2017年02月07日

2017年2月の予定&虫歯になるくいしばりと親の仕上げ磨き

2017年2月の予定

 3日(金)18時30分終了
17日(金)19時終了
22日(水)19時終了
23日(木)往診休診

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

虫歯ができやすいところとは、
歯の溝・隣の歯との接触面・ハグキとの境目など
いわゆる磨き残しやすいところ
ばかりのように指摘されていますが、
近年良く見かけるようになったのは、
歯の山の頂点や、頬側・舌側の丸い面など
絶対歯ブラシが当たるであろうという所。

20141028184824.JPG

なぜそんなことが起こるか?
を説明する前に
歯ブラシの必要性とやり方、
それでもダメになる悪条件
についてのお話を順を追って説明します。

また、
あっぷるいーと吉祥寺歯科流の
磨き方指導項目なので
他所と言い方・考え方が異なる場合があります。
より良い実感と継続できるものを選択ください。

基本、歯ブラシは箒がけと同じだと思ってください。
このブログで何度も説明したと思いますが、
道の落ち葉を箒(ほうき)で掃くとき、
地面に強く押し付けた箒では、落ち葉が1mmも動かず、
落ち葉の上を箒がなぞっただけだった
という経験がありませんか?

地面に当たるかどうかの
いい加減に見えるやり方のほうが
しっかり掃ける実感はありませんか?

箒でもハブラシでも同じです。
先端の尖った部分だけしか清掃能力はありません。
強く押し付けることで、毛がしなり、
先端の点ではなく、横の線が触れることで、
汚れが掃けない状態になります。

よく「歯の間の汚れを落としたくて」と言われますが
たとえば部屋を掃除するとき、
部屋の角や隅っこからやって、
部屋の中央部に向かい掃除をすることはあるでしょうか?
舞い上げたゴミや埃が再度隅にたまりませんか?

一気に歯と歯の間を磨こうとして
表面の汚れを、間に押し込んでしまう人は多くいます。

軽い圧力で磨きましょう。
と言われたことがある人は多いでしょう?
軽い圧力とはどんなもんでしょう。

普段磨くようにハブラシを握ってください。
そのときハブラシに触れる指や手のひらを
よーくよく見てください。
指が白くなっていませんか?
圧力がかかっていると白くなります。
ゆっくり握る力を抜いて赤くなるまで
指などに血液が流れるようにしましょう。

この状態のまま、
『3本ずつ』歯を磨くように、
シャカシャカ『音がしない』ように、
素早く磨きましょう。
余裕があったらハブラシの角度だけを変えて
手や指に力がかからないように同じ動きもします。

まずこの状態が基本です。
『 』部分を読み間違えないでください。

この磨き方をすると1分もかからずに
歯の表面がツルツルになった感じがするはずです。
ならない場合はどこか間違えています。
もう一度読み直してください。

表面に汚れが無くなったら、
ハブラシを洗い、口もゆすぎます。
その状態で歯の間が気になるなら、
再度のハブラシや
フロス・歯間ブラシを使っていいです。
表面に汚れが残っている段階では
絶対使わないほうがいいですよ。

そしてやっと本題に入れます。
歯の山や、丸く出っ張っている所がなぜ
虫歯になるのか?
一番虫歯になりにくいとされている所が
なぜ虫歯になったのか?

20141122121152.JPG

答えは
上下の歯が触れっぱなし、
頬や舌が歯に触れっぱなし、だから。

汚れが落ち切れていない状態であれば
ムシバ菌を表面に残したまま
上下の歯同士・頬・舌が
圧力をかけて長時間触れているため
まるで煮物の落し蓋のように
雑菌が染み込みやすくなるのです。

その状態が「くいしばっている」。

歯に密着していれば雑菌が繁殖し、
逆に歯の周囲に空間があれば、唾液が流れ
24時間源泉かけ流し温泉のように
汚れを洗い流すことが出来ます。

くいしばっている状態では
雑菌が繁殖しやすいわけです。

「磨き方を正す+唾液の通り道がある」
ことがムシ歯予防になるんです。

くいしばりを自覚されない人は多く、
あることを指摘しても認識されない方もおり、
改善には日常の癖を知ることからはじめて、
悪癖を少しずつでも治さなければなりません。

出来ればそういう方々でも、
例えば半年周期に来院されて
口内環境を治療の力で保つことが出来れば
悪化させないで済みます。

セルフケアも大切ですが、
悪化したことがある人の場合、
そのセルフケアでは「シナイよりマシ」だけど
守りきれていない現実があります。

ぜひセルフケアに、
我流以外の要素も組み入れましょう。

引越しや海外留学などになって
ウチに通って来れなくなる人もいますが、
基本はセルフケア+プロフェッショナルケア
の組み合わせが一番安心です。

ウチじゃなくてもいいし
どこの歯科クリニックに行ってもいいけれど、
全く歯科クリニックに通院しない環境に
なってしまうことが一番リスクが増すかもしれません。
(よっぽど酷いことをする所もあるようですが、
 大抵は根は真面目な人が多い業界です)


それとハミガキの仕方に関してもう一点。
お母さんがお子様の仕上げ磨きをするとき、
ゴシゴシ磨くようであれば、
その子供は自分でもゴシゴシ磨く癖がつきます。
一番汚れが落ちない磨き方です。

子供が正しい磨き方を覚えるには、
親が自分自身の歯を磨いているのを見て真似る、
磨かれている時の感覚を参考にしてしまうからです。

自分の磨き方がお子さんまで影響しますので結果的に
孫・曾孫(ひまご)・玄孫(やしゃご)・来孫(らいそん)
・昆孫(こんそん)・じょう孫・雲孫(うんそん)・・・
(ウィキペディア調べの子孫の呼び名)
と子々孫々継承されてしまうかもしれませんし、
あなた自身が継承してきた結果かもしれません。

虫歯の出来やすさは遺伝だ、とか言う人もいますが、
磨き癖は家族環境の継承です。
警鐘とならないように気をつけましょう。



カラフルあっぷるいーと2.jpg



posted by あっぷるいーと いんちょう at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯・虫歯に類する話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446758480

この記事へのトラックバック