2020年10月02日

2020年10月の予定&コロナ時代もちゃんと食べよう


2020年10月の予定
7日(水)18:30終了
13日(火)19:00終了
17日(土)午前休診・午後通常
20日(火)午前休診・午後通常(保健センター健診)
21日(水)18:30終了
23日(金)18:30終了
27日(火)19時終了

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

食事=栄養、食事=嗜好、食事=お腹がすくから済まさざるを得ないもの。
食事と言ってもその概念は様々。

人間は新陳代謝を繰り返し、今を維持しようとしていますので、
自分の細胞は「食べたもので作り替えられている」わけです。

どのような病気でも同じです。一度病気になった人は、
それまでの食事を含めた生活全般を繰り返していれば
同じ病気を再発するリスクも同じだけ作られるようなもの。

タバコを止める、睡眠時間を長くする、しっかり湯船に入る、
何かしら今までと変えてみましょう。

そんな要素の1つが食事です。
もちろん栄養バランスの取れた食事を毎回できるのが理想です。

どんな調理方法をするかだけじゃなく、
品質的な問題だけじゃなく、
たとえば温度変化でも成分的変質は起こりますし
保存状態でも味や栄養吸収の変化は起こります。

一例をあげると
炊き立てのお米はふっくらして美味しいわけですが
炊く前の給水時間を設けることで米から溶け出したオリゴ糖などの
うまみ成分が形成されて甘く美味しくなります。
逆に冷めた御飯はレジスタントスターチ(消化されにくいでんぷん)
になるそうなので糖質の消化吸収が緩やかになり糖尿病が気になる方には
おすすめの食べ方になると言われます。
とはいえ冷めても美味しいご飯に炊くのはコツがいりそうですが。

人参も常温保管に失敗すると苦味が増えるので
冷蔵庫から出した直後の方が甘かったりします。
無農薬の方が保管方法もシビアになるので、たっぷり農薬の方が
美味しく感じられるなんて言うことも起こっているそうです。

細かく気にし出したら食事って奥が深いわけです。

コロナのせいで外出自粛が増え、
自宅でできる新しい趣味として
男性のパン作りが増えたなんてニュースもありました。
先月書きましたが吉祥寺は高級食パン戦争も始まっています。
せっかくの機会ですから食に関する意識も高めてみませんか?

とはいえ、細かく列挙するには種類も膨大、
そして何よりそこまでの豊富な知識は私にもありません。

なので7色食材活用法をお勧めします。
「赤・緑・黄色・白・紫・茶・黒」
できるだけ毎食含まれている方が良いですが、
縁日食材の代表、たこ焼き・焼きそば・お好み焼きのような
どこを見ても茶色。青海苔だけが緑色。紅ショウガで赤。
なんていう生活を
毎日しているのは身体に良くないのは想像されます。
たまに食べる嗜好品というレベルに留め、
健康に留意した生活を増やすようにしましょう。
同じ茶色でもキノコは菌類ですのでヨーグルトや納豆などと
同じ扱いなので毎日食べてほしいものになります。
色々考えて創意工夫を凝らして食事を楽しむことが
何よりも良い事に含まれるでしょう。

なぜこんな話をいまさらするかというと、
高齢者のわずかな消費活動レベル(生活での運動量)に見合う程度の
お腹の空き具合に合わせただけの総菜パン・菓子パン生活が
増えやすい時期になるからです。

時短・簡便・柔らかい・食べきらなくてもいい・・・
糖分やコレステロール過多、ビタミン・ミネラル・タンパク質欠乏
絶対おかずも食べること!
また御飯に比べ水分含有量も少ないのでその分多めに水分補給する事!
でも噛まずに牛乳などで流し込まない事!

夏バテ疲れ、コロナ疲れ、不安情勢疲れ、
ただでさえ今年は老若男女問わず皆弱っています。
そして自粛の夏を取り戻そうとGO TO キャンペーンで遊び倒すと
アドレナリンが出ている遊んでいる時は元気でしょうが
「異常な日常」が待っている普段に戻ると
五月病以上の精神負担に襲われるかもしれません。

気が滅入れば免疫も弱る。
10月11月が新たな山場となる可能性も危惧されます。

長期戦はペース配分が大事。
兵糧はどうか、動線はどうか、天候変化はどうか、
近隣諸国の動向はどうか、何をもって終結とするのか、
戦国時代の武将たちも頭を働かせていたことでしょうが、
今の時代においては個々の一般人で、自身が生き残るために
頭を働かせなければならないという辛い事が起こっています。

お口の健康も、体や心の健康も、
コロナは直接的にも間接的にも蝕んでいきます。
ヒトは良いも悪いも毎日の積み重ねが作り出した産物です。

無理はなさらず。

生産者支援として様々な地域からお取り寄せしましょう、
とユーチューバーを駆使したCMも流されていますが、
基本本人が楽しめないことは、できないもの、続かない事になります。
どう楽しむか、それが一時的なもので終わるのか、あるいは
血となり身となり経験となり、人生に染み込んでくる消費にするのか
はそれぞれの価値感でしょう。

たった半年でギブアップと言っても、それで終わってくれるほど
ご時世は甘くはありません。
ただ乗り越えてきた感染症は人類史上いくらでもあります。
ちゃんと乗り越えていくにはどうすべきか、
ほどほどに安全に息抜きする方法は?
などわが身は大事にしましょうね。

本来なら過ごしやすい筈の10月。
頑張りましょう。



カラフルあっぷるいーと3.JPG





posted by あっぷるいーと いんちょう at 15:49| Comment(0) | 全身に関わる歯科の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: