2016年09月01日

2016年9月の予定&駄文2つ&臨床経験の一部をお裾分け

9月の予定

16日(金曜)・19時終了
20日(火曜)・午前休診・午後通常診療
24日(土曜)・13時終了
28日(水曜)・19時終了

ご注意ください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

私事ですが秋は音楽イベントが満載。
9月10月11月と連続であります。
まぁ、一般閲覧されるようなイベントは
10月2日の吉祥寺アニメフェスの一環で
コピス前ウッドデッキでのビッグバンドくらい。
日曜日の12時ころから30分ほどです。

半年前の初ステージからあっという間の
セカンドステージとなります。
予定は7曲。
そのうち1曲だけ
16小節ほどのドラムソロがあるんですが
そんな難しいことはしません。
どっちかというと9月11月のサックスのほうが
練習不足でヤバイやばい。
どーしましょう。

−−−−−−−−−

何年か前に飼っていた子にそっくりな
ワンちゃんにウチの親が出会ってしまいました。
ペットショップにいた生後4ヶ月。
翌週、もう一度親が見に行くと
販売価格が3分の1に落ちていた。

大きくなってしまうと商品価値が下がるそうで
(たった4ヶ月で決定してしまうのだそう)
かつては、売れ残りは処分対象となってしまって
いたらしく、その後の経緯をネット検索してみると
とても痛々しいものが数多くあったようでした。
動物愛護法のおかげでだいぶマシなんでしょうが
それでもまだ可哀想な子はいるでしょう。

「ペットショップ 売れ残り その後」
などと検索するといろいろな情報が出てきます。
すべてが真実とは限りませんが・・・
今でも隠れて悲惨な現状があるのかもしれません。

そんな不安から、我が家の家族として
来ることになりました。
最初は様子を伺うように
おとなしかったらしいのですが
私が帰宅して抱っこした時から
わんぱくボウズに豹変。
他の犬猫を追い掛け回して
遊びたがるようになってしまいました。

今まで最短生後10日で我が家に来た子もいましたが
4ヶ月経っていたからといって、
愛くるしい子には変わりありません。
逆にちゃんとおしっこ等が仕込まれていて楽です。
できればそんな時間が経ってしまった子を
愛おしく思ってくれる家族に出会ってほしいと願います。
そういう出会いに巡り合える子が1つでも多く
あるといいなぁ。

ちなみにウチのはオスのペキニーズです。

20160824_204641.jpg
なかなかちゃんと写真にとれなくていまいちですが、
おかげでいつも以上に我が家の笑顔が増えています。

−−−−−−−−−

稀ではありますが自分自身が患者になって
他科を受診することがあります。
何度かかかっている所なら
慣れもあり、いつもな感じでよろしく
的なこともあります。

しかし、そこがお休みな時に
他所のクリニックにかかると
かなり淡白な対応に驚きます。

まぁ、私自身が歯科医師であることを
告げたうえでの対応ですので、
多少は他科の専門知識もありますし
一般の患者さんとは
対応が異なるのかもしれませんが、
2つある診療室を行ったり来たりする先生ですと
こちらが質問しようとするタイミングで
立ち上がり別室へと歩みを進めている途中だったり。

ウチではやりたくない対応ではありますが、
無意識でそう感じさせてしまうことも
あるのかもしれませんね。
通ってきてくれている
患者さんはどう思っているのでしょう。

単なる行き違いということではあるのでしょうが、
2人の間で
意思や話の内容が異なる事は起きます。
受け手にどう伝わるのかはとても難しい。

時折このブログのコメントでも
そんなことしか伝わってないのかと
思い知らされることもあれば、
その程度の意見で噛み付いてくる人
なんかもいたりして、
分けわからんものは消したり、
ときに残したりしていますが、
事実このブログは
万人受けするつもりではないので
当たり障りのないことで済ます内容に
まとめることはないでしょう。


以前も書いたかもしれませんが、
「寝しなのジュースはやめようね」
と伝えたら
「ジュースはやめてスポーツドリンクにしました」
と言われちゃったことがあります。
こちらとしては、ジュースというカテゴリィの中に
スポーツドリンクが入っているという感覚
だったのですが、その子にとっては別物でした。


「軽くだったら運動してもいいですよ」
と伝えたら
「軽く100km走っただけだったんですが・・・」
と言われてしまった事もあります。
24時間テレビでタレントが1日中かけて走る距離が
軽い運動だというその方の本気の運動は
200km走り込むレベルだったと、
ウチで4年以上診療していて初めて知ったわけです。
マラソンレースなどにも参加されていることは
知っていましたが、
私の知人でレースに出る人の5〜10倍の練習量
だとは思ってもいませんでした。
私の勝手な思い込みです。


抜歯やその抜いた歯を処置して再び戻す再植治療
などの外科処置はウチでは定期的に行うのですが、
時折、治りが悪い人がいます。
おかしいなぁと思っていたんですが、
ウチでお渡しするウガイ薬が終わったことで、
心配になり、イソジンなどで自主的にウガイしていた、
ということを知ったのもつい最近です。

特に抜歯再植治療などを行うと、
回復するための細胞が弱々しい時期があります。
イソジンなどは殺菌力が強く、
その弱々しい時期の回復細胞まで殺してしまい、
治りが悪くなってしまうことがあります。

ウチで作ってお渡しするウガイ薬は成分的に
そういうことはないので、
回復期になるまでの2次感染予防として
使ってもらうのですが、
「使い終わったら普通に水だけでいいからね」
と伝えても、外科処置後になるわけですから
心配してしまう人はいるはずでした。

患者さん本人的には悪いことをしていない
つもりなので、治りが悪いことへの
思い当たる原因を聞き取りしたくても、
イソジンなどの使用を含めてくれません。
逆に、
自分の身体が治る力がないのか?
この歯が手遅れだったのか?
とマイナスに思われてしまうこともあります。


キャラメルなどで
小さな銀歯が取れることはありますが
ベーグルなどのモチモチしたパンで
取れることがあることも数年前に知ったばかり。
それまで食べたことがなかったので、
あわてて粘着力を確認しに、
複数の店のベーグルを食べ比べてみたものです。


臨床経験という言葉に集約されてしまいますが、
教科書には記述のない現場での体験からくる
積み上げられた知識や技術には、
些細なことではありますが、こんな体験談でも
底上げされて分厚くなってきます。

何万人診ている、
インプラントを何万本打った経験がある、
なんていう臨床経験とは異なる臨床経験ですが、
現場で、患者さんと触れ合うことで知る
大切な情報です。
コレばかりは流れ作業的に診療していても
気付けないことでしょう。

同業関係者の方もチラホラ「見てるよ」
と言われるこのブログですので、
経験談の参考になるようなことがあれば
幸いです。
ご活用ください。

−−−−−−−−−

なぜ2回に分けないのだと
突っ込まれるであろう長文を御一読いただき
ありがとうございました。
先の2文を足したことで、
今更短い文に編集し直したり
新しいのを書く時間もないので
このままアップします。

まだ暑い日々ですが、
身体にはお気をつけて。


カラフルあっぷるいーと3.JPG





posted by あっぷるいーと いんちょう at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック