2014年04月22日

シリーズF・歯を守る・40肩50肩と顎関節症の関連を探る

歯にかかわる人体の構成成分といえば、
「骨」と「筋肉」と「血液」。
そこでその特性を知っておきましょう。

細胞は入れ替わるものです。
数日〜数年で、同じ細胞は存在しなくなります。

骨は、
幼児期では、1年半。
成長期では、2年未満。
成人では、2年半。
70歳以上では、3年。
で入れ替わるとされます。

筋肉は、
構成成分で異なりますが、
入れ替わりの早い成分では、1ヶ月で60%程
入れ替わりの遅い成分では、200日
で入れ替わるとされます。

血液は、
4.5〜5L(リットル)ほどが100〜120日で入れ替わります。
ちなみに血液量は体重の1/13(8%)ほどといわれます。
体重65kgならちょうど血液は5Lくらいとなります。
ちなみに1分間で心臓から送り出され、
身体を巡り心臓に戻ってくる血液量も5Lくらいだそうです。


人間の身体は、ちょっとずつ変化し続け、
数日〜数年前とは別の細胞に置き換えられています。
食べた物を材料とし、身体が吸収したい臓器にあわせて
それの形態を変化させることで、新たな細胞となるのです。

その新たな細胞が健全でなかったら・・・

医科も歯科も大抵は悪化した人を診ます。
なので、治療して現在の症状は改善できても、
その悪化した生活環境が繰り返されるならば、
しばらくすると新たに同じような病気になって
来院してこられる方もいます。
気をつけましょう。


さて、解剖学的には別々で捉えてしまいがちですが、
筋肉は骨に付き、骨は筋肉で動かされ、
骨格や筋肉の隙間を縫って血管や神経が走ります。
神経の刺激で筋肉が動き、
その収縮圧を利用して血液が循環する。

結構、連動しているんです。
その中核をなすのが筋肉。

筋肉が歪になっていると、
骨同士がこすれあって変形したり、
血管や神経を圧迫して障害を起こすこともあります。


顎関節症も同じです。

多くが、変な噛み合わせで、食いしばるために
前後左右にアゴを吊り下げている筋肉が歪になります。
歪な筋肉で骨がズレ擦り合わされたり、
血管が圧迫され、無自覚症状が起こり、
認識できた時は悪化して、最も悪いレベル4になっている。

大半の病院では、骨同士を圧迫しないように
筋肉を伸ばせ伸ばせと指導されます。
「口を大きく開けて、ベロを大きく回しましょう」とか。

でも、ウチでは、特に食いしばりがある人には、
「無理に伸ばすな!」と言ってます。

たとえば、
立位体前屈をする時に、
一度、後屈して身体を伸ばした直後のほうが、
立位体前屈は曲がりやすくなります。

つまり、
半端に反対に伸ばすことで、
結果的に、
癖になっている日常の悪い習慣である
「噛み締める力」がもっと強くなる。
・・・それじゃ逆効果です。

伸ばすなら、患部そのものの筋肉だけではなく、
そこと連動する筋肉を伸ばす習慣をつけること。

簡単な目安としては、目的の部分の2〜3個先の関節まで。
その範囲の筋肉は、連動しています。


例えば、40肩50肩などの場合で考えてみましょう。
腕とか肩を回す関節の「回転軸」って
どこにあるか知っていますか?

普段、肩と思っている所は、
肩甲上腕関節
(けんこうじょうわんかんせつ・肩甲骨と上腕骨の関節)。

そこから、肩鎖関節(けんさかんせつ・
肩と鎖骨をつなぐ関節)へとつながり、
左右の鎖骨の真ん中ちょっと下(鎖骨の正中側の先端)で、
咽喉と胸の境付近、
人体の正中にある、
胸鎖関節(きょうさかんせつ)という部分へと達します。
ここが腕や肩を回すときの回転軸。
場所の説明って難しいので、画像検索してください。

ぜひ、ここを片手で触りながら、
反対の腕を大きく回してみてください。
回転にあわせて動いているのがわかるでしょう。

胸鎖関節は胸骨(胸骨柄)と鎖骨をつなぐ関節です。

胸骨柄(きょうこつへい)という部分は、
心臓手術のドラマとかで、最初に電動ノコギリで切り裂き、
ジャッキのようなもので開いているシーンがありますが、
その一番上の部分の骨です。
(わかんない例えかも?)
肋骨の真ん中の接合部分の最上部でもあります。

だから、ほぐすべき筋肉は、
肋間筋(肋骨同士をつなぐ筋肉)なども必要になってきます。
以前「棒を使ったストレッチ」の
ブログを書いた内容がそのまま当てはまるんです。


ちなみにこの胸骨柄は、舌骨という骨とも筋肉で繋がっています。
(胸骨舌骨筋といいます)
その舌骨は、胸骨柄と逆方向(上方向)には、
「下顎骨」と繋がっています。
(細かくは書きませんが舌骨上筋群・舌骨下筋群といろいろあります)
舌骨は関節ではありませんが、
上下の筋肉で吊り下げられている状態ですので、
上下どちらかの筋肉に引っ張られていれば、
逆方向の筋肉を引っ張ります。

下顎骨に関わる関節は、顎関節。

噛み合わせが、肩や首のコリなどに関連するという原因は、
この顎関節と舌骨上下筋群のつながりの影響なんです。

肩である肩甲上腕関節から数えてちょうど3つ目の関節・・・
それが「顎関節」にあたります。

つまり、逆に考えれば、顎関節のためには、
肩の状態も良いかどうか・・・
という影響も考慮しなければならないんです・・・本当なら。
(まぁ、3つ先の関節の影響って、そこまで大きくないので、
硬くなっていないか程度の把握でもいいのですが・・・)


余談ですが、左右片方の腕を大きくまわして見ましょうか。
背泳ぎのように回す時、
食いしばって回すより、大きく口をあけて回すほうが、
大きく回るような感じはしませんか?
逆にクロールのように回す時、
大きく口を開けているより、食いしばっている時のほうが、
大きく回るような感じはしませんか?
ほんのわずかな違いなので、わからない人も多いかもしれませんが、
1000分の1秒を競うスポーツ選手にとっては
大きな問題になることもあるほど、シビアな世界では話は別。
歯が与える身体への影響って、
細かいことを言えばかなりの範囲にあるんです。

肩に関するメインは
2つ目の関節である「胸鎖関節」ですが、
そこに影響を与えるということを考慮するなら
3つ目に当たる関節、
顎関節も重要な要素でしょうね。

ちなみにドラムも胸鎖関節を意識できるかどうかで
叩き方が変わるんです。
野球やゴルフ、柔道やボクシング、
様々なスポーツに絡んでくることなので、
整体系のマッサージですまないアスリートたちは、
歯科の受診もされるんです。


さらに言えば、40肩50肩などを実感されている人は
ほとんどが食いしばりになっていますし、
その影響で歯が削れ、
圧力過多で食いしばるので、歯根破折が起こる可能性も高まり、
入れ歯やブリッジになることも増えます。
たまに他所でやったセラミックのブリッジが割れて
そのままにされているなんてのを見かけますが、
その要因の1つにも当たります。

当然、関節へも圧力過多になるため
40肩50肩が悪化すれば、顎関節症も悪化します。

だから、全身のストレッチって大事ですよ。
(歯のためにも)


食いしばりの筋肉に連動する最大の可動部筋は、
「猫背に関わる筋肉」です。
特にパソコンを使う仕事の人は注意しましょう。


筋肉の前後左右バランスが整っていれば、
骨や血管などの負担も減ります。
だから内蔵にかかる負担も減ります。

もちろん「歯」にかかる負担も。

筋トレをやる方なんて細かいことに詳しいです。
腕立ての時の、床につけている手のひらの位置や角度で
どこの筋肉に効果的か・・・と本当に良く知っています。
ちょっとしたポイントを押さえることで効率が変わります。
そのちょっとした事って、歯にもあるんです。

ただ、ここで言いたいのは、鍛えることよりも
過度の負担をかけている無意識の日常生活で
痛めつけられた筋肉を、正しく機能させるために、
栄養を摂ったり、ストレッチでほぐしたりすることが、
様々な病気予防に繋がるんです、ということ。

余力があったら、鍛えるまですれば効果は高まるでしょう。


PCの調子が悪いのか、
雨のためにルーターの回線状態が悪いのか、
締めのクリニッククレジットが出てこないので、
今回は、ここまでで終了です。
感謝。















ラベル:顎関節症 50肩 40肩
posted by あっぷるいーと いんちょう at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全身に関わる歯科の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月31日

シリーズE・歯を守る・心をつくるタンパク質

日本語でプロテインと言えば、
アスリートやボディビルダーなどが飲む
アミノ酸などが配合されている
粉状のプロテインサプリメントのことを
思い浮かべる人が多いでしょうが、
ここでのプロテインとは純粋なタンパク質をさします。

タンパク質を英語で呼ぶとプロテイン!
ちなみに、タンパク質を漢字で書くと蛋白質。
蛋白とは卵白のことで、
卵白の主成分がタンパク質だから、に由来するのだそうな。


摂取必要量は体重1kgあたり0.72gとされている。
成人の日本人で、体重が70kgなら
タンパク質の「必要量」は、毎日50.4gとなる。
(これが最低必要な量ということです)

「摂取基準」で考えるなら
1日のエネルギー必要量の10〜15%程が目安とされるので
成人男性なら100g・成人女性なら75gを
毎日摂取しなさいという事になる。
(毎日これぐらいは摂っておいてほしいという目安)

ちなみに過剰摂取量を考えると体重1kgあたり2gといわれ、
成人の日本人で、体重が70kgなら
タンパク質の「過剰摂取量」は、毎日140gとなる。
(食べ過ぎです)


これを体重70kgの成人日本人で計算してみると、
タンパク質含有量の多い、半乾燥させたシラス干しなら、
100g中40.5gタンパク質が含まれるらしいので、
最低必要量123.5g、理想値247g、過剰値345.7g。
シラス干し247gも毎日食べろってこと!
(もっともこれだけでタンパク質摂取した場合、
塩分過剰になるのでオススメできませんけど)

同じ日本人成人男性70kg基準で他の食材で考えてみると、
@:牛ひき肉の場合
100g中19gタンパク質が含まれているので
毎日の量は、牛ひき肉が、
最低必要量263.2g、理想値526.3g、過剰値736.8g。

A:ゆで卵の場合
100g中12.9gタンパク質が含まれているので
毎日の量は、
最低必要量387.6g、理想値775.2g、過剰値1085.3g。

・・・面倒なので何でもかんでも書きません。
気になる人は調べて計算しましょう。

ちなみに45kgの女性なら、
毎日の量は、
最低必要量32.4g、理想値75g、過剰値90g。
のタンパク質を含む量を、食材含有量から計算しましょう。

結構多く必要なのが分かるでしょう?
Mサイズの卵1個がだいたい60g。
タンパク質だけで考えるなら70kg成人男性は
ゆで卵なら毎日13個食べろっていう事になるんですから。
45kgの成人女性でも10個近く食べろってことになります。
最低が6個半。


厚労省に記載されている項目に、
タンパク質は、高齢者であっても、
若年成人とほとんど変わらない量が必要であると考えられる
という記載もあり、
多くの健康を意識する高齢者は、
「太らないように」という1点においてのみ考慮した結果
タンパク質不足と思われる状態になっていることが
多いように感じられます。

タンパク質は「筋肉」と思っている人は多いでしょうから、
ここではそれ以外のお話をしましょう。


「心」ってなんだかわからないものです。
でもそれなりに理解はされてきています。

鬱(うつ)などは若年者でも働き盛りの年代でも起こっていますが、
「嬉しい・楽しい・やる気を感じられる」などの感情を
湧き起こすスイッチはタンパク質にあります。
その中でも代表的な3つの働きをご紹介しましょう。

摂取したタンパク質がビタミンB群によって変化を繰り返し
出来上がった成分が、これらの働きをします。


L-グルタミン → γ-アミノ酪酸(GABA)
鎮静・抗痙攣・抗不安作用として働くアミノ酸。
体外からGABAを摂取しても
神経伝達物質としてそのまま用いられることはない。


ドーパミン → ノルアドレナリン
神経伝達物質やホルモンとして働き、思考や意識を活性化させる。
このノルアドレナリンが合成されてからアドレナリンが合成される。


セロトニン → メラトニン
体内時計を調整するといわれるメラトニン。
昼に低く夜に高い、睡眠に関係するホルモン。
強力な抗酸化物質でもありアンチエイジングや
アルツハイマー・パーキンソン病の予防にも。
幼児期に一番多く、加齢により減少。


アミノ酸サプリメントを飲んでいる人もいるでしょうが、
タンパク質自体が20種類のアミノ酸の結合物です。
そして、胃や腸、血液脳関門など、
その場において吸収されるべき形に変化し、
必要とされる働きをします。
だから、同じ成分を摂取したとしても、
要求されている場所の適切なタイミングで
その形になっていなければ
届ける意味がありません。
(効果あるはずのサプリメントで効かない理由です)

また、
先ほどタンパク質がビタミンB群によって変化していく
と言いましたが、ビタミンB群が働くためには
そのほかのビタミンやミネラルなども必要になってきます。
バランスの良い食事が必要と言うことですね。

ちなみに、成長がもう起こらないとされる「成人以降」の年代では、
成長に必要な栄養分を摂取する必要はありませんが、
恒常性、細胞新生など、
劣化した細胞を撤去して、新しい細胞を作り出すために必要な
栄養成分は死ぬまで必要になってきます。
その最低供給量が、先ほどの「必要量」です。

ではそれすらも不足すると、どうなるでしょう?

細胞が劣化し、抵抗力がなくなり、病気になります。


なぜこんなことを言うのかと不思議に思いますか?
歯を守るというシリーズなのに、身体のことなんてって?

先ほどのタンパク質が及ぼす3つの効果が
得られていないとするならば、

痙攣や不安。
思考や意識の停滞。
満足した睡眠が得られない。

という自覚があります。

そういう方々のほとんどが、
喰いしばり、ドライマウスになっているんです。

結果的に、歯が悪化するリスクは高まります。


主に高齢者の患者さんに、
「食事のバランスはとれていますか?」
と質問すると、ウチに来られている多くの方が、
「ちゃんととっていますよ」
と答えます。
「たとえばタンパク質なら
 毎日、ゆで卵・6個半は必要なんですけど?」
と追加すると、
「いやそんなにはとっていませんけどね・・・うふふ」
そんなには歳とってから食べられませんよ、
といわんばかりの回答がほとんどでしょう。

だから、治る力はないんです。
だから、悪化しにくい治療を目指すしかできない場合も多い。


皆さんはどうでしょう。

病気になるには病気になる環境を自分で作っていることも多い。
治療で「今悪いところ」は治せますが、
同じ環境にいれば、また同じ病気は何度でも起こります。


「嬉しい・楽しい・やる気を感じられる」などの【ココロ】。
心の状態に口腔内環境が左右されるという、1つの側面は、
心因的なものだけでなく、「食」による栄養状態にも影響されています。

そしてまた「食」をなしえるのは「歯」。

歯の善し悪しがココロにも影響を与えるという1つの側面でもあるのです。


カラフルあっぷるいーと3.JPG




posted by あっぷるいーと いんちょう at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 全身に関わる歯科の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

猫背でおこる顎関節症!

5月30日に愛車を整備に出す。
エアコンが効かないことに気付き、
暑い夏を迎える前に、原因を調べてもらうためだ。

代車のカペラワゴンに乗って早1ヶ月。
ミニクーパーは外車のため、部品の取り寄せにも時間がかかる。

どうやら原因はハンドルからのオイル漏れ。
それがエアコンのコンプレッサーに滴り落ち、
動かなくなってしまっていたそうだ。

ハンドルも直し、コンプレッサーも直し、
気付けば7月。車検の時期だ。
・・・もうしばらく、代車生活となってしまう。

ミニクーパーもカペラワゴンも、
同じ5ナンバーサイズ。
でも明らかにサイズは違う。
クリニック前に駐車すると圧迫感あるよね。
結構使いこまれている白い代車って。

ちなみに今回は、
以前付けられた10円傷を直してもらった工場に頼んだため、
ディーラー代車のミニシリーズとは異なるんです。
・・・こういう時でもなきゃ、他の車を運転することなんてないので
私的には楽しんでいるんですけど、
さすがに1ヶ月以上って・・・ながいなぁ。


そこで、今回はこんなブログにしました。
猫背が引き起こす歯の異常・・・顎関節症の原因の1つです。

・・・人体は、自動車よりも複雑な機能満載の臓器の集合体。
だからこそ自動車でもおこる、
「 原因とは直接関係なさそうな場所に起こる異常 」は、
人体でも相当に起こってしまっています。

このブログでは定期的に、
身体の異常の原因が、歯のせいで起きてしまう事があるんだよ
とお伝えしているのですが、
今日は逆の視点で、
「 身体のせいで歯に異常をきたすこと 」
を話してみましょう。

ヒトの脊椎(背骨)はS字に弯曲することで、
重い頭部の荷重
(14オンスのボーリング玉を頭上に掲げているのと同じ)
を一点に集中させることなく、
分散させて支えています。
そのおかげで、二足歩行ができるんです。

猫背はその湾曲の範囲を超えてズレているので、
そのズレを補うため、
僧帽筋や脊柱起立筋群に過剰な負荷をかけています。
(ボーリング玉を顔面の前に掲げているようなものです。
 ・・・手ではなく、首で掲げることを想像してみてくださいね)

人体に最適ではない姿勢を、
筋力を用いて保っていることにより、
起立を保ったり歩いたりすることで疲れやすいという状態です。

このとき、歯では何が起こっているか…
「 くいしばり 」です。

頭が、背骨より前に飛び出しているので、
上下の歯が接触せざるを得ない状態なんです。

そのため、歯がすり減っていく。
早いと「85倍」も早く擦り減っていく。

そのため、噛み合わせの、高さや角度が変形し
顎関節の骨の形も歪に変わり、
顎関節症のレベル4(末期症状)へと進行します。

この状態は、酸素の取り込み量を減少させている場合が多く、
1度も喫煙したことない人でも、
ヘビースモーカーと同じくらいしか、
体内に酸素を取り込む力がないという人も出てきます。

酸素は、筋肉にも脳にも肌にも必要。
体力、集中力、美肌力の減少で、老化が進んじゃうんですねぇ。

だから顎関節症の治療も、アンチエイジングに関わってくるんです。

だからウチでは必要に応じて、歯のため、アゴのために、
姿勢から改善する方法を教える場合があるんです。


暑くなければ付けないクーラー。
・・・どうやら車の場合、暖房とはシステムが異なるらしく、
暖房はついてもクーラーは効かないっていうことがあるらしい。
だから、いつから異常が始まったのかもわからない。
(去年の夏過ぎだろうけど・・・)

「・・・えっ、わたしってガクカンセツショウだったんですか?」
と、自身のレントゲンをみたり、アゴのカクカクを触ってもらい
初めて知った、という人も結構多くいます。
8割近くいると思いますよ。実際。
・・・あまり診断されてないようですけど。

意識しないと、いつまでたっても改善できないのが顎関節症。
授乳期の赤ちゃんですら、顎関節症になりやすいだろうなぁって
癖を感じることがあったりします。
ご両親には注意喚起を促しますが、
意識し続けるには先が長いですからねぇ。
そのためのクリニック検診を活用してもらうのがいいんです。


エアコンが効かなくなった原因がハンドルにあった!
なんて想像もしない。
でも考えてみれば、
そこで気付かなければ、ハンドルがイカれて、
大事故を起こしてしまったかもしれないわけで。

初期の頃のブログでマトメたように、
顎関節症は、様々な全身の病気の直接原因や間接原因にもなり、
それらの病気の増悪因子にもなる病態です。

たとえば、酸欠状態で、血流をも悪くなれば、
虚血性心疾患の心筋梗塞だって起こりえます。
その悪い下地を作っているのが、
猫背であったり、顎関節症であったりすることもあると
知っておきましょう。


車検整備に突入するって今日言われたので、
明日からは、また分解整備されているのでしょう、我が愛車は。

・・・残念ながら人体は分解整備できませんし、
パーツ交換も簡単にはできません。
車だからこそ、1ヶ月程度の入院で状態改善できますが、
人体は、痛んだパーツをだましだまし使い続けていくしかない。

でも、人体は、悪習を改めることで、時間はかかるけど
元の状態に近いくらいまで回復する力があります。

悪習に慣れているからと、そのまま継続していけば、
悲鳴を上げて壊れ続けていき、
他の部位でもフォローできなくなったとき・・・
・・・死んじゃえるならまだいいのかもしれないですけど、
寝たきり生活数十年なんて、家族そろって地獄です。

医療改革という名目で、
入院し続けることができなくなったんですから、
その時が「ご高齢」でなければ、特養ホームにも入れないので
家庭で面倒みていくしかないんです。

まぁ、そこまで言うのはオーバーに見えるでしょう。
でも、分解して整備が出来ないからこそ、
レントゲンが進化して、
より細部まで立体にわかるCTが出来たんです。
それでも完璧ではないから、まだまだ研究が進んでいるんです。

医療の進化は、必要があるからこそ。

乳がん検診を受けましょう、などの呼びかけもしかり、
市区町村主体の、歯やその他の検診の呼びかけもしかり、
「どの時点で気付けるか」・・・が最大のポイントなんです。

たかが猫背と侮るなかれ。
それすらも、健康体ではありえない姿勢。
それを補うべく過負担がかかっている個所は必ずあるんです。
御気おつけあれ。



カラフルあっぷるいーと3.JPG





posted by あっぷるいーと いんちょう at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 全身に関わる歯科の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする