2020年06月03日

2020年6月の予定&顎関節症講演4回目

2020年6月の予定

 2日(火)19時終了
 3日(水)19時終了
23日(火)19時終了
26日(金)16時終了

残念ながら20日(土)に予定していました
「よい歯のためのつどい」はコロナの影響により中止です。
また来年の開催を目指しますのでよろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

顎関節症の講演第4回目です。
前回から気にしたまま2カ月待たれていた方がいたらごめんなさい。
過去のブログには答えがあったはずなのですが、
ちゃんとまとめたような書き方にはしていませんものね。
では回答含めて続きをどうぞ。


猫背は肩甲骨が外側の上方にズレたままのことが多いので
内側の下方へ引き寄せるようにストレッチしましょう。
ちゃんとできると、胸の真ん中が前の上方に
引き上げられたような感じがします。

その時の「舌の位置」はどこにありますか?

実はこの位置によって誤嚥しやすい状態になっているかどうか
を判断することができます。

人体には舌骨というものが存在しますが
別に舌の中にある骨というわけではありません。
下顎の形に添うように筋肉で宙吊りになっている骨です。

この舌骨にくっついている筋肉が
舌に繋がったり
下顎や胸骨につながったりしているのですが
実は肩甲骨にもつながっています。

つまり舌と肩甲骨は「舌骨」を介して連動しています。

そして舌の根本にあたる舌根と喉頭蓋がつながり
舌骨と喉頭蓋も舌骨喉頭蓋靭帯などを介して連動するため
「喉頭蓋」という気管と食道のどちらかに振り分けるフタの
動き方に関与します。

簡単に言うと
舌の動きが悪ければムセやすく、
猫背などの姿勢の影響もかなり関わっているということです。

姿勢が、筋肉の連動が、悪いと誤嚥しやすくなるわけです。

正しく飲み込めないと栄養になりませんし、
誤嚥は死因ともなりえる怖い状態です。
普段から全身運動やストレッチはしましょうね。

噛み方、日頃の口の閉じ方、日常の姿勢、
誤嚥の原因はそんないつもの悪い癖で悪化することの
積み重ねなのです。


また話は少し違う方向から進めます。
顎関節症を「口が開かなくなる病気」と説明する人がいますので
正確ではないということを正しておきましょう。

正常な開口度合とは
人差し指から小指までの4指分の厚み程度
縦に開くことが正しい可動域です。

顎関節症になっても3.5指分程度開く人はざらにいます。
顎関節症1〜3レベルの人の方が開口しにくい状態に
なりやすいわけですが
それも筋肉の硬直程度に関わっている場合が多い。

それに関わる形でもっと開かなくなるのは
後頭骨と頸椎に可動制限がある場合!
小指1本分も開かなくなることさえあります。

これは骨の変形やそれらにくっつく筋肉の硬直など
様々な原因がありますが
この状態になってしまえば口の中からアプローチして
治療することは不可能です。
もともとの原因に歯並びのズレがある場合が多いのですが
口が開くようになってからでなければ治せません。

そのため治療の順番として
整形外科で骨性の歪みを把握してもらい
筋肉がメイン治療となるならば柔道整復師に通い
根本たる頭の歪みの原因となっている歯科治療を受ける
という順番で正していかなければ完治できません。
ただすべてをクリアするには数か月〜数年がかり。
だから口が開かなくなる前の
初期段階で歯や悪い癖を治してほしいのですが。

もし口が開かなくて食べられない状態であるならば
死んじゃいますから緊急入院の適応となります。
頸椎ヘルニアなども併発しやすいでしょうから
それらが一段落してから歯科にご相談されると良いと思います。

ウチの場合よく
「歯医者さんなのに身体のことから注意してくれてありがとう」
と言われることが多いのですが、
顎関節症の場合、
「歯を治さないと治せないもの」と
「身体の原因が深くかかわっているもの」が混在しています。

今、再びのブレイクを果たした
俳優・サックスプレイヤー武田真治さんは
顎関節症で苦労された経験のある有名人であり、
儚げが売りだった「ナイトヘッド」「南くんの恋人」(初期)
など今の30代以下は知らない時代から比べると
マッスルが売りの新たなスタイルに変貌されましたが、
その変貌に顎関節症が関係していたと公言されているようです。

仕事のストレスから、顎関節症になり、サックスも吹けなくなり、
簡単なセリフもつっかえ、追い込まれ、やせ細り、うつ状態に。
歯科で顎関節症と診断され、このままではサックスも吹けなくなる、
「身体全体を鍛えなさい」と言われたことで今に至ると言います。
筋肉を身に着けた武田真治さんは顎関節症も治ったそう。

顎関節を含めた下顎骨は筋肉によってその位置を保ちます。
筋肉のバランスをとることが顎関節症の治療にいかに大切かが
お分かりになるでしょう。
噛み合わせを整えるのもこの筋肉バランスを考えなければ
もっとおかしなことになる。
だから顔の筋肉を触診することが重要なんです。

80歳のボディービルダーもいるように、筋肉はいくつになっても
強くすることはできます。
筋骨隆々を目指すわけではなくても良いのですが、
衰える、アンバランスに歪むことは、様々な弊害を及ぼします。
運動を大事にしましょうね。

とはいえ、このコロナ時代。無理はできません。
「目的の二重性」という言葉はご存知でしょうか?
顎関節症を治したいから運動をしよう。では弱いんです。
サックスを吹きたいから。セリフをちゃんと言いたいから。
まだ役者でいたいから。
など目的は多いほど良い。

普段、歩くこともあまりなかった高齢者が、
このコロナ騒動を受け、
トイレットペーパーが売っていないか、
マスクはないか、
孫の分まで買えないか、
と出かけている方も増えました。
目的意識は人それぞれですが、複数あり、
それに至る過程として「やるべきことがある」だけ。
であれば苦にはなりにくいんです。

まだちょこっと続くのですが、
キリがいいので今回はここまで。
次回に続きます。




カラフルあっぷるいーと3.JPG





posted by あっぷるいーと いんちょう at 12:51| Comment(0) | 歯・噛み合わせの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

2020年4月の予定&ちょっとコロナ&顎関節症の講演3回目

2020年4月の予定

1日(水)18:30終了 
13日(月)18:30終了
14日(火)19時終了
20日(月)18:30終了
28日(火)19時終了
ただ急遽変更になる場合もあります。

29日(水・昭和の日)予定でした
コピス前広場での演奏も中止となりました。

---------------------------------------
コロナの猛威が止まりませんが皆様大丈夫でしょうか。
正しい情報とは何か?正しい予防策は?
それらしいことは言えたとしても、誰も真実は知らないでしょう。

ただ
風邪やインフルエンザや誤嚥性肺炎に対しては、
口腔ケアを正しく行い、唾がちゃんと出る口内環境になっていれば
リスクを格段に下げることができるというエビデンスがあります。

それがコロナにも有効なのか・・・?
・・・のエビデンス(根拠)は
これから時間をかけ統計を取り判明することです。

ただ、例えば歯周病菌が多く、重篤化している人ほど、
ビタミンCが多く消費されてしまい
ウイルス性の呼吸器感染症リスクが増してしまいます。
同じようにビタミンDや亜鉛も消費が増し不足します。
免疫力に関係する栄養素が、体内からどんどん減ってしまうわけです。

そのような側面からも口内環境の健全化は必須要件と言えるでしょう。
今は免疫を高めるしかないのですから。

歯磨きは「命にかかわる」というエビデンスは他にもいくつもあります。
なので歯をちゃんと磨くのも忘れないでください。
きっと3年後くらいには、コロナにも歯磨きの予防策は有効だった
というエビデンスが出ると思います。
そのころにはちゃんとした内容を書きますね。

今の所、ちゃんと言えるのはこの程度ですが、
皆様どうぞご無事で。


下記は先月までの続きです。
なかなか書き終わりそうもありません。

---------------------------------------

顎の変形というと
ほとんどが上顎前突(出っ歯)や下顎前突(受け口)
などを指します。
遺伝的な要因によって起こることもあれば
たとえば指しゃぶりや爪かじりで上顎前突になる事も
イメージできるのではないでしょうか。

それら指しゃぶりなどの習慣的要素を後天的要因と言います。
(ここでは事故などは除外して考えます)

顎関節症になる要因としてよくあげられる後天的要因を
まずは羅列します。

・噛み合わせの異常
・横になって食べる
・頬杖をつく
・スポーツなどでのくいしばり
・仕事の緊張や長い持続時間
・受話器を肩で挟む
・横向きで寝る、高枕
・ストレス
・管楽器の長時間演奏
・悪い姿勢で長時間机に向かう
・口の開けすぎ
・食いしばる癖
・偏った噛み癖
・上下の歯があったっている時間が多い

などなどの悪癖をあげますが、
虫歯や歯周病、歯並びや抜けた歯の放置
などの歯科疾患も含まれれば、
口呼吸、指しゃぶり、唇を噛むなども要因に含まれます。

ただ、経験をもとにお話しすると
顎関節症の人特有の共通点があります。

1つ目のそれは噛む位置の異常です。
顎関節症がない人はそこでは
噛みにくくって使わないのが普通です!というところで
気持ち良くご飯を噛んでいます。
だから悪癖なんだからと言っても直さない人がほとんど。
ちゃんと奥歯全体の中央部で噛みましょうね。

2つ目はくいしばり。
頬や舌のボコボコや歯ぐきの骨の出っ張りは
普通はありません。
くいしばっている人にできるサインです!
と結構言っているのですが自覚できない人ほど
自分には関係ないと聞いてくれません。
今撮ったばかりの自分のお口の中の写真を
見せてお話ししているのですが・・・

3つ目は猫背でしょう。
頭は、体重の10%の重さがあると言われます。
50sの人で5s・・・ボーリング玉と同じです。
まっすぐな姿勢なら首にかかる負荷は5s。
30度、頭が下向きになると首にかかる負担は18s。
60度、頭が下向きになると首にかかる負担は27s。
そんな負荷がかかっているのですから
その圧力は歯も変形させます。
歯が欠けたり、歯ぐきが下がったり、
歯石や細菌ばかりに気を取られていると、
第3の刺客である噛む圧力で歯周病も悪化します。

ほうれい線やマリオネットラインなどは
歯の削れや歯を失うことでくっきりしてきます。
でもそれだけにとどまらず
身体もズレた達磨落としのように
前後左右にズレてギリギリのバランスで
何とか踏みとどまっている状態に。

重い頭を支えるのは首だけではありません。
だから肩こりや腰痛も引き起こします。

ある程度細かく見ていきましょう。
まずは首の骨(頸椎)。
骨の間からは神経が出てきます。
もし骨で圧迫してしまっていると
上の方から
・呼吸がしにくい
・腕が上がらない
・手首が曲がらない
・肘を伸ばせない
・指が握れない
・指が開かない
などの症状が出てきます。

胸椎・腰椎の歪みは上部から
・目の調節
・上肢の血管や汗腺
・心臓や気管支
・肺
・胃や膵臓や脾臓
・肝臓や胆のう
・小腸
・副腎
・大腸
・膀胱
・下肢の血管や汗腺
などに関わる神経を圧迫します。

だから原因不明の痛みやしびれの原因は背骨のズレにあるかも?
と言われるわけですし、
その背骨の歪みは
歯がすり減り、噛み合わせがズレ、顎関節が変形することが
原因となっている場合も多々あるのです。

猫背だと体幹の筋肉まで衰え歪みます。
簡単なセルフチェック方法は
肩甲骨が動くかどうか!です。

肩甲骨は自分の意識で
上下左右、ちょっと捻ることもできます。
できるだけ肩は動かさずに肩甲骨だけを自由に動かせますか?

猫背は肩甲骨が外側の上方にズレたままのことが多いので
内側の下方へ引き寄せるようにストレッチしましょう。
ちゃんとできると、胸の真ん中が前の上方に
引き上げられたような感じがします。

その時の「舌の位置」はどこにありますか?

実はこの位置によって誤嚥しやすい状態になっているかどうか
を判断することができます。

それは・・・また次回!(ごめんね)




カラフルあっぷるいーと3.JPG


posted by あっぷるいーと いんちょう at 13:28| Comment(0) | 歯・噛み合わせの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月02日

2020年3月の予定&顎関節症の講演2回目

2020年3月の予定

ご注意!
日本全国でコロナ感染が騒がれております影響で
3月5日(木曜日)のゼロワンホールでの開催予定でした
「「市民公開講座は中止」」となりました。
講演予定の先生も新たなスライドを作って
万全の準備をしてくれていたのですが
何かが起こってからでは遅いので、
担当の方がたも苦渋の決断となりました。

様々な影響が出ているため歯科医師会の活動も
当初の予定より減ってはいるのですが、
年度末や総会など動かせない行事も多々ありますので
必要に応じて変わります。
とりあえず現時点での予定を書きますので
ご予約時にご確認ください。

3日(火)18:30終了
9日(月)19:00終了
10日(火)19:00終了
16日(月)18:30終了
18日(水)19:00終了
23日(月)19:00終了
24日(火)19:00終了
28日(土)17:00終了

ヤマハ宮地の音楽教室も休講が決まったり
市役所のイベントも中止が決まったり
ここのところ難しい状況です。
皆様も注意しましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

顎関節症の講演の続き(2回目)になります。


顎関節症には4つの段階があります。
T型 咀嚼筋
U型 関節包・靭帯
V型 関節円板
W型 関節の変形
(X型としてその他の原因という
分け方をすることもありますが
それは事故外傷などや心因的なものなどの
例外も含みますのでここでは考えません)

T〜U型は
ほとんど症状を自覚することはありません。
御飯を食べていると頬やこめかみのあたりが疲れてくる
などの症状に気付くこともありますが
一時的なもののため、1回〜数日で感じなくなった人が
大多数な為に歯科医院などに来院されることはまずありません。
本来ならこの時点から注意したり、微調整を行えると
完治させることも可能なのですが。

V型が一番わかりやすく
テレビなどでもこの話ばっかりです。
もっともこの状態を活字のみで説明しきるのは
とても難しい話なわけですが…

前回でもお話ししたような美人病では
この状態になりやすい10代後半から20代女性が多い病という
カテゴリーなわけですが、
先日5歳児健診をしてきて、2時間ほどで15人ほど診たのですが
2人程このV型になっていました。
それほどどの年代でもなる人はいる病気です。

ただ正確に言うと5歳児の場合はまだ成長期にあり
成人で考えるV度に分類すべき状態とちょっと異なります。
それも踏まえてお話していきましょう。

まず口が開く運動とはどんなものかわかりますか?

2段階のステップを踏みます。
それは「回転」と「滑走」。

よく簡易判定で指を縦にして4本程度入るくらい
口が大きくあかなければ「開口障害」があると判断されます。
その
指1〜2本程度開くまでの運動が回転。
そこから指3〜4本程度開くまでの運動が滑走。

まず最大開口状態(限界まで口を大きく開けた状態)で
人差し指から小指までが縦に入るか皆さん確認してみましょう。
たまに縦だって言っているのに横に入れる人がいます。
全く無意味ですからお間違えなきよう。
口の大きさをはかるのではなく
口の開き具合をはかりましょう。

ちなみに開口障害の原因の多くが顎関節症ではありますが
その他の原因の場合もありますので
しっかり歯科医院で検査を受けてください。

次に一回手を拭いてから
耳の穴の前で「もみあげ」のところを
触れて口を大きく開けてみましょう。
前回も話した顎関節のところです。

口を開けている途中から骨が動くのがわかりませんか?

ちなみに左右同時で同じ動きをしている人は
顎関節症の心配はない・・・かT〜U度の状態までしか
悪化していないかのどちらかです。

左右で異なる動きをしている場合は
顎関節症V〜W度になっています。

細かく分けると
カックンとした動きを感じる場合は
V度になっています。

ゴリゴリとしたこすれたような感じがする場合
分類としてはV度になりますが
V〜W度の移行期にあると考えてよいでしょう。

それらの触感はないものの
あきらかに左右で動きが異なる場合
W度になっています。

基本は口をまっすぐ開けるのですから左右同時。
ズレるということは「くの字」もしくは「ノの字」
に動いているわけです。

そこで起きていること顎関節症V度の場合とは、
正しくご理解いただくためには
関節の骨の解剖図が必要になります。
ネット上には様々な画像も動画もあるのでご確認いただき、
ここではイメージだけしてください。

関節円板という軟骨のクッションがあると思ってください。
顎関節は頭の骨と下顎骨の蝶番運動のようなものと言われますが、
先程の回転と滑走を行うため
頭の骨と下顎骨の間に関節円板を挟むことで
スムーズに回転と滑走できるようになっています。

下顎骨の関節部分が動く状態に合わせて
関節円板も寄り添うように動きます。

それがズレて落っこちてしまう状態がV度です。

噛むと落っこち、大きく口を開ける過程で元に戻る。
だからガコッとハマったような感触を感じます。

言葉での説明はとても難しいので、
動画検索してください。

その関節円板がおっこったまま、
大きく口を開ける過程でも元に戻らない状況になると
関節部分の頭の骨と下顎骨の骨同士が擦れ続けます。
その為、骨が削れ変形してしまった状態のW度になります。

骨の形の変わった状態は
あっぷるいーと吉祥寺歯科のホームページにも
載せてあるのではっきり違う形態が認識できると思います。

なぜこんなことが起きるのか?
それは遺伝的なものもありますが
大部分は後天的に起こります。

それは次回の講釈で!(まちゃあき西遊記風に)


コロナだけでなく
インフルエンザやその他にも気を付けましょう。
免疫力向上が大事です。
よく寝てよく食べよく動きましょう。


カラフルあっぷるいーと3.JPG


posted by あっぷるいーと いんちょう at 17:06| Comment(0) | 歯・噛み合わせの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする