2012年01月16日

初期ムシバの大きさと治療

新年最初の歯に関するブログなので、
2012年1発目は、基本に立ち戻り虫歯の話から始めてみましょう。

私の場合、数年前まで
0.3mmのシャープペンで書く線よりも「圧倒的に細い虫歯」は、
経過観察としていました。

 悪化レベルが小さいので「そのまま」にしておく
 & よく磨いて再石灰化による回復を期待する

そうすることで、現状回復をはかる方法を選択することが多くありました。

しかし、日本人の場合、歯を磨いていない人はほとんどいません。
少なからず1日1回は磨いています。

それでも虫歯になってしまったのですから、
よほど慎重に磨く意識を高めてくださる方でもなければ、
虫歯の進行量よりも、再石灰化による回復量が上回ることはありませんでした。

経過観察の対象とした虫歯も、
1年後には削って埋める治療の対象となってしまう人が後を絶たなかったのです。

それでも積極的に「 小さすぎる虫歯 」を削る気にはなれませんでした。

なぜなら、健全な歯の部分を最大限に残したかったからです。


当時、0.2mm以下の虫歯を削ることは不可能でした。

歯を削るにはダイヤモンドの微粒子を混ぜたタービンバー(ダイヤモンドポイント)
という器具が必要なのですが、そんなに小さいものは存在していなかったわけです。

虫歯はある意味「癌(がん)」と同じように、
汚染された部位が浸潤していることを加味して、少し大きめに削り取ります。

とはいえ、歯自体は小さなものです。
歯にとっての0.1mmは、相当デカい!

0.1mmの虫歯を削り取るために、
健全部分0.2mmもいっしょに削ることはしたくなかったわけです。

当時の墨田区のクリニックでも、
半導体レーザーを持っていましたので、虫歯菌を焼き殺したり、
特殊な薬剤で消毒したりする事は可能でしたが、
保険治療の範囲ではない最先端治療に属す治療のため、
どなたにも可能というわけではなかったというのも、前述の理由に当てはまるでしょうか。


これは、歯科医師の中でも意見が分かれるところで、
「悪化することを考えれば、多少大きくても削って治すべきだ」という意見と、
「再石灰化が間に合わなくても現状より悪化させなければよいのだからメンテナンスを中心に経過観察すべきだ」という意見。
真っ二つ!

どちらも健康な歯を少しでも多く残していくことを真剣に考えての意見であったため、
どちらも正しいといえるでしょう。

私は後者の意見を選ぶことが多くありました。

ある程度であれば、悪化してからの治療でも間に合う。
歯の損失量は同じなわけです。
定期的に虫歯のチェックできる患者さんであれば、急ぐ必要はないと判断していました。

(たぶん一般の方々が考える「まだ間に合う」よりも、
 【はるかにシビアな極小レベルの虫歯】に関してだけの話です。
 勘違いされないように言っておきますが、
 0.3mmの大きさは100%削って治さなければならない対象としています。

 だって、再石灰化量って数μm・・・マイクロメートルって単位の話です。
 1μm = 0.001mm = 0.000001 m です。
 マイクロメートルって一般にミクロンって呼ばれるでしょ?
 0.1mm = 100μm 深さも大きさもこのサイズが再石灰化の限界
 と言いきっちゃってもいいでしょう。

 歯のエナメル質は、直径約20ナノメートル(nm)、
 長さ約100nmの六角柱の微結晶(ハイドロキシアパタイト)が並んだ状態。
 ナノメートルは、100万分の1mm = 0.000001mm …書き間違えていなければ…
 0.1mmの虫歯は、
 エナメル質の結晶を、
 5000個〔直径0.1mm〕×1000個〔深さ0.1mm〕ぶん壊されている。

 5000000個[500万個]のエナメル質結晶が破壊されている状態が
 初期虫歯と言われる状態です。

 そんな結晶レベルの話になるのですが、
 再石灰化の最大量が0.1mmだと考えておくべきだと思っています。
 実際に初期虫歯と言ってよいのは0.1mmまでですし、
 ある論文のマイクロビームによる脱灰と再石灰化量の計測値も
 0.1mmまでのものだと記憶していますので・・・。
 
 ちなみに噛み合わせの調整は 1μm から行うこともあります。
 歯は曲面ですし、曲面の切削道具を使うことで可能なんです。

 余談ついでに、髪の毛1本を噛んでみてください!
 太い毛で 0.1mm、細いもので0.06mm程度、
 約0.08mm前後が平均的な太さと言われます。

 指でつまんでも「こんなもんか」と感じる厚さでも
 噛んでみると、その太さを実感するでしょう?

 0.1mmを実感してください。それが初期虫歯の大きさです。
 そして「虫歯」と診断された歯は、それよりも圧倒的にデカいんです!)


実際に、一般的にいわれる虫歯という症状は、
虫歯菌によって歯が溶けだしている症状を指します。
しかし虫歯菌はその黒く溶けた歯の部分だけに生息するものではありません。
極論をいえば「入れ歯」などの制作物にも付着しています。

症状を呈するのは虫歯菌が排出する酸によって溶ける物質である「歯」にしか見られない、
というだけのことです。

だから徹底的に虫歯の症状が見られるところだけをすべて削って治したとしても、
今後虫歯が発生する可能性は大いに残ってしまうのです。

口内環境そのもののコントロールが虫歯予防には欠かせないのです。

もちろんすでに発症している虫歯を治すことは、
口内環境の虫歯リスクを低減させるために重要なことですが、
それだけが全てではない。

コントロールできれば虫歯リスクは抑えることができるのですから、
定期的に患者さんの口内環境を整えるメンテナンス治療が重要になってくるのです。


しかし、人間というものは365日同じ生活をする人はいません。

飲みに行って歯を磨かずに寝てしまったり、
ショックな出来事が起こって生活リズムが乱れたり、
急な病気にかかって体質から変化してしまったり。

たとえば同じ患者さんの半年後口内環境チェックが、
全く別の状態になってしまっているなんてことも頻繁に見られるのです。

成長期の子供しかり、
社会人しかり、
ご高齢者しかり。

今回のチェックで状態が良かったからといって、
半年後の定期チェック時にその環境を保っているかと、必ずしもそうとはいえない。

だからこそ、リスクは極限まで小さくしたい。

口内環境の正常化に一生懸命になってくれている人ですら
急激に悪化してしまうこともあるのですから。


小さすぎる虫歯をどうするか・・・


その歯科医師としての大きな悩みは、たった1本のバーが解決してくれました。

超極細のダイヤモンドポイント!

20120113183812.JPG

0.3mmのボールペンの線と、
一般的に使っていた当時の最小バーと、
今お気に入りの極小バーを比較しています。
結構拡大して写真に撮ったため、大きく見えちゃうかもしれませんね。
ご希望の方には、実物をお見せしますので、お声かけしてください。


ただし、これは小さすぎるが故に、削るのも難しければ、埋めることさえ超難関。
私ですら使いこなすのに苦戦したほどでした。

しかし、完全に我がものとして自在に扱えるようになった今としては、
本当に欠かすことのできない大切な器具の1つとなっています。

極細のダイヤモンドポイントは制作不可能といわれていた時代も、昔のこと。
優れた器具の開発は、歯科医師としてに技術を高めるきっかけにもなりますし、
歯をいかにして残すかという選択の幅も広がります。

かつては戦争によって進歩したといわれる科学技術。
しかし洗練され、より高度に進歩するのは平和なればこそなのかもしれませんね。



カラフルあっぷるいーと3.JPG



posted by あっぷるいーと いんちょう at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯・虫歯に類する話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

ムシバを防ぐ自然治療とガムの使い方

今日は久しぶりにまじめなことを書いてみましょう。

『 自然療法 』とか『 自然治療 』などと言われることもあるのですが、
その中でも今回は、歯が溶けないように!
という観点をピックアップしてみました。

初期の虫歯や酸蝕症を『 再石灰化 』させることで治していこうという話です。

診療科目でいえば予防歯科とか保存歯科とかという項目になるでしょうか。



歯には自然治癒力がない! と言われています。

実際に【 ムシバ 】と診断されるレベルになってしまえば、
自然回復は不可能!
それはまぎれもない現実です。

しかしムシバや酸蝕症になってしまう直前(予備軍と言えるレベル)の場合
自然治癒力(というには微妙かもしれませんが)を上手に誘導してあげることで、
削ったりしなくても治してあげることができるんです。



以前にもブログ上に書きましたし、
あっぷるいーと吉祥寺歯科のホームページ上でも記載していますが、

もともと人間の歯は、
食事をすることでお口の中は酸性に傾き、歯が溶けています(脱灰・だっかい)。

それを食事していない時間で、唾液(だえき・つば)によって中和して、
溶けだした歯のカルシウムが元の歯に戻ってきます(再石灰化・さいせっかいか)。

食事によるお口の中の、『酸‐アルカリ』変化をグラフ化したものが、

s_curve.gif

歯科界では有名なステファンカーブというグラフ。

例えば飲み物の『酸‐アルカリ』度合いは、

f0079792_173941.jpg

ジュースや炭酸飲料、ワインも日本酒も焼酎もビールも発泡酒も酒類は全滅。
飲みっぱなしにすれば『 酸蝕症・さんしょくしょう 』という
歯が溶けた状態になるんです。

酸蝕症.jpg

こんな感じに歯がボコボコとしたクボミになっている人は完全にこの症状。
『 知覚過敏・ちかくかびん 』のように
「冷たいものが歯にしみる」なんて症状になることもあるんです。
(症状がない場合のほうがほとんどですので、あしからず)
(また、残念ながらこの写真のように状態が悪化したものは、
再石灰化療法では治せません。ちゃんと治療してください。)


もちろん、ムシバへの抵抗力ともいえる、
人体でもっとも硬い歯の表面『 エナメル質 』が溶けているのですから
ムシバも進行しやすくなる!


C1.jpg

ちなみに再石灰化療法で治すことができるムシバの予備軍とは、
この写真の程度のものまでです。

たまに『 完全に悪化した虫歯 』をひっさげて、
「痛みがないのだから、初期虫歯だろう」と言い張る患者さんがいますが、
100%削る治療の対象です。
お間違いのないように。


そこで前置きが長くなりましたが、本題の再石灰化療法を書くことにしましょう。

まず治療に関してですが、歯科クリニックで行うのであれば
「再石灰化」は「 歯質強化のチャンス 」でもあります。

フッ化物(歯を丈夫にするフッ素)を同時に・効率的に付与することで、
ムシバになりにくくする効果を高めます。

クリニック上で行うだけではなく、
マウスピースを利用して回復薬剤を歯に浸透させる、ご家庭でも行っていただける治療法があるわけです。

また、もっとも効率的に行うのであれば、ムシバ菌リスクの細菌検査
も併用されることをお勧めします。

簡易検査と菌培養検査があり、とことんまで調べ上げることもできますから、
どう予防することが効果的化を、患者さん1人1人の、自身の状態から
細かくサポートすることもできます。

これが最も効果が高いのですが、
近年では市販の再石灰化をうたうガムがよく売れているので、
そのことにも簡単に触れておきましょう。


効果としては専用の薬剤を用いて、
自然治癒力ともいえる再石灰化を促進するには及ばないのですが、
正しく使い続けることで、徐々に再石灰化させることができる
 ・ キシリトール配合のガム
 ・ リカルデント(商品名)
 ・ ポスカ(商品名)
を推奨しています。

しかし単にどれでもいいというわけではない!

歯科医師として、正しい使い方を知ってもらおうと思いますので、
効率的なご使用を意識してください。


ムシバ菌に効果があるキシリトール。
しかしステファンカーブにある、
『 もっとも歯が溶ける時間 』に噛まなければ意味がない。

つまり食後3分以内!

そうすると虫歯になりやすいリスクが減少していきます。

昔キシリトールガムのCMで
「虫歯予防先進国フィンランドでは食後にキシリトールガムをかむ」
というフレーズがあったのを覚えているでしょうか?
覚えている方は、虫歯予防意識が日ごろから高い人なのでしょう。


リカルデントは韓国製だそうで…。
これは再石灰化に必要な成分=リンとカルシウム
が配合されているので、食間(食事していない時間)に噛むのがおススメ。
大抵の人にむくんです。

ポスカは日本製だそうな…。
これは再石灰化に唾液中のリンを利用しなければならないので、
ドライマウス(口腔乾燥症・ツバの出が悪い人)には不向き!
ちゃんと唾液(だえき・つば)が出る人ならば、おススメで
食間でOK。

継続は力なり!

自主的な日頃からの予防という意味では、ガムでも十分効果が期待できます。

もっともムシバリスクの高い人
(ムシバ菌が多い・歯質が弱い・間食などが多い・食事時間が不規則・歯磨きしない)
など、歯が溶けやすい条件を好む方には効果がないのであしからず。


歯には自己治癒機能がほとんどない!
だからこそ、予防・“超”早期な治療、という意味でしか
自然歯科治療ができないのが現状です。

また、日本の保険医療制度では予防という観点がない!

そのため予防治療をしっかり受けようとすれば、
自己負担で受けていただくことになります。

数千円から1万円を超えるものまであるため、
よほど歯に対する健康意識がしっかりしている方でなければ
受診しようともしないでしょう。

日本人は
歯が痛くなければ放置する人、
前歯さえ綺麗になれば、奥歯は放置する人、
そんな人が多いのも現実。

歯科として述べるのであれば
とても文化水準の高い先進国の1つとは言えないわけです。

その結果、
日本人しかならないような命にかかわる病気もあるんですが・・・
それはまたの機会にしましょう。

しかし、歯医者としては、歯を健康に保ってほしい。

だからこそ、ちゃんと磨いて衛生的にすること!
にプラスして、
こういうガムなどを利用して、歯を守ってほしいと思います。



カラフルあっぷるいーと3.JPG



posted by あっぷるいーと いんちょう at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯・虫歯に類する話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

ツバからわかる虫歯・歯周病のリスク

本日は武蔵野市の歯科医師会の活動の1つを報告しましょう。

40代を境目に日本人の歯は急激に悪化していきます。
虫歯や歯周病、顎関節症やドライマウス・・・

多岐にわたり様々な病気が悪化し始めるのは、
体力や抵抗力の低下とともに、
それまで「ないがしろ」にしてきた口内環境のケア不備が積み重なってしまったため。

あなたは、自身の口内環境をどれほど理解しているでしょうか?

その悪化をくい止めるために、武蔵野市歯科医師会では、
 @武蔵野市に住民票のある、
 A11月1日〜2月29日の期間に来院された、30歳と35歳のかたで、
 B市役所からお手紙が届いた人(封筒ごと持参された方)
という限定ではありますが、無料歯科検診を受けていただけます。

しかも!

ただの虫歯の有無の検診だけではなく。

唾液(ツバ)を培養して、
虫歯や歯周病になりやすい口内環境にあるかどうかを知る簡易検査まで、
なんと2種類行って無料なんです。

1つは、
唾液中に混じる血(歯周病などによる炎症で目に見えない血の成分が含まれています)
を調べることで、歯周病菌が活発になっているのかどうかを知ることができます。
(1〜3分程度で判定できます)

もう1つは、
お口の中にいる虫歯菌の量を3段階で知ることで、
ムシバになりやすいかどうかを検査します。
(15〜20分程度かかります)

(もちろん判定結果がでるまでに、
口腔内検診も行い、実際にどうなっているのかと見比べることになります。)

ちなみに、ご予約のお電話をしていただく時に、お伝えしていることですが、
これらの検査を正しく行うために、

 @ 2時間前から飲食はしないようにしてください。
 A 2時間前から歯磨きなどの口内清掃はしないでください。

ということは守ってくださいね。
検査で悪い結果にならないようにと、直前だけ綺麗にしようとしてしまう方もいるんです。
それではリスクの把握はできません。
磨いていない時間にどれだけ細菌が繁殖・活動しているかを知ることが大切なんです。

実はこの検査、
通常は自費検査なので、ウチでも1種類につき数千円かかってしまう検査です。
それだけでもお得。
それに通常の歯科検診もついてすべて無料なので、ものすごいお得なんです。

これは武蔵野市歯科医師会の事業で行っているため、
30歳・35歳の検診というのは、
他の市区町村にはないのかもしれません。

市が行うものでもないので、助成金も出ないようなので、
この4ヶ月間の条件に当てはまる方だけの無料ボランティアといってもイイかもしれません。

すべては40代以降に歯がなくならないために!
武蔵野市歯科医師会はガンバっています。
正しく受診していただき、早期発見とともに、
リスク把握をしておくことで予防の啓蒙活動にもなる。

その成果は数年後に、他の地域と異なるほどの「自分の歯」維持率が高くなってくれれば
国家的な予防プログラムのモデル地区となれるかもしれませんね。

もちろん今回は、実験的な試みでもあるため、
我々のような武蔵野市歯科医師会会員側としても、
戸惑ってしまうこともあるかもしれません。
しかし、この試みが成功すれば、
今後も毎年継続していける無料検診として定着できるかもしれません。

30歳・35歳検診という新しい試みは、
内容的にも、ものすごく理想的で、
将来を考えた「自然な歯を健康に維持する」ために大切な役割を果たしてくれるでしょう。

是非このチャンスをご活用ください。
もちろん「あっぷるいーと吉祥寺歯科」だけでなく
武蔵野市歯科医師会会員の80ほどのクリニックで受診いただけます。


ちなみに、封筒の中身だけ持参されても受診できない場合があります。
役所越しに送付された個人様名義であることを確認しなければなりません。
宛名の書かれた「封筒」が大切です。

また本人様確認のため、保険証や運転免許証のご提示もお願いしています。

もう1つ!
この検診時に発見された患部の治療は、
後日から開始することになります。
(この日は検査&わかったリスクのお話だけになります。)

それというのも、お話も含めれば30〜45分ほどお時間がかかってしまうことと、
保険治療の制度とは別の無料検診になるために、同時施行は何かと難しいためです。
そこもご理解いただきたいと思います。

ちゃんとした手順を踏むことで、良い制度は整備され、継続されていきます。
ぜひとも、受診される方々も、
この良い制度を成熟させていく側の1人として、ご参加くださいね。




ちなみに、自費にはなりますが、
この条件に当てはまらない方々も、同様の検査を受けることが可能です。



 また、もっと詳細な検査も可能です。

例えば、
ムシバ菌や歯周病菌にも種類があり、悪性度が異なります。
どの細菌がどれぐらい多いかを知るには、日数をいただき
専門の研究機関にて培養検査し、その菌数を数えて把握する方法があります。

この検査は、例えばインプラント治療を検討する時に、
患者さんの口腔内のリスクがどれほどのものかを知るために行うことで、
永くインプラントが維持できる口腔内なのか、
それとも抜け落ちてしまうリスクが高い口内環境なのか、
を具体的かつ正確に知ることができるのです。
(今回の検診で行う簡易検査で、
 あまり良くない結果が出てしまった方には、たいへんお勧めの検査です。)




唾液の検査は他にもあります。
特に代表的なツバの検査をあげてみると・・・


 唾液の緩衝能テスト

プラーク中の虫歯菌が作り出した「酸」を中和する働きを緩衝能といいます。
唾液中にこの「酸」を中和する炭酸水素イオンが多く存在すると強い緩衝能を示し、
再石灰化を促進させます。
このテストにより口腔内の環境を、どれだけ早くむし歯になりにくい環境にもどせるか
がわかります。



 唾液分泌速度検査

唾液分泌速度(唾液分泌量)は5分間の唾液の量を測ります。
唾液の分泌量が多いとカリエス(むし歯)になり難く、
分泌量が少ないとカリエスになり易い環境と言えます。
夜寝る前に歯磨きを励行するのは就寝時は唾液の分泌量 が減るからです。
虫歯・歯周病・ドライマウスなどのリスクを知るためにも有効です。


 などがよく行う検査でしょう。

本来であれば、口内環境は『 毎日の生活 』で変化しやすいものですから、
毎年検査し、変動を追っていくことが大切なのですが、
まずは1回、ご自分の口内環境を把握されてみることをお勧めします。





カラフルあっぷるいーと3.JPG




posted by あっぷるいーと いんちょう at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯・虫歯に類する話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする