2017年05月01日

2017年5月の予定&オーラルフレイル&吉音祭

2017年5月の予定。

 6日(土曜) 休診
17日(水曜) 19時終了
23日(火曜) 午前休診・午後から通常診療

5月1日・2日は通常の診療となります。
GWは3日(水曜)〜7日(日曜)とします。

今後しばらくは落ち着いた日程となるでしょう。
――――――――――――――――――――――――――――――――
ということで、今回こそは続きのオーラルフレイルの話。

口の機能の虚弱状態とは、どんなことだと思いますか?

〇 滑舌低下(かつぜつ=言葉を明確に発音する口や舌の動き)
〇 食べこぼし
〇 (わずかな)むせる
〇 噛めない食品が増える
など、治療したり訓練すれば治せる状態の機能低下を指します。

このまま放置すれば完治はできないかもしれない
という境界ラインともいえるでしょう。
食べられないものが増え、食べることが億劫になってしまうと、
栄養不足になり体力や免疫が落ち、余計に活動しなくなり、
社会から孤立してしまう。
ロコモティブシンドロームなどへ進行する身体のフレイルが始まる。
もし誤嚥(肺に飲食物が入ってしまう)が起こってしまえば
生命の危機ということも。
そうならないため、そうさせないために、危機を早めに察知しよう、
という指標がここの最も大切なこととなります。

舌が動かない、飲み込めない、常にむせる、噛めない
栄養摂取ができなければ生命を維持できません。
最悪は入院して点滴・胃ろう・経鼻挿管となりますが、
その前の段階のことは知る人ぞ知るではないでしょうか?
特別養護老人ホームなどでは
口から栄養摂取できなくなったら
別の施設に転居しなければならないところもあります。
それだけ自分の口から食べられるかどうかは重要なんです。

20170321_114247.jpg

写真の献立は、
ちらし寿司・五目豆腐の煮物・焼きナス
・澄まし汁(そうめん・糸三つ葉)・イチゴ・牛乳です。
どれがどれかは想像はできますが見た目だけでは断言できまさんね。

その人の摂食嚥下能力に合わせて、
刻み食・極刻み食・ミキサー食(施設によって呼び方は変わる)など
食べ物の形態を変えてでも口から食べられるようにするわけです。

なぜ口から食べることが大切なのでしょうか?
@味わいや色・形、匂い、噛むなど食事自体が五感を使った行為で脳機能を保つ。
A噛むことで唾液分泌を促し口腔内の衛生を保つ。
B噛むことでの刺激が胃腸を動かし、実際に食物が運ばれ消化吸収することで
胃腸粘膜の萎縮を防ぎ、胃腸免疫を高め、感染症予防になる。
C食べることでの幸せや喜びの実感。
細かく言うともっとありますが、
脳機能・免疫機能・心理的作用という高齢者の低下しやすい
3つの要因に大きく関与します。

ただQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上というだけで
何でもかんでも口から食べさせるということが正しいわけでもありません。
水を飲むことすら危険になることもあります。
「とろみ」の濃度を調整して一番安全な状態を探り出す必要がある人も多い。
一見食べているように見えて、
口に中にたまっているだけで飲み込めてない人もいます。
無理に与え続ければ窒息します。
一見噛んでいるように見えて、
丸飲みになっている人もいます。
当然無理に与え続けると窒息する可能性が高まります。
だからこそ専門家の介入が必要なのです。
摂食嚥下の専門家は、歯科医師や言語聴覚士。
ただ、歯科医師なら誰でもできるわけではありません。
また、言語聴覚士では歯の状態の改変はできません。
毎週診ることもまず難しいので、施設職員やご家族の協力は不可欠です。
総合的複合的アプローチで支えあうことが必須です。

そこでまずオーラルフレイルにならないためにはどうすればよいか考えてみましょう。

廃用性萎縮(はいようせいいしゅく)という言葉を知っていますか?
老いも若きも関係なく使わない機能は退化していきます。
特に筋肉や骨は顕著。
重力から解放された宇宙飛行士は、
地球に戻ってきたあと数か月はリハビリが必要になる
という話は聞いたことがあるでしょう。
圧力のない宇宙生活が長いほど、
骨はスカスカ、筋肉はダルダルになってしまう。
動かない生活というのは、
筋肉や骨に適度な刺激が加わらない生活ということと同義で、
廃用性萎縮を起こすのも当然。
ただそれを「老化」とイコール扱いにする人が多いというだけです。
高齢者の筋骨隆々のボディービルダーが異常ではなく、
鍛えれば歳をとってもそれだけの肉体が維持できる能力を
「人体」は持っているのです。

では口の機能の萎縮する原因とはどんなことなのでしょうか?

最たるものを2つあげると「社会からの孤立」と「歯の放置」です。

他人と会わない、会話などのコミュニケーションをとらない、
など本当に1日5分すらも言葉を発しない人はとても危険です。
と書くと
10分はしゃべっているから大丈夫という人も出てくるでしょうが
カーブスなどのフィットネスジムなどでも30分は最低ラインですよね。
できるところからでいいので、気になる方は考えてみましょう。

ただこの現象は高齢者だけの問題ではありません。
最近は若者のカラオケ離れが起こっているようで、
平日の日中30分10円というカラオケ店も出てきたそう。
歌うことでも口は使うわけですが、
声を出す、音程やスピードを合わせるなどは脳トレにもなるので
皆様におすすめしています。
まぁカラオケでなくても
野球やサッカー、剣道やバレーボールのように選手として、
または応援として声を張り上げているならよいのですが、
LINEやインスタグラム・ツイッターのような
SNS中心で会話もしない若者が増えると、
数十年後のオーラルフレイルへとひた走ってしまうかもしれません。

社会の働き方も変わってきてノマドワーカーなど
オンラインビジネスのスタイルも増えています。
コミュニケーションと言ったらオンライン?
キーボードでのメールが当たり前?
プライベートで声を出していればよいでしょうが
意外と趣味が読書やテレビ・ネットサーフィンばかりじゃ
危険かもしれません。
元気な居酒屋のアルバイトをしているほうが
口の機能の劣化としては安心できるのですが。
(読解力のない人が読めば非難されそうな
言い回しになっちゃいましたね。
口を動かす・・・単なるガムを噛めば解消される問題ではありません。
ということの大切さを忘れないでくださいね)
よく書くことですが、PCを多用したお仕事は、
猫背からくる「くいしばり」になりやすいもの。
歯が歪にすり減って噛み合わせも狂いやすいので注意しましょう。

会話を交わすことは瞬発力も要求されます。
相手の言葉を瞬時に理解し返答することで会話の応酬が成り立ちます。
脳のリハビリとしても大事ですが、口の機能維持にも重要です。

続きはまた次回に。

――――――――――――――――――――――――
余談ですが
昨日4月30日に行ったコピス前での演奏ステージが
本日5月1日発刊の東京新聞(多摩ページ)で
掲載されていました。
最高齢80歳のシニアバンドという扱いで。
ちなみに私はトランペットの後ろで見切れています。
よく見ると左足だけ載っています。
東京新聞Web版もタダで見れるところにあるので
興味があれば検索してみてください。
(転載は問題になるといけないのでしません)

あいかわらず晴天過ぎで暑く、
突風も吹き4回も楽譜が飛ばされ、
MCもするので休む暇もなく、
いつも通りの大変だけど楽しい時間となりました。
また秋にやるでしょうけど、
9月末のひょっとしたら土曜日になってしまうかも?
仕事に影響でたらごめんなさい。

吉音祭は7日まで。仲間内のバンドも多数いるので
ぜひお楽しみください。


カラフルあっぷるいーと3.JPG



posted by あっぷるいーと いんちょう at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 全身に関わる歯科の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

2017年3月の予定&介護予防オーラルフレイル序章、身体のフレイル

2017年3月の予定

 3日(金曜)19時終了
 8日(水曜)19時終了
 9日(木曜)往診休診
21日(火曜)午前休診
24日(金曜)18時終了
29日(水曜)18時30分終了

時間変更日にご注意ください。
今月は大半の日曜日も予定がふさがり
なかなか忙しい年度末となりそうです。
お互い体調には気をつけていきましょう。

先になりますが4月2日(日曜)。
武蔵野市役所前で行う
『桜まつり』午前の部の歯科無料検診担当の
6人の中の1人となりますので良ければお立ち寄りください。
気候の推移とタイミング的には
桜満開となってくれそうな気がするのですが、
今年はどうなるでしょう?
春担当は2年ぶりになるでしょうか。ちょっと楽しみです。
市役所前はとても見ごたえのある桜街路樹が魅力ですね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
オーラルフレイルという言葉を聞いたことがありますか?
一昨年に提唱され、新聞にも掲載されたことがあるのですが、
あまり認知されていないですよね。

時折、テレビで見かけることもありますが、
知っている人は少ないでしょうか。

武蔵野市には、高齢者の生活全般を
地域で支援する「共助」の仕組みとして
テンミリオンハウス事業という活動があります。
本人やご家族と身近な距離に
小規模で軽快なフットワークの施設を作ることで
柔軟な対応が出来る拠点となるものです。
現在は8箇所あります。

武蔵野市歯科医師会の活動の1つとして、
そこでの市民講座を行ったりもするのですが、
3月に私が担当として行った講座のメインテーマに
このオーラルフレイルというものを選んでみました。

1時間の講座で話した内容をかいつまんで
書いたとしてもそれなりに長くなるでしょうから、
2〜3回分に分けると思います。
出来れば今月中にすべてアップしたいのですが
どうなるでしょう?
気長にお待ちくださいね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
まず「フレイル」という言葉は聞いたことがありますか?
虚弱という意味です。
特に『身体の虚弱』という意味で医科で用いられます。

現代人はその平均寿命の前半90%を健康で暮らし
後半の約10%は要介護・寝たきりとなってしまう、
という統計データがあります。
昨年などは市報にも掲載されていました。

平均寿命は変えず(伸ばしても)
その90%の健康寿命を出来るだけ延ばし、
不健康寿命といえる10%を出来るだけ減らす
ことが重要です。

ただでさえ介護者を支える人手が足りず、
複数のフロアを持つ施設などでも人手不足で
ワンフロア丸々稼動できず
なんてことも多いそうです。

その要介護状態になる前の段階の危険域。
ロコモ(ロコモティブシンドローム)
という言葉を聞いたことありますか?

運動器に障害が見られ、要介護になるリスクが高い状態。
筋肉・骨・関節・軟骨・椎間板などの運動器に
障害が起こり「立つ」「歩く」などの機能が低下します。

ちなみに平成25年厚生労働省の国民生活基礎調査によれば
要支援・要介護になった要因
1位 運動器の障害  25%
2位 脳血管疾患   18.5%
3位 認知症     15.8%
4位 恒例による衰弱 13.4%
となっています。
ロコモは寝たきりの第一歩といえます。
そこでまずは簡単チェックをしてみましょう。

ロコモ7つのチェック項目
1、片足立ちで靴下が履けない
2、家の中でつまずいたり・滑ったりする
3、階段を上るのに手すりが必要
4、家のやや重い仕事が困難
  (掃除機の使用や布団の上げ下ろしなど)
5、2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難
  (1Lの牛乳パック2個程度の重さ)
6、15分くらい続けて歩けない
7、横断歩道を青信号で渡りきれない

いくつか当てはまってしまいましたか?
ちなみに1つでも当てはまるならロコモの可能性大。
気をつけましょう。今からぜひ対策を。

とはいえ、吉祥寺で言えば
駅前からヨドバシに向かう道の信号機って
短くありませんか?
青になったときにスタートするなら
余裕で渡れますが、
ちょっと手前で青になられ、
交差する歩行者を避けたりすると
渡ってる最中に点滅になってしまったり。
ちょっと高齢者にやさしくない
街づくりになってないか?
そんなことが住みたい街ランキング転落の
一端でなければ良いのですが。
まぁ、どこにでもある信号機の場合で
考えてチェックしてくださいね。

ロコモになる前の要因として
サルコペニアという状態があります。

筋肉が萎縮している状態です。
まずはコレも試してみてください。

両手の親指と人差し指をつかって「輪っか」を作ります。
その円の中を、足の「ふくらはぎ」の一番太いところが
通り抜けられるようだと、サルコペニアの疑いありです。

肥満型・痩せ型とサルコペニアにも分類があるのですが、
細すぎる日本の女性モデルさんなどは
痩せている=筋肉量も不足している
となっている可能性もあるので危険な人もいます。
「見た目」重視のダイエットよりは
健康体でいるほうが良いのですが・・・。

70歳のボディービルダーと検索すると
いくつか写真がヒットします。
とても老化で衰えてるといえない状態です。
(アタマは「はげ」てきている人が多いですが)
筋肉は使う機会が無くなると年齢に関係なく衰えます。
逆に使えば衰えないという証明にもなりますね。

筋肉を使う機会が減る原因とは何でしょう?
最も多いのが「社会との関わりが薄れる」ことです。
「今日用」かあって「今日行く」ところがあることで、
そこまでの足も使う、話すことで口も脳も使う、
楽しみな気分なら気持ちも上がる。
最初は義務でもいいです。機会を作りましょう。

社会とのつながりが薄れると
何もしたくなくなります。
口の中の話で見てみると、
誰とも会わないのだからと、
ハミガキすらも疎かになれば、口内環境は悪化して
歯が抜けたり歯茎が腫れあがったりします。
歯を失えば食べられ「ない」ものが増えてくる。
そうなると食べられるものだけ食べるようになり
食事の偏りがでてくる。
栄養バランスが崩れ、体力・再生能力が弱る。
身体にも歪が起こる。
動かなくなるので、もっと意欲をなくす。

さて、筋肉は運動で太く作り変えられていきますが、
そのためには、タンパク質をはじめとした
各種栄養素が不可欠でもあります。
偏った食事では当然補いきれません。

「歳をとるとそんなに食べられないよ」
といわれますが
20歳と100歳でもタンパク質の必要量は同じです。

消費できないのは、
20歳の頃と同じ運動量がないからです。
そして、その減った運動量にあわせて
食事摂取量を減らすことを医者も勧めてしまいます。
だって、
過剰量となるほうが何かと悪い状態を引き起こすから
摂取量を減らそうとしてしまいますが
それは元気な細胞に生まれ変われないことと同義になります。

なので肌のターンオーバーと同じく
「作り変えられる機能」に必要なエネルギーが
足りなくなるので、それなりの劣化状態になります。

肌がつやつやなおばあちゃん。
筋肉もりもりのおじいちゃん。
が特別ではありません。
劣化しているのがマジョリティー(多数派)
というだけのことです。

食べるって大事なんです。
ただの生命維持活動という意味合いも大きいのですが
それだけの話じゃないということもわかるでしょう。
食育などの話も絡んできますが、
子供のためだけでなく、全世代の人に関わる話です。
まぁ長くなりますからまたの機会に。

ともかく、
寝たきりや要介護状態になる原因には
「低栄養」という要素が大きく関わってきます。

栄養を活用するには運動が必要になります。
栄養が摂取できるのは歯に依存しています。
栄養を得るための意欲は社会とのつながりが必須です。

人間のような複雑な生命体。
維持するためには複雑な要素が複雑に絡み合っています。
同様に劣化していく要素も1つ2つなんて少ない筈は無く
複雑に、何年も前から、思いもよらないところ初めで、
起こっているわけです。
ここでお話できるのも「ぶっとい主軸の本線」ですが
細かい脇道はもっともっとあります。

まずは身体のフレイル(虚弱)についてお話しました。
長くなりますので
次回は本題のオーラルフレイルについて
触れたいと思います。






カラフルあっぷるいーと3.JPG
posted by あっぷるいーと いんちょう at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 全身に関わる歯科の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

唾液と舌の話・・・健康教室B

私が担当した、歯つらつ健康教室で話した内容の
続きです。(今回は第3回目の最終回となります)
1回目・2回目を見ていない方はそちらを先にどーぞ。

さて、3連続・連日のブログ更新となりましたので、
久々に来られたブックマークしていただいている方々は
戸惑っておられるかもしれませんね。
とりあえず、次回更新は3月の予定&駄文となるでしょう。
ドラム発表の結果報告とともにお送りできればと思います。
なのでそれまでは、練習させて・・・
ということもあり、書いちゃアップ、書いちゃアップ、
となりました。
読むほうも大変でしょうが、
できれば3連続で一気に読んでください。

―――――――――――――――――――――――――――

それでは、このまま舌の話にも進みましょう。
最近、健康番組・医療系のテレビでは
唾液を出すために舌を動かそうと言っていますが・・・

舌を動かす意味を考える前に、
まず舌の働きを知ってください。

舌の機能の代表的なものは4つ。

1:味覚
2:発音
この2つは皆さんもご理解できるでしょう。
味を感じる、言葉を話す、に舌は不可欠です。

先ほど唾液の話をしたときにも出てきました、
味覚も唾液を出すためのスイッチの1つです。
また、発音つまり会話などは、
お口の周囲の筋肉をフル活用して行うので、
口内環境を守ることにもつながります。

3:咀嚼(そしゃく)
食べ物を歯の上に乗せたり、
左右の歯に乗せ換えたりすることで
歯で噛み砕けるようにサポートしています。
そして・・・
4:嚥下(えんげ)
歯で噛み砕き、唾液と混ぜて軟らかくしたものを
舌が喉の奥に運び、ゴクリと飲み込む。

人間の身体は食べたもので作られています。
舌は生きるために必要なものです。

そんな舌に、SOSのサインが現れることがあります。

たとえば、本当に高齢者に多い
「会話をしない日」が頻繁に起これば、
「食事以外で口を使うことがない日」が増える、ともいえます。
当然、唾液は出にくくなるので
「入れ歯を入れると痛い」と感じ(潤滑されないので)、
はずしてしまいます。

その食事でも、
噛む所が少なくなった状態で食事をする場合、
入れ歯も入れないのでは噛み砕くこともできず、
丸飲みに近い状態となります。
アミラーゼもリゾチームもラクトペルオキシダーゼも
ほとんど出ない状態での丸飲みですから
胃腸にも負担をかけますし、
今回お話しすることはできませんでしたが
消化吸収のスイッチも『噛むこと』なんです。
そのスイッチも押されないで、胃に取り込んでも、
ほとんどそのまま便として流れ出てしまいます。
体力的に弱っているといえます。

その状態で黙っていると、
精神的・肉体的ストレスが増します。
そして多くの方は「くいしばっている」。
残った歯にとっては負担過重。
もっと唾液が出てきません。

『舌の横のフチ、ボコボコに歯形がついている』
(歯があればですが)
そんな人は、本当に強く「くいしばって」います。

そしてもう1つ。

舌を上顎(うわあご)につけて、舌裏を見てください。
『黒くボコボコした血管が浮き出ている』
本来はピンク色が健康状態です。
多少、黒いくらいならそんなに心配はいりませんが、
その黒さや太さが増すと、
昔、流行ったドロドロ血の状態。
口を動かさないから、「血液の巡りが悪くなっている」。
もっともこれは、体中の血液の巡りも悪くなっていると
考えられるということでもあります。

栄養が足りていない、水分が足りていない、
その方の状態を総合的に見て総合的に判断することですが、
そういうSOSサインだということです。

特に覚えておいてほしい2つのSOSサインですので、
意識してみてください。

そんな、口を動かす機会が極端に少ない人には、
口を動かす機会を作ることが必須になってきます。

しかし口を動かすといっても、
アウアウとちょびっと動かすだけでは意味ないですし、
無理に大きく開けることでアゴの関節が外れても困ります。

そこで、舌の運動が大切になってきます。

舌は、下顎(したあご)だけでなく、
首のほうや、上の方にも筋肉がつながっています。
舌をしっかり動かす運動をすることで、
お口のまわりの関係してくる筋肉をほぐし
日常でちゃんと会話している人の筋肉と
同等に近い状態にできます。

そういう意味で、舌の運動を活用してください。

舌の運動だけでなく、声に出して歌うこともいい。
1人でもできることはいろいろあります。

最近では、健康番組だけでなく、
歯科や耳鼻咽喉科などの先生も
しっかり舌を動かせば唾液が出てくるようになるから、
と言ってしまうことがありますが、
舌が動くことで出てくる唾液は「舌下腺」という
3大唾液腺の1つが主です。

しかし、3大唾液腺から出る割合は、
耳下腺  約25%
顎下腺  約70%
舌下腺  約5%
です。

だから「しっかり続けないと出ないから」
という言葉で終わってしまうことがあるんです。

舌を運動しても直接唾液は少量しか出ませんが、
舌を含めた「お口全体」を動かさない習慣が
当たり前となっていると、唾液は出にくくなります。

これも先ほど述べた、牛の搾乳をする手のように、
唾液腺を刺激するのは周囲の筋肉だからです。

歯がないから食べない・丸飲みする。
それじゃ唾液は出ません。
「くいしばり」や「会話もしない生活」では、
口の周りの筋肉もこわばります。

『歯を守る』ことで唾液を出す。
『お口の周りの筋肉をほぐすため舌を動かす』。
身体の健康を守るのは、
お口が健やかである『健口』
(歯科や行政の用いる造語ではありますが)
が、大切なんです。


―――――――――――――――――――――――――――

という内容のお話でした。
本番当日は、このような文章にせず、
スライドに軽くメモを添える程度でお話ししたため、
言葉としてどれだけ伝えられたでしょうか?

まぁ、それなりに、好評だったようですし、
センターの衛生士さんも喜んでいたので、
成功だったのではないかと思われます。

ちなみにその後、センターの衛生士さんによる
・咀嚼筋や嚥下運動の模型を用いた講話
・お菓子を用いた摂食・嚥下の体験
・舌や表情筋、手や指の運動
・歌唱によるお口周囲の筋肉の活用
なども行われ、
全部で1時間30分ほどの
『歯つらつ健康教室』となりました。

衛生士さんのコーナーは私にとっても勉強になったので、
きっと皆さんにとっても役立つことでしょう。

武蔵野市では、
毎年3回の募集があり、
全6回講習で行われています。
お時間のかかることですから
お気軽にとは言いにくいですが、
よろしければぜひご参加ください。


カラフルあっぷるいーと3.JPG







posted by あっぷるいーと いんちょう at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 全身に関わる歯科の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする