2015年04月27日

駄文・鬱金桜と4月の楽しみ方

まだ4月末だというのに
天気予報は夏日予想です。
春を彩る桜は散ってしまいましたが
それでも色とりどりの色彩あふれる季節です。

こんな所からこんなに長く育ったり、
20150422_122015.jpg

他の植物を押しのけるように顔を出したり、
20150426_145411.jpg

生命のたくましさは、
見様によっては厚かましい感じもしますが、
愛らしくも思ってしまいます。
1種類ごとに分けられた鉢植えの中では
お目にかかれない街中ならではの自然の姿です。

前回お話しした御衣黄は見に行けませんでしたが
もう一つの緑ともなう桜は
かろうじて見ることができました。

鬱金桜「うこんさくら」
というそうです。
(こちらは緑色というより、緑まじりのピンクです)

実は先週末の日曜に車で通り過ぎた時には、
葉っぱがいっぱいで、
「もう葉桜になっちゃったのかぁ」と
残念がりつつ通り過ぎちゃったのですが、
この桜は葉とともに咲く。
車を止めて見に行けばよかった。

木曜の保健センター健診後に
往診の予定もなかったため、
再度見に行った時の写真がこれ。

20150423_122103.jpg

終わりの近づいた状態ですが、それでも綺麗です。
見頃は4月中旬以降。
場所は荻窪税務署。
マニアックなところですが、
普通の桜も、荻窪税務署〜日大二高と続く通りは
きれいなスポットだそうです。

(ちなみに近年の私の普通の桜オススメスポットは、
武蔵野市役所前、西武新宿線武蔵関〜東伏見方面、
中野哲学堂付近の3つを楽しみにしています)
(そういえば人だかりが嫌で一度も井之頭公園の桜を
見たことがなかった。来年は見に行ってみようか)

クリニックとしても、4月はいろいろな変化があります。
たとえば患者さんにしても、
新しく吉祥寺に来られた方
仕事の関係で吉祥寺から遠くに越された方
遠くになったけれどもわざわざ来院してくれる方
出会いや別れの多い月です。

あっという間に過ぎてしまいました。

そういえば、吉祥寺は
この間の土曜からゴールデンウィークにかけて
音楽イベントが盛りだくさん。
活気づく時期となりますから、
遊びに来られるのもオススメです。

私が加入した時期がもう少し早ければ、
ビッグバンド演奏していたでしょうが、残念。
さらに本当は今年の10月のイベント時期に
コピスのステージで演奏しましょうと言われたのだけれど
歯科医師会行事と丸被りで、残念。
・・・というわけで、来年のこの時期には
どっかのイベントでプレイしているでしょうか?

あっという間に夏になりそうな感じもありますが、
急に寒い日もあるでしょう。
こういう季節は、体調も崩しやすければ
くいしばりもしやすい。
身体のコンディションには気を付けましょう。



カラフルあっぷるいーと3.JPG





ラベル:鬱金桜
posted by あっぷるいーと いんちょう at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月11日

駄文・PCと1カ月ねかせる羽目になったネタ

久しぶりのブログです。
こうも更新できないでいると、
役員だの何だかんだで忙しいんでしょ、と
様々な人に心配されまくってしまったので、
まずはアップできなかった本当の理由から!

いやぁ〜、まいった、まいった。
8月のお盆休み前にブログをアップしようと思ったら、
保存ボタン(アップするスイッチ?)がない!

seesaaブログのお知らせ欄に、
私は使った事のないサービスの終了のお知らせがあり、
その切り替えとかで、
システムエラーでも起きているのかと思い、
まったまったまった。

毎週2〜3回試すも、アップできない状態で、はや9月。
どーにもできないので、直接サポートセンターにメールを出し、
数回やり取りをして、原因がやっと判明しました。

結論。
Vista・・・ってもう古いのかぁ・・・

入っているブラウザは、
Internet Explorer 7 だったわけで。
9 をアップデートする事も出来なかったわけで。
(互換性がないと表示されちゃって)
7 は既に、seesaaの推奨環境外の扱いだそうで。

PCを買い替えないで行うなら、
Google Chrome を使ってみて、
というseesaaからのアドバイスに沿って、
マイブログを開いてみたら・・・
できた。
それで間髪いれず更新したのがこれです。

今日の昼(もう昨日の昼だけど)。
行きつけの店の常連さん(60代?もっと上か?)に、
「Vista なんてそんな古いの使ってんの?」
と言われてしまったことだし、
考えようかなぁ?
その人いわく、
「Vista も 8 も駄作だから
 新品買うなら待った方がいいよ。」
とも言われたことだし、
買う気がないとPCスペックとか無知になるので、
今のうちに情報を仕入れようと思うこの頃。

まぁ、9月の予定も書いてないけど、
ずっとアップできなかった駄文をあげておきましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヒトの縁とは面白いものです。

つい先日のことです。
行きつけのお店に、荷物が届きました。
その宛名を見て、オーナーが歓喜の雄叫びを!


はじめはその店の常連客でした。
1枚のCDをジャケ買いしたことから始まります。

ノスタルジーでファンタジックな雰囲気を醸し出す、
色鉛筆で書いた絵本の1ページのような、
淡い緑の森にたたずむ髪の長い女性が描かれています。

「今夜はこれで安眠するの」
ヒーリングミュージックだと思って買った彼女とともに、
お店のスピーカーで流してみることに。

・・・

流れてきたその音楽は、
往年の力強いブルース。

買った彼女はガッカリ。
聞いたオーナーは大喜び。

CDジャケットをめくり現れた女性シンガーは
手足にタトゥー。
よくよく見るとその絵本のようなジャケットに
たたずむ女性の手足にもタトゥーらしき模様がうっすら見える。

アルバム全編通して、かっこいい。

音楽好きや職業にされている方も通う、その店では、
その海外アーティストが話題に。
はっきり言って誰一人知らなかった。
ただその実力は、多くのヒトを魅了したそうだ。

オーナーはツイッターなどで、
魅力的なシンガーを見つけたと報告。
その海外女性ブルースシンガーのツイッターも見つけ、
フォローしたのだという。

そんなある日、オーナーにメールが。
はじめは、英語で書かれたそのメールが、
DMや迷惑メールのたぐいと思ったそうだが、
そこに書かれたシンガーの名前にビックリ。

英語の堪能な常連客達に協力してもらい、
しばらくやりとりした結果・・・
彼女の事務所のあるドイツから、
サイン入りのレコード盤とCDが送られてきたのだ。

そりゃぁ、歓喜するよ。

その海外女性ブルースシンガーが、
日本語で書いたであろうオーナーのツイッターを読み、
応援してくれてることに感謝し、
お店に飾ってほしいと、
わざわざ音源を送ってくれたわけだ。


常連客がそのCDを買わなかったら、
店で聞いてみようということにならなかったら、
その海外女性ブルースシンガーの曲を
オーナーが気に入らなかったら、
オーナーがツイッターをやっていなかったら、
その海外女性ブルースシンガーが
オーナーのツイートを読まなかったら、

極端なことをいえば、
オーナーがその店をやっていなかったら、
常連客と接することもなかった。
音楽好きが気にとめるような店名にしなかったら、
客層も違ったかも。
CDジャケットが違うものだったら、
この出会いはなかったかもしれない。
彼女が歌ってなかったら・・・
いろんな過去が、今を作っているんですね。

ちょっとした行動や選択が、
思いもつかない「つながりの輪」を作る。
ツイッターなんてそのツールの1つでしかないです。
それぞれの「ヒトの行動」が、こんな輪を作りました。


余談ですけど、
私の場合、
歯科関連の人たちと飲みに行った店で出会った、
そこの店の常連さんたちと意気投合し、
歯科関連の人たちが帰った後もそこに残り、
おしゃべりを続けてたときのことです。

俳優さんと指揮者さんとのこと。
初めてです。
吉祥寺に3件ある、富士そば、の話で意気投合したのは。
北口駅前は夕方までが、ちゃんと冷水で締めてあって、
午後6時過ぎに行くなら南口が、ちゃんと仕事してる。
サンロードはいつもちょっとねぇ。
同じチェーンでも、ヒトによって全然違うよね。
あまりにも同調するもんだから、バーのママも笑っちゃうほど。

そんな取り留めのない話題のなか、
まじめな話もします。

以前より、プロのヴォーカリストを何名か診ているのですが、
みなさん「くいしばり痕」がすごい。
サックスの先生とかに知り合いがいれば、
どうしてなのか日常のレッスンや習慣などを聞きたかったのだが、
ちょうどいいヒトはいないといわれていた。

そこでその指揮者さんに聞くと、
何かがピンッときたらしく
それでかぁ〜、と一人納得の様子。
いやぁね。イタリア人とかは、
まるで日常会話の延長のように歌うんです。
自然体というか、リキミのない状態で。
それに比べると、日本人気質というか、
よし、歌うぞ、って力を込めてしまう人が多い。
特にプロになるほど、その傾向があって・・・。

残念ながら、
歯科治療としての本質的対処法への参考とはならなかったが、
ヴォーカリストという職業的な特性の一部は見えたような気がした。
こういう様々な人たちの見解を聞くことで、
いずれは治療に活きてくる。
本職が気づかないちょっとした癖を見つけてあげるだけでも、
歯へのダメージも減り、
気道も開きやすくなり、
本来ならばもっと歌いやすくなれるはずだ。

しかし、
ある意味、肉体改造であるため、
それまでの無理を強いて馴れてきた負担となるフォームを、
身体にとってもっと楽にもっと良い音になるからといって、
いきなり変えろというのも無理。
歌手生命が短くなったとしても、
身体にダメージが起きる、馴れたフォームでなければ、
不安になってしまう人もいる。

まだまだ結論には至らないことなんですが、
飲み屋さんの触れ合いなどで、
専門書には載っていない、本質の外堀を
ちょっとずつ埋めていくことにもなります。

いろいろ気さくな方が立ち寄る吉祥寺。
車で通う身としては、頻繁に飲むわけにも行かないけれど、
そういう縁や輪で、
助かる患者さんが増えるのも良いことでしょう。


そーいえば、今回本題のオーナー。
その海外アーティストに、
お礼のツイートしたいけれど、
ウチには贈ってきてないぞー!
なんていうフォロアーがでてきたら申し訳ないし、
どう感謝を伝えようと悩んでました。

日本人的配慮ですよね。

だから、あえてこのブログでも、
お店名も、アーティスト名も、伏せておきます。


美点でもあり、難点にもなり得る、民族性。
歯科治療も深く突き進めると、いろんな問題が見えてくるんです。

みなさんも、いろんな輪を楽しみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このオーナーの歓喜を見た日に
アップするつもりで書いたものでした。

1カ月ぶりに同じ店に行ったわけですが、
このときの盛り上がりは、すでに収束しちゃっていました。
タイムリーネタが、1ヶ月ねかせる羽目になって残念。



カラフルあっぷるいーと3.JPG
















posted by あっぷるいーと いんちょう at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

駄文・ある日々のできごと・・・こんなドラムの叩き方してんだぁ

2014年2月は都内2度の大雪。

2度目の朝は金曜日。
それほど雪は降っていなかった。
予報も大雪までは至らないような・・・。

それでも万が一に備え泊まれる支度をして
バスでクリニックへ。

午後になり大雪。
今回はヤバい!
午後の診療時間中には、エアコンの室外機が・・・
20140215_110016.jpg

あわててポットで湯を沸かし、凍った部分にかけ、
ヒビ割れを作り、ほうきの柄で叩き割る。

どっちにしろ帰れないし、
翌土曜も診療日のため来なきゃいけない。
と、クリニック泊まり。

20140214_225203.jpg

晩飯に出た帰りはこんな感じに雪化粧。
ホントに車で来なくてよかったよ。

土曜の夜は仕方ないので、エッチラオッチラ徒歩帰宅。
帰宅してみると、親が大変なことになっていると言うが、
暗くてよく見れないので・・・

日曜の朝に絶句する。

20140216_124254-2.jpg
ガレージが・・・愛車が・・・

このタイプの屋根、50件こんなだって・・・
業者もテンヤワンヤで、すぐに救出もできない。

カーショップでジャッキを買ってきて、
何とか3センチ持ち上がった隙に、そーっと出庫。

ボコボコ4〜5か所。
不幸中の幸いで、
駆動系、フロントガラスや窓ガラスは無事。
修理工との兼ね合いがあるので
まだボコボコのまま乗ってる。
保険が下りるみたいだし、しゃーないか。

そんな2月の最終の日曜日。
やってきたのが、ヤマハone way コンサート。
各科の生徒合同でバンドを組んでの発表会。

前日の夜、不安で眠れず、
当日も心臓バクバク。

昨年、ドラムの所じゃ、他の音が聞こえないと
私が言いまくったせいか?
今回はPAさんも参加。
音響調節までしっかりしてもらっちゃって、
当日PAリハやるからと逆順で集まることに。
初めてだよ、
あんなにマイク付いてるドラムセット叩くのは。

私は2曲参加するのだが、
前半のトリと後半のトリ。
逆順だから一番初めにリハやることに。
発表会は15時スタートなのに、
11時、13時にはリハ。
待ち時間長い。
その間にMojoカフェランチしたのだが、
「先生そんな顔するんだぁ」といわれるほどの緊張。

15時を回り、始まると、
緊張が取れたり、ぶり返したり。
周囲からは緊張してるように見えないと言われたり、
緊張がこっちにまで移る〜と言われたり。

前半のトリ。
自分でやりたいと言っちゃった
ワンオクの完全感覚ドリーマー。

スティックカウントする寸前まで指先まで震えてやがる。
その震えのおかげか、躊躇なく実テンポあたりでスタート。
出だしのソロから、ちと気に入らない出来だが、
トータル自己採点は70点。

DSC00176-2.jpg
余裕に見えるでしょ。
始まる瞬間まで心臓バクバクとは思えないでしょ。
普段見せないよこんなトコ。
初めて話した人が送ってくれた写真の中の1枚です。

この曲終わった途端、まるで別人かのように解放され、
ベースの先生にも、さっきまでと全く違うと突っ込まれる始末。
そして何気ないアドバイス。
「自分のマックスよりも、ちょっとレベルを落としたものを
3曲ぐらいやる方が楽しめるよ」
ごもっともで。
やり始めて4カ月近く自己採点10点台だったので
無理し過ぎたね。
その後、自己採点100点ってのも何回かあったけど、
本番余裕があるもののほうがいいや。
浅田真央さんの4回転半の気分だった。

後の打ち上げで、ドラムの先生もよくやったと褒めつつ、
「生徒が風邪とかで休んだら代奏しなきゃだけど、
この曲は、う〜んやるのかぁって思っちゃうよ」
だって。
・・・いや、この曲聞かせて出来るか相談した時、
できるできるってゆ〜たやん。
その時に俺を止めてよ。

まぁ、大勢に好評だったみたいで、
昨年より声かけてくれる人増えたからイイや。

トリのビリージョエル・オネスティも、
後半地味に難しいのだけど、全然余裕あったし。

もう1人のドラムの先生も名前覚えてくれたみたいで、
日本人らしいドラムって多いんだけど、
外人みたいなリズム感だよね。バスドラも効いてるし。
と言われたので、ちょっと暴露話を・・・
重り入れたショートブーツでヒールダウン奏法して
バスドラの音厚出してるんです。
スティックもドラムコー用のテナースティックで・・・

レッスン中には聞けないようなトレーニング方法や
演奏に対する考え方など、すんごいいっぱい聞けた夜。
今度は興奮しすぎて、眠れない・・・。


カラフルあっぷるいーと3.JPG







posted by あっぷるいーと いんちょう at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする