2020年12月07日

2020年12月の予定&駄文・バーンアウトは高エネルギー対応しかない

2020年12月の予定

8日(火)19時終了
9日(水)18時30分終了
12日(金)18時30分終了
19日(土)18時終了
22日(火)19時終了

12月27日(日曜)〜1月3日(日曜)までは
お正月休みとなります。
新年は1月4日(月曜)からですのでご注意ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あっという間の年末です。
どこかに行くこともままならないような、
でもどこかに行って
どんどん景気を回せと指示されているような。
国と都の押し付け合いどころか国民に丸投げ。
どうするか皆悩ましいでしょう。

結局今年1年で、辞めてしまった飲食店も増え、
吉祥寺でも
おすすめだったお店がいくつもなくなってしまいました。
非常に残念です。

こんな時期ですから
マスクせずに屋外を歩くだけで、
モテ期でも来たかと思わせるほど
特に女性からの視線が刺さります。
(マスクするだけで一切視線に晒されません)
まぁ郷に入っては郷に従えということでしょう。
大多数意見が世の中を動かすわけです。
(「正しいかどうか」を置き去りにしないよう
我が身も正したいところですね)

肺炎を起こしていなければ40度ほどの熱が出ていても
コロナは軽症扱いになりますので自宅待機。
仕方ないんですけど、
医療現場のキャパには限界があります。
それだけでなく、医療従事者の心の限界も大きい。

終わりが見えない、自分や家族にもリスクを冒す、
それでも細心の注意を払いながら何とか踏ん張る、
でも周囲からは医療従事者というリスクだと扱われる。
何のために辛い思いをしているのか分からなくなって辞めたくなる。

一次的な鎮静化が起きれば一瞬の安堵。
でも景気回復も重要と再活性化。
例えば高速道路を時速120qで一定に走っているなら
どんな車でも同じです。
それが一度減速して再加速する場合、
大トルク大馬力の車ならスムーズに120qまで数秒で戻せる。
そうじゃないものほど強くアクセルペダルを踏み込み
エンジン音も唸りを上げながらなんとか120kmまで。
戦場で居続ける事よりも、
戦場に対応できる状態に持っていくことの方が大変なんです。
不安の中の安堵は休まりません。
そのまま戦場に向かう心構え、
唸りを上げながらアクセルを踏み込む訳です。

また若い医師ほど将来性やスキルアップを考えたい
時期がありますから、やりたい診療以外に回されることに
不満を感じ出す頃。
医者なんだからと人を補えばいい・・・訳ではないんです。

様々な形でバーンアウト(燃え尽き症候群)は発生します。
私ですら仕事以外のコミュニティでは
コロナ影響下で心痛くなるような扱いを受けることもあり
色々嫌になったこともあります。

そこで第3波、真っただ中ではありますが
第4波になった場合を想像してみましょう。
都内の場合。
日に100人で大騒ぎの第1波。
日に300人の耐え忍んだ自粛の第2波。
日に500人以上でゴートゥーの第3波。全国では1,600人越えに。
となれば第4波は日に700人以上?全国で2,000人を超えるでしょうか。

日本の全病床数は150万床。
精神病床・感染症病床・結核病床・療養病床・一般病床・・・
等の総数です。その中でも感染症病床の割合は一番少ない。
全国で120床もない程度。
現時点でキャパ13倍の感染率です。
つまり現時点で既に他の病気に使う予定の
入院ベッドを占拠されている状態。

心筋梗塞は?交通事故は?冬でも起きる脱水症状などは?
入院できません・・・というわけにもいきません。
心筋梗塞での死者は年間3万7000人。
入院患者で年間約30万人と言われます。
循環器外科、循環器内科、小児循環器、合わせたベッド数は65,000床程度。
患者側からするとさっさと病院を追い出されると感じるわけですが、
5人に1人しか入院できない現状を考えると、早く次の危機的状況迫る人に
譲ってほしい現状もうなずけるでしょう。

コロナ罹患者は現時点で計16万人。
心疾患より少ないと油断するのも1つ。
40度の熱が出ても薬もなく自宅で我慢するから良いと考えるのも1つ。
でもたぶん今後は医療者の手は減少するでしょう。
もう一山・・・それが大きくなるほど、もう無理って思っちゃう。
ドクターXが100人いれば乗り越えられる事態
ではなくなってしまっています。

2020年・・・
20という数字は数秘術では幸運のエンジェルナンバー。
画数では厄災・凶数を表します。
何をもってどう見るかで縁起なんてものは変わります。
「運」だけでは避けようもないのが現実。
21年になれば・・・な訳ありません。

ウイルスを取り込む量を減らし、
付着したものはできるだけ洗い流し、
負けない身体づくりを心掛け、
その上で景気貢献して・・・

冷房と暖房を一緒にかけるようなものと揶揄されますが
一緒にかけても気持ちいい環境に調整することはできます。
ただ電気代の無駄ですが。
その電気代の無駄と同レベルの
過剰なエネルギーで乗り越えるしかない
というのが実際問題なのかもしれませんね。

是非ご自愛ください。
としか言いようがありません。

健やかにお過ごしください。
また来年。


カラフルあっぷるいーと3.JPG







posted by あっぷるいーと いんちょう at 17:49| Comment(0) | 健康情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

2020年5月の予定とコロナ対策としても歯磨きしてくださいの話

2020年5月の予定

GW(ゴールデンウィーク)
5月3日(日)〜 7日(木)まで休診です。

10日(日)休日診療当番のため 9:00〜17:00で診療。

12日(火)18時30分終了
26日(火)18時30分終了

今回は理事会オンライン会議だけとなりますが、
その為、電話応対も上記の時間までとなります。

残りは通常通りの診療を行えるようにしています。
様々な物資が入手困難ではありますが
まだ何とかなるので継続は可能です。
ただ今後の状況次第で変更となる可能性もあります。
お電話でご確認ください。

感染対策として
患者さんの予約間隔を調整しております。
その為、ご予約のお時間をお守りください。

定期検診のお知らせハガキなどは、
外出自粛期間はお送りしないようにしています。
ただ、後述するような治療の必要理由がありますので、
口内環境に不安がある方は
無理をせずご連絡ください。

フェイスシールド着用にて診療をさせていただいています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本来なら、シリーズものの続きを書くところではありますが
自粛延長が決まったことでもありますし(期間は現在未定ですが)
口内環境という観点からのコロナ予防や、
現状の弊害の注意喚起を書いておくこととします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まずアルコールに関して。
急に夏日になってきましたが、
アルコール濃度60%以上のものは危険物に該当します。
市販アルコールスプレーなども70%前後あります。
ちなみにリステリンも65%前後アルコールを含むと言われますが
他の成分も入っていますので口腔内のうがいまでに留めましょう。
そして消毒には良いですが保管には注意してください。

ご家庭ではまずないでしょうが、
60%以上のアルコールは
消防法上80ℓ以上の所持は届出が必要。
400ℓだと申請が必要なものという取扱注意のしろものです。

スピリタスなども70%を超えるものがあり、消毒として
活用も認めることになってしまいましたが
気化したアルコールはわずかな静電気でも発火原因となります。
暑い日が増えるだけで危険度は増しますので
濃度の濃いアルコールや無水エタノールを所持されている方は
本当にご注意ください。

細い路地も多い吉祥寺では
2016年の糸魚川大規模火災のようになりかねません。
ましてやコロナ騒ぎのなかで避難所生活なんて3密です。

保管ボトルも専用のを使ってください。
ペットボトルでは穴が開きます。
ちゃんと調べましょう。


マスクは、使いまわすなら必ず洗うこと。
暑くなるほど汗ばむので皮膚炎にもなりやすくなります。

ただマスクに関して歯科的に怖いと思っているのは
「くいしばり」「ドライマウス」「顎関節症」「歯周病」
が増える要因にもなることです。

情勢的緊張感と物理的に口を押さえつけるが故、
くいしばりしやすい状態になります。

そのまま「しゃべる」こともしなければ
唇が貼り付いてくる感じになるでしょう。
もうそうなればドライマウス状態です。

マスクの張力がゼロのポジションで着けられているならいいですが
大体の人は顔に押し付けられている感があると思います。
人体は必ず反作用の力を発しますので、
口に引き寄せられているから、口で押し戻そうと働く。
つまり下顎を前に突き出そうとしてしまう人がいます。
それは今までも何度も話した猫背のアゴの位置。
顎関節症を引き起こす位置です。
耳のゴムを長く継ぎ足して
口(鼻からアゴ下まで)をピッタリとしていても
圧迫感がないように調整されることをお勧めします。

くいしばりの圧力、ドライマウスの汚れの停滞、顎関節症の顎位のズレは
相互関係にのっとり歯周病にさせます。

前回もサラッと書きましたが、歯周病はインフルエンザ悪化要因である
という現実と同じくコロナに関しても悪化要因でしょう。

前回書いた栄養素を奪われることでの免疫力の低下だけでなく
ウイルスとくっつきやすい受容体(レセプター)が口腔内には多数存在し、
タンパク質からできている粘膜で保護されていますが、
歯周病菌はタンパク質を分解する酵素も出すため、ウイルスが受容体を介して
体内に侵入させやすくする働きもします。

また歯周病は歯周病菌が出す毒素の影響で
歯周炎という慢性的に続く炎症を引き起こします。
炎症によって細かい血管が傷つくため、
細菌やウイルスは侵入しやすい入り口となります。

また先ほどの受容体は炎症が広がるほど細胞を保護しようと
多く発現する働きがあるのですが、そこにウイルスがあると
体内に入りやすくなってしまいます。


そういう因果関係をちゃんと把握しつつ
このコロナ時期でもクリニックを開けている歯科医師もきっと多くいるでしょう。

今回の件で
厚労省や医者は
「緊急対応だけ行い感染させられるリスクを極力減らしなさい」
「歯医者なんていかない方が良い」
などという人ばかりなのもよくわかりました。
だから
「手洗い」「うがい」だけなのでしょう。

「歯磨きが大事だ」ということが認知され広まれば
「なぜ学校で歯を磨かせないのだ」という波紋へと広がります。
多くの公立学校では「歯磨きセットは禁制品」だそうです。
その理由として返答が返ってきた内容は
「生徒一人一人に水道があてがえないから」だと言われました。
親が文句をいったら、その生徒だけ職員室で教師が見守る中、
歯を磨く許可をされたという方がいました。
ちなみに教師はそこや教員用トイレで隠れて磨いているそうです。
当初のパチンコ屋のような忖度が働いているのでしょうか?

事態が落ち着いてからで構いません。
ぜひPTAなどに絡む方々から「学校でも歯を磨かせて」コールが
起こることを期待します。

「歯磨き」が唯一の歯周病予防手段であり、
ウイルス対策としても重要な予防要素ともなり、
はっきり言って「うがい」より重要です。

ウガイをして上っ面の細菌やウイルスを流し去ってから
正しく歯を磨きましょう。

ハブラシだけでも40秒程度で全体の歯がツルっとするのが正しい磨き方です。
それを確認してから、歯磨き粉を付けてもう1回磨く方法を推奨しています。


熱感やせき込む方々はご遠慮いただきたいですが、
通常の口内環境を悪化させそうな病気は早く治すに越したことはない。

免疫を高めて抵抗だというのも正しいかもしれませんが、
エイズのような免疫内で増殖するほどではないが、
SARS,MERSのような免疫に負けてくれるものよりも強い、
と言われるのが今回の新型コロナのようです。
だからうつらない対策をするしかない。

本当の瀬戸際対策は歯磨きだと考えます。
その延長線に歯科治療があると考えます。
だからできるだけ普段通りに治療できるようにしています。

ただ、歯石落としは治療として必要ですが、美容的な着色落としなどの処置は
この時期はお控え頂いております。
チェアタイムが長くなりますので感染リスクはお互いのために減らしましょう。

ということで歯科的に伝えておきたいコロナに関する事の第1弾でした。
(状況等を見て第2弾をするかどうかは考えますね)




カラフルあっぷるいーと3.JPG

posted by あっぷるいーと いんちょう at 18:20| Comment(0) | 健康情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

2016年6月の予定&よい歯の集い&綺麗な歯のSOSサインの診断法

2016年6月の予定

 6日(月曜);19時00分まで
18日(土曜);12時00分まで
20日(月曜);19時30分まで
24日(金曜);18時30分まで
30日(木曜);往診は休診

さて、来月(7月)以降の予定に関してですが、
歯科医師会での理事や役員の任期が終わり
役職に入れ替えがあるため
事前日程のお知らせが出来ていないことも
あるかもしれません。
また急遽、早く終わる日があるかもしれません。

私は今回も理事職は逃げちゃいましたから、
役員くらいは・・・とは思うものの、
仲の良い人ばかりが理事を受けてしまったので
下手したら役職が増えすぎてしまう可能性もあり
現時点での来月以降の予定が全く定まりません。
そのため
7月からの
19時過ぎの診療予約は
変更のお電話をさせていただくかもしれません。

申し訳ありませんがご容赦ください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

6月18日土曜日は
「よい歯のための集い」があります。

武蔵野歯科医師会が地元に根付き50年目の記念年。
参加して盛り立てていただけたら幸いです。

14時からは表彰式。

今回のぜひ見ていただきたい演題は

日本歯科大学・口腔外科教授
小林隆太郎先生による

色でわかるお口の中の病気〜白・赤・黒〜
口内炎から癌(がん)までのお話

が14時45分頃から、

また

16時頃から(株)サンスターによる
お口の機能を再確認
というテーマの講演もあります。

早期発見の第一歩は自分で気付くところから!
そのためには知っていてほしい知識があります。
ぜひご参加ください。

−−−−−−−−−−−−−−
あまりアップしていないこのブログも
気付けば150回を超えました。
その記念として特別に
あっぷるいーと吉祥寺歯科
ならではの診断方法の一部を公開しちゃいます。


今回は「よい歯の集い」のポスターである
一見すると綺麗で問題なさそうな
口を大きく開けた女性写真から
ウチではこういうことが起きてないか
チェックするということを語ってみましょう。

session_YOIHA_20160618_omote.jpg

まず確認。
写真左側がモデルさんにとっては右側です。
なので右の歯といったときは
写真左側に着目してくださいね。

写真では分かりにくいかもしれませんが
まず第1のポイント。
下の前歯4本の先端。
削れて平らになっています。

これは、
下顎を前後に歯軋りするか、
猫背状態で食いしばることが多いか、
ものすごい奥歯で食事をするか、
のどれか(複数の場合もあり)が疑わしい状態です。

同時に注目してほしいのが、
上の前歯の先端。
波打っているように見えませんか?
たぶん下の前歯がピタッとはまる位置があるでしょう。
削りあって変形していると思われます。

第2のポイント。
舌の下、影っぽい部分に
ツバの泡が見えますか?
細かいものまで入れると3つくらいは見えます。

これは、
ドライマウスの一歩手前状態。
顎関節症がある可能性も高まります。

ポイント3。
そういうつもりで
顎の開き具合をみると、
顔の真正面写真にしては歪んで見えます。
正中線を考えると曲がっているかもしれません。
大きく開けた時に歪んでいるのならば、
顎関節症の中のレベル4、骨格の変形が疑われます。

ポイント4。
右の一番奥の歯のさらに奥の歯ぐき。
左と比べるとプニッとしていませんか。

磨けずに腫れている、
一番奥の歯が出てきたばかり(14歳前後なら)、
さらに奥に親知らずが出てくる、
ここばかりで噛む癖があり圧力過多、
などが疑われます。

ポイント5。
奥のほうの舌。陰になっている部分。
舌に印記されたスジのような物が見えます。

食いしばっているサインです。
常に上下の歯がくっついている可能性が高い。

ポイント6。
下顎の小臼歯が左右とも舌側に傾斜している。

噛み合わせの問題からくる磨きにくいポイントは平気か、
奥噛みの影響で歯並びがズレてきているのではないか、
親知らずの影響はないか、
接触する上の歯の部分はどうなっているのか、
などのチェックも必要になります。

実際に会えばもっといろいろなことがわかるでしょうが、
たぶん診断は、
・顎関節症
・咬合性外傷
・ドライマウス予備軍
・ひょっとすると口臭症もあるかも
・若年性歯周病予備軍
・軽度歯列不正
あたりが全部ヒットするでしょう。

たぶん真正面から写真を撮ったら
年々、顔が歪んでいくタイプ。

パッと見、綺麗な歯ですが、
そんな背景が見え隠れする写真です。

まぁ、実際にお会いして、問診・視診をして
レントゲンをとって、検査をして、
などをした後でなければ正確には語れませんが。

見た目の綺麗に潜むSOSサイン。
見逃さないようにプロの目も活用してくださいね。

ということで、次は200回目のときにでも
何か特別な回にしてみましょう。



カラフルあっぷるいーと3.JPG











posted by あっぷるいーと いんちょう at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする