2015年12月03日

2015年12月の予定&歯のすり減りから見た歯の年齢

2015年12月の予定

 5日(土);17時30分終了
 9日(水);19時00分終了
11日(金);19時00分終了
14日(月);午前休診/午後から診療
15日(火);19時30分終了


12月30日〜1月5日まで正月休み


となります。ご注意ください。

また、差し歯や入れ歯などの製作も
正月前までに完成させるためには、
事前準備をし、セット後の調整する時間も
考慮するとタイムリミットを迎えてしまいます。

先月中旬より製作物でいっぱいいっぱいの状態が
続いておりますので、基本今後の製作物は年明けから
はじめることとなります。こちらもご注意ください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ここのところ、昼休みも入れ歯を作ったりと
お仕事中なもので、帰宅したらいつの間にか
テレビもつけっぱなしで眠りに落ちていたりします。
翌朝なんとか診療に間に合う時間に起きても
通勤で使う吉祥寺通り沿いに道路工事が始まったり、
2軒続けてマンション建設が始まったりして、
道路規制されることがあったりと、
遅刻しやすくなってしまいました。
朝一の予約の方で、その煽りをくってしまった
患者さんには誠に申しあけありません。

ついでなので一応。朝やお昼休み明けのときは、
診療開始時間の15分前から
ドアを開けておくようにしていますが、
あきらかに早すぎて来院されてしまう方もいます。
申し訳ありませんが、スタッフの着替えや診療準備など
防犯という意味でも不安が生じる可能性がありますので、
15分前以前はいかな理由があろうとも
待合室への入室はお断りしています。
よほど早く準備が終わった場合のみ
早めに開けることもありますが、
基本は、9時45分、15時15分以降の入室となります。
それ以降でご来院くださいますようお願い致します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、以前も書いたかもしれませんが、
歯の磨り減りのお話にしましょう。

すべて下顎の前歯です。

最初の写真は、20代の方です。

00001.jpg

歯並び的に噛み当たらない方の歯ですので
綺麗な形のまま残っています。
よく見ると歯の先端が丸くなっているのが
わかるでしょうか。
本来の形は流線型が組み合わさって出来ています。


続いての写真は、40代の方です。

00002.jpg

真上から撮影しているので見にくいですが、
平坦化しているのがわかるでしょうか?
拡大してみてもらえると良いのですが、
よく見るとオレンジ色っぽい線が見えますか?
表層のエナメル質が削れて、
内部の象牙質が見えてきています。


最後の写真は、60代の方です。

00003.jpg

くぼんでいるのがわかりますよね。
中央のくぼみが象牙質、
その周囲の白いのがエナメル質。
先端のエナメル質はなくなり、
内部の象牙質が丸見え状態。
象牙質のほうがエナメル質より軟かいので
先に削れてしまうためクレーター状になっています。


実はこのどれも年齢相当の状態ではありません。
経年劣化によって多少は歯が削れてしまいますが、
本来なら、
40代の写真程度の磨り減りが、
60代相当に該当します。

ちなみに
20代の方の写真は8歳くらいと同等の綺麗さです。
60代の方の写真は経年劣化というなら100歳を超えます。

歯ぎしりなどの影響ももちろんありますが、
顎関節症になる食べ方や
猫背の影響のほうが多いです。

基本歯ぎしりは左右に行うことが多いですから、
前歯の磨り減りがここまで大きくなるのは
極端すぎるのです。

下の前歯の「ど真ん中」の写真です。
ご自身の歯も確認できる場所です。
ぜひ比較してみてください。


PS、アップできてよかった。
スマホでやろうとしたら写真アップが
なかなか反応してくれなくて。



カラフルあっぷるいーと3.JPG





posted by あっぷるいーと いんちょう at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック