2014年01月31日

シリーズD・歯を守る・失った歯から知ろう2

さて、公園の遊具シーソーは、
加重がかかっている方に傾きます。
歯の場合も加重がかかっている方に傾く力がかかります。

例えば左噛みすることが圧倒的に多いとすれば、
加重のかかった左の歯は磨り減り、
左の歯槽骨は減少し、左の顎関節はつぶれる。

さらに追加して想像してください。
歯が触れている=食いしばっている です。
アゴも歯もひん曲がっている状態で食いしばる。
当然、筋肉も歪になります。

その代表的な体感症状が、偏頭痛です。

食いしばる筋肉の力が、歯と歯槽骨と顎関節を
もっとすり減らす。
悪化しかしません。

そこで
前回の骨が磨り減った方のレントゲンを見てみましょう。
これも、向かって右が、左の骨です。

20131218_104525-2.jpg

写し方の角度もあるんですが、
3本の赤い線・・・
前歯 > 右の奥歯 > 左の奥歯
と低くなっています。

骨が磨り減ったほうの、顎関節もつぶれています。
引きずられるように反対の顎関節も異なった形で変形しています。

黄色の丸は、顎関節。
左右で違うのがわかるでしょうか?
左の方が丸くつぶれ、
右の方が尖がるようにつぶれてます。

これは
食いしばりと左噛みがあった可能性を示唆します。

そこで入れ歯として、治療していく方法を考えましょう。

私の場合、大別すると2通りの選択肢に分けます。
患者さんに嫌われないようにするか、
患者さんに嫌われても治すか。

入れ歯で一番嫌われるのが、痛むこと。

この方の場合は、大きいけれど部分入れ歯で済みますから、
残っている歯と共に支えあえばそんなに苦労しないでいけます。

そこで、
使い慣れているズレた位置にあわせれば、
ひん曲がった状態ですが、痛みは出にくくなります。

そのかわり、顔つきは、おじいちゃんおばあちゃん。
深い皺(シワ)と歪んだ顔になり、
口内環境(ツバが出る・口内炎ができなくなる)などの
改善は期待できません。

この選択肢は私個人としては選びたくありません。
しかし、人によってはこの選択肢がベストということも多い。

自分はこう生きてきたんだからこれが正しい。
そこまで言い切るわけではありませんが、
何か(食いしばりや片側噛みなど)を変える意思がない人に、
できる治療は限られます。

なので、
良い方向に持っていく治療ではなく、
悪い方向に転がり落ちる現状を遅らせる治療、
へとシフトしていきます。

逆に、嫌われても治すとは、
歪んだ筋肉を伸ばし、アゴの位置を正し、
口内環境が良くなる状態を目指して行う
顎位の矯正治療です。

そのため、入れてからの治療に時間がかかります。
筋肉を誘導しやすい形の入れ歯を作り、
回復量を見ながら入れ歯を削り概観を変化させつつ調整を繰り返す。

その結果得られるものは、
口内炎ができない、
アゴが外れない、
シワが減って肌ツヤがでてきた、
全身の骨格や筋肉のバランスが整う、
などです。

はっきり言って入れ歯治療にここまで求められていません。
でも、こうすることが身体のためにもつながっていきます。

これをなすためには、痛みも強く感じることがあります。
調整しながら軽減させるのですが、
入れ歯の最大のデメリットが、自分で外せるという事です。

取り外せる歯並びの矯正装置でもそうなのですが、
痛いから入れてない。違和感があるから外してる。
ということが自分でできちゃうため、
治しようがありません。

つまり、嫌われても治す ⇒ 嫌われないようにする
へと、摺り寄せていく調整も必要になります。
譲れない点は引かず、入れている時間を増やす工夫をする。
その人がどう行動するかの予測を立てて、
じっくり時間をかけて、身体そのものの治りに応じる。

割に合う治療ではないですから、
この人には無理だなという人に、
たとえやるべきでも、やらないほうが良いということもあります。

歯があるうちに安定しやすい状態に慣らしておかないと、
入れ歯になってからの苦労のほうが多い。
無理やり「残っていた歯」で押しとどめていた圧力がすべて
入れ歯の乗っかるハグキのあった場所にかかります。

2013_10_18_14_01_57.jpg

これは吉祥寺駅前のロータリーにある喫煙所の一角。
花壇のヘリに腰掛けて、
植木を背もたれ代わりにする人がいたために変形した木。

悪い圧力がかかるとは、こんな感じです。
圧力がなくなれば元の形に戻るかもしれない。
でもここに腰掛ける人がいなくならなければ元には戻りません。
そして、この形でいる状態のまま成長し続けます。

顎関節症やすり減った歯
噛む圧力による歯槽骨の吸収(咬合性外傷という歯周病)は
まさにこの木と同じと言っても良いでしょう。



カラフルあっぷるいーと3.JPG




posted by あっぷるいーと いんちょう at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯・噛み合わせの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

シリーズ・歯を守る・C失った歯から知ろう

新年が明けて早いもので1ヶ月が経とうとしています。
半端になってしまった、シリーズモノを
さっさと完結させなければいけないのですが、
なかなか書き上げれない状況が続き、
皆様に忘れられてるかも?とも思うので、
ちょっと話の展開を変えてみようと思います。

まずはこの写真を見てください。
ちょっと分かりにくいんですが、
変な事に気付くでしょうか?
見てほしいのは歯の無いところ。

20131122_17113-2.jpg

入れ歯を入れるためのアゴの骨の隆起。
左右で大きさが違うんです。

型とその模型で、骨の幅に線を書いてみました。

20131118_190841-3.jpg


もともとこの線の幅は、歯根が埋まっていた骨の部分です。
ですから本来なら、歯根の「長さや幅」以上に骨があるはずでした。

そこで質問です。
同じ人なのに、なぜこんなにも左右差があるのでしょう?
(ちなみに、向かって右の骨がないほうが、左の骨です。)

例えば、こんなことが考えられます。

@
左の骨のないほうが30年前に抜いたところで、
右の骨のあるほうが5年前に抜いたところ。
時間の経過が長い分、骨がなくなってしまうこともあります。

@−1
たとえば
その25年の間に、歯がある右側で噛めるから・・・と
入れ歯を入れなかった場合。

宇宙飛行士が宇宙に行くと、無重力の環境のため、
骨がスカスカになってしまう、という話は知っていますか?
以前、このブログで書いた気もしますが、
適度の圧力がかかることで骨密度が保たれます。
入れ歯を入れてなかったという状況は、
圧力がかからないということなので、
使わないものは退化する原則のとおり、
骨が退化し小さくなっていった、という可能性が高いでしょう。

@−2
もしその25年間に、合わない入れ歯を入れていた場合、
噛むたびにズレ、骨を痛め続けた結果、骨が小さくなった
という可能性もあります。
ただ、「合わない」とは、最初からのものだけでなく、
徐々に変化して起こるものも含みます。
保険の入れ歯はプラスチック製です。
噛む圧力で徐々にいくらでも削れてしまい、高さが合わなくなります。
それでも噛み慣れているからと、そのままにされてしまうことも、
合わない入れ歯を入れていた、に該当します。
磨り減り具合に応じて定期的に作り変えなければいけないのですが、
結構そのままにされてしまうことも多くなってしまいます。
噛み慣れている イコール 合っている ではないんです。

ちなみに横道にそれますが、入れ歯の場合、
現在の変形したアゴにとって馴染みやすいものをつくったか、
本来あるべき状態に矯正するために、
すぐには馴染めないものをつくったか、
という目的の違いにおいてもその意味合いが変わってきます。
(いずれ場を改めて書くと思いますのでその時に)


A
歯があるうちに骨が減る原因となる場合・・・
虫歯や歯周病による悪化や、過度すぎる噛む力によって、
骨を破壊しまくった結果ということもあるでしょう。

歯があった時代に悪化させ、でも痛みがないしグラグラしても放置した。
そういう人も多くいます。
もともと歯があった状態の時から骨がなくなってしまえば、
回復することはまずありません。

このシリーズは歯を守ることをメインに語っています。
だからグラグラの歯でも守れるものならば、
残すような治療を選択したいということをメインで語っています。

しかし、そのためには炎症の原因となる
感染や、過剰な噛む力をコントロールできる場合に限られます。
またそれらをコントロールすれば回復する力が備わっている人に限ります。

今後も悪化しかしないとわかっている歯を
無理やり数年残存させることはできます。
しかしその結果は、この写真のように骨がなくなる。

部分的ならまだしも、総入れ歯となったときが大変です。
そうなれば、入れ歯は安定しにくく、
インプラントという選択肢も不可能、
身体のことを考えた噛み合わせを作り出すことも至難になるため、
ないよりはマシか?というものができるかどうかというレベルに
なってしまうことにも繋がります。
(もっとも100にはできなくても、
 60以上のものを目指した治療は行うのですが、詳細はまた別件で)

そうならないための転ばぬ先の杖。
(本当はおしゃれ杖のような短いものは
姿勢を崩し、噛み合わせが狂うのでおすすめしませんが、
そういうコトワザがあるのだから仕方がないですね。)

ぜひ読んでいる方の全員が意識してみてください。

日常生活で無意識に起こる食いしばり。
はっきりいって、ほとんどの人にあります。
筋肉に力を込めて噛んでいる状態だけじゃないんです。
上下の歯が触れ合っていることも食いしばりです。

考えてみてください。
上下の歯が触れ合っているということは、
口を閉じるという筋肉をフル活用した最終形態です。
それ以上に筋肉に力を込めようと、込めなかろうと、
それは食いしばっている状態とイコールでしょ。

その状態は、細菌が繁殖しやすく、常に圧力がかかり、
歯へのダメージは計り知れません。

治療でそれをどうにかするというのであれば、
脳内にチップを埋め込み完全コントロールするという
SFチックなものになるか、
口の筋肉が閉じないように筋肉を麻痺させる注射を打つか、
ということにでもなるでしょうか。
どちらも現実的ではありませんけど。

基本的にこれは癖です。
だからこそ、意識改革してくれることが最も効果があります。

しかしこれは癖です。
常に意識するという決意がなければ、すぐに元の木阿弥。
治療してても難しい人はいます。
そういう人に対して、
治療で対処できるのはその癖による悪化スピードを
遅らせることぐらいまで、といっても良いでしょう。

こういう喩えで考えてみてください。
初期の癌は手術で除去できる。
でも、癌になるまでと同じ生活をしていたら
また別の癌ができる。
ストレスなのか生活環境なのか、
リスクとなるものを低減できなければ、
癌ができる確率は同じだけあるということです。
ましてや一度できてしまった人であるならば、
同じリスクにさらされ続けていれば、
同じようにまたできる可能性が高いわけです。

そのリスクを減らすことは、
なぜを知り、そのリスクが日常にあることに気付き、
減らすようにする意識を持ち続けること、
がもっとも大事で、もっとも難しい。

歯があるうちにどうだったか?
それが歯がなくなってからの選択の幅に関わってしまう。
それだけは理解しておきましょうね。

ちなみに、猫背の話や、棒を使ったストレッチの話。
以前書いたブログですが、
この食いしばりの話に大きく関わってくるんです。

B
そのほかにも、
骨粗しょう症などの病気がある可能性、
事故などの結果の骨折の既往、
無理な抜歯を受けた過去がある、
などいろいろな原因があるのですが、
全ては予想の範囲。

患者さんとの対話や、レントゲン写真であたりをつけていきます。
だって、歯が抜けた原因がそのまま、
入れ歯の安定性や作る方向性の範囲を狭めることになるのですから。

ということで、この方の場合のお話を続けて次回に語ってみましょう。


カラフルあっぷるいーと3.JPG







posted by あっぷるいーと いんちょう at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯・噛み合わせの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

坂本龍馬に見る食いしばりの特徴

今日はちょっとブレイクタイム。
次に行く前にこんな切り口で進めてみます。

ある昼休み。
こんなとこにも処方箋薬局ってあったんだぁ!
と知る。

吉祥寺って、
土曜やってなかったり、夜早く終わっちゃったり、
って処方箋薬局が多いから、
こまめに歩いてみるんです。
ちょっと遠いよなぁ。ここは早終いか。とか確認。

薬って最低100錠単位。
(最近はこれもなくなってきてるのですが。)
ほとんどが、500錠とか1000錠とか、
って仕入れなきゃなんないし、
種類も必要になるし、
基本的に飲み薬って、大なり小なり
人体に負担をかけるものだから、
できるだけ出さなくていいように治療したいので、
個人クリニックには処方箋が便利なんです。
クリニック内には、
必要最低限の薬だけ用意しておけば済むので。

2店舗ほどは、どこに店舗があるか
連絡くれるチェーン店もあるので、
実際に現地確認もします。

少し前に連絡をもらっていたし、
患者さんには場所の地図を渡していたけれど、
まだ現地確認に自分で行ってなかったなぁ。
という処方箋薬局を思い出して、
フラッとお散歩してみると、
近場のビルの2階に発見。

なんと、そのお隣は・・・

20年ほど、こういう玩具を買わなかったのに。
吉祥寺で見つけちゃった小さな専門店。

モデルガンとかガスガンとか。

見るだけのつもりで立ち寄ったら、
まぁ、ほしいものがいっぱいある。

店員さんもお詳しい。
ビジネストークというより、マニアトーク。
消えてたマニア心に沸々と・・・
非売品のやつとか、ほしぃ。

というわけで、
買っちゃったのが、
坂本龍馬の愛用銃のモデルガン(中古)。
S&W MODEL 2 ARMY 。

傷は少しあるけど、ほぼ未試用品。
今は、絶版なんだとか・・・

20131009_184155sss.jpg

これを見ると、
近江屋暗殺時に、弾切れになって、
リロード(弾の再装填)に
間に合わなかったっていう説も、うなずける。

弾丸6発、撃ち終わったら、
銃身(バレル)を曲げ上げ、
弾倉(マガジン)を取り出し、
銃身の下の棒で打ち終わった薬莢(弾丸)を
6発ぶん取り出し、
(写真はモデルガンのためこれ以上入らないけれど、
  実際は根元まで入るようになっています。)
(ココまでの写真が下の3枚ね。)

新たに弾を6発込め、
弾倉を戻し、
銃身を戻し、
シングルアクションという機構のため、
撃鉄を起こし、
トリガーを引くことで弾が出る。

時間がかかりすぎるわなぁ。
そんなに待ってくれる暗殺者はいない。
店員さんとのお話で、爆笑の大納得。
気付けばナガバナシするわ。

ただでさえ、
撃った直後なんて、銃身も弾倉も熱くなり
素手で持てたのかどうか?
もともと、リロードなんて想定されていたのか?
という時代の銃です。

まぁ、そんな話をウチのスタッフにもしたかったのだが、
「単なる無駄遣い」ってバッサリ。
女性はリアリストだから・・・

刀剣や銃、剣術や戦術、偉人や伝承。
時代劇も好きだけど、
特別、坂本龍馬のファンってわけでもない。
実際、無駄遣いですな。

でも、

もし、坂本龍馬に、
豪快さばかりじゃなく、
臆病さ・慎重さがあったなら、
もう1丁、予備の銃を買っていたのかも?
いや、高価で買えなかったとか?
手に入った1丁しか売ってなかった?
何人もの人間に襲われることになるほど
自分が重要人物になるとは想定してなかったから?
珍しいものが手に入った喜びで浮かれていた?
剣も凄腕だったというから、御守り程度の銃だった?

あまり語られない状況でしょうが、
それゆえに、時代背景やら性格分析やら、
あれやこれやと想像でき、楽しめるでしょ?

たった1丁のモデルガンで。


モノの見方って、
ちょっとした事を知っているか、知らないかで、
選択肢の幅が明らかに違ってきます。

何気に、みんな知っているモノを見ても、
見方が違えば、別の切り口が見えます。


例えばこんなのはどうでしょう?
坂本龍馬の写真とされる、
みんなが見たことのある2枚の白黒写真。
(さすがに版権はないと思うんだけど…
 ネットで拾ったもんじゃマズイかなぁ?)

龍馬の写真は、6種類あるともいわれています。
別人説や、
暗殺以後に撮られたものではないか
なんてものもある様です。

が、思い浮かべてほしいのは、
立ち姿で、右手を懐に忍ばせ、
台に寄り掛かっている、あの有名な写真です。
(慶応2〜3年・上野撮影局で撮られたとされるモノ)
(この2枚の左側です。)

ryouma1.jpg

スマホの方は、画像の拡大が簡単なので、
ぜひ、顔をアップに。

鼻下からアゴの先にかけて、ハイ注目!

これが「食いしばっている」ときの人の顔です。


当時の撮影は、ガラス原板を使うモノ。
撮影時間がかかり、動くとブレるので、
相当大変だったそうな。

そりゃ、くいしばるよ。

龍馬が、
名刺代わりに配っていたとされるブロマイド。
上半身の写真だけが写っている
別の有名な写真と見比べてみて。
(右側の写真です。)
こっちのほうは、
「食いしばっていない」ときの顔。
(やぶん座ってリラックスしていたのでしょう。)

食いしばっているときの顔って、
この龍馬の立ち姿のように、

上下の唇が緊張して強く結ばれ、
口角が下がり、
下唇の下に大きい「への字」のくぼみ、
アゴの先もボコボコにエクボの様なクボミ。

これが食いしばってる人の顔の典型。
(説明するのに面白いから、
 今度院内のモニターに入れとこうかなぁ。)

ryouma2-2.jpg

ねっ。
気付いていた人はどれぐらいいるでしょう?

どちらの写真も見たことがある人は多いでしょ?

見比べてみると、こんなにも違う2枚の表情。


気付いちゃったら、
脳科学者・茂木先生のアハ体験のように、
もうそこにしか目がいかないんじゃない?

幼稚園の時に描いたクレヨンの人物画。
白に、黒い縁取りで歯を描いた人は多いでしょ?

その認識と、今の年齢になってからの
歯に対する認識って、どれぐらい変わっています?

たぶん私の場合、この世界に入っていなかったら、
幼稚園の頃と何も変わっていなかっただろうな、
って自覚があります。

この龍馬の時代頃の写真って、
結構くいしばってる人が多いですよ。

撮影が大変だったのか?
威厳を持たせようとしたのか?
魂が抜かれるという流布を真に受けていたのか?

そんな想像も楽しいでしょ。

見方が変われば、
テレビの中の芸能人の歯ばかり見ちゃう、
っていう患者さんも結構いたりする。
けど、もう一歩進むと
白さだけじゃない注目点も楽しめますよ。


坂本龍馬のアゴの形って、
食いしばりや歯ぎしりしやすい人に多い形でもある。

そういう意味では・・・

「幕末ガイド」ってサイトで
坂本龍馬役の歴代俳優さんが23人
紹介されているのをみつけちゃった。
意外な人物もいるけど、
下アゴの骨格的類似で見ると、
ダウンタウンの浜田雅功さんが
一番近いかなぁ?

とかね。
(これはさすがに版権に引っかかるでしょうから
 アップはしませんけど、検索してみてね。)

関西弁の龍馬だったけど、
歴史ものと思わず、
同姓同名の別話と思えば面白かったしね。


そんな食いしばり・歯ぎしりをはじめとした、
歯を残すためのデメリット、過重負担の話へと
次回から続きます。

P.S.
以前、新撰組の歯の事を書いたら、
翌年だったかの新撰組検定日に
ものすごく閲覧されたことがあったので、
坂本龍馬検定なんかがあったら困るし、
ちゃんとしたことも書いておきます。

上海で2丁拳銃を手に入れたとされる
高杉晋作から1丁もらったといわれるのが、
この写真の銃です。
時を同じくしてアメリカで
南北戦争が起こります。
弾丸をこめる手間が、それまでの銃より
簡単になり、この1世代前の銃より
殺傷能力も高いということで、
この銃の生産ライン能力の3年分になる
予約が殺到したそうです。

龍馬は池田屋事件の時、
この銃(32口径6発)を使ったとされ、
そのとき刀傷を受けて落とし、なくなった
とされています。

本国アメリカでも入手しづらくなった銃。
同じものは買えなかったのかもしれません。

その後、お龍さんとともに、
この1世代前の銃、
モデル1(22口径7発)
(リロード方法は同じタイプ)
を買い、近江屋のときは
こっちの銃を持っていたそうです。
ただ、撃つ事もなく暗殺されたといわれます。

まぁ、歴史の真実は
博物館資料が必ずしもとは限りませんけど。

ちなみに、この2種類の銃。
YOU TUBE で実物発砲が見れちゃいます。
気になればぜひ1度くらい見てみるのも
面白いですよ。



カラフルあっぷるいーと3.JPG



posted by あっぷるいーと いんちょう at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯・噛み合わせの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする