2020年11月06日

2020年11月の予定&歯磨きの脱力の意味

2020年11月の予定&歯磨きの指の脱力の意味

10日(火)19時終了
16日(月)18時30分終了
20日(金)18時30分終了
24日(火)18時30分終了
25日(水)18時30分終了

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


11月までたどり着くともう今年も終わりか
という空気が流れてきます。
1日の寒暖差も激しく体調的にもきつくなってきます。

患者さんからお聞きした限りでは、とりあえず3月までは
ホームワークが決定したという方々も多くいるようです。
昔から学校の宿題などは提出日の学校の休み時間にやってきた
自分としては、コンスタントに自宅で仕事をやるって難しい。
ホント尊敬します。

とはいえ働く環境化しなければならないのは大変。
そういうストレスも溜まってきている頃でしょう。

歯磨きも歯だけではなく体もリフレッシュさせる効果があるので
仕事の合間に1度と言わず2度3度と磨いてもらえた方が
色々な意味で良いかと思います。

そこで
久しぶりに歯の磨き方のお話をサラッとやってみましょう。

まず最初に実験してみましょう。
遠くの人とジャンケンをしている感覚で、
その遠い人に手を見せるように
力いっぱい指を広げてジャンケンのパーの形を作ってみてください。
そのまま手首を曲げ伸ばしできますか?

多くの方は「出来ない」のではないでしょうか。
普通の人体構造ならほとんど動かせないはずです。

では逆にジャンケンのグーの状態ではどうでしょう。
力を込めた状態ではほとんど動かず、
軽く握った状態なら45度程度手首を曲げる事ならできる人も多いでしょうか。
どちらにせよ指の力が脱力できている時なら90度は曲げられるでしょう。
あっ、むきになって思いっきり曲げようとすると
手首を痛めて大惨事になりますので絶対やらないでください。

最後に残ったジャンケンのチョキの場合はどうでしょう。
同じように動かない人がほとんどです。

つまり
指を曲げても伸ばしても手首は硬く動かなくなります。

力を抜いて磨きましょう。
といくら言っても指に力がかかっていると
手首の柔軟性が失われ、結果的に力強く歯を磨いてしまうのです。

数年前にドラム(楽器の)界で脱力ブームとなりました。
モーラー奏法が脚光を浴びたころです。
指も手首も肘も肩も肩甲骨も、どう力まずやるか。
連動していますから。
ちなみにドラムの場合は足も同じことを考えます。
リキムは簡単ですが、脱力はホント難しい。
私もドラムでは数年がかりでコツをつかみましたから
大変さは十分承知。
とはいえ慣れたら自由自在です。
それに比べればハブラシぐらいは
・・・と言ってしまいたくなりますが、
多くの人達にとっては激ムズです。

裏ワザとして
肘から手のひら全体を内側に捻り込んでみてください。
その状態で手首をブラブラ。
パー・グー・チョキどのようにしていても
先程よりは手首が曲がるようになりませんか?
90度までは無理でも、30〜45度くらいには。

身体の骨的に、手をブラーンと下ろしている時に
掌が前方を向いているのが自然体と呼ばれる状態。

先程のように遠くの人とジャンケンをするには
その自然体とは真逆に捻っているので、
無理して捻っている状態ともいえます。
骨格的に筋肉は引っ張られ張っている状態。
ましてや反対側の指も突っ張っていたり(パーの状態)、
引っ張られていたり(グーの状態)。
前後で引っ張られているようなものなので、
その状態では柔軟性が失われるのは当然です。

なので腕から内旋(骨格的ひっぱりを取ってあげる)すれば
多少柔軟性が確保できるので動くわけです。

とはいえ、歯磨きで言ったら小指側に毛先を持ってくる態勢に
なるわけですから、挙動制御が難しい。
要はまっすぐ動かすことが難しくなる。

固まった力強い指で磨くよりはマシですが、
万人にお勧めできるものでもない。

なので指の脱力を意識できるようになりましょう。

きっとあなたも凄いドラマーになれる。
もとい、ツルツルになる歯磨きができる様になります。
そしてそれに慣れると、馬鹿みたいに力を込めて
磨くことの無意味さを実感するでしょう。

ほとんどの方が「そんなに力を込めて磨いていない」といいます。
でもちゃんと診させてもらうと
ほとんどの人がその1/10程度の力でいいんです。

正しい磨き方の10倍以上も力をかけているのですから、
ハブラシを握る・触れて持っているだけの部分の・・・
「皮膚が白くなる」。
・・・圧迫の証拠です。

うーん。やはり文字で書くのは難しいですね。
ハブラシ持参してもらって直接やらないとわからないと思います。

ハブラシ指導というのも各クリニックで
推奨する内容が異なります。
ウチで推奨するやり方に納得できない方もいるでしょう。

基本的にハブラシだけのケアで済む人は1割にも満たない。
毎日のハブラシと定期的なプロフェッショナルケアで維持できる
という人は7割程度。
四六時中プロフェッショナルケアをしなければならない状態
だけれども保険制度の縛りがあるため頻繁にはできないので
ヒヤヒヤする状態の人が2割。
仲間内で話した感じだと皆同じぐらい。

どんな方法でも構いません。
本来なら歯は200年保つこともできるはずです。
歯を磨いているのに失っていくならその原因を突き止めてください。
もしその磨き方に原因があるなら、「今まで」が間違っています。

指の力が抜けない人というのは杓子定規になりやすい。
でも変えようと思って気を付けている人で、時間は数年とかかっても
最終的に変わらなかった人はいません。

上手にハブラシができることで
肉体的にも精神的にもリフレッシュできるのは
ネット上にもいっぱい転がっている
我々から見れば常識的な情報ですので
時間がある人は、他の人達の意見も読んでみてくださいね。

年末にかけ、そろそろ集まってみようかとする動きも増えそうな。
気が抜けてコロナ倍増とならないよう、
皆様もお気を付けください。





カラフルあっぷるいーと3.JPG



posted by あっぷるいーと いんちょう at 20:02| Comment(0) | 口腔ケアの大切さ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: