2020年02月03日

2020年2月の予定&講演・見過ごされる顎関節症の脅威パート1

2020年2月の予定

3日(月)18:30終了
4日(火)19:00終了
7日(金)19:00終了
8日(土)17:30終了
17日(月)18:30終了
18日(火)18:30終了
19日(水)19:00終了(お昼休みも別件でズレ込みます)

なかなか慌ただしい月ですのでご注意ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、今回からシリーズ顎関節症を行います。
令和2年1月30日(木)の13時30分から
テンミリオンハウス月見路で
私がスライド講演した内容です。

一般の方向けにわかりやすくなるよう
構成しましたので、
かつて当ブログで話した内容や、
もっと簡単にした内容など
基本高齢者に伝わりやすくなるように
工夫しましたが、
薄暗くした室内でスライドを用いた話をするため
5分も持たずに寝られてしまったりもしました。
演題に興味を持って来てくれた人なら意欲をもって聞いてくれますが
施設利用者というだけでは関心が薄いのかもしれません。
そういう方々にも楽しんでもらえるよう
工夫したつもりでも、講演とは何度やっても難しいものです。

例によって、著作権侵害しまくりの
スライドをトータル123枚作って
1時間(実質45分で終わっちゃいました。
どうしても忙しい時期だったために、予行練習ができず
ペース配分の計算が疎かだったためです。
まぁ質問時間を入れると2時間以上語ったので
任務遂行的には良しとしますが)
にわたってお話しした内容ですので
活字容量的にブログでは数か月かかると思います。

ただ、活字では解説しきれない
動画の方がわかりやすい内容も
含まれますので、できるだけ伝われば良いのですが。

ちなみにテーマである顎関節症に関しては
施設ご利用者さん達からのリクエストだったりもします。
多少、関心度が高まってきているのかもしれませんね。

それでは始めましょう。

-------------------------------------------

「見過ごされる顎関節症の脅威」というタイトルで
今回のお話を始めたいと思います。
歯科医師たちは何をもって
顎関節症の注意を促していると思いますか?

顎が、歯が、身体が、、、
顎関節症が原因で起こることは
本当に多岐にわたります。
今回はその一端だけでも
深く掘り下げてお話していきましょう。

顎関節症の典型的な症状は
開口障害という口が開きにくくなる症状の場合、
開口時痛という口を開けようとすると痛む症状の場合、
クリック音という開けると関節がカクカクなる状態の場合、
が有名な症状であり、テレビなどでも
これらをメインに取り上げられています。

ただこれらの症状は
ほとんどが顎関節症のレベル3の段階に起きています。
その発現時期は
10代後半から20代前半で
その後、カクカク音がしなくなったので
終わった、治ったものと思ってしまいます。

それを信じた人の多くが
その後も続く顎関節症の悪化とともに
口の中、身体、精神的な異常を併発させていくために
様々な不調が伴うのですが
みな「老化・歳だから仕方がない」と
納得させている事が多いでしょう。

しかし実際の現場ではその悪化し続けている
顎関節症レベル4の段階の人が多い。

ここではそのレベル4のお話に向かって
構成したつもりですが、
まぁそこに至るまでのお話ですら
超ボリュームがあります。
無理ない程度で聞いてください。


皆さんもインターネットを利用すると思います。
ウチの患者さんでも
ネット注文やネット検索を多用される
ご高齢の方々が多い。

ただ病気のことなどを検索する場合
いろいろ情報が多すぎて
どれが正しいのか
どれが自分に合うのか
よくわからなくなってしまい
面倒くさい
考えるのをやめてしまう
漠然とした不安や疑問だけが残る
という悪循環を生じがちです。

自称専門家のウソも多く
テレビで持て囃された
何冊も本を出版した人でさえ
TV番組内で
顎関節を押してマッサージしましょうと
全然違うところを押していたのには
ビックリしたものです。

また医者や歯医者などがTVに出て
あきらかな間違いを語っていることもありました。
その先生のプロが集まる講演会で
「あの時の番組をご覧になった方いますか?すみません
局の方に勝手な編集をされてしまい、
あのような番組になってしまいました」
と謝罪するものの、また別日の違う番組に出演されていたり。
好きなんでしょうね。同業者としては
肩書がある人や有名人が間違った情報を
多くの方が目にする電波で語られるのは迷惑な話ですが。


ところで皆さんは
美人病って聞いたことありますか?

主には
バセドウ病のことをさしますが
身体醜形障害と顎関節症も
美人病とされたりします。

それというのも
10〜20代の女性に多く
小顔の美人に発症することが多いため
という理由からだそうですが、
男性もなるし60代以降もなる病気です。

専門外でもあることですし
一応さらっと他の2つも触れておきます。

バセドウ病とは甲状腺機能亢進症という病気で
メルゼブルクの三徴といわれる
眼球突出・頻脈・甲状腺腫をはじめとした
様々な症状が特徴的な病気。

芸能人では1985年に急性骨髄性白血病で
免疫低下したところで肺炎になり
亡くなったとされる夏目雅子さんが
患ったとされます。

当時、顎関節症はほとんど
認識されていない時代でしたが
顔写真を振り返ると
まず間違いなく顎関節症も
あったと思います。

身体醜形障害は身体醜形恐怖症とも言います。
単純に言えば
ガリガリに痩せていても
鏡に映る自分の姿は太って見えてしまうような
追い詰められた精神状態になっていることが多いです。
また、例えば美容整形に受診し
女優さんを例に挙げて
誰々の目に、誰々の唇に、鼻に、額に、頬に、
など自身の骨格を無視した要望を期待する方なども
ここに入ることが多いでしょう。

さすがに内容的に
ネット上で個人名をあげるのは
悪質でしょうから避けますが
検索すると色々な方が出てきます。
そしてその有名人の顔写真を見てみると
もしくは若いころの写真を検索してみると
口元が歪んでいるのがわかるかもしれません。
顎関節症が絡んでいる人が多いんです。

そして本題の顎関節症。
新聞にも「お口の美人病」として
顎関節症を取り上げた記事は掲載されています。
ただ認知度が低すぎるのか
顎関節症の文字は小さいままなのですが。

ちなみにこれを公表した芸能人さんはかなりいます。
小泉今日子さんやベッキーさん
深津絵里さん
森高千里さん松浦亜弥さんなど
顎関節症を理由にコンサートを中止した
なんてこともあったそうです。
もちろん男性なら
稲垣吾郎さん武田真治さん
も顎関節症として知っている人には有名です。

皆さん美人・アゴのラインがスーッとした方ばっかり
なので美人病と形容するのも
合点がいくかもしれません。
ただ美人病というくくりでは
顎が小さい人になりやすいような印象を
植え付けてしまうのが難点です。
本当に病態を把握している人が話せば
誤誘導しかねないくくりはしません。
顎が大きくても顎関節症はあります。
どちらかというとその方が治すには厄介です。

ちなみに元日本テレビアナウンサーで
高島忠夫さんの頃のアメリカ横断ウルトラクイズで
司会を務めた石川牧子さんは
2014年に「歯で死なないは錯覚」だと
インタビューに答えています。

顎関節症で自殺を考えるほど苦しかった。
歯により精神的な不定愁訴がたくさん出てくる。
と答えています。

顎がカクカク鳴るという程度では済まない
病状の実態がうかがえると思います。

プロローグ部分のお話までですがキリがよいので
今回はここまで。
次回はもう少し進めましょう。



カラフルあっぷるいーと3.JPG



posted by あっぷるいーと いんちょう at 12:54| Comment(0) | 全身に関わる歯科の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

2019年4月の予定&よい歯の定義3回目

2019年4月の予定
3日(水)19時終了
7日(日)10時から桜祭り
9日(火)18時30分終了
15日(月)18時30分終了
20日(土)午後休診
23日(火)18時30分終了
24日(水)19時30分終了

28日(日)〜5月6日(月)ゴールデンウィーク休診
長い休みですがのんびり過ごしましょう。
とはいえ28日はコピス前出演の予定です。

さて、次期元号が令和と決まりました4月になりました。
お花見盛りの吉祥寺ですが、
今度の桜祭りは7日です。
わずかでも桜が残っていてくれればいいのですけれど。
市役所前の体育館で歯科健診が実施される予定ですので
お越しの際はぜひお立ち寄りください。

――――――――――――――――――――――――――――――――

よい歯の定義の第3回目です。
今までは単体の歯に見られる特徴を中心にお話ししましたが
今回からの視点は口腔内全体〜全身へ。
俯瞰で見たお話へと進みます。

まず乳歯の頃にさかのぼってみましょう。
乳歯がはえるにはすべてタイミングが重要になります。

先にはえた歯をガイドにして
後に続く歯がはえだすとともに
先にはえた歯もガイドとなることで
押されて位置が動き、本来のポジションになります。

言葉で書くのは難しいですが。

奇跡とも呼べるような絶妙なタイミングとバランスで
噛み合わせや歯並びが作られてきます。

例えばこの頃に指しゃぶりがあったら
指の形を受け入れやすい歯並び
主に出っ歯状態になることが多い。

例えば食いしばるような子供だったら
本来の歯の高さに育つ前に
くいしばって
歯の頭を押さえつけるようなことをするのですから
噛み合わせの高さが低くなり
歯が並びきるスペースもなくなり
ガチャ歯と呼ばれるような乱杭歯状態になりやすい。

乳歯の歯並びが狂うと
永久歯もそれをガイドにしてはえてくるのですから
永久歯も歯並びは狂います。

ただの歯並びのズレというだけではなく、
歯の重心が狂っているのですから
よりいっそう倒れる力がかかり
歯を支える骨は溶かされ歯周病に。
強すぎる噛む圧力は歯を削り形を変え
それらに呼応するように顎の位置も変わり
顔が歪み、全身の骨格も歪む。
内臓にも圧迫がかかり
様々な病気にもなりやすくなる。

成長期の話であれば
曲がった体幹を支えるように
左右で異なった成長をするようになり
整体施術に通っても治らないような
骨格由来の歪みの原因ともなってしまう。

それでも筋力があれば
筋肉痛=コリなどは伴うでしょうが
骨格のズレを筋肉で補うことはできるでしょう。

しかしそのまま社会人になると
学校という強制的に運動する場がなくなったことで
筋肉が弱るようであれば
ダイレクトに身体の歪みが加速しますので
50代中頃が危ない…。

実際に顎関節症の影響で歯を噛み割ってくる人がいますが
55歳頃からに集中しています。
むし歯にも歯周病にもなっていない歯が割れるのですから
本当に強い圧力がかかっているのでしょう。

歯から全身へ、という話であれば
細菌の影響が一番に出てきますが、
歪みという話はもっと複雑で、
内臓圧迫だけでなく神経線維も圧迫したりします。
神経的な痺れなども歯の影響であることもあれば
ウツなどの症状にも影響を与えることも。

逆に身体が曲がったことで歯が歪にすり減って
そのせいで更に身体も加速度を増して歪める。

卵が先かニワトリが先か。ではないですが、
健康であるためには「そこ」だけじゃダメなんです。

ぜひ健康に生きることの1要因として「歯」のことも
そしてそれだけじゃなく「肉体的・精神的・環境的・社会的」
な面まで含めて考えましょう。

良い習慣が楽しみで続けている
というのが理想ですね。
嫌々で歯磨きするより、サッパリするのが楽しくてやりたい
という方が工夫してもっと良い方法がないだろうかと
BESTをさらに進化させ続けることができますから。

カラフルあっぷるいーと3.JPG


posted by あっぷるいーと いんちょう at 10:50| Comment(0) | 全身に関わる歯科の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

2018年9月の予定&噛む食事の意味講演、第8回ラストです。

2018年9月の予定
10日(月)19:00終了
11日(火)19:00終了
21日(金)19:00終了
25日(火)19:00終了
26日(水)19:00終了

今月は音楽イベントも3つあり公私ともに大忙しです。
30日(日)昼頃はコピス前で演奏していますが、
今回はものすごくシンプルに演奏する予定なので
ドラムは聞いてもつまらないかもしれません。

理事のせいで書類仕事が多くて目も疲れます。
ブラインドタッチできないので両手1〜2本の指で
PCキーボード入力するしかできないんです。
練習しておけばよかった・・・。
――――――――――――――――――――――――――――――

噛む食事の意味・講演内容の第8回、最終回です。
長いです。お暇な時にどうぞ。

――――――――――――――――――――――――――――――

食事はただすればよいものでもない
というお話は避けて通れませんね。

「こ食」(こしょく)の危機も大事な食事の要素です。

「こ」がひらがなになっていますが、
ここにはいろいろな漢字が当てはまります。
家庭環境によっても異なりますが
代表的なものは次の6つになるでしょう。

孤食:一人で食べる(孤独)
個食:家族がバラバラな違うものを食べる(個人)
固食:好きなものしか食べない(固定)
小食:量が少なすぎる
粉食:パンなど粉物が多い
濃食:味付けが濃すぎる

さらに追加して
外食:外で出来上がったものを食べる(戸食とも)
五食:1日5回食べているに等しい
欠食:食べないことが多い
偏食:偏ったものばかり食べる
混食:和・洋・中が同じ食卓に混在している
虚食:食に対する関心がない・見栄えは良くても栄養が悪い
子食:子供に人気の高カロリー食・子供だけの食事
暴食:過度の食べ過ぎ
枯食:スナック菓子・インスタント食品など乾いたもの
糊食:ゼリー飲料などで済ませてしまう食事
などなど食事に関して問題になっている事柄は種類が多く、
高齢者・子供・社会人・子供が巣立った後の主婦など
その時に応じた対応が必要となります。

特に2007年に子供の
・孤食
・欠食
・個食
・固食
が危ないと、頭の文字を続けて
コケッコッコ
= ニワトリ症候群
と銘打ち注意喚起が始まりました。

実際には各世代で注意したいこともあります。
・食事のバランスもとれていないのに、
食べないダイエットをしたがる成長期の思春期時代。
・安く腹を膨らませたくて野菜やタンパク質を減らし
炭水化物中心になる一人暮らし世代。
・忙しくて毎日同じ時間には食事が摂れない
食べられないこともしばしば不規則社会人世代。
・食べることがストレス解消
唯一の楽しみとなるベテラン現役〜引退世代。
・自分の為だけに食事を作るのは面倒なので
簡単に済ませたい独居世代。
・自分で食べることが難しくなってきた
他人の手が必要な要介護世代。
・食べさせられていることが拷問を受けているようにも
見えてしまう終末医療世代。

などなど、全員でないにしろ
ドキッとする内容もあったのではないでしょうか?
食事は毎日のことですから、
「常にしっかりと」とは難しいかもしれませんが、
ないがしろにしてしまいやすい事でもあり注意が必要です。

栄養バランスが大事ということは皆さん知っていますが、
例えば同居している人・誰かと一緒に食卓を囲む人に比べ、
一人暮らしになるほど、バランスは崩れています。
自分のためって難しいんです。
ましてや独居高齢者の場合、
同居もしない家族に
包丁や火を使うのは危ないから弁当を食べていなさい。
なんて言われてしまい、
1年もたたず認知症になってしまった人もいます。
自分で作るということも、
栄養や見た目、味付け、費用、様々なバランスを考えて
煮るのか蒸すのか焼くのかと道具を駆使するわけです。
ボケ防止にもなります。
優しい言葉・心配してくれる言葉は
ありがたいものであるはずなのですが、
そうとばかりとは言えないのが現実です。

ウチも介護をしていた時、
こんな状態の人をリハビリさせようだなんて
ホントに鬼のような人たちだ!と
赤の他人に評されたことがあります。
しかしそれを続け
介護度5の寝たきりが
1年で介護度3になり
2年目には介護度1になり、
杖も手すりもいらず階段を上り下りするまでに
回復して初めて、それが正しかったんだと認めます・・・
といわれたんです。
手足にすら力の入らない人間をおんぶして歩くのも
体重以上の圧力があって怖いですよ。
ダラーンと垂れ下がった四肢が揺れてバランスを崩されます。
簡単な1行で済まないほどの日常が
そこにはあるんです。
そんなことすらわからない人に
認めていただく必要もありませんし、
ウチとしては、他人様に評される必要はないので
嬉しさもありませんでしたけど、
鬼のような人たちと思っている時点で
その人は治したいと思って行動してくれる仲間ではない。
数種の業種の人がいたんですが、それがヘルパーだったら
その人に任せる時間はほとんど治すためには役に立たない
と思った方がいいわけです。
(介護なんですから治すことは仕事ではありませんので、
治せなくて当たり前なので勘違いしないでくださいね。
代行として介護してくれる時間で、
家族にとっての買い出しや休息時間
にできるだけで大助かりなんですから。
まぁ中にはよほど任せるには不安すぎるレベルの人に
当たってしまうと気が気じゃないので余計疲れますが。)
介護も看護も医療もシステムとして活用しましょう。
そしてそれだけじゃ足りないことが多い事も知ったうえで
やり続けると「治る」につながると考えましょう。

ただ家族だから、一緒に必死になっただけのこと。
治すのは鬼で、死んでいくのを見守るのが天使じゃ
割に合いませんけどね。
というと有名人ならブログ炎上しかねませんけど、
それだけ治るには一人じゃ無理だし、
他人(場合によっては家族)の戯言を聞き流し
一生懸命になってくれる人が同居していると
いいのですが・・・
ちなみに最後の敵は介護されている人の
やる気のなさだったりします。
できることは楽しい・できないことは辛いのでやりたくない。
たとえば
1日サボれば取り戻すには3日かかるのがリハビリです。
病気になった生活環境を丸ごと取り換えなければいけないのに
赤ちゃんや駄々っ子みたいになるのですから、まぁ大変です。
今回のメインテーマではないのでまた機会があったら
そんな内容も詳しく語れると良いですけどね。
ぜひそうならないように元気なうちに生活環境作りしましょう。

基本は食べることを馬鹿にしないことから始めてみましょう。
テレビやスマホを見ながら何を食べているかもわからないで・・・
昔の朝の食卓風景として新聞を見ながら難しい顔して
朝食をとる親父の姿・・・なんてドラマでよく描かれていました。
今までの話を良しとするなら最悪な行動ですね。
もちろん選ぶのはご自身ですので、
ちょっとは今から変えようとするのもよし、
病気になってから後悔して変えるのもよし、
太く短く好きなように生きるのもよし。
あくまでも専門家としての情報提供ですので。

「一人暮らし」で「孤食」な「高齢者」は
「うつ病」のリスクが「女性1.4倍・男性2.7倍」になるそうです。
600万人いるといわれる孤食高齢者。
そこには幸福ホルモン・セロトニンも関係してきます。
しかし食べ物の話として考えても
各伝達物質が形態化変化するには
鉄・葉酸・ナイアシン・マグネシウムなどなど
ビタミンやミネラルが欠かせません。

極論ではありますが、
うつ病の原因は食べ物だったという先生もいます。
確かにごもっともで、
要因の1つには食べ物だと考えることができます。

たとえばこれらのビタミン・ミネラルを
意識的に取っているとしましょう。
それでも
加工食品・スナックが多い⇒糖質過剰・亜鉛・ビタミンB不足
ストレスが多い⇒ビタミンC・コレステロール不足
お酒好き⇒葉酸・ナイアシン不足
タバコを吸う⇒ビタミンC不足
慢性痛がある⇒鉄不足・低血糖・オメガ3系脂肪酸不足
など減退させる要因があれば
意識して摂取した分では足りないこともあります。

例えば死因の第1位は癌です。
誰もが毎日3,000〜5,000個は癌細胞ができています。
それを自己免疫が破壊していることで
癌を発症しないで済んでいます。

免疫力の60〜70%は腸にあるといわれます。
腸活とか菌活とか言われるようになった腸内環境改善が
大切なことが伺えますよね。
ただ乳酸菌の数は膨大にあり、
ヨーグルト1〜2種食べただけで補えるものでもありません。

・色々な食材を摂る(イモ類や牛乳も腸内細菌の餌として有効)
・旬なものを食べる(旬=活性化している状態)
・普段あまり食べないものに手を伸ばす(栄養の偏りをなくす)
そんな多くの栄養素を毎日食べることで
免疫力をあげることが重要です。
それもよく噛んで消化吸収しやすい食塊を作ることで
胃や腸の負担を軽減しましょう。

なかながと語りましたがまとめてみましょう。

食べるとは生きるために行う行為ですが、
単なる栄養摂取としてだけでなく
「噛んで食べる」ことで
体内ではホルモンと関連して
次のスタートボタンを押すスイッチになっている。
その先には「睡眠」「うつ病」「癌に対抗する免疫力」
などにも直接かかわっている。
噛むことで消化吸収も助け各臓器の負担も軽減。

しかし、歯が1本ないだけで食の嗜好性は変化する。
健康なうちから猫背などの悪い癖が続くと
高齢になってから誤嚥性肺炎を引き起こしやすくなる。

何を食べるかも大事
どう食べるかも大事
食後の行為も気にして
良いといわれる「できること」を増やすようにしましょう。

100歳で英国アルバムチャート1位を取った女性がいます。
84歳から始めたブログが93歳で2,000回を突破した人もいます。
そんな高齢者が元気な時代です。

私も吉祥寺のコピス前で年に2〜3回ビッグバンドやってますが
最高齢バンドとして80代の方を中心に演奏しているのですから
なかなかすごい事をしていると自負してます。
演奏はベテランの域には到達できませんけど。

人間はどこかしらの機能が狂うと
追い打ちをかけるように
悪化させる行動の方が楽に感じるようになります。
例えば骨格がズレてくると、まっすぐに戻す姿勢をとると痛くて、
ズレたまま無理をさせないことで楽になってきます。
そしてズレた骨格を維持できるように、
周囲の骨格の形も変形させます。
それは治癒ではなく悪化です。
もうそこまで悪化すれば、元に戻るには相当の時間をかけたり、
手術をしなければなりません。
たいていが高齢を理由に現状維持を選んでしまいます。
それが他の臓器の負担になったり、
精神的苦痛の原因になったりもするのですが、
「歳だからしかたない」で納得できる時世になっています。
本当にいいのか?と思っちゃうんですけど。

食事は義務ではありません。
ただ身体の維持・新生・回復・免疫など
100%は食がなければ成り立たないことです。

飯を食う。
御飯を食べる。
御食事を頂く。
言い方を変えた同じことなんですけど違いますよね。
こんな話も食育です。



長々と全8回にわたってしまいました。
「噛んで食べることの意味」を主軸に
1時間講演で語った内容に少し手を加え
ブログにしてみましたがいかがでしたでしょう。

1年前にちょっと本格的なことを講演したんです。
そして次回のリクエストを訪ねてみたら、
「専門的な事は楽しいから知りたいわ」
という返答が多く出たため
本腰入れて作ってみた結果がこれです。
テーマ的に長くなる話を選んでしまいましたね。

ちなみにテンミリオンハウス・月見路で
おこなった講演内容だったのですが、
テンミリオンハウス・くるみの木でも
講演することになりました。
楽しんでくれたところもあり
寝てるよね?というところもあり
その話知ってるーなんていうところもあり
月見路のとき聞いてくださった方が再び聞きに来てくださったり
と、会場が違えば反応も違うなぁと感心した次第です。

初めての所だと空気感が読めないので
凝りすぎた話にしない方がいいんですけど。
初めて話す内容ではなかったですよね。

最近になって
医療のホームページの記載内容を規制する
という流れになってきたそうです。
ブログはどうなるのでしょうね?
広告媒体などは、
自信をもって「こうすれば治る」「うちでは多くが有効だ」
「この治療法がおすすめだ」と
言ってはいけないことになっています。

でもテレビではよく最新医療特集と称して
デメリット報告も知っている我々的には勧めないことも・・・
という内容を特集しているのですがそれはありなのでしょうか?

ぶっちゃけ
売り込みたい事務所枠のテレビ欄が存在するように
売り込みたい器具などの開発業者が
スポンサー枠を買って特集という名の広告していたり、
知識人枠で出演料を安く抑えられると考える側と
大学や病院の知名度向上がマッチしてうまくやっているのですから
ネットだけを規制のやり玉に挙げるのは反対ではあります。

もし今レベルの話が書けないなら、
ブログやる意味ないですし考えなければいけなくなるでしょうね。

まぁ、次回は久々のお遊びブログでも書きたいと思います。





カラフルあっぷるいーと3.JPG
posted by あっぷるいーと いんちょう at 19:27| Comment(0) | 全身に関わる歯科の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする