2014年03月31日

シリーズE・歯を守る・心をつくるタンパク質

日本語でプロテインと言えば、
アスリートやボディビルダーなどが飲む
アミノ酸などが配合されている
粉状のプロテインサプリメントのことを
思い浮かべる人が多いでしょうが、
ここでのプロテインとは純粋なタンパク質をさします。

タンパク質を英語で呼ぶとプロテイン!
ちなみに、タンパク質を漢字で書くと蛋白質。
蛋白とは卵白のことで、
卵白の主成分がタンパク質だから、に由来するのだそうな。


摂取必要量は体重1kgあたり0.72gとされている。
成人の日本人で、体重が70kgなら
タンパク質の「必要量」は、毎日50.4gとなる。
(これが最低必要な量ということです)

「摂取基準」で考えるなら
1日のエネルギー必要量の10〜15%程が目安とされるので
成人男性なら100g・成人女性なら75gを
毎日摂取しなさいという事になる。
(毎日これぐらいは摂っておいてほしいという目安)

ちなみに過剰摂取量を考えると体重1kgあたり2gといわれ、
成人の日本人で、体重が70kgなら
タンパク質の「過剰摂取量」は、毎日140gとなる。
(食べ過ぎです)


これを体重70kgの成人日本人で計算してみると、
タンパク質含有量の多い、半乾燥させたシラス干しなら、
100g中40.5gタンパク質が含まれるらしいので、
最低必要量123.5g、理想値247g、過剰値345.7g。
シラス干し247gも毎日食べろってこと!
(もっともこれだけでタンパク質摂取した場合、
塩分過剰になるのでオススメできませんけど)

同じ日本人成人男性70kg基準で他の食材で考えてみると、
@:牛ひき肉の場合
100g中19gタンパク質が含まれているので
毎日の量は、牛ひき肉が、
最低必要量263.2g、理想値526.3g、過剰値736.8g。

A:ゆで卵の場合
100g中12.9gタンパク質が含まれているので
毎日の量は、
最低必要量387.6g、理想値775.2g、過剰値1085.3g。

・・・面倒なので何でもかんでも書きません。
気になる人は調べて計算しましょう。

ちなみに45kgの女性なら、
毎日の量は、
最低必要量32.4g、理想値75g、過剰値90g。
のタンパク質を含む量を、食材含有量から計算しましょう。

結構多く必要なのが分かるでしょう?
Mサイズの卵1個がだいたい60g。
タンパク質だけで考えるなら70kg成人男性は
ゆで卵なら毎日13個食べろっていう事になるんですから。
45kgの成人女性でも10個近く食べろってことになります。
最低が6個半。


厚労省に記載されている項目に、
タンパク質は、高齢者であっても、
若年成人とほとんど変わらない量が必要であると考えられる
という記載もあり、
多くの健康を意識する高齢者は、
「太らないように」という1点においてのみ考慮した結果
タンパク質不足と思われる状態になっていることが
多いように感じられます。

タンパク質は「筋肉」と思っている人は多いでしょうから、
ここではそれ以外のお話をしましょう。


「心」ってなんだかわからないものです。
でもそれなりに理解はされてきています。

鬱(うつ)などは若年者でも働き盛りの年代でも起こっていますが、
「嬉しい・楽しい・やる気を感じられる」などの感情を
湧き起こすスイッチはタンパク質にあります。
その中でも代表的な3つの働きをご紹介しましょう。

摂取したタンパク質がビタミンB群によって変化を繰り返し
出来上がった成分が、これらの働きをします。


L-グルタミン → γ-アミノ酪酸(GABA)
鎮静・抗痙攣・抗不安作用として働くアミノ酸。
体外からGABAを摂取しても
神経伝達物質としてそのまま用いられることはない。


ドーパミン → ノルアドレナリン
神経伝達物質やホルモンとして働き、思考や意識を活性化させる。
このノルアドレナリンが合成されてからアドレナリンが合成される。


セロトニン → メラトニン
体内時計を調整するといわれるメラトニン。
昼に低く夜に高い、睡眠に関係するホルモン。
強力な抗酸化物質でもありアンチエイジングや
アルツハイマー・パーキンソン病の予防にも。
幼児期に一番多く、加齢により減少。


アミノ酸サプリメントを飲んでいる人もいるでしょうが、
タンパク質自体が20種類のアミノ酸の結合物です。
そして、胃や腸、血液脳関門など、
その場において吸収されるべき形に変化し、
必要とされる働きをします。
だから、同じ成分を摂取したとしても、
要求されている場所の適切なタイミングで
その形になっていなければ
届ける意味がありません。
(効果あるはずのサプリメントで効かない理由です)

また、
先ほどタンパク質がビタミンB群によって変化していく
と言いましたが、ビタミンB群が働くためには
そのほかのビタミンやミネラルなども必要になってきます。
バランスの良い食事が必要と言うことですね。

ちなみに、成長がもう起こらないとされる「成人以降」の年代では、
成長に必要な栄養分を摂取する必要はありませんが、
恒常性、細胞新生など、
劣化した細胞を撤去して、新しい細胞を作り出すために必要な
栄養成分は死ぬまで必要になってきます。
その最低供給量が、先ほどの「必要量」です。

ではそれすらも不足すると、どうなるでしょう?

細胞が劣化し、抵抗力がなくなり、病気になります。


なぜこんなことを言うのかと不思議に思いますか?
歯を守るというシリーズなのに、身体のことなんてって?

先ほどのタンパク質が及ぼす3つの効果が
得られていないとするならば、

痙攣や不安。
思考や意識の停滞。
満足した睡眠が得られない。

という自覚があります。

そういう方々のほとんどが、
喰いしばり、ドライマウスになっているんです。

結果的に、歯が悪化するリスクは高まります。


主に高齢者の患者さんに、
「食事のバランスはとれていますか?」
と質問すると、ウチに来られている多くの方が、
「ちゃんととっていますよ」
と答えます。
「たとえばタンパク質なら
 毎日、ゆで卵・6個半は必要なんですけど?」
と追加すると、
「いやそんなにはとっていませんけどね・・・うふふ」
そんなには歳とってから食べられませんよ、
といわんばかりの回答がほとんどでしょう。

だから、治る力はないんです。
だから、悪化しにくい治療を目指すしかできない場合も多い。


皆さんはどうでしょう。

病気になるには病気になる環境を自分で作っていることも多い。
治療で「今悪いところ」は治せますが、
同じ環境にいれば、また同じ病気は何度でも起こります。


「嬉しい・楽しい・やる気を感じられる」などの【ココロ】。
心の状態に口腔内環境が左右されるという、1つの側面は、
心因的なものだけでなく、「食」による栄養状態にも影響されています。

そしてまた「食」をなしえるのは「歯」。

歯の善し悪しがココロにも影響を与えるという1つの側面でもあるのです。


カラフルあっぷるいーと3.JPG




posted by あっぷるいーと いんちょう at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 全身に関わる歯科の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

猫背でおこる顎関節症!

5月30日に愛車を整備に出す。
エアコンが効かないことに気付き、
暑い夏を迎える前に、原因を調べてもらうためだ。

代車のカペラワゴンに乗って早1ヶ月。
ミニクーパーは外車のため、部品の取り寄せにも時間がかかる。

どうやら原因はハンドルからのオイル漏れ。
それがエアコンのコンプレッサーに滴り落ち、
動かなくなってしまっていたそうだ。

ハンドルも直し、コンプレッサーも直し、
気付けば7月。車検の時期だ。
・・・もうしばらく、代車生活となってしまう。

ミニクーパーもカペラワゴンも、
同じ5ナンバーサイズ。
でも明らかにサイズは違う。
クリニック前に駐車すると圧迫感あるよね。
結構使いこまれている白い代車って。

ちなみに今回は、
以前付けられた10円傷を直してもらった工場に頼んだため、
ディーラー代車のミニシリーズとは異なるんです。
・・・こういう時でもなきゃ、他の車を運転することなんてないので
私的には楽しんでいるんですけど、
さすがに1ヶ月以上って・・・ながいなぁ。


そこで、今回はこんなブログにしました。
猫背が引き起こす歯の異常・・・顎関節症の原因の1つです。

・・・人体は、自動車よりも複雑な機能満載の臓器の集合体。
だからこそ自動車でもおこる、
「 原因とは直接関係なさそうな場所に起こる異常 」は、
人体でも相当に起こってしまっています。

このブログでは定期的に、
身体の異常の原因が、歯のせいで起きてしまう事があるんだよ
とお伝えしているのですが、
今日は逆の視点で、
「 身体のせいで歯に異常をきたすこと 」
を話してみましょう。

ヒトの脊椎(背骨)はS字に弯曲することで、
重い頭部の荷重
(14オンスのボーリング玉を頭上に掲げているのと同じ)
を一点に集中させることなく、
分散させて支えています。
そのおかげで、二足歩行ができるんです。

猫背はその湾曲の範囲を超えてズレているので、
そのズレを補うため、
僧帽筋や脊柱起立筋群に過剰な負荷をかけています。
(ボーリング玉を顔面の前に掲げているようなものです。
 ・・・手ではなく、首で掲げることを想像してみてくださいね)

人体に最適ではない姿勢を、
筋力を用いて保っていることにより、
起立を保ったり歩いたりすることで疲れやすいという状態です。

このとき、歯では何が起こっているか…
「 くいしばり 」です。

頭が、背骨より前に飛び出しているので、
上下の歯が接触せざるを得ない状態なんです。

そのため、歯がすり減っていく。
早いと「85倍」も早く擦り減っていく。

そのため、噛み合わせの、高さや角度が変形し
顎関節の骨の形も歪に変わり、
顎関節症のレベル4(末期症状)へと進行します。

この状態は、酸素の取り込み量を減少させている場合が多く、
1度も喫煙したことない人でも、
ヘビースモーカーと同じくらいしか、
体内に酸素を取り込む力がないという人も出てきます。

酸素は、筋肉にも脳にも肌にも必要。
体力、集中力、美肌力の減少で、老化が進んじゃうんですねぇ。

だから顎関節症の治療も、アンチエイジングに関わってくるんです。

だからウチでは必要に応じて、歯のため、アゴのために、
姿勢から改善する方法を教える場合があるんです。


暑くなければ付けないクーラー。
・・・どうやら車の場合、暖房とはシステムが異なるらしく、
暖房はついてもクーラーは効かないっていうことがあるらしい。
だから、いつから異常が始まったのかもわからない。
(去年の夏過ぎだろうけど・・・)

「・・・えっ、わたしってガクカンセツショウだったんですか?」
と、自身のレントゲンをみたり、アゴのカクカクを触ってもらい
初めて知った、という人も結構多くいます。
8割近くいると思いますよ。実際。
・・・あまり診断されてないようですけど。

意識しないと、いつまでたっても改善できないのが顎関節症。
授乳期の赤ちゃんですら、顎関節症になりやすいだろうなぁって
癖を感じることがあったりします。
ご両親には注意喚起を促しますが、
意識し続けるには先が長いですからねぇ。
そのためのクリニック検診を活用してもらうのがいいんです。


エアコンが効かなくなった原因がハンドルにあった!
なんて想像もしない。
でも考えてみれば、
そこで気付かなければ、ハンドルがイカれて、
大事故を起こしてしまったかもしれないわけで。

初期の頃のブログでマトメたように、
顎関節症は、様々な全身の病気の直接原因や間接原因にもなり、
それらの病気の増悪因子にもなる病態です。

たとえば、酸欠状態で、血流をも悪くなれば、
虚血性心疾患の心筋梗塞だって起こりえます。
その悪い下地を作っているのが、
猫背であったり、顎関節症であったりすることもあると
知っておきましょう。


車検整備に突入するって今日言われたので、
明日からは、また分解整備されているのでしょう、我が愛車は。

・・・残念ながら人体は分解整備できませんし、
パーツ交換も簡単にはできません。
車だからこそ、1ヶ月程度の入院で状態改善できますが、
人体は、痛んだパーツをだましだまし使い続けていくしかない。

でも、人体は、悪習を改めることで、時間はかかるけど
元の状態に近いくらいまで回復する力があります。

悪習に慣れているからと、そのまま継続していけば、
悲鳴を上げて壊れ続けていき、
他の部位でもフォローできなくなったとき・・・
・・・死んじゃえるならまだいいのかもしれないですけど、
寝たきり生活数十年なんて、家族そろって地獄です。

医療改革という名目で、
入院し続けることができなくなったんですから、
その時が「ご高齢」でなければ、特養ホームにも入れないので
家庭で面倒みていくしかないんです。

まぁ、そこまで言うのはオーバーに見えるでしょう。
でも、分解して整備が出来ないからこそ、
レントゲンが進化して、
より細部まで立体にわかるCTが出来たんです。
それでも完璧ではないから、まだまだ研究が進んでいるんです。

医療の進化は、必要があるからこそ。

乳がん検診を受けましょう、などの呼びかけもしかり、
市区町村主体の、歯やその他の検診の呼びかけもしかり、
「どの時点で気付けるか」・・・が最大のポイントなんです。

たかが猫背と侮るなかれ。
それすらも、健康体ではありえない姿勢。
それを補うべく過負担がかかっている個所は必ずあるんです。
御気おつけあれ。



カラフルあっぷるいーと3.JPG





posted by あっぷるいーと いんちょう at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 全身に関わる歯科の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

命の医療現場で求められる歯科

さて、久々の更新となってしまいました。
いくつか書けるだけのネタがあったのですが・・・

3月3日は桃の節句。
陽気はもう春。

日曜だというのに朝9時から医療セミナーへ。

ガン治療などの手術前後の患者さんの
口内環境を整えることが大切であると
各総合病院でもちゃんと考えてくれていて、
いくつかの総合病院の中の歯科や外科の
先生が講演するというもの。
赤十字病院の先生がホストとなって、
国立がんセンターをはじめ、
4人の先生が主に語ってくれるんです。

実際に、
手術前の口内環境を整えることで
患者さんの手術リスク負担を軽減し、
手術後の口内環境を整えることでは
予後の回復力に貢献することを、
実際の症例を交えて話してくれたりするんです。

17日もその延長戦で、
今度は自宅介護にかかわる内容となっています。
ちなみにそこは、
実体験も豊富にある分、私も相当以上に詳しい分野。

講習会って、演者の経験に触れることで、
自分とは違うアプローチがあるのではないか?
そういう見方もできるのか?
など、単なる「受け売りを教わる」のではなく、
本当の現場スキルを底上げする力があるんです。

知らないことを教えてもらう講習会というのは
今となってはほとんどないわけですが、
知っていること、やっていることのスキルを
もっともっと太く強くしていくことはできるんです。
そういうスタンスで講習会を選ぶのも面白いんですよ。

・・・まぁ、朝9時から6〜7時間ぶっ通しってのは
学校時代から離れて10年以上経過した今となっては
結構きついのですが。

数年前から、
いま、歯科は、命にかかわる分野の最前線の
「縁の下の力持ち」を担うことも
期待されているんです。

もちろん主役は外科医であり、
手術チームではあるんですが、
それをサポートする内科医と同じようなポジションで、
手術を受ける患者さんの、身体の状態を良くさせる
ことを期待されているわけです。

そこにはもちろん、
病院内の歯科だけで対応できることは
そんなに多くないわけで。
それゆえに、私たち一般開業医との連携を
綿密にしていきたいという考えから、
合同勉強会が開かれるんです。

医師や看護師や歯科衛生士も交えた
「 歯科と命 」に関する勉強会は、
命に取り組む総合医療力を高めるためにも
今後も増えていくことでしょう。

万が一に備えて
医療保険に入っている人は多いでしょう?
でも、
万が一にならないように、
もしくは、
万が一になっても、抵抗力がちゃんとあるように、
日ごろからの健康維持の意識も高めてくださいね。
・・・もちろんその中には口内環境正常化という
キーワードも保持してほしいものです。
実際に、口内環境の差が、
術後回復力の差になっているのですから。


そんなこんなで、
セミナーが終わって、
武蔵境から吉祥寺まで歩いてみました。

三鷹駅前のちょっとしたオアシスでは、
桜が咲いていたりもしました。

20130303_160545.jpg

20130303_160438.jpg


講習会もあるんですが、
音楽ライブにも誘われてて、
今月は前半だけで3本見に行くことに。
jaggやJAZZなど、さまざま。

この日も、講習会後だというのに、行ったんです。
そっちもそっちで、大いに楽しみました。

同期の親友には
「体力お化け」と揶揄されることもある
わけですが、面白いことは疲れにくいでしょ。

勉強もお仕事もお遊びも、ちゃんと楽しむことは
おススメですよ。


そんなこんなで、もうホワイトデーも終わりです。
ちゃんと楽しめた人たちもいるでしょうか?
基本的にはカップルの日でしょうから。

せっかくなので、そんな楽しんだ若者に、
ちょっと一言を。


吉祥寺で起こった悲しい事件もありました。
何の罪もない被害者もその家族もつらく、
加害者の親族も追い詰められていきました。
みんなが悲しい出来事です。

事件扱いされていないことですが、
日常的に馬鹿はいます。
老人の足を引っ掛けるような若者もいる。
眠気に耐えてフラフラ歩く子供を
カバンで突き飛ばすおじさんもいる。

とてもいい街ながら、
その影では、
とても弱い者たちがいきがる。
怖い街では何もできないような半端者がいきがる。
時にイラつくほどに。

明日は我が身という危機感を覚えないからこそ、
行きかう街の雑踏は普段と何も変わらない。

対岸の火事ではすまないかもしれません。
あまり殺伐としてほしくはないのだが、
呆けていていいわけでもないでしょう。
加害者にも被害者にもなりうるんですから。

馬鹿ほど他者を巻き込んでいきがります。
あなたは? 周りには、いるでしょうか?
命を懸けていきがる者と、
口先のプライドを引っさげていきがる者。
あきらかに差があることに気づきましょう。

快楽以外の楽しむことを
知っているか知らないか。
それが
人生の厚みの差になるのかもしれません。


早咲きの桜をお目にかけようと思いつつ、
気付けば桜の開花宣言がなされるのではないか
といわれていた16日です。

ほんとに日々なんてあっという間ですね。


カラフルあっぷるいーと3.JPG




posted by あっぷるいーと いんちょう at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 全身に関わる歯科の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする