2017年09月02日

2017年9月の予定&自己判断する方法

2017年9月の予定

9月20日(水曜)19時終了
9月26日(火曜)午前休診・午後は通常診療

以上の変更がありますのでご注意ください。

――――――――――――――――――――――――

自分のことは自分が一番わかって・・・いるでしょうか?

自分を過信・慢心するのも本当は
「大事な心のケア」になりますから
大切なことではあるのですが・・・
病気関連でそれが起こると痛い目を見るのは自分です。
大病まで進展してしまえば自分だけでは済まず、
家族を巻き込んだ重大事件になります。

最近は子供が親を…などの殺人事件ニュースが増えているようで、
そこに介護という文言が含まれる内容も多いでしょう。
子供は20代30代に限らず、50代60代の場合さえよく目にします。

褒められた言い方ではありませんが
生命の終わりを考えると
最後の最後まで元気で生きられる
ピンピンコロリが1番。
急変しないようにゆっくり低空飛行でその日まで過ごす
スローランディングが2番。

終活が流行っているといいますが
終わりを迎えた後の心配も大事ですが
苦しまずに終わりを迎えることも考えないと
10年介護生活(不健康寿命)で過ごされるのは
本人も家族もつらいものです。

元気に過ごす・緩やかに過ごす、
どちらもそこで大事になってくるのは
楽しめること!を楽しむことです。

よく歯周病などで「骨がなくなってるね」と言うと
「齢だから、老化ですね」
と患者さんに言われてしまうことがあります。
うちのホームページ上でも述べていますが
老化で歯根を囲む骨のすべてを失うのは200歳です。
そのため100歳以上でも歯がほとんど残っている人もいます。

老化は誰しもが必ず起こる自然現象。
歯がある100歳が例外・異端と思っているようでは
きっと変わらないでしょう。
歯周病をはじめとした病気で歯を失う人が多い現実。
マジョリティ(多数派)が正解ではありません。
「齢だから」で決めつけるのはやめましょう。
ほとんどのことが当てはまりません。

楽しめること!を楽しむこと・・・
それは社会生活を営むことで起こります。
自分一人の孤立した状況ではそんな意識も生まれにくい。
オーラルフレイルや
サルコペニア・ロコモティブシンドロームの回で
お話ししたように社会生活から外れやすい状況は
歯の状態が悪いことからも始まってしまいます。

小中高と運動や音楽も頑張っていた人が
大学に通うようになるとそれらをやめてしまって、
それまで並行して頑張っていた
勉強・授業ですら嫌になる(やる気がなくなる)
ということも起こります。
学業の最終目標を達成して
気が抜けたということもあるかもしれませんが
身体を動かす・音程をそろえるなど
他の人と競ったり、合わせたり、一緒に頑張ったり
というコミュニケーションが
様々な良い影響を与えていたということも
考慮しておいてください。
活動量が減ると他のことに対しての意欲も減りやすいものです。

参加する意欲、始める決意、さえ乗り越えられれば
きっと様々なコミュニティを作れるはずです。

そして口の中の状況からコミュニケーションの場としての
社会生活から疎遠になってしまうこともあるということも
知っておいてくださいね。
(オーラルフレイルの回を参照に)

このブログは基本ウチに通ってきてくれている人たちに
普段の診療では伝えきれない歯に絡んだ様々な
注意喚起を行うために書いてはいるのですが、
結構遠方の方もご覧になられているようで、
東西南北の隣接県から通院してくださることもあれば
福島、新潟、北海道など遠方から来てくれることもありました。
とはいえ、
来れずにブログだけは注目してくれている方
という人も多いのではないでしょうか?
(同業者からも注目いただいているようですが
 自院でも役に立ちそうなことは使っていただいて結構ですからね)

というわけで、来れない人にも
これだけはやっておいてほしい事があります。
自分でできるのは予防だけです。
セルフケアの代表はやはりブラッシングしかありません。

ぜひ一度試してみてほしいことがあります。
左右どちらでもよいので上下の歯とも
半分だけいつものように磨いてみてください。
例えば、真ん中より右上・右下をすべて磨く。

そして、磨いていない半分とツルツル具合を比べてみてください。
例えば
磨いていない真ん中より左の上下の歯より
先ほど磨いた右の上下の歯がツルツルになっているかどうか?

あまり変わっていない、ヌルヌル・ザラザラ感がある
などなら磨けていません。
あきらかな違い(ツルツル感)があるなら
今の磨き方は正しいといえます。

1日3回磨いているのに虫歯になるという人ほど
磨けていないことも多いですし
虫歯になっていなくても着色が付きやすい人や
口臭が気になる人なども、この磨きをして
左右であまり違いを感じられない人が多い事でしょう。
そういう人ほどしっかり磨けていないのです。
ぜひ磨き方を変えてみてください。

ただし、唾液がヌルヌルな人
(歯周病や顎関節症、ドライマウスの症状の1つです)
や舌の触覚が衰えている人も
左右差を感じにくいかもしれません。

うちのクリニックで歯磨き指導をする場合、
大体平均3分ほど磨くという人が多いのですが、
左右どちらか半分をこの場合は1分30秒で磨いてもらいます。
そして左右差を感じてもらいます。
次いで、そのハブラシを用い
磨いてもらった半分の方を私がもう一度磨きます。
大体30秒から40秒ぐらいでしょうか。
すると多くの人が自分で磨いたところなのに
磨かれた後の方がツルツル感を感じてくれます。
1/3の時間しか使わずによく磨けた感じがするのですから
いつもの片側1分30秒を同じ磨き方をしてくれれば
あきらかな違いとなるはずです。
逆に言えば3倍努力していても1/3すらも効果がない
ことをしていたとも言えましょう。
その差はきっと9分かけて磨いたとしても
埋められません。

そのコツは、何度も言っていますが
ハブラシの毛先だけが歯面に触れるように磨くことです。
ハブラシを持つ手のどこにも力を入れず、
シャカシャカ音を立てることもなく
3つの角度で3面磨く。
長くなりますから詳細は割愛しますが
何度か書いていますのでお探しください。

結果なき行為での自信は危険です。
(ちゃんと磨いているのに…というオチになります)
自己判断の仕方には客観性も持ちましょうね。
(ちゃんとツルツルになったか)

ついでに健康として触れておきます。

ダイエットなどでも単に体重計の針で決めるのではなく
身体が軽く頭もさえている状態になるのがベスト。
学生なら勉強も集中でき部活もやり切れる状態。
社会人なら朝の目覚めもよく、能率よく仕事をこなせ
アフター5も楽しめること。
(残業だとしても翌日に疲れを持ち越さない)
そんな状態がダイエットの成功でしょう。

体重は落ちたが
朝は起きられないくらい疲れが残っていて
一日中だるく
集中しなければいけないときでもやる気が出ない
運動も遊びも生活のメインにおいていることさえも面倒
という状態では必要な体力もなくなり
活気もないので免疫も落ちる。
短期間ならそれでも過ごせるかもしれませんが
長期に渡れば日常生活にも支障をきたします。
健康にならないダイエットは危険です。

客観性は体重の針ではなく、健康に動ける体かどうかです。
体重の針に重点を置く場合は他の何かを犠牲にしています。
つまり動かなくていいような行為を選びます。
学ぶことをやらない、部活をやらない、仕事の手を抜く…
その結果、それらの行為が面白くない、嫌い、やりたくない
という思考に変わり、自分に向かないと結論付けて
やめてしまうかもしれません。
コミュニケーションの1つを自分でつぶしてしまいます。
まぁ、そこは個人個人の価値観ですから、とやかくは言いませんが
思い当たるという人で、何かを変えたいと思う人は
こういうことからも注意してみましょう。

実際の体重より、毎日の元気度合い!
老若男女すべての世代で注意しましょう。



カラフルあっぷるいーと3.JPG




posted by あっぷるいーと いんちょう at 15:41| Comment(0) | クリニック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

2017年4月の予定&駄文

2017年4月の予定&駄文
 2日・日曜日・午前・市役所前桜まつり歯科検診担当
 5日・水曜日・19時終了
 7日・金曜日・19時終了
 8日・土曜日・午後休診(午前のみ診療)
12日・水曜日・19時終了
21日・金曜日・午前は12時まで、午後は17時から
今月から2年間、
武蔵野市立第一中学校の校医(歯科)担当となります。
そのため記載の無い日程で出かけることもあるかもしれません。
申し訳ありませんがご協力ください。
21日は保健センターでの3歳児歯科健診を担当します。
8日は歯科医師会の先生で旭日双光章を授与された方の
祝賀会に参加しますので午後を休診とします。
結構同じ週に偏ってしまいました。ご注意ください。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
今回は先月の続きとして
オーラルフレイルについて書く予定でしたが
急遽言い訳しつつの駄文でご勘弁を。
次回はなんとかします。
笑えることに、3月は忙しすぎました。
歯科医師会での毎月のルーティンワーク、
役員会・勉強会・特養施設健診だけでなく
創立50周年記念親睦会の実行委員と
宮地楽器ドラムコースの発表会
他いろいろ公私の雑務。
通常診療以外の予定がわんさか。
この日までにやっとかないと
な予定もあるため
合間作業で終わるものもあるのですが
ひどいと1日に4つカブリ。
昼休みに全部やろうと思っても
忘れてしまいそうになるほど
頭の中が混乱したりもしました。
3月の完全オフは2日間だけだけれども
そこは発表会の練習に当てないと・・・
1490584088651-ba108.jpg
さすがに内容は見せられないので
ピンボケにしていますが
左から1月2月3月と
予定が増えすぎていますね。
ちなみにオレンジ色は祝日なので
何も他の色が無ければオフ
(もしくは通常の診療のみ)です。
楽器としても
今年の発表会はさすがに準備不足。
例年にも増して自己評価はがっかり。
気付かない人も多いでしょうが
決めたいポイントが全部はずして
ごまかしたので、残念でした。
20170325_133003-301ea.jpg
こちらも初の試みで
東急裏のGBという
地下のライブハウスを貸しきって
開催されたわけですが、
土曜日になっちゃったため
出演時間を昼休みになるように
調整してもらったら
トップバッターになってしまった。
演奏後にランチをしたので
蕎麦だけでも咽喉を通りにくい。
午後の仕事が終わり次第
この場、年1回しか会わない
楽器仲間が多数参加するので
打ち上げを楽しみにしているのですが、
翌、日曜日が実行委員を務める
歯科医師会のイベントのため
仕方なしに1次会で帰宅。
演奏内容とともに不完全燃焼です。
かわりにイベント実行委員を務めた方は
何度も賛辞を頂いたのですが、
本当は特定の先生に対し「こう」してあげる
つもりで動いていたはずなのに
結果真逆な状況が作られてしまって・・・
と申し訳ない気持ちばかりが残って
素直には賛辞を受け取れないのが本心です。
さすがに集団行動はより多くの打ち合わせ
を重ねられないと無理ですねぇ。
現地に行かないとわからない状況もありますし。
やっぱり詰め込まれた予定では
思い描いていたベストにはできません。
たぶん今回のどちらも周囲からは
そう見えないでしょうけど。
会からの賛辞=新たな役職の引き合い
みたいなもんですから嬉しくない
というのもありますが、
現時点で理事と同等近い予定が埋まってて
それを倍にしろというのか!
と言いたくなる怒りもありますなぁ(笑)。
先の予定になりますが
休日診療の予定も演奏会にまるかぶりなので
代わってもらえる人を探し中。
別の予定にかぶるかもな日程の先生は
代わってくれるって言ってくれているので
甘えるつもりなんですけど。
今年は発表会やコピス前など
6ステージあるはずなんですけど、
まだ日程が決まっていないものが多く
困るんですよねぇ。
そんなこんなで
事前準備する余裕も
1日で真面目な文を書く
気持ちの余裕もなかったので
今回は急遽駄文のみとします。
ちなみに
4月は30日の日曜
昼の1時頃から30分ほど
コピス前ステージで
9曲ほど演奏します。
コレに関しては気持ちの余裕もあり
特に難しいこともやらないので
気楽に楽しめるイベントです。
ただこちらも持ち回りで
司会もするはめになるのですが
時間もないので面白い話は出来ません。
例年のような集中力を欠く暑すぎる天気に
ならなければ良いのですが。


カラフルあっぷるいーと3.JPG


posted by あっぷるいーと いんちょう at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

2016年12月の予定&歯根が腐るとは

2016年12月の予定

 9日(金)19:00終了
15日(木)往診休診
16日(金)19:00終了
21日(水)19:00終了


12月29日(木)〜1月5日(木)を
    お正月休みとします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

早くも年末ですね。
11月ですら雪が降ったわけですから
12月もどうなるのでしょう?
東京では結局、積雪0cmとなったそうですが
私の車の上は5cm以上積もり
いくつか用事をキャンセルしました。

寒さと温かさが入り混じった気候です。
こういうときほど、
悪い状態であるにもかかわらず
見ぬ振りして放置していた歯が
痛み始めることがよくあります。

特に寒さが続いた後のちょっと暖かいタイミング。
縮こまっていた血管が
暖かさにあわせて広がることで
血流が増し、
炎症が起こっている部分に
血液が大量流入することで
起こることが多い。

特にくいしばりのある人は
寒い間は日頃よりもっと強くくいしばるので
血管を押し潰しているようなものですから
暖かくなることで、くいしばりが緩み
血液が一気にドバッと出やすくなり
炎症部に急激に流入し痛みとなります。

ハグキのこともあれば
歯の中の神経の時もあれば
歯根より下の骨の中で
炎症が起こっていることもあります。

痛く感じる数年前から
病気が隠れていることもあります。
炎症を繰り返し、
腫れては引き、また腫れ・・・
などを繰り返して悪化しているものが
どうなっているのか・・・

今日は
歯根より下の骨の中で炎症が起こり
歯根の先端が腐ってしまったものを
お見せしましょう。
ただし、グロテクスです。
すぐ下にアップします。
苦手な方は見ないようにしましょうね。

虫歯が進行して
歯の下の骨の中に膿の塊を作ることがあります。

その膿の塊が
歯根を溶かすことも多いのですが
状態が悪いまま長い時間が経過してしまうと
歯根そのものを腐らせてしまうこともあります。

Screenshot_2016-12-05-00-11-05.png

この写真では
片方の歯根先端が茶色くボコボコに
なっているのがわかると思います。
もう片方も少し茶色い部分がありますが
歯根の先端が切り取られたように
なくなっているのがわかるでしょうか?

特に膿の真っただ中に
さらされている時間が長いと
このような茶色のボコボコになっていたりします。
その膿を囲む袋に常にあたって
炎症を起こしていると
もう片方のように
先端が解けて、まっ平らになったりします。

一応、赤丸が膿だと思ってください。
膿の中にある歯根と
歯根に膿の外側が触れている状態。

Screenshot_2016-12-05-00-11-050.png

そして更にイメージして下さい。
隣の歯にも同じようなことが起こる可能性を。
放置した悪化した歯が、
隣の健全な歯をも犯す事実を・・・

よく歯の神経を細い針で取り除きつつ
消毒などを繰り返す治療がありますが、
こうなってしまえば、その治療だけでは治りません。

そんな時の治療法といえば
歯そのものを抜いてしまうこと。

もしくは
様々な条件が合えば、
歯を抜いて直接
歯根の先端を治療したあと
元のように植え直す、
という治療も行えます。

歯を残すために
できることがあるうちに
来てくれればいいんですが、
限界を超えていると・・・

・完治
・延命
・できるだけ現状維持
・諦める
・諦めたうえで代用品で回復させる

治療とは大まかに分けると
このどれかに分類されます。
どうしていきたいか、
は相談となりますが
選択肢がない状態であれば
できることは限られてしまいます。

そうならないためにも
過信せず、侮らず、めんどくさがらず、
定期的な状況確認のために
来院するようにしましょうね。



カラフルあっぷるいーと3.JPG





posted by あっぷるいーと いんちょう at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする