2018年01月10日

2018年1月の予定&戌年にちなんで犬の歯周病の話

2018年1月の予定&戌年にちなんで犬の歯周病の話

19日(金曜)17:30終了
23日(火曜)午前休診・午後通常診療

となっていますのでご注意ください。

――――――――――――――――――――――――
新年あけましておめでとうございます。
2018年が始まりました。

20180104_205158.jpg

写真は浅草橋近くのビル。靖国通り沿いでした。
たまたま赤信号で止まったら目に入ったのでパシャリ。
ライティングで鏡餅というのも面白い。

新年早々。自販機で缶コーヒー買ったら
7777がそろったようで
(見てなかったけど電子音はしていた)
もう一本の大当たり。
人生で2度目なので、当選確率は低いけど。
今年はプチラッキーな年になるのでしょうか。

さて、今年1回目のブログでは
いきなり「グロい写真」(気持ち悪く見える写真)を
掲載します。
好まない方は見るのをやめておきましょう。

題して
「ペットの歯周病は大丈夫?命にかかわりますから気を付けて。」

うちのワンちゃんの話です。
うちでは現時点で犬3つ猫1つ(匹とは言いたくないので)
と生活しています。
ペキニーズ×2・ヨークシャーテリア・ヒマラヤン
といるのですが、
戌年ということもあり、正月休みだし、
口臭も臭く感じていた2つの
歯石取りをするか。
と気軽に始めてビックリ。

最初ペキニーズから始めたら
こんなに歯石が大きいのかと・・・。

年末に
異変に気付いたのは母でした。
口の中から血が出ていると。
獣医に診てもらったのですが
抗生物質を渡されただけでした。
切れてもいないし、胃腸からの出血でもないそう。

それでも多少は良くなったのですが、
御飯も食べなくなり・・・

正月休みに入ったので私が口の中を見てみると
がっつりした歯石とその下に「ものもらい」
みたいな歯ぐきの腫れ。

もともと自宅用に置いていた
スケーラーという歯石を落とす器具をもちい
人間と同じようにやろうとします。
たいして腫れていないところは難なくやらせてくれました。
しかし腫れているところ、歯が揺れ出してしまったところ
などは嫌がってやらせません。
人間でも痛く感じるところです。

以前獣医に聞いたことがありますが、
歯専門でやる獣医がいて、
全身麻酔をして眠らせて
ペンチみたいな道具で
ペキペキ砕き割って取るのだそう。

全身麻酔はできなくもないが、
もともと心臓が強い犬種ではないので
できるかぎりかけたくないし、自宅ではできない。
歯科診療と同じ歯石取りの方がペンチのようなものを
使うより細かくできるだろうし歯を痛めなかろう。
ということで2人がかりで押さえながらやるしかありません。

歯の側面を覆いかぶさる大きな歯石。
気のいいワンコですので噛まれはしませんが・・・。

1時間がかりで、絶対落としたい歯石だけを取った感じです。
はーはーしていた状態が落ち着いた20分後くらいから
食事を自発的に取り始めました。

歯石で口の中が気持ち悪かったのか
炎症が慢性的に続いたせいでの体調不良なのか
動揺し始めた歯が痛かったのか。
もともと動物(犬も)は噛みはしますが基本は丸飲みです。
人間のような咀嚼はしません。
ここ数日ほとんど食事をしなかったのが
歯石を取った直後から普通に食事しはじめ、
健常時と同じ状態になったのですから、
治療のためと押さえつけられたことでのカロリー消費の補充
という意味だけではないのが分かりますね。

ちなみに人間の場合もある種、歯石落としをちゃんとやると
やっている最中からお腹が鳴り出す人が
ウチの場合は約60%くらいいます。
歯石を落とすことで腸の蠕動運動がしっかり起こる
ということを指し示すと同時に
ちゃんと歯石が落とせているという指標にもなっています。
お腹がならない人のほとんどが
「くいしばりレベル3」(ウチの指標なので他所では通じませんが)
歯根膜の柔軟性がなくなっている状態の人ばかり。
身体の連動が閉ざされているのでしょう。

ともあれ、ウチのワンコにとっても、
歯石による歯肉炎・歯周病のせいで
腸の動きが悪くなり食欲がない状態になっていた
可能性も考えられるというわけです。

クタクタに疲れはしましたが、
もう1つもこのままやろうということに。
ヨークシャーテリアの番です。

奥歯・・・歯の形がわからない・・・
人間とは形態が違います。
でも、さっきのペキニーズとは異なる違和感。

歯石っぽいところにスケーラーを差し込みます。
そして取れたのを見て・・・
なんだこれ・・・

先ほどの10倍以上歯石。
歯にあたる面はグジュグジュの臭く軟かい何か。
歯を覆うほどのカルシウムの塊。

こりゃやばい。
死んじゃうよ。
片っ端から取らなきゃ。

もう1つ奥はグラグラ過ぎて根っこごと歯が取れた。
人間でも同じですが、
骨とくっつくべきところが炎症で破壊され
歯そのものが異物(害)として判断されるようになると
歯を排除するために、歯に触れるハグキに皮(表皮)
が作られ、拒絶の壁のようになります。
抜け落ちるのを待つ生体防御反応です。
そこまで悪くなった歯は簡単に抜けます。
反対の歯はなんとか歯石だけが取れた。

20180103_220626-1.jpg

・・・その結果がこれです。
赤い丸で囲まれたものが歯(歯根までくっついたもの)で
それ以上大きいのがすべて歯石です。
なんとなく歯根が3つ見えるでしょうか?
とんがっている角みたいに見えます。
そのうち2つは赤茶けた感じ
・・・これすべて歯石に覆われています。
まさに生体にとっては異物(害)ですね。
実際に残りの1根のほんのわずかなところで
この歯はぶら下がっているだけだったようで、
抜けたハグキからはほとんど血は出ませんでした。
(ほとんどが皮になっていたということです)
ちなみにこの残り1根も、歯根の形がおかしい。
たぶん膿も出ていたのでしょう、
歯根が溶けて短くなっているようです。

20180103_220742.jpg

取った歯石の比較として
前述のペキニーズの大きいといえる歯石とも
並べてみましたが、大きさの次元が違います。
(小さく見える方も歯を覆い隠すほどなんですけど)

愛犬といえども、嫌われるの覚悟で治療に取り掛かっています。
二度としっぽを振ってくれなくても
死なれてしまうよりはマシ。
・・・そんな思いは通じているのでしょうね。
治療後、普段通り、ちゃんと愛情を示してくれましたから。

20180106_203126.jpg
たぶん初出しのウチの子。

太りすぎで腰が立たず、歩けないのかと思ってましたが、
歯石を取った直後、最近見たこともないスピードで
はしゃいでいました。
・・・いかに歯周病の慢性炎症が、
「食」や「歩行」など様々なことに影響するのか
再三にわたって実感するわけです。

残念ながら、他の方の愛犬や愛猫の歯石を
取ってあげられるわけではありません。
ちゃんと信頼できる腕を持った獣医さんを探しましょう。
歯石取りはできない獣医さんもいますし
ある意味、歯の治療は特殊技術の塊ですので
見よう見まねで素人がやるのも危険だったりします。

以前テレビで見たことありますけど
馬専門の歯医者(獣医)さんもいて
口に頭を突っ込んで視診し、
やすり掛けして噛み合わせを整えたりと、
すごい事やっていました。

私は今回のことでものすごく反省しました。
もっとペットを可愛がるだけじゃなく
歯のケアもしておくんだったと。

せっかくの戌年です。
皆様もペットの健康も気遣ってあげてください。

家族みんなで幸せな良い年でありますように。



カラフルあっぷるいーと3.JPG



posted by あっぷるいーと いんちょう at 13:12| Comment(0) | 歯周病・歯肉炎・歯ぐきの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: