2017年05月31日

オーラルフレイルにならないためには過信しないで

口や舌、軟口蓋や喉頭蓋、
意識することない当たり前の動きを
衰えさせないために何をするべきか。

行きつくところは
社会性の欠落・歯の欠損
がないようにすることでしょう。

会話の有無だけでなく
身綺麗にする意識がうまれれば
他人からどう見られたいかを想像し
「齢だなぁ」と思われないように
身体を動かす(日常生活活動をする)
人も増えます。
(動かないような生活をしないということ)

歯がしっかりしていれば
舌も衰えにくいし
唾液も出るようになる。
飲み込みにくさも感じることなく
よく食べられることが
体力・免疫力を維持することになります。
(動いているからカロリー消費するので食べようとする)

そしてこのブログでよく言う「姿勢や猫背」は
歯のすり減りを歪にするだけでなく
飲み込み(嚥下)に関しても
悪影響を及ぼします。

本来なら
オーラルフレイルの話をするならば
オーラルディアドコキネシスのような
「パ・タ・カ」を1分で何回言えるか
などの検査の話を書くべきでしょう。
1秒間に「パ」を4回以上できれば8回。
(平均は6回です)
BPM120(テンポのことです)で
4分音符〜8分音符
で言えなければ機能が衰えていることになります。
また1分続けられるかも重要視されています。
1分は結構大変です。

咬合力や唾液検査などもあります。
もちろん悪い状態を知るためには
平均値に自分がいるかどうかを
把握することは大切でしょう。
そういう客観的判断を重要視するクリニックもあります。
残念ながら保険対応の検査ではありませんので
別途費用がかかります。

ただ身体にとって歯が必要なように
歯にとっても身体が必要です。
お互いに分離独立してもいますが
それだけではない。

くいしばりによる歯周病の原因が
白内障による視野狭窄で起こっていることもあります。
たとえば左右どちらかだけ見えにくいことで
バランスを保とうと見づらい方に力をこめる。
結果見づらいほうをくいしばって
歯が痛くなることもあります。

同じような左右バランスを保つために
片方だけの病気や症状の帳尻をとろうとしてしまう。
たとえば
膝関節損傷で歯周病が起こっていることもあります。
脳梗塞・片麻痺で起こっていることもあります。
(麻痺があるから磨けない、というだけではありません)
だから診療時に身体の状態も聞いたりします。
「目は関係ない・足は関係ない・・・」
なんて自己判断しないで話してくれる患者さんの方が
早く診断できることも多いです。

近年、親知らずがはえない子、前歯の本数が足りない子
など顎の成長不足や歯並びの悪い人も増えていたりします。
IT化が進み昔のようなテレビゲームがスマホでできるため
いつでもどこでもな便利と人体の影響もあるでしょう。
その時代に合った影響というものがあります。
子供だからどう・高齢者だからこうというだけではなく
今の子供は、今の高齢者は・・・という観点で
診なければいけないわけです。
そういう意味では一見無駄話のようなものも
原因を探る手掛かりになる。

複雑化する現代社会では
ただでさえ宇宙に例えられる人体が
もっと複雑化するのですから
悪化した状態だけを診ても難しいわけです。

オーラルフレイルにならない人はいます。
なるためには必ず原因があるはずです。
高齢者・有病者・社会人・学生・小児・・・
いつから始まったのかを探ることも重要です。

そしてできれば家族の方が
わずかに食べこぼす
むせやすい
言葉が聞き取りにくい
など悪化の初期症状であるオーラルフレイルを
見逃さず気付いてあげてほしいのですが
毎日ちょっとずつ悪化していたりすると
気付かないものです。

はじめましての場合や
何年も前に数回来た程度だと
歯科クリニックの先生もオーラルフレイル状態だと
気付けないこともあるでしょう。
よく歯医者同士が集まって話すときに
患者さんがウチからアッチへ、
アッチからウチへ、
と変わっていてもかまわないけど、
歯医者に全く行かない生活になっているほうが心配だよね
という会話もします。
相性や都合もあるでしょうから他所へ行くのは良いんですが
通院しない=悪い状態のまま放置
というのが一番怖い。
今日明日のこともあれば
5年先・10年先・50年先を見据えての話でもあります。
そういう積み重ねが治療困難状態を招き
オーラルフレイルを超え
心身のフレイルへと進みます。

ウチにもいます。
薬だけでいいという人。
いつ磨いたんだろうという人。
入れ歯入れないのねという人。
体力のある今はどうにかなっているでしょうが、
何か起こったときは・・・
ご自愛くださいね。

端的に話せばこうはならなかった
オーラルフレイルの話でした。
市民講演した時の内容をそのまま書いたほうが
きれいでまとまりがあったのですが・・・
オーラルフレイルの説明よりも
その周辺の話に重点を置いてしまったために
読みづらくなってしまったでしょうか?
今後も書く機会はあるでしょうから
今回はこのへんで区切ります。



カラフルあっぷるいーと3.JPG




posted by あっぷるいーと いんちょう at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 全身に関わる歯科の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450389107

この記事へのトラックバック