2013年10月31日

シリーズ・歯を残すには・B歯髄を残す

シリーズ開始前。
コオロギの話をしました。

コオロギが可哀想だからと、
キュウリや梨をあげると、
コバエもたかってきます。

コバエを殺そうと殺虫剤をまけば、
コオロギも死んでしまいます。

コオロギを生かすためには
コバエを黙認するしかない。
・・・ホンネはちょっと困っています。

感染の対策には、そんな治療もあるんです。


前回のブログで抜いた歯の写真を載せました。
歯の神経(歯髄)を取ると
歯根の色が経年的に変わってきます。
それで物性変化があるともいえないようですが
やはり、何かしらの変化・影響があるのでは?
と考えちゃいます。

歯髄(神経)を取ったからといって、
歯の維持や機能的には
そんなに変わりがないといわれますが・・・

本来なら痛みを伴うことの多い急性虫歯
になっても、神経がなければ感じませんので、
おもいっきり悪化しても気付かないことも。

歯は硬いばかりではなく、
神経や血管の多い歯髄があることで、
適度の衝撃吸収性・弾性力も持っている
と考えられます。
食いしばりや歯ぎしり、
飴玉バリボリと噛んでも耐えている歯に
役立っている可能性もあると思われます。

もともと、
歯髄(神経)があることで歯が作られてきます。
歯の成長が完了しても、その中に残っている
ということは、生体として残しておく
必要があるからでしょう。

なので、歯髄を取らないで済むなら
取らないほうがいいと考えます。

ただし、神経を残すには、
骨に感染がないことが絶対条件です。

このレントゲンを見てください。
2人目の人になります。

2.jpg

神経に届いていそうな虫歯です。
ただ、
歯根の先端に炎症所見は
かろうじて見られません。

実際の歯はこんな感じ。

1.jpg

歯を削っていくと、
全く痛みを感じない・・・・
ギリギリ神経近くに達すると・・・「痛い」。

絶対、虫歯の感染部位は除去しなければなりません。
しかし、
虫歯を完全除去すると神経に達してしまうものがあります。

こういう状態の場合、治療法は2種類に分かれます。
神経を取るか・神経を残すか。

今回は神経を残す方法を語りましょう。
ただし、これは賛否両論ある話。
必ずしも助けられるとは限りません。

それは、虫歯を削り残す方法です。

3.JPG

ギリギリまで虫歯を削り取る。
これ以上削ったら神経に達するというギリギリまでとる。
残った細菌感染部分に、化学的・光学的な処理を施す。
特殊なレジンで埋める。
その後、経過を見てしかるべき歯冠修復を施す。
というもの。
保険・自費治療のどちらもあり、
施す処置が異なります。

もしその処理をした後でも、
痛みを感じるなどの症状がみられれば、
神経を取る、抜髄治療に移行します。

これはある意味、賭けです。
けれども、
 細菌力 <<< 免疫力+科学力
という構図になれれば、神経を救うことが出来ます。

神経をとらなければならない状態を、
未来に先送り出来れば、
それだけ歯が長持ちできる可能性が高まる
ということです。


その治療が出来る条件をお話しましょう。

 @ 神経が生きていること。
死んだ神経は感染源でしかありません。
削る痛みを感じる歯であることが条件です。
ギリギリを知る手だては痛みの感覚しかありません。
また、化学物質の反応で症状がでないかも
確認する必要があります。
そのため、麻酔はかけられません。

 A 炎症所見がない、軽いこと。
レントゲンの炎症所見や
冷水痛・空気でしみるなどの症状が、
ないか、一次的なものであること。
強い痛みが続くものは対象外。

 B 衛生的な口内環境を維持する意思のある人。
今後、あきらかに悪化するであろう人に、
行ってよい治療ではありません。

 C 免疫力のある人
残存細菌よりも身体の免疫力が勝ることが絶対条件。
生体バランスの悪い状態ではむずかしい。

 D くいしばりや歯ぎしりなどの過重負担がないこと。
コントロールできればよいのですが、
力による局所の炎症は、ダメージが大きすぎます。

 E 細菌の種類
これは電子顕微鏡などを使わなければできない話ですが、
虫歯菌は、大別すると2種類います。
浅い虫歯は、酸素がなければ死んでしまう菌。
深い虫歯は、酸素がほとんどいなくても生きていられる菌。
虫歯が深くなり、神経に達するころに
細菌叢(繁殖している所の状態)が変化します。
深い虫歯の細菌が多いと、
この処置で死滅しないこともあります。

その他、細かい条件がいくつかあります。
そして実際に、それがクリアできているからと思っても、
痛くなってしまうことも多々あります。
成功して、10年以上、状態変化もなく安定している
歯もあります。

やってみなければわからない治療、
誰にでも出来る治療ではない、
ので、おすすめするつもりはないのですが、
私の場合は、ワンステップ置いて、
残せる可能性が残っていないか試すことが多いです。

さっさと見限って、神経を取っちゃうほうが
患者さんも楽か?
と、考えることもあるのですが、
どーしても、永く歯を残したいなぁという思いが・・・。


フランスを本部とする世界中
多くの国の歯科が加盟する
FDI・国際歯科連盟という団体があります。
そこでは、できるだけ歯を残せるように、
MI(できるだけ小さな虫歯治療をしよう)
という概念を推奨しています。

・・・ちょっと細かな話になるので、
いずれちゃんと書こうとは思うのですが、
その概念の中に「歯髄保護」という考えは
含まれていないんです。

そのため、このような治療に適した材料
というものも開発が遅れていて、
やっとここ2〜3年で、
それに適した材料もでき始めてきました。

そのため、
昔よりは残せる可能性も高まってきたわけです。


歯の神経(歯髄)が悪化したらどうなるか(前回)
歯の神経(歯髄)が汚染されているかもなら(今回)
と、細菌感染の悪化状態に応じた
歯を残すための治療の一例を述べてきましたが、
歯の神経(歯髄)まで達していない虫歯も、
放置していいはずはありません。
そこから歯が欠け、
歯髄があらわになる事もあります。

虫歯や歯周病ではない感染として多いのが、
過重負担がかかりすぎたことでできる
クラック(歯のヒビ)からの
歯髄感染です。

ちなみに、感染とは関係なくおこる歯髄症状もあります。
知覚過敏などもそこに含めてもいいでしょう。

歯髄症状(痛いとか凍みるとか)の原因は単純とは限らない。
だからこそ、歯髄を残すためには、
口腔内のあらゆるバランスを整えることから
把握する必要もあるのです。


PS.
落ちてきた枯葉もコオロギには良い布団。
だからベランダ掃除もできん!
なんだかんだで快適生活を満喫しているのでしょう。

そのためか、台風26号の脅威にも耐え、
周囲からのコオロギの鳴く声は減ってきたというのに
元気に鳴く鳴く。
失われたかもしれない寿命を、
同等・それ以上の維持をさせるには、
完全看護以上の、
そのモノ+周囲環境を整えることが大切です。



カラフルあっぷるいーと3.JPG







posted by あっぷるいーと いんちょう at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯・虫歯に類する話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

シリーズ・歯を残すには・A骨の中の感染

前回まったく本題が進まなかった感染の話の続きです。


まずは1人目。
このレントゲンを見て下さい。

11.jpg

歯根の先端を包む骨が黒くなっているでしょう。

レントゲンは、骨は白く、空洞は黒く映ります。
(ちなみに銀歯なども白く映ります。)

本来白くなくてはいけない骨のあるべき個所が
黒く映ってしまう理由には、
 @ウミなどで骨が溶けてなくなった場合か、
 A炎症が起きて骨がスカスカにされている場合か、
 B腫瘍などがあるか、
という3大要因が大半を占めます。

骨を溶かし空洞を作るモノ・・・それが膿(ウミ)です。
(厳密にはもっと種類がありますが、ほとんどがウミです)
ウチのホームページ上で、
実物のウミの袋の写真がアップしてあります。

ちなみに、この話をするにはイイ写真があるんですが
ネット上で探し出したものなので、無断転載できないので、
院内だけでしか使えません。


この膿が及ぼす悪影響は、
骨(歯槽骨)だけではありません。

歯根にも悪影響が及んでいます。

実はそれが、歯を残す時の大問題なんです。

上のレントゲンは、3年ほど前に撮影したものです。
大半の場合、レントゲンがこの状態で、
歯の動揺(揺れてグラグラ動く)があるようなら、
みなさん、すぐ抜かれちゃうでしょう?

それを、何とか1年でも長く残そう。
と、治療し続けた結果が、
約3年半は、歯としての機能をさせ続けられたのです。

そして、もう限界を超え過ぎたため抜いた歯がこの写真。

1.jpg

ここで注目してほしいのは、歯根の色。
(銀歯以外のところが全部歯根です。)

先端の方が黄色く、ちょっと肥大化しています。
茶色みがかった歯根の表面には、
部分的にクリーム色っぽい
ザラついているようなものも見えます。

それでは、詳しく解説してみましょう。


茶色みがかった歯根は・・・
歯髄(歯の神経)を取ってからの年月が長いから。

本来、歯根は白っぽいクリーム色が多い。
(個人差はあるけれど)

それが歯髄(神経と血管が豊富なところ)を
取ることで、栄養が送られてこなくなる。
それで年数が経過すると濃くなる。

実際に歯髄を取ったからといって
歯には問題ないといわれるのだが、
30年後・50年後と考えたら、
健康状態を保つために、残したいものです。

しかし、
感染した歯髄は、自覚症状の有無に関係なく
取り去らなければならない。

網目のように張りめぐった歯髄の、
どこに細菌が繁殖しているか
わかったもんじゃないからです。
繁殖した菌だけを消し去ることは不可能。
痛みなく悪化している人は多いんです。

網目状に張りめぐった神経通り穴。
どこかで細菌が繁殖すれば、
歯や骨が内側から崩壊されていきます。

だからできるだけ、神経を取らなくて済む、
前段階(神経には及ばないレベルのうちに)で
治療を受けるべきですし、
神経を取る必要があると判断された場合、
何度かしっかりとした神経を取り去る治療が
完遂されるまで通院しましょう。


続いて、
歯根に付着したザラついたクリーム色っぽいものは、
歯石です。

この人は、銀歯ギリギリまでハグキがあり、
そこから歯石取りの器具(スケーラー)をいれると
歯根の先端まで触れていました。

できるだけ細かく歯石を取るのですが、
見えないところ、触る角度が自由にいかない所、
歯根の間や、曲がっている内側など、
どうしても深すぎる位置に出来た歯石は
取り残してしまうといわれます。

熟達した専門医が行った結果でも、
ハグキの奥深くにできた歯石を取る場合、
歯周ポケットの深さ
3mmまでの取り残し:17%
5mmまでの取り残し:61%
5mm以上の取り残し:89%
というデータがあるんです。

そのため、完璧な歯の維持を求めるなら、
歯石を取る日帰り手術が必要になりますし、
早めに定期的に歯石を取ることが大切です。

この歯の場合は、
10mm以上の深いポケット。
前回、歯石を取ってから1ヶ月ほど経過していますが、
取り残した場所を足場として、新たに歯石が増えた
と考えていいと思われます。

本来ならば、とっくに手術の適応だったのですが、
本人の希望で、
今のまま駄目になるまで粘れればイイ
というので、現状維持をメインに
メンテナンスをしてきた歯です。

歯石も、一般的に4mm以下の歯周ポケットで
維持できないと、取り残しが増えてしまうといわれます。
早めに、定期的に取ることをおすすめします。


次に、
先端の方が黄色く、ちょっと肥大化しているところ。
これは硬化セメント質。
細菌の汚染に負けまいと、生態防御反応を起こした結果、
本来は薄いセメント質が、肥大化したもの。

神経を取った穴から、歯槽骨の中のウミを洗い流し、
徹底的に洗浄して、密封できたことで、
歯根の抵抗力が増した結果です。

これはあっても問題ありません。
どちらかというと、維持をするための治療が
ちゃんと機能していたことを証明してくれるものです。

人間の回復力はすごいものですね。
本来の形態を変形させてまで、
細菌に負けまいと抵抗するのですから。


この歯ではないのですが、
こういうレントゲン状態なのに、
定期的の来てくれない人の場合、
逆に、歯根のセメント質が腐ってしまっている
パターンが多くみられます。
ひどい時は、歯根も大きく溶けてなくなっている
ものもあります。
(永久歯の萌出に伴い、
 乳歯の歯根が短く溶かされている状態のように、
 ウミにより感染で溶かされるので、
 もっとゴツゴツでボロボロになります。)

基本的には歯の神経をとり、そこから先の歯槽骨に
アプローチして、ウミを溶かし出す治療をするのですが、
セメント質が腐ってしまった場合は、
その治療効果があまりありません。

手術するか、歯を抜くかしか対処のしようが無いでしょう。

実際に、虫歯を悪化させて、抜くしかない状態の歯は、
セメント質が腐っているものが、多いです。

ほっといていなくなる細菌はいません。

手術は、汚染部位の除去が確実に出来やすく、
歯根端切除術という感染した歯根も摘出し、
ときに骨を移植・補填することもします。


感染の治療は、
 ・ その汚染域を綺麗にすること、
 ・ 再感染させない状態をつくること、
の2大要素が最も重要になります。

しかし、
お尻の穴より細菌が多い口腔内。
環境の変化が著しく。
毎日・毎食ダメージを受ける歯。
という場所での感染であるため、
2大要素を確保することは困難です。

早期発見・早期治療が必要といわれる理由は、
2大要素が確保しやすい状態での治療が
望ましいからです。


ちなみにこの歯は、下の写真のように、
ハグキの中の歯根に虫歯ができ、
悪化し続けたために、
ハグキの炎症が続くようになり
抜かなければならなかった
というのが結末です。

1111.jpg

本来なら、
ハグキを開き、歯根の歯石取りやウミの切除
という手術と同時に
虫歯治療を施さなければいけなかった状態でした。

残念ながら、ハグキの中(下)に
できた虫歯をそのまま治療することはできません。

基本的にハグキの中(下)で
虫歯が繁殖することはないのですが、
このように歯槽骨が減少し、
ハグキだけで歯を支えているような状態では
ハグキの中(下)で虫歯ができてしまうこともあります。


できるだけ早期に、治すべき時期に治療しましょう。
でなければ、維持させるために行う治療は、
それなりに大々的なものとなります。


カラフルあっぷるいーと3.JPG




posted by あっぷるいーと いんちょう at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯・虫歯に類する話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

乳歯…その意味するものとは…

クリニック内だけでなく、
検診センターでの乳幼児検診など
多くの親子と接する機会があります。

そこでたまに耳にする言葉・・・
「乳歯の虫歯って治療しなくても良い
ものじゃないのですか?」

時には、そんな言葉を
歯科医師や歯科衛生士から言われた人もいるようです。

ふざけるな!

と断言します。

治療しなくても良いケースは、

1、削るバーのサイズよりも、虫歯になっている範囲が小さいもの。
 ⇒ 再石灰化を促進することで完治できる範囲限定。
 (注:1mm四方の虫歯はバカデカイに属します。)

2、はえ換わり1〜2週間前程度の乳歯。
 ⇒ 抜け変わる時期が明白で、
   削って埋めても数日で抜け落ちる状態。

以上。

それ以外で治療しない理由は、

1、泣く・嫌がるなどの理由で治療ができないために放置。
2、親の理解が得られないケース。
3、小児の治療は、大人の歯よりも難しいため。
など、
・・・基本的に大人の事情という言い訳です。

・子供の口は小さく、視野や施術スペースが狭い。
・舌を動かし、首を振り、手足をばたつかせ、危険行動が多い。
・唾液が多く接着操作が難しい。
・歯が柔らかく、質が粗く、外れやすい。
・永久歯のはえ換わりを考慮に入れた治療が必要。
 (現状だけでなく、ハグキの中の見えない歯を考慮。)
・治療時間がかかるケースが多い。
・気を使う。
・疲れる。
・・・・・etc.

治療でも、検診でも、診れる時間は限られます。
どうしても出来ない子供は、
出来るまで何度でも通ってもらい、馴らせることが肝心ですが、
そのための時間を作れるほど「親」も時間があるわけではなく、
出来るだけ回数を減らせるよう、子供をせかしてしまう。
その行動が余計に、子供が歯科嫌いになる元凶の1つです。

誰もが大変で、納得できる言い訳が、
乳歯は、はえ換わるのだから、治療しなくても・・・
という言葉にすがりつく結果に。

なので、
乳歯とはどういうものか、をちゃんと理解して、
親としての(子供の成長に対する)責任の下、
子供の歯を治療すべきか、見守るべきか、
を考えてみてください。

乳歯は、
1、食べ物を小さく噛み砕き、成長期の栄養摂取に働く。
2、口の中の空間を作り、正しく発音するために働く。
3、あごの骨の成長を促進し、顔の形を整える役割。
4、骨格を整え、全身バランスを整える役割。
5、永久歯がはえるための幅のスペーサー。
6、永久歯がはえるための高さのスペーサー。
など。

言いかえれば、
虫歯などで多数歯が崩壊したままだと、
1、栄養摂取不良で、成長に影響が出る。
2、発音などに障害が出る。
3、顔がいびつになる。
4、全身がいびつになる。
5、叢生(ガチャ歯)になり、細菌の巣窟になる。
6、歯が低くなり、顎関節症やドライマウスを引き起こす。
など、様々な悪影響が考えられます。

ひとつひとつを詳しく語るには膨大なので割愛しますが、
状況を見て、必要に応じて正しい対処をすべきです。

そのためには、

1、虫歯になってから
  嫌がる子供に治療を受けさせるのか?
2、虫歯になる前からクリニックに通い慣れさせつつ
  予防していくのか?
3、まともな治療ができるまで成長を待ち
  口内環境に無関心のまま過ごす大人にさせるのか?

を選択してください。

極端なことを言いますが、
ネットなどで縛りつけて抑えつけ治療をする方法や、
全身麻酔をかけ寝かして治療を進める方法など、
無理やり治療する方法だってあるんですから、
どんなひどい状態であっても治療する手段を
医療者サイドは持ち合わせています。

ただ、そんな選択をしたくないからこそ、
2番目の選択をされる方が増えることを期待します。


もちろん、多くの子供はコミュニケーションがとれます。
いたがらせたり、こわがらせたり、なんてことをせずに
普通に治療することは可能です。

まず、目が合わせられる子供であること。

これが出来ない子供だけが、治療困難で、泣きます。
経験上100%です。

逆に、目が合わせられる子供なら、
経験上100%、泣くこともなく
ちゃんとした検診や治療ができます。
0歳からの子供に言えることです。

目が合わせられる子供に育てていただければ、
治療する側としても本当に助かるんです。

単なる通過点ではなく、
成長過程と、今後の大人期への影響の出発点が「乳歯」です。
スタートからズレれば、
けしてそのままでは、正規ルートへは戻れません。
矯正したり、作り物で修繕したり、
手術して骨格から整形したり、、、。


そんなことを望まないのであれば、乳歯を大切に。




カラフルあっぷるいーと3.JPG










ラベル:乳歯
posted by あっぷるいーと いんちょう at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯・虫歯に類する話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする