2016年11月06日

2016年11月の予定&駄文・歯の語呂と記念日

2016年11月の予定

 9日・水曜・19時終了
14日・月曜・19時終了
15日・火曜・午後より診療(午前休診)
16日・水曜・19時終了
18日・金曜・19時終了
21日・月曜・19時終了

今回は第3週に集中して予定が詰まってしまいました。
19時以降を希望される方には申し訳ありませんが
1週ずらしていただくかもしれません。
お電話等でご確認ください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、語呂好きの人はお解かりかもしれませんが、
11月8日は「いい歯の日」です。

実は
4月18日も「よい歯の日」です。
どちらも昭和60年に誕生したよう。

それ以前から
6月4日の「虫歯予防デー」
はあったのですが、
年1回の啓蒙活動だけでは
虫歯は減らない。
歯科の病気は虫歯だけでなく
歯周病などになっている
成人や高齢者の増加もある。
との思いから
検診推進・健康意識向上のために
「春・秋」で口腔内全体の健康を
確認できる機会を
日本歯科医師会として制定したようです。

余談ですが現在は
「虫歯予防デー」→「ムシ歯予防週間」
として「6月4日〜10日」
と改定されています。

ちなみに日本矯正歯科学会は
11月8日を「いい歯ならびの日」
として制定しています。

ただ、4月・6月・11月と考えると
なぜ1月あたりでもう1つとしなかったのでしょう?
1月18日だって
「いい歯の日」にしても良いように思います。

年越しで生活リズムが乱れ、歯周病などの悪化に
拍車がかかっている人が増える時期。
また成人式直後でもあり、
いいきっかけになると思うのですが・・・
新年早々じゃ何かと忙しく
自分のことに目を向ける余裕がない
ということかもしれませんね。

「歯の記念日」と検索してみると
様々な会社や団体などが
関連する語呂の記念日を制定しています。
「いい歯肉の日」とか「白い歯の日」など
結構数ある事に驚かされます。

語呂というわけではありませんが
歯科ってあまりいい響きがないんですよね。
歯科医 → 司会?
歯科医師 → 司会士?
歯医者 → 敗者?廃車?
ドクター → 医者?
デンティスト → 聞いたこともない?
職業と聞かれて、
口頭でどう答えても
一回で正しく伝わったためしがありません。

おまけに治療的にも歯科は
怖がられる対象となっています。
中にはウチなら大丈夫と
いってくれる人もいるのですが、
過去に植えつけられた恐怖心は
そんなに簡単には払拭できません。

毎日汚れが溜まる部位ですから
9割以上の人々は
最低でも年1回以上の
メンテナンスを受けて欲しいものです。
診療や治療から遠ざかるのが一番危険ですし
安定している人でも、
急に忙しい時期が続くと
別人のような口内環境に
なっていることもあります。

逆に定期的にメンテナンスすることで
確実に良くなっている人はいます。

年末年始に差し掛かるほうが
何かと気忙しく、放置されがちですので
気になっている方ほど、11月のうちに
受診してしまうことをおすすめします。


カラフルあっぷるいーと3.JPG





posted by あっぷるいーと いんちょう at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443595565

この記事へのトラックバック