2017年01月10日

2017年1月の予定&初心を知る

2017年1月の予定

17日(火曜)・午後から診療(午前休診)
20日(金曜)・17時30分終了
23日(月曜)・19時終了
27日(金曜)・19時終了
31日(火曜)・19時終了

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

新年あけましておめでとうございます。
本年も歯科医師会の役員会や行事、学校医、
施設検診や講演会など様々な用事があり
通常診療に影響が出る日がございます。
誠に申し訳ありませんが、ほとんどが
地域医療貢献の一環につながることばかり
ですのでご容赦ください。


新年を迎えるときは、なにかと
初心を思い返すきっかけになりますが
そこはまだまだヒヨッコ、
初心を忘れることもなく過ごしています。

20161231_165431.jpg

ただ、正月休みを利用して、
かつて子供時代に遊んだ足跡をたどってみました。

もともと下町生まれで、
浅草の幼稚園でしたので、
上野公園なんかは遊び場でした。
学生時代は上野の美術館なんかを楽しむことも
あったのですが、さすがに正月休み。
唯一やったていたのは上野の森美術館。
ちょうどゴッホなどの展示もあり
この日は写真撮影もOK ということで・・・

20170102_155928.jpg

展示の最後に、
油絵と同じ質感、絵の具を重ねた立体感すらも
プリントアウトできるプリンターで作られた絵
なんていうのもあり、
お土産で販売もしている。
凄い進化ですね。コピーされた絵は触るのもOK。
これがコピー機でできるようになったのかと
感心するばかりでした。

少しだけ上野公園を散歩すると
夕日とともに冬桜が。
春だけでなく冬にも桜は咲くんですねぇ。

20170102_162544.jpg

綺麗には撮影できなかったので
全体像としての雰囲気だけでも。
後ろに見えるのは清水観音堂。
ちなみにおみくじは吉でした。

今年は本厄にあたるんですが、
ものによっては最高の運気のある年
なんていうのにもぶつかるそうなので
まぁいつも通りの年になるかしら、
とは思っているのですが。

せっかくなので上野にちなんだ余談を1つ。
酉年にちなんで、鶏の鳴き声は
コケコッコー・・・だけじゃないんです。
江戸時代には東天紅(とうてんこう)
とされていたそうな。
東の空(天)が明るく(紅く)なる頃に鳴くから
だそうな。洒落ています。
なぜそれが上野に関係あるかって?
東天紅という名のチェーン展開の中華レストラン、
発祥・本社は上野なんです。
せっかくの酉年ですからそんな雑談がてら
上野の東天紅本店で食事するのも
どーでしょうかねぇ。食べログ3.5評価です。
残念ながら食べに行ったことはないので
私的コメントはできませんが、機会があれば
行ってみようかな。
久々すぎて駅にもアトレができたりで
ビックリしてましたから、行ってみたいところも
ちょこちょこできているんでどうなるでしょう。

せっかくだからスカイツリーの夜景スポットも。
かつてスカイツリーが出来上がる前後に
よくテレビ中継されていたのですが
スカイツリー自体が当時のクリニックから
歩いて15分程度の近場にあったため
いつでも行けるからと、ブーム混雑を
避けるまで放置していた場所です。

なかなか綺麗に写真に納まらなかったのですが
基本この川は波紋1つないような川なので
カメラの性能が良ければ
もっときれいに見えるでしょうが
でも紫より緑のライティングのほうが
映えるのかもしれませんね。
余談ですがクリスマスには
特別限定色のサンタカラー、
赤いライティングでした。

20170102_185317.jpg

スカイツリーから歩くには遠いかもですが、
オリンピックというホームセンターの
もう1つ先の橋からみた鏡写しのスカイツリー。
この橋、福神橋という
いかにも幸福がやってきそうな名前。

ちなみに浅草―スカイツリーでセットにして
観光する人は多いでしょうが、
元・地元民としては、
このオリンピックの前の通りを使うと
亀戸天神に抜けます。
藤の季節とか綺麗なんです。
くずもちとセットで。

車や自転車で巡るならぜひ一度どうぞ。

子供の頃に遊んだ足跡は
久々に行ってみると
新たな進歩を目の当たりにし
気付かなかった風流に出会い
躊躇していた場所におもむく
など気持ちを新たに、感じ・考え・楽しむ
きっかけとなりました。

きっと初心も当時そのままではなく
毎年毎年の進化が必要なのかもしれませんね。
いろいろ気づくきっかけになった新春ですが
本年もそこそこの内容のブログは
書いていこうと思いますので
長い目で見てやってくださいませ。


カラフルあっぷるいーと3.JPG



posted by あっぷるいーと いんちょう at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

2016年12月の予定&歯根が腐るとは

2016年12月の予定

 9日(金)19:00終了
15日(木)往診休診
16日(金)19:00終了
21日(水)19:00終了


12月29日(木)〜1月5日(木)を
    お正月休みとします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

早くも年末ですね。
11月ですら雪が降ったわけですから
12月もどうなるのでしょう?
東京では結局、積雪0cmとなったそうですが
私の車の上は5cm以上積もり
いくつか用事をキャンセルしました。

寒さと温かさが入り混じった気候です。
こういうときほど、
悪い状態であるにもかかわらず
見ぬ振りして放置していた歯が
痛み始めることがよくあります。

特に寒さが続いた後のちょっと暖かいタイミング。
縮こまっていた血管が
暖かさにあわせて広がることで
血流が増し、
炎症が起こっている部分に
血液が大量流入することで
起こることが多い。

特にくいしばりのある人は
寒い間は日頃よりもっと強くくいしばるので
血管を押し潰しているようなものですから
暖かくなることで、くいしばりが緩み
血液が一気にドバッと出やすくなり
炎症部に急激に流入し痛みとなります。

ハグキのこともあれば
歯の中の神経の時もあれば
歯根より下の骨の中で
炎症が起こっていることもあります。

痛く感じる数年前から
病気が隠れていることもあります。
炎症を繰り返し、
腫れては引き、また腫れ・・・
などを繰り返して悪化しているものが
どうなっているのか・・・

今日は
歯根より下の骨の中で炎症が起こり
歯根の先端が腐ってしまったものを
お見せしましょう。
ただし、グロテクスです。
すぐ下にアップします。
苦手な方は見ないようにしましょうね。

虫歯が進行して
歯の下の骨の中に膿の塊を作ることがあります。

その膿の塊が
歯根を溶かすことも多いのですが
状態が悪いまま長い時間が経過してしまうと
歯根そのものを腐らせてしまうこともあります。

Screenshot_2016-12-05-00-11-05.png

この写真では
片方の歯根先端が茶色くボコボコに
なっているのがわかると思います。
もう片方も少し茶色い部分がありますが
歯根の先端が切り取られたように
なくなっているのがわかるでしょうか?

特に膿の真っただ中に
さらされている時間が長いと
このような茶色のボコボコになっていたりします。
その膿を囲む袋に常にあたって
炎症を起こしていると
もう片方のように
先端が解けて、まっ平らになったりします。

一応、赤丸が膿だと思ってください。
膿の中にある歯根と
歯根に膿の外側が触れている状態。

Screenshot_2016-12-05-00-11-050.png

そして更にイメージして下さい。
隣の歯にも同じようなことが起こる可能性を。
放置した悪化した歯が、
隣の健全な歯をも犯す事実を・・・

よく歯の神経を細い針で取り除きつつ
消毒などを繰り返す治療がありますが、
こうなってしまえば、その治療だけでは治りません。

そんな時の治療法といえば
歯そのものを抜いてしまうこと。

もしくは
様々な条件が合えば、
歯を抜いて直接
歯根の先端を治療したあと
元のように植え直す、
という治療も行えます。

歯を残すために
できることがあるうちに
来てくれればいいんですが、
限界を超えていると・・・

・完治
・延命
・できるだけ現状維持
・諦める
・諦めたうえで代用品で回復させる

治療とは大まかに分けると
このどれかに分類されます。
どうしていきたいか、
は相談となりますが
選択肢がない状態であれば
できることは限られてしまいます。

そうならないためにも
過信せず、侮らず、めんどくさがらず、
定期的な状況確認のために
来院するようにしましょうね。



カラフルあっぷるいーと3.JPG





posted by あっぷるいーと いんちょう at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

2016年11月の予定&駄文・歯の語呂と記念日

2016年11月の予定

 9日・水曜・19時終了
14日・月曜・19時終了
15日・火曜・午後より診療(午前休診)
16日・水曜・19時終了
18日・金曜・19時終了
21日・月曜・19時終了

今回は第3週に集中して予定が詰まってしまいました。
19時以降を希望される方には申し訳ありませんが
1週ずらしていただくかもしれません。
お電話等でご確認ください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、語呂好きの人はお解かりかもしれませんが、
11月8日は「いい歯の日」です。

実は
4月18日も「よい歯の日」です。
どちらも昭和60年に誕生したよう。

それ以前から
6月4日の「虫歯予防デー」
はあったのですが、
年1回の啓蒙活動だけでは
虫歯は減らない。
歯科の病気は虫歯だけでなく
歯周病などになっている
成人や高齢者の増加もある。
との思いから
検診推進・健康意識向上のために
「春・秋」で口腔内全体の健康を
確認できる機会を
日本歯科医師会として制定したようです。

余談ですが現在は
「虫歯予防デー」→「ムシ歯予防週間」
として「6月4日〜10日」
と改定されています。

ちなみに日本矯正歯科学会は
11月8日を「いい歯ならびの日」
として制定しています。

ただ、4月・6月・11月と考えると
なぜ1月あたりでもう1つとしなかったのでしょう?
1月18日だって
「いい歯の日」にしても良いように思います。

年越しで生活リズムが乱れ、歯周病などの悪化に
拍車がかかっている人が増える時期。
また成人式直後でもあり、
いいきっかけになると思うのですが・・・
新年早々じゃ何かと忙しく
自分のことに目を向ける余裕がない
ということかもしれませんね。

「歯の記念日」と検索してみると
様々な会社や団体などが
関連する語呂の記念日を制定しています。
「いい歯肉の日」とか「白い歯の日」など
結構数ある事に驚かされます。

語呂というわけではありませんが
歯科ってあまりいい響きがないんですよね。
歯科医 → 司会?
歯科医師 → 司会士?
歯医者 → 敗者?廃車?
ドクター → 医者?
デンティスト → 聞いたこともない?
職業と聞かれて、
口頭でどう答えても
一回で正しく伝わったためしがありません。

おまけに治療的にも歯科は
怖がられる対象となっています。
中にはウチなら大丈夫と
いってくれる人もいるのですが、
過去に植えつけられた恐怖心は
そんなに簡単には払拭できません。

毎日汚れが溜まる部位ですから
9割以上の人々は
最低でも年1回以上の
メンテナンスを受けて欲しいものです。
診療や治療から遠ざかるのが一番危険ですし
安定している人でも、
急に忙しい時期が続くと
別人のような口内環境に
なっていることもあります。

逆に定期的にメンテナンスすることで
確実に良くなっている人はいます。

年末年始に差し掛かるほうが
何かと気忙しく、放置されがちですので
気になっている方ほど、11月のうちに
受診してしまうことをおすすめします。


カラフルあっぷるいーと3.JPG





posted by あっぷるいーと いんちょう at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする