯科の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする