2020年01月06日

2020年1月の予定&プライマリ・ケアとは

2020年1月の予定

6日から通常診療(5日まで正月休みです)

14日(火)19:00終了
20日(月)19:00終了
24日(金)16:30終了
27日(月)18:30終了
28日(火)19:00終了
29日(水)19:00終了

30日(木)テンミリオンハウス月見路にて
顎関節症に関する市民向け講演会の演者をやります。
市報に小さく載りますので、お時間があれば是非。
(ガンバってただいまスライド鋭意製作中です)

Screenshot_20200106-105400_Gallery.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プライマリ・ケアという言葉をご存知でしょうか?
医療関連だけに特筆するなら
緊急対応だけでなく、
身近にあって何でも相談に乗ってくれる総合的な医療を提供し、
健康診断結果をもとにその人に会ったアドバイスなどもする
専門医・総合医のことです。
そして医科だけでなく歯科にも当てはまります。

患者さんの抱える様々な問題にいつでも幅広く対処できる能力を持つ
「何でも見る専門医」とも言われています。

よく大学病院などの専門科所属の専門医と比較して
町医者のような子供からお年寄りまで広く携わる医者をさします。
町医者の中にも専門医あがりの人もいますので
特化しやすい分野は違いがありますが。

そこで診断した結果、例えば入院・手術などが必要と判断すれば
必要な専門科へ紹介することも大事な役割の一つです。
そのためには診断できる幅広い専門知識が要求されます。
研鑽を積みあい、必要に応じ相談できる仲間が多い事も要求されます。
専門科とのパイプもあった方が何かとスムーズでしょう。
医師会や歯科医師会との連携が発揮される場だともいえます。

予防という観点も役割の1つ。
悪い生活習慣を見抜き注意を促すことで
悪化させない治る身体に誘導してあげることが必要となります。
それには誰よりも患者さんのことを理解したうえで
標榜科目以外にも広く深い見識を持ち多角的アプローチで
持続的に携わるコミュニケーションが要求されます。
イベント時の無料歯科健診なども
早期発見につながる健診ですのでご活用ください。

それでも完全に治せる病気は決して多いわけではありません。
たとえ治癒できない場合においても
進行を遅らせたり、痛みや苦痛を緩和して
平穏に暮らせるようなコントロールすることが必要になります。
ターミナル・ケアなどの終末期医療においては
特に重要視されるスキルが要求されます。

この2つに関しては、ただの歯医者さんでしかないと難しい能力です。
知識だけでなく経験も成功体験も積み重ねていった上で
自身の専門科といかに絡めていくかの創造力も必要になってきます。
個々のクリニックなどでも考え方の相違がありますので差がでる内容です。

「揺り籠から墓場まで」幼少期からお亡くなりになるまで
近年では「胎児から」「お母さんのおなかの中から」
「後世へ続くその先の未来まで」
とも言われるようになりましたが
言葉で言うほど簡単なことではありません。
その裏には、支えられるだけの能力がワンサカと要求されます。

ただそれは患者さんのためだけでなく
医師、歯科医師の支えにもなっています。
引退を考える年代の先生のお話を聞いてみても
患者さんに支えられて頑張っていかなきゃと思える
と答える方々の多い事。

誰かを守ってあげたい思いが、
いつの間にか自分も守られている実感となっていく、
そんな優しい世界がプライマリ・ケアの未来にはあります。
高齢となっても切磋琢磨しようと頑張る方々がいます。

それが地域単位で起こる事が本当のプライマリ・ケアになります。
医療・介護・福祉・保健、
一般家庭から専門家や行政まですべての連携が取れること。
誰もが暮らしやすい街になる事って
皆が優しくいられることなのでしょう。

私は歯科医師会に所属していますから
特に実感しますよねぇ。
個々で出来る事だけじゃなく、皆で成し遂げ
もっと大きく街ぐるみでの幸せになる。
行政の人達も一生懸命ですし、
特養や障害児施設の人達、テンミリオンハウスの人達など
支える側の人達も、本当に真剣な街です。

長年、住みやすい街にランキングされる吉祥寺ですが、
オシャレスポット、利便性の高い街、などの外向的アピール
の方が目立つでしょうが、
いかに縁の下の力持ちが多いか、
皆誰かの支えになる事で誰かに支えられているという
内面的部分も大きい街だなぁと実感しますねぇ。

単なる一家言的な意見ではありますが。

今年2020年で、あっぷるいーと吉祥寺歯科は10年目を迎えました。
患者さんとしては数千人規模を診たことになります。
楽器関連で年1回しか会わない名前は知らないけれど
打ち上げで一緒にお酒を飲んで笑い合う友達は100人を超えました。
同様に顔なじみ程度の知り合いも100人ほど。
歯科医師会メンバーも100人ほど。
お店の常連仲間も50人ほど。
顔なじみになったお店も数十軒はあるでしょうか。
歯科医師会関係で知り合った行政の人や三鷹歯科医師会、
武蔵野市医師会、薬剤師会なども100人近いでしょうか。
全く知らない土地に来てから10年で数千500人ほどの知った顔が
増えた街です。

楽しみ方は人それぞれかもしれませんが、
仕事とは無関係で、年齢性別も関係なく
話し笑い合える間柄の友人が10年で数百人にも増やせる街なのは
吉祥寺の魅力なのだと思います。

今後10年で友人が千人に増えるわけではないでしょうが
楽しんで過ごせるだけの街の雰囲気は大事にしたくなります。

まぁ、歯科医師会の理事とかもやっていると忙しさは倍増しますが、
仲間感が高いと、疲れるけれど楽しいって言えるでしょう。
皆して仕事終わりに2時間以上会議して、皆でご飯いって、
それでも大笑いしながら話すことは尽きなくて。

楽器も練習する時間もないのにステージの回数は増え、
そういう時じゃないと会わないやつにも会いたくて、
1年ぶりの成果を見せ合ったりして。

なんかそういう友人関係を
「友達」とは呼ばない人も多いかもしれませんが、
「仲間」なんですよねぇ。実感的に。

もう今以上の忙しさは肉体的・物理的に無理でしょうけれど
そのすべてを「大変だけど楽しい」と言えるのだから
今年も頑張っていきたいと思います。

街が、人が、自分を支えてくれているし、
その自分が、患者さんの支えになっているなら嬉しい限り。
その人が誰かを支えて、他の人も幸せを感じる。

そんな関係が「地域としてのプライマリ・ケア」であり
誰もが出来る事だったりします。
誰かに優しくしたら、それはもうプライマリ・ケアです。

プロフェッショナル・ケア
アフター・ケア
ターミナル・ケア
様々に続く第一歩は、本当に簡単なことから始まっています。

是非、初詣には世界平和も祈っておきましょうか。
そしてちょっとしたことでも毎日誰かに優しさをあげられるよう
行動したら、どこかで何か良いことが起こっているかもしれない
って想像しましょう。
コンビニレジの募金箱に毎日1円入れるだけで1年365円になります。
これはユニセフで考えれば10本分の「はしか予防ワクチン」になるわけです。
子供の命を救っているかもしれない労力は1日1円程度でもかなうわけです。

あおり運転や高速逆走、自分本位な事件が多い世の中です。
事件にならないだけで、歩行者や自転車でも「ゆずり合えない人」が
増えていますよねぇ。
欧米化するのが正しい風潮になってきましたし仕方ないのかもしれませんが
心が折れそうなときに支えになるものがない環境になってしまうのは
悲しい事に思います。

なんとなく書きながら
漫画・ワンピースの
エースを失って乱れるルフィにジンベイが導いた言葉
「仲間がいるよぉ」
のシーンが思い浮かんできました(笑)。

ということで今年も頑張りますので
皆様も健やかにお過ごしください。


カラフルあっぷるいーと3.JPG




posted by あっぷるいーと いんちょう at 11:00| Comment(0) | 歯の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: