2013年11月19日

坂本龍馬に見る食いしばりの特徴

今日はちょっとブレイクタイム。
次に行く前にこんな切り口で進めてみます。

ある昼休み。
こんなとこにも処方箋薬局ってあったんだぁ!
と知る。

吉祥寺って、
土曜やってなかったり、夜早く終わっちゃったり、
って処方箋薬局が多いから、
こまめに歩いてみるんです。
ちょっと遠いよなぁ。ここは早終いか。とか確認。

薬って最低100錠単位。
(最近はこれもなくなってきてるのですが。)
ほとんどが、500錠とか1000錠とか、
って仕入れなきゃなんないし、
種類も必要になるし、
基本的に飲み薬って、大なり小なり
人体に負担をかけるものだから、
できるだけ出さなくていいように治療したいので、
個人クリニックには処方箋が便利なんです。
クリニック内には、
必要最低限の薬だけ用意しておけば済むので。

2店舗ほどは、どこに店舗があるか
連絡くれるチェーン店もあるので、
実際に現地確認もします。

少し前に連絡をもらっていたし、
患者さんには場所の地図を渡していたけれど、
まだ現地確認に自分で行ってなかったなぁ。
という処方箋薬局を思い出して、
フラッとお散歩してみると、
近場のビルの2階に発見。

なんと、そのお隣は・・・

20年ほど、こういう玩具を買わなかったのに。
吉祥寺で見つけちゃった小さな専門店。

モデルガンとかガスガンとか。

見るだけのつもりで立ち寄ったら、
まぁ、ほしいものがいっぱいある。

店員さんもお詳しい。
ビジネストークというより、マニアトーク。
消えてたマニア心に沸々と・・・
非売品のやつとか、ほしぃ。

というわけで、
買っちゃったのが、
坂本龍馬の愛用銃のモデルガン(中古)。
S&W MODEL 2 ARMY 。

傷は少しあるけど、ほぼ未試用品。
今は、絶版なんだとか・・・

20131009_184155sss.jpg

これを見ると、
近江屋暗殺時に、弾切れになって、
リロード(弾の再装填)に
間に合わなかったっていう説も、うなずける。

弾丸6発、撃ち終わったら、
銃身(バレル)を曲げ上げ、
弾倉(マガジン)を取り出し、
銃身の下の棒で打ち終わった薬莢(弾丸)を
6発ぶん取り出し、
(写真はモデルガンのためこれ以上入らないけれど、
  実際は根元まで入るようになっています。)
(ココまでの写真が下の3枚ね。)

新たに弾を6発込め、
弾倉を戻し、
銃身を戻し、
シングルアクションという機構のため、
撃鉄を起こし、
トリガーを引くことで弾が出る。

時間がかかりすぎるわなぁ。
そんなに待ってくれる暗殺者はいない。
店員さんとのお話で、爆笑の大納得。
気付けばナガバナシするわ。

ただでさえ、
撃った直後なんて、銃身も弾倉も熱くなり
素手で持てたのかどうか?
もともと、リロードなんて想定されていたのか?
という時代の銃です。

まぁ、そんな話をウチのスタッフにもしたかったのだが、
「単なる無駄遣い」ってバッサリ。
女性はリアリストだから・・・

刀剣や銃、剣術や戦術、偉人や伝承。
時代劇も好きだけど、
特別、坂本龍馬のファンってわけでもない。
実際、無駄遣いですな。

でも、

もし、坂本龍馬に、
豪快さばかりじゃなく、
臆病さ・慎重さがあったなら、
もう1丁、予備の銃を買っていたのかも?
いや、高価で買えなかったとか?
手に入った1丁しか売ってなかった?
何人もの人間に襲われることになるほど
自分が重要人物になるとは想定してなかったから?
珍しいものが手に入った喜びで浮かれていた?
剣も凄腕だったというから、御守り程度の銃だった?

あまり語られない状況でしょうが、
それゆえに、時代背景やら性格分析やら、
あれやこれやと想像でき、楽しめるでしょ?

たった1丁のモデルガンで。


モノの見方って、
ちょっとした事を知っているか、知らないかで、
選択肢の幅が明らかに違ってきます。

何気に、みんな知っているモノを見ても、
見方が違えば、別の切り口が見えます。


例えばこんなのはどうでしょう?
坂本龍馬の写真とされる、
みんなが見たことのある2枚の白黒写真。
(さすがに版権はないと思うんだけど…
 ネットで拾ったもんじゃマズイかなぁ?)

龍馬の写真は、6種類あるともいわれています。
別人説や、
暗殺以後に撮られたものではないか
なんてものもある様です。

が、思い浮かべてほしいのは、
立ち姿で、右手を懐に忍ばせ、
台に寄り掛かっている、あの有名な写真です。
(慶応2〜3年・上野撮影局で撮られたとされるモノ)
(この2枚の左側です。)

ryouma1.jpg

スマホの方は、画像の拡大が簡単なので、
ぜひ、顔をアップに。

鼻下からアゴの先にかけて、ハイ注目!

これが「食いしばっている」ときの人の顔です。


当時の撮影は、ガラス原板を使うモノ。
撮影時間がかかり、動くとブレるので、
相当大変だったそうな。

そりゃ、くいしばるよ。

龍馬が、
名刺代わりに配っていたとされるブロマイド。
上半身の写真だけが写っている
別の有名な写真と見比べてみて。
(右側の写真です。)
こっちのほうは、
「食いしばっていない」ときの顔。
(やぶん座ってリラックスしていたのでしょう。)

食いしばっているときの顔って、
この龍馬の立ち姿のように、

上下の唇が緊張して強く結ばれ、
口角が下がり、
下唇の下に大きい「への字」のくぼみ、
アゴの先もボコボコにエクボの様なクボミ。

これが食いしばってる人の顔の典型。
(説明するのに面白いから、
 今度院内のモニターに入れとこうかなぁ。)

ryouma2-2.jpg

ねっ。
気付いていた人はどれぐらいいるでしょう?

どちらの写真も見たことがある人は多いでしょ?

見比べてみると、こんなにも違う2枚の表情。


気付いちゃったら、
脳科学者・茂木先生のアハ体験のように、
もうそこにしか目がいかないんじゃない?

幼稚園の時に描いたクレヨンの人物画。
白に、黒い縁取りで歯を描いた人は多いでしょ?

その認識と、今の年齢になってからの
歯に対する認識って、どれぐらい変わっています?

たぶん私の場合、この世界に入っていなかったら、
幼稚園の頃と何も変わっていなかっただろうな、
って自覚があります。

この龍馬の時代頃の写真って、
結構くいしばってる人が多いですよ。

撮影が大変だったのか?
威厳を持たせようとしたのか?
魂が抜かれるという流布を真に受けていたのか?

そんな想像も楽しいでしょ。

見方が変われば、
テレビの中の芸能人の歯ばかり見ちゃう、
っていう患者さんも結構いたりする。
けど、もう一歩進むと
白さだけじゃない注目点も楽しめますよ。


坂本龍馬のアゴの形って、
食いしばりや歯ぎしりしやすい人に多い形でもある。

そういう意味では・・・

「幕末ガイド」ってサイトで
坂本龍馬役の歴代俳優さんが23人
紹介されているのをみつけちゃった。
意外な人物もいるけど、
下アゴの骨格的類似で見ると、
ダウンタウンの浜田雅功さんが
一番近いかなぁ?

とかね。
(これはさすがに版権に引っかかるでしょうから
 アップはしませんけど、検索してみてね。)

関西弁の龍馬だったけど、
歴史ものと思わず、
同姓同名の別話と思えば面白かったしね。


そんな食いしばり・歯ぎしりをはじめとした、
歯を残すためのデメリット、過重負担の話へと
次回から続きます。

P.S.
以前、新撰組の歯の事を書いたら、
翌年だったかの新撰組検定日に
ものすごく閲覧されたことがあったので、
坂本龍馬検定なんかがあったら困るし、
ちゃんとしたことも書いておきます。

上海で2丁拳銃を手に入れたとされる
高杉晋作から1丁もらったといわれるのが、
この写真の銃です。
時を同じくしてアメリカで
南北戦争が起こります。
弾丸をこめる手間が、それまでの銃より
簡単になり、この1世代前の銃より
殺傷能力も高いということで、
この銃の生産ライン能力の3年分になる
予約が殺到したそうです。

龍馬は池田屋事件の時、
この銃(32口径6発)を使ったとされ、
そのとき刀傷を受けて落とし、なくなった
とされています。

本国アメリカでも入手しづらくなった銃。
同じものは買えなかったのかもしれません。

その後、お龍さんとともに、
この1世代前の銃、
モデル1(22口径7発)
(リロード方法は同じタイプ)
を買い、近江屋のときは
こっちの銃を持っていたそうです。
ただ、撃つ事もなく暗殺されたといわれます。

まぁ、歴史の真実は
博物館資料が必ずしもとは限りませんけど。

ちなみに、この2種類の銃。
YOU TUBE で実物発砲が見れちゃいます。
気になればぜひ1度くらい見てみるのも
面白いですよ。



カラフルあっぷるいーと3.JPG



posted by あっぷるいーと いんちょう at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯・噛み合わせの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

外傷歯の種類と注意点(簡易版)

先日、無事に休日応急診療当番を終えました。

AM 9:00 〜 PM 5:00まで、
お昼休みもとらずに対応できるように
ということだったので、
隙を見てコンビニ弁当で・・・。

結構、地味に大変なんですよ。

基本的に急患ばかりの連絡を受けるため、
ウチの所在地も知らないし、
どんな所かの予備知識もない人が駆け込んで来ます。

他所を受診中の人の場合は、
そこのクリニックがどうするつもりかを想像して
どんな緊急対応をすべきか
導き出さなければなりません。

ちゃんと治療しちゃいたくても、
ウチで継続治療できる方ばかりではないですからねぇ。

そんな今年は、外傷歯が多かったです。

ぶつけて折れるのは、上の前歯。ど真ん中の2本。

ちなみに、
折れたり欠けたりするのは、破折歯(はせつし)。
根っこから抜け落ちるのは、脱臼歯(だっきゅうし)。
と言い、もう少し細かく分類されます。


破折歯の場合、怖いのは2つ。
歯の神経(歯髄)が見えてしまっているものと、
歯根まで割れてしまっているもの。

基本的に、症状の鎮静化が見られれば、
神経の保存療法をメインに治療します。
その後10日ほど経過を見て、
問題なければそのままか、見た目の修復を。
痛みや歯の黒色変化(神経が死んでしまったもの)が
あれば、神経を取る治療が必要になるでしょう。

ちなみに、欠けた所をそのまま接着剤で繋いでも、
神経が点状にでも見えてしまっていた場合は、
歯の色が別モノになってしまうことも多々あります。
欠けた部分が変色してしまうからです。

また、大きな欠けに目を奪われていると、
小さなヒビを見逃してしまいます。
気付かないようなヒビから、細菌が入って
症状が出てくることもあるため、
大きめに処置しておくこともあります。


脱臼歯の場合、困ってしまうのは乾燥と洗浄。
歯根と歯槽骨をつなぐ歯根膜という線維は、
ゴシゴシ洗われちゃうと
剥がれ落ちたり、死んでしまいます。
逆にティッシュでくるまれたりして乾燥しても
30分で死んでしまいます。

最近では「歯の保存液」も売っていますが
使用期限は2年間程度だし、それなりに高価なので、
学校の保健の先生も、
数を用意するのは大変だと言います。
ましてや一般家庭にあることもないでしょう。
歯科クリニックでも用意してあるところは
ほとんどないでしょう。
(その前に再植するでしょうしね。)

薬局にある「生理食塩水」が理想ですが、
牛乳でもいいし、
口の中に入れて、ツバで潤し、
(ベロの下などで飲みこまないように)
早めに来院しましょう。

戻せるものは、
再植(もう一回、骨の中に埋め込む)治療をします。
他に固定できる歯がある場合や、
戻せる歯根の形をしている場合に限ります。

ときに、
インプラントを植える手順で、
歯槽骨の形態を修正したり、
歯根嚢胞摘出術の応用で、
歯根の形態や処理を施すことも
必要になる場合がありますが、
戻せる可能性があるなら、
戻すことを第一選択にします。


どちらにせよ、本来なら経過を見たい。
・・・緊急対応のみのデメリットです。
どちらの場合も、1週間〜10日後程度に1回。
3カ月程度で1回。1年後に1回。
計3回ほどレントゲンを含めた様子を確認して、
OKサインを出したいというのが本音ですから。


ちなみに、どちらの場合も、
噛み合わせは確認します。

食いしばり・歯ぎしり・顎関節症という
過度な力が、修復した歯にかかれば、
回復力よりもはるかに強いダメージが起こります。
これが悪いと、どんなに処置が完璧でも、
結果はNGということが起こりやすいですから。


そして一番大事なのは、患者さんの回復力。
歯の再石灰化が起こりやすいか、
(ドライマウスなどがあると起こりにくい)
結合力はあるか、
(骨粗しょう症や栄養不足、口腔内不衛生だと無理)
など、口内環境のバランスがとれているかが大事。
本来ならそこから維持する治療を
何回か行いたいところです。


外傷歯で駆け込んでくるのは10代がほとんど。
交通事故などの場合は、救急車が呼ばれるでしょうから
歯科よりも医科に行きますしね。

元気もいいけど気をつけましょう。
そして、一刻も早く歯科医院へ。
・・・緊急の方が多い時は、
待ち時間がかかることもあります。

たった1日で外傷歯は3人いましたし、
そこにある危機として、
皆さんもココロしておくことをおすすめします。



カラフルあっぷるいーと3.JPG





posted by あっぷるいーと いんちょう at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯・噛み合わせの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

ブログ100回記念。コメに返信

祝・掲載ブログ100回目。
3年ほどかけて100個書いたわけです。
もうちょい定期的に書けよというお叱りもあったけど・・・

歯のことに関して書くぞと決めたものの、
クリニック開設前の準備段階報告や
個人的な趣向の話に、ちょくちょく視点がズレたので
実質、歯に関することは70個ぐらいでしょうか?

どうしても歯科の治療に関することに触れようとすると
虫歯・歯周病・顎関節症の3大疾患に多く触れます。
しかし、細かいところを言うと、
腫瘍・先天異常・外傷・補綴物・神経麻痺・嚢胞・・・
歯科で扱うものは多岐にわたるので、
100回記念で100個の病名を羅列してみようか?
とも思ったのですが、面白くないので、
そのうち100個のブログに分けて書くかも・・・?

せっかくなので
なんか100の数字にかけたモノを書いてみたり、
院内では患者さんに言うけど、
ブログ上の記載は避けていたものを1つ公開してみようか、
とか、特別な何かを考えてみたのですが、ピンと来ず、
8月も終わっちゃいそうな時期に。

そういえば、設定の問題なのか?
スマホでは頂いたコメントが読めないみたいです。

知り合いからの誕生日おめでとコメ。
スマホで困ってた時のアドバイスコメ。
何のコメだろう?というコメ。
どっかの企業の勧誘コメ。

後半の2種類は削除させてもらったけど、
今回初の一般の方からのコメをもらったので、
返信代わりのブログにしてみましょう。

めるさんへ。
コメありがとう。

食いしばり、噛みしめに関しては、かなり多いので
最近は頻繁にブログで書くようにしています。
実際に、以前書いた、舌の位置が下の前歯にある人のほうが
食いしばりは多いんです。
意識して改善してくれる事が一番ですので、
これからもがんばってみてください。

歯のトラブルが立て続けに起こり、口内にいつも違和感がある状態
とありましたが、
実際にヒドイ食いしばりがあると、
歯周病と同様の歯槽骨欠損が起きたり、
歯がひび割れて、神経を取らなければいけなくなったり、
当然、頭痛や肩こり、ウツ症状などが起こったり、
歯ぎしりがひどくなり、顎関節症から、
ドライマウスや噛みしめ呑気(どんき)症候群が起こったり、
口内炎が多発したり、口臭が増したり、
更に悪化して睡眠時無呼吸症候群が起こったりします。

我々歯科医師の大半は保険治療を行います。
そこで出来る治療は、マウスピース治療か咬合調整のみです。
かぶせている冠も劣化しやすい状態だからと、
頻繁に作り直しされてる方もいますが、
根本治療になってる人はほとんど見受けられません。

ひどくなった方の多くが、セカンドオピニオンという名の
ドクターショッピングをしています。
大抵は、上下的にぶつかってる歯を
わずかに削り落す、咬合治療をされていますが、
噛み合わせは、上下だけでなく、3次元的に
X軸・Y軸・Z軸とズレます。
更に、個人個人の
筋肉の緊張伸展・習慣・回復度が絡み、
本当に詳しいドクターが削らなければ意味がありません。

残念なことに、ネットでウチを探し当て、
来院されてきた人の中には、
散々ドクターショッピングをされ、
「そこじゃない」という所を削られ続け、
ちゃんとした所を削りたいと言っても、
聞く耳を持てなくなっている人もいます。

骨の歪みだからと、整体で骨を引っ張られ、
一時的に良くなったように見える人もいますが、
長期的に見れば原因を治していないので
再発し悪化している人がほとんどです。

舌の位置や、猫背の解消というのは、
筋肉の緊張伸展・習慣、に関する自己改善法として
必須の項目ですが、
治療というより、リハビリ法に属します。
そのため、一般的な歯科治療に属さない事柄なので、
理解している医療者はあまりいません。

医療者に限らず、整体やエステ・・・手技を用いる技術者は
学校やスクールで習った範囲を中心に技を用います。
だからこそ考える範囲も、その中。
でも、人体はそんなに単純じゃありません。

筋肉痛を感じる所を直接揉みほぐせば、
その瞬間は楽になるでしょうけど、
後で揉み返しが起きて、もっと痛い目にあったりするでしょう?

例えば、ふくらはぎがむくんでる時、
揉むべきところは、ふくらはぎではなく、
膝上すぐのところや股関節だったりします。
筋肉の付着部位や、リンパ節といわれる部分。
その方が溜まった老廃物を流し、筋肉のコリを緩和します。

例えば筋トレで腹筋をする時、
後頭部に手を当てて行うでしょう?
手はそのままで、肘を横に大きく開いてやってみると、
腹筋の負荷は大きくなります。

筋肉の緊張伸展とは、
同じ行為をしていても、違う所の緊張伸展具合で、
他部位にかかる負荷は別モノなんです。

噛みしめや食いしばりが起きてしまっている
原因の1つに舌(筋肉)の位置も関係しています。
猫背になってるというのもあります。
もっと他の原因もあります。
もちろん歯並びや噛み合わせもあります。

その人によって原因は多岐にあります。
一般論的に、
身体のストレッチをする人はいても、
舌のストレッチをする人はいないので、
放置されやすいので、特記してお話ししたんです。

たまにそれらしい舌ストレッチを公演される先生もいますが、
・・・それだけじゃねぇ・・・
やった方がいいですが、絶賛はしません。

全身のストレッチや、前後左右の使い方バランスは
ある程度そろえるような意識もしましょうね。

注意点として、
youtubeとかの全身ストレッチ解説でも、
「いや、それはやめてよ」というものも存在します。
特に、一部位に限局したものだけを
見るときは気をつけてください。
すべての流れの中で、そのストレッチをするのはいいけど、
それ単体じゃダメじゃんというのもありますから。
(もちろん専門家やプロがやってるサイトの話です。)
DVDを切り分けてアップしたてりするんで仕方ないのですが。

これさえやれば治るなんてありません。
人体は複雑・人はそれぞれの習慣があります。
私も1回見ればすべてがわかるということはありません。
だから変化を読み解くことを大切にしているんです。

自分で何とかしようという人ほど、あらゆることをやってほしい。
身体バランスは、
骨格や筋肉、だけじゃなく
栄養や精神面、生活環境も含めて、構成されています。
下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる。
大抵そこが悪いという自己判断は外れてますから。
全部含めて改善されることが、人体にとって一番いいです。


そんなこんなで、返信ついでの+αでブログを書いてみました。
こんなことが知りたいなどのリクエストも受け付けてますので、
皆さんもお気軽にコメントをどーぞ。
(何でもかんでも答えられる訳じゃないので基本歯科の範疇でね)


カラフルあっぷるいーと3.JPG








posted by あっぷるいーと いんちょう at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯・噛み合わせの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする