2012年09月06日

女子力と女性ホルモン、歯から命へ

フッとしたキッカケで気になることってありません?
今回のブログは、
正しいことと、私なりの疑問的推論を組み合わせて、お届け。

極端なお話です。
話半分で見てくださってもかまいません。

もちろん、このブログは基本的に「歯科」のことに触れます。
そこはちゃんとしてますので、最後までお付き合いを。


「女子力」・・・
たぶんこの言葉は、
女性らしいたたずまいや、気遣い・思いやりのたぐいを指す言葉として、
「日本女性としての真の美しさがどこにあるか」を書かれた
某女子大教授の本が最初なのではないか?

今では、その言葉だけに飛びついたファッション紙によって、
可愛い格好だけで女子力が高い女の子と言う称号が与えられている感がある。

もっとも・・・女子力という言葉でさえ、
安売り的に使い古され、死語と化しているようでもあるが・・・


たまにバラエティ番組で女優さんの「バッグの中身拝見」がやっている。

美人に属す女優さんをみる場合、
持っているブランドバッグや化粧道具に目を引かれる人が多いだろうが、
女優さんたちに多く共通する持ち物に私は興味をひかれる。

それは、可愛らしい図柄のポストカードや便箋のたぐいだ。

仕事柄使われることもあるのかもしれないし、
ロケ先で買う機会も多いのかもしれない。
撮影の合間に書く時間がとれるというだけかもしれない。

ただ、以外と多くの女優さんが持っているという印象がある。
比較的最近のTVでは、藤谷美紀さんや山田優さんが持っていた。

一般女性でも、ポストカードを持ち歩かなくとも、
日記を書く人は今でもいるだろう。
それも単に今日あったことの羅列ではなく、
もっと情緒的な・・・。
(ハートのシールを張り付けただけのシステム手帳は含みませんよ。)

吉祥寺には様々な図柄のポストカード専門店もある。
時折その前を通ると誰かしら女の子が品定めしている。
ロフトの絵葉書コーナーにも誰かしら女の子は必ず見かける。
でも男性の姿は、年賀状の時期くらいしか多く見かけない。

女性は圧倒的に男性より「書く」のだ。


女性は、言語脳(女性脳)ともいわれる。
これは女性ホルモンであるエストロゲンの量によって
男女差や女性の中でも違いがみられるわけだ。


ここからしばらくは私なりの推論を書いてみよう。

言葉を紡ぎだす能力が高い = 女性ホルモン量が多い
 = 女性らしい女性(女子力アップ?)

私は専門家ではないため、断言できるほどの知識はない。
でも、そう考えることもできそうではないだろうか?

女性ホルモンを増やすには、「書く」ことが良いのでは?


・・・言語脳って、書くことにもつながる。


脳は、使うほどに機能を増し、使わなければ衰えていく組織。
手紙や日記などを書くことによって
知能を持つ人間は、本能的に女性ホルモンを増やそうとしているのか?
はたまた脳(女性脳)が、
女性ホルモン量を増やさせるために日記などを書かせているのか?
(ニワトリが先かタマゴが先か的な問いではあるが・・・)

女子力とは、
立ち居振る舞いであろうとも、ファッションセンスであろうとも、
女優さんにとって商売道具の引き出しに持っていなければならない能力であろう。
偶然なのか必然なのか、本能なのか先人の知恵なのか、
ポストカードや便箋を持ち歩く女優さんは、
どちらの女子力も持っているだろうなという人ばかりだ。

気持ちや言葉を伝える・・・
それはただ「思うままに口に出して言う」ということよりも、
手紙や日記で「どうやって伝えようかと考えながら言葉を紡ぎ出す」ほうが、
脳ははるかに使っている。

活字の方が、表情やジェスチャーが無いぶん、伝達には難しい。
携帯電話のメールでは、絵文字やデコメを使ってしまうため、
一見すると可愛らしい表現のように見えるが、女性脳はたいして使えていない。


もっとも論理的な表現は男性の方が得意とする。
文章としての推敲能力は男性の方が高いのかもしれない。
・・・これはエストロゲン量が少ないことを意味する。

情緒的な文を考えることの方がエストロゲンが多いということになろう。
まさに女性脳と言われるゆえんだ。

企画書をいくら書いても女性ホルモンは活発ではない。
授業中にデコメ中心のラブメールを打ちまくっても、女性らしくはならない。
井戸端会議より、スカイプの長電話より、PCダイブするより、
日記を書く時間の方がエストロゲン分泌には大切なのかもしれない。

このブログを読む女性に問うてみよう。
「書いてますか?」

残念ながら私には、
手紙や日記を書くことで女性ホルモンが増えるかどうかという知識はない。
ネット検索でも探せなかったのだから、
ただの私の推論でしかない。
でもなんか気になりません?

もっとも、昔まことしやかにささやかれていた
「セックスしまくるほうが女性ホルモンが増える」という『大ウソ』!
と同じく、正しくないことなのかもしれない。

ただ、私の身近で、
更年期や鉄欠乏性貧血など
女性ホルモンの変調が関係していた人たちが、
情緒的な日記を書いたり、イライラの原因を書き綴ったりすることで
落ち着いたことはある。
(単なるストレス発散しただけとも言るだろうが・・・)


ネット優勢社会における「ちゃんと書く」ことが減った現代女性
と定義して、歯科的な話を進めてみよう。

エストロゲンが減った内在的「女子力」の衰え・・・
男性的になった女性におくる、危険性への示唆というのもありかもしれない。
(表層的女子力に振り回される男性諸君も知っておいて損はないぞ)


エストロゲンの減少と口腔乾燥感(ドライマウス)には
関連があると考えられています。
女性ホルモンは、
口腔内の粘膜や唾液腺にも作用し、唾液を分泌させているのですが、
加齢などによって女性ホルモンの分泌が減少し、
それに起因して唾液腺の萎縮が起こるためといわれます。

唾液は口の中を、酸性(歯を溶かす状態)や
アルカリ性に傾きすぎないように(緩衝作用)して、
虫歯になりにくくする働きや、
口腔内をきれいに洗い流す作用(自浄作用)があり、
そのため歯周病菌を増えにくくし、歯垢もできにくくしています。

その働きが落ちるということは、
虫歯や歯周病が増え、口臭が強くなる状態になるということ。
口内環境が悪い状態といえます。

若くして慢性的にエストロゲンが少なくなってしまっている人が、
急に妊娠したらどうなるでしょう。

「子供を一人産むたびに歯を一本失う」という話を聞いたことがありますか?
妊娠・出産は口の中に悪影響を及ぼします。
歯周病菌の中には、女性ホルモンを栄養源とするものがあり、
妊娠することで増えるエストロゲンが、細菌を異常増殖させてしまいます。
細菌数が5倍に増えるともいわれます。
妊娠性歯肉炎は比較的多くみられます。

またツワリなどの嘔吐による胃酸逆流や、歯磨きができない環境で
ただでさえ悪い状態の口内環境がさらに悪化してしまうと・・・

歯周病が悪化し長引くことで、免疫機能が活発になり生理活性物質を作るのですが、
その一つにプロスタグランジンという子宮収縮作用のある物質があります。
その影響で
早産の可能性が7.5倍に増えるともいわれます。
また必要以上の子宮の収縮は赤ちゃんへ届けられる酸素や栄養の量を減らし、
栄養不足により「低出性体重児」になりやすいことも知られています。
(以前のブログで書いたことがありますが・・・)

歯周病の原因菌=グラム陰性菌は、
細胞内毒素(エンドトキシン)を持っています。
この毒素が歯肉や顎骨その他、周囲組織を傷つけます。
さらにこの毒素が、歯肉の細い血管から浸入し、
例えば、歯周病菌自体が血管壁に付着し「動脈硬化」を起こしたり
グラム陰性菌が心臓の内膜で炎症を起こす「心内膜炎」を起こし
母体が危険になることも。


もう1つエストロゲンの話。
閉経などにより女性ホルモンが欠乏すると、バランスが崩れ、
骨がスカスカになる「骨粗しょう症」も引き起こします。

エストロゲンが減少すると古い骨細胞を破壊する骨吸収のスピードが上昇し、
新しい骨を形成する骨形成が追いつかなくなります。
結果として、骨の中がスカスカに。

歯を支えるものは、鏡で見える「歯ぐき」の中にある「歯槽骨という骨」。
当然、抵抗力も弱く、歯周病の進行も早い。
将来インプラントもできなければ、入れ歯の安定も悪くなる。
歯がなければ、栄養吸収も落ち、病気にもなりやすくなる。

人は、60兆個の細胞からできている。
老化を抑えるため、日々細胞のコピー(細胞分裂)が行われ
細胞の「入れ替え」が行われている。
それは新しい細胞が1日「8000億」個も作られるといわれる。
そこで起こるコピーミスが癌細胞。
その数は、1日5000個。
それをデリート(消去)する働きが
免疫細胞であるNK細胞(ナチュラルキラー細胞)。
NK細胞には栄養が必要。
それは食べ物から得ているのだ。

エストロゲンも大事。歯も大事。
・・・だって命につながり、子孫への影響にもつながるのだから・・・

女性は必ず閉経を迎えます。
それだけでもリスクがあるのです。
日頃から、女性としての大切なことって何なのか、
秋の夜長に考えてみることもお勧めします。



カラフルあっぷるいーと3.JPG






posted by あっぷるいーと いんちょう at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性の歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

妊娠7週目から作られる乳歯。

テレビドラマなんかでは
「妊娠3ヶ月目です」
なんて産婦人科医に言われるシーンがありますが、
3ヶ月目ってどんな状態か知っていますか?

現在妊娠中のご家庭などでは、
ネット社会だから調べてみることも多いかもしれませんが、
実際に検索してみても、以外と「歯」のことには触れられていないようなので、
ちょっと今回のブログでご紹介しようと思います。


ヒトの歯って、はえてくる遙か以前から作られ始めます。
妊娠中にはすでに乳歯(子供の歯)だけでなく、
永久歯(大人の歯)の一部も作られ始めているんです。


子供によっては、歯に新産線(しんざんせん)という、
出産時の衝撃を刻み込まれた模様があらわれることがあります。
歯のどの部分が作られているときに、その子が産まれたのかを知ることができるんです。

同様に母体の中にいるとき、
お母さんが受けるダメージ(たとえば急病になったり、事故の被害にあったりなど)の
跡が子供に刻まれてしまうこともあります。

もちろんお母さんの栄養状態も、直接的に子供の乳歯・永久歯に影響を与えてしまいます。


生理不順が長いなって思って産婦人科に行ってみると妊娠しいますと医師に告げられた。
・・・なんてTVドラマではないでしょうが、
妊娠3ヶ月目には、いずれ乳歯や永久歯になるべき「歯の種(歯胚)」が
できている部分があるんです。


個人差はありますが、乳歯・永久歯それぞれの
「作られ始め」と「はえ始め(お口の中に出現し始める)」の時期の
平均目安をお教えしましょう。


ちなみに、はえ始めの時期が1〜2年程度ズレていても問題ありません。
お子さんの成長レベルで下記の目安は前後します。
ただし、お子さんの「同じ歯の左側・右側」で、
生えてくる時期に大幅なズレがある場合は注意が必要です。
早めにレントゲンを撮影して確認すべきですから、
歯科クリニックに通院されることをおすすめします。


作れれ始め時期  その歯   はえ始め時期 
 妊娠7週目   第1乳前歯  生後6ヶ月頃  
 妊娠7週目   第2乳前歯  生後8ヶ月頃
 妊娠7週目   第3乳前歯  生後18ヶ月頃
 妊娠8週目   第1乳臼歯  生後13ヶ月頃
 妊娠10週目  第2乳臼歯  生後22ヶ月頃
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 妊娠3ヶ月目  第1大臼歯  6歳頃
 妊娠5ヶ月目  中切歯    6歳頃
 妊娠5ヶ月目  側切歯    7歳頃
 妊娠5ヶ月目  犬歯     10歳頃
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 出生時0歳   第1小臼歯  10歳頃
 生後7ヶ月目  第2小臼歯  11歳頃 
 生後8ヶ月目  第2大臼歯  12歳頃
 3歳      第3大臼歯  17歳頃


見比べてみると結構「歯」って早くから作られているんだなぁって思いませんか?

必要なものだからこそ早くから作られてくる。
遺伝子に刻み込まれた人間進化の優先順位。
生きていくために必要だから早くから準備している。

人体にとって歯が大切である証でもあるでしょう。

生命体は不必要である機能は退化させ、必要な機能のみを洗練させていく形で、
進化しているようなもの。


この年表にはまだ続きがあります。
永久歯が完成しきるのは、歯が生え始めてから2〜3年後。

歯が生え始めても、まだ歯根部分が作られている途中。
永久歯などは「しっかりとした歯=歯根が完成するまで」に、
作られ始めてから、10年ほどの期間がかかっているんです。


乳歯から永久歯へ、その変化をすべてあわせれば20年かかって作られた「大人の歯」。

織田信長は「人生50年」と舞踊ったとされますが、
人生の2/5は「歯の成長に必要な時期」だったわけです。

現代人の平均寿命を80歳と考えれば、1/4。

虫歯や歯周病で歯を失い、入れ歯やインプラントを作らなければならない平均年齢が60歳頃とすると、健全な歯の恩恵を受けれる期間は、人生の1/2しかないといえるわけです。

もっとも、虫歯や歯周病のリスクを軽減できて、
健康な歯を維持すれば100歳くらいは余裕で保つのが歯なんですが・・・。


ときおり患者さんの中で、
「乳歯は生え変わるのだから虫歯になっても放置して問題ない」と
考えられている方がいますが、これも大間違い!

乳歯が虫歯になると永久歯がはえるスペースが足りなくなっちゃう。
永久歯の歯並びが悪くなる原因なんです。

チャームポイント扱いされる八重歯も、衛生面を考えるとオススメしたくないわけで・・・。

私や歯科医師の友人などは、
仕事中にさんざん八重歯の衛生不良な患者さんを目の当たりにしているため、
チャームポイントとは思えないよねぇ、なんて話をしちゃいます。
細菌の感染源や雑菌の繁殖源って見えちゃう。

ましてや噛み合わせ(咬合)がズレているわけだから、
人体にも少なからず影響があるはずで・・・
(この話は長くなっちゃうのでカツアイしましょう)


親の背中を見て子は育つという言葉通り、
しっかりオーラルケアしているお父さんお母さんの、お子さんの歯ほど健全な場合が多く、
生活習慣病と同じく、家族ごとのトータルケア&意識改善が必要なのかもしれませんね。



ぜひとも女性の皆様には、『 妊娠 』という一大イベントを迎える時に、
お子さんのためにも、ご自身の健康を考えてくれたらなぁって思います。

また出産後も、数年という単位で「治療する時間が取れないお母さん」が多いわけです。
「幼稚園や小学校にあがらないとなかなか・・・」
「2人目・3人目が・・・」
「産休明けたら仕事に復帰しないと・・・」

20歳を境に口内環境は悪化しやすくなるといわれます。
子育て時期はその悪化を加速してしまいがち。

悪化してからの治療じゃ1年かかってしまう人も多い。
早くに治療ができれば数回の治療で終われます。

でも、定期的にケアできれば、半年に1回(30〜45分程度)で
口内環境をリセットすることだってできます。

無理することはありませんが、定期ケアを受診されることはおススメです。



余談ですが、歯が「はえる」って漢字、「生える」って使いがちですが、
正式には「萌える」らしいです。

アキバ系の使う「もぇ〜っ」の漢字「萌」。

もともと草木の新緑が、はえてくる状況を指しての言葉なんだとか。

草木が芽吹くように歯がはえるので、歯がはえるの意味で用いる漢字は
「萌える」で「はえる」というのだそうです。
(大学時代の先生が言っていた言葉なので、裏付け確認をしていません。ので、心配な方はお調べください。)




カラフルあっぷるいーと3.JPG


posted by あっぷるいーと いんちょう at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性の歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

妊婦さんのお口の中

妊娠中の場合、様々な体内環境の変化が起こるため、口内環境も変化しやすい時期です。

そこで今回は、いくつか覚えておいてほしいポイントをブログにしました。


◎ たまに聞かれる質問に「妊娠中は歯が弱くなるのですか?」というものがあります。

妊娠中は『赤ちゃんが栄養をとるからお母さんの歯が弱くなる』ということは、ありません!

しかし、

•ホルモンバランスが崩れることで唾液が酸性になり、むし歯を中和する働きが弱くなる。
•酸っぱい食品を好むようになり、お口の中が酸性に傾く。
•つわりで一度に食べられず、小分けして食事する為、お口の中が汚れている時間が長い。
•歯ブラシを口に入れると、つわりで気持ち悪くなりやすく、きちんと磨くことができない。  

など、虫歯が繁殖しやすい条件が増えてしまうため、妊婦さんの歯はもろいと思われてしまいます。
また、これらの条件は、どんな人でも虫歯になりやすくします。


◎ もう1つの注意点として。

特に妊婦さんの場合、中・重度の歯周病にかかっている妊婦さんは、
早産(体重2500グラム以下の低体重児出産)となる危険性が健全な人と比べ、
7.5倍も高い!といわれます。
 
炎症によってできる物質に子宮を収縮させる働きがあり、早産につながるそうです。
生まれてくるお子さんのためにも、ご自身のためにもしっかりと予防を行いましょう!


◎ 妊婦さんの場合

妊娠5〜8ヶ月ころの安定期では、心配なく歯科治療が受けられる時期でもあります。

1本程度の局所麻酔であれば胎児に影響することもありません。
X線(レントゲン)も、医科で使う量よりも圧倒的に線量が少なく、撮影の向きも顔であるため、
防護服を着用すれば、赤ちゃんに届くことはないです。
(特に近年ではデジタル化しているクリニックも多いので、さらに線量が少なく安心になっています。あっぷるいーと吉祥寺歯科のデジタルパノラマや、CTはその中でも最小の線量です。)

もっとも、よほどひどい状態の妊婦さんでなければ、注射することも、レントゲンを撮ることもないでしょう。

ただ、虫歯になりやすい条件が増える時期、
歯周病状態が胎児に影響を与えてしまうかもしれない時期、
であることは事実ですから、
この安定期の間に、1度は歯科クリニックに来院され、
検査だけ、もしくは一緒に口内衛生を受けられることをお勧めしています。

AN190_L.jpg

すべての妊婦さんに、幸あれと願います。

カラフルあっぷるいーと3.JPG

posted by あっぷるいーと いんちょう at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性の歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする