2015年02月16日

唾液と舌の話・・・健康教室B

私が担当した、歯つらつ健康教室で話した内容の
続きです。(今回は第3回目の最終回となります)
1回目・2回目を見ていない方はそちらを先にどーぞ。

さて、3連続・連日のブログ更新となりましたので、
久々に来られたブックマークしていただいている方々は
戸惑っておられるかもしれませんね。
とりあえず、次回更新は3月の予定&駄文となるでしょう。
ドラム発表の結果報告とともにお送りできればと思います。
なのでそれまでは、練習させて・・・
ということもあり、書いちゃアップ、書いちゃアップ、
となりました。
読むほうも大変でしょうが、
できれば3連続で一気に読んでください。

―――――――――――――――――――――――――――

それでは、このまま舌の話にも進みましょう。
最近、健康番組・医療系のテレビでは
唾液を出すために舌を動かそうと言っていますが・・・

舌を動かす意味を考える前に、
まず舌の働きを知ってください。

舌の機能の代表的なものは4つ。

1:味覚
2:発音
この2つは皆さんもご理解できるでしょう。
味を感じる、言葉を話す、に舌は不可欠です。

先ほど唾液の話をしたときにも出てきました、
味覚も唾液を出すためのスイッチの1つです。
また、発音つまり会話などは、
お口の周囲の筋肉をフル活用して行うので、
口内環境を守ることにもつながります。

3:咀嚼(そしゃく)
食べ物を歯の上に乗せたり、
左右の歯に乗せ換えたりすることで
歯で噛み砕けるようにサポートしています。
そして・・・
4:嚥下(えんげ)
歯で噛み砕き、唾液と混ぜて軟らかくしたものを
舌が喉の奥に運び、ゴクリと飲み込む。

人間の身体は食べたもので作られています。
舌は生きるために必要なものです。

そんな舌に、SOSのサインが現れることがあります。

たとえば、本当に高齢者に多い
「会話をしない日」が頻繁に起これば、
「食事以外で口を使うことがない日」が増える、ともいえます。
当然、唾液は出にくくなるので
「入れ歯を入れると痛い」と感じ(潤滑されないので)、
はずしてしまいます。

その食事でも、
噛む所が少なくなった状態で食事をする場合、
入れ歯も入れないのでは噛み砕くこともできず、
丸飲みに近い状態となります。
アミラーゼもリゾチームもラクトペルオキシダーゼも
ほとんど出ない状態での丸飲みですから
胃腸にも負担をかけますし、
今回お話しすることはできませんでしたが
消化吸収のスイッチも『噛むこと』なんです。
そのスイッチも押されないで、胃に取り込んでも、
ほとんどそのまま便として流れ出てしまいます。
体力的に弱っているといえます。

その状態で黙っていると、
精神的・肉体的ストレスが増します。
そして多くの方は「くいしばっている」。
残った歯にとっては負担過重。
もっと唾液が出てきません。

『舌の横のフチ、ボコボコに歯形がついている』
(歯があればですが)
そんな人は、本当に強く「くいしばって」います。

そしてもう1つ。

舌を上顎(うわあご)につけて、舌裏を見てください。
『黒くボコボコした血管が浮き出ている』
本来はピンク色が健康状態です。
多少、黒いくらいならそんなに心配はいりませんが、
その黒さや太さが増すと、
昔、流行ったドロドロ血の状態。
口を動かさないから、「血液の巡りが悪くなっている」。
もっともこれは、体中の血液の巡りも悪くなっていると
考えられるということでもあります。

栄養が足りていない、水分が足りていない、
その方の状態を総合的に見て総合的に判断することですが、
そういうSOSサインだということです。

特に覚えておいてほしい2つのSOSサインですので、
意識してみてください。

そんな、口を動かす機会が極端に少ない人には、
口を動かす機会を作ることが必須になってきます。

しかし口を動かすといっても、
アウアウとちょびっと動かすだけでは意味ないですし、
無理に大きく開けることでアゴの関節が外れても困ります。

そこで、舌の運動が大切になってきます。

舌は、下顎(したあご)だけでなく、
首のほうや、上の方にも筋肉がつながっています。
舌をしっかり動かす運動をすることで、
お口のまわりの関係してくる筋肉をほぐし
日常でちゃんと会話している人の筋肉と
同等に近い状態にできます。

そういう意味で、舌の運動を活用してください。

舌の運動だけでなく、声に出して歌うこともいい。
1人でもできることはいろいろあります。

最近では、健康番組だけでなく、
歯科や耳鼻咽喉科などの先生も
しっかり舌を動かせば唾液が出てくるようになるから、
と言ってしまうことがありますが、
舌が動くことで出てくる唾液は「舌下腺」という
3大唾液腺の1つが主です。

しかし、3大唾液腺から出る割合は、
耳下腺  約25%
顎下腺  約70%
舌下腺  約5%
です。

だから「しっかり続けないと出ないから」
という言葉で終わってしまうことがあるんです。

舌を運動しても直接唾液は少量しか出ませんが、
舌を含めた「お口全体」を動かさない習慣が
当たり前となっていると、唾液は出にくくなります。

これも先ほど述べた、牛の搾乳をする手のように、
唾液腺を刺激するのは周囲の筋肉だからです。

歯がないから食べない・丸飲みする。
それじゃ唾液は出ません。
「くいしばり」や「会話もしない生活」では、
口の周りの筋肉もこわばります。

『歯を守る』ことで唾液を出す。
『お口の周りの筋肉をほぐすため舌を動かす』。
身体の健康を守るのは、
お口が健やかである『健口』
(歯科や行政の用いる造語ではありますが)
が、大切なんです。


―――――――――――――――――――――――――――

という内容のお話でした。
本番当日は、このような文章にせず、
スライドに軽くメモを添える程度でお話ししたため、
言葉としてどれだけ伝えられたでしょうか?

まぁ、それなりに、好評だったようですし、
センターの衛生士さんも喜んでいたので、
成功だったのではないかと思われます。

ちなみにその後、センターの衛生士さんによる
・咀嚼筋や嚥下運動の模型を用いた講話
・お菓子を用いた摂食・嚥下の体験
・舌や表情筋、手や指の運動
・歌唱によるお口周囲の筋肉の活用
なども行われ、
全部で1時間30分ほどの
『歯つらつ健康教室』となりました。

衛生士さんのコーナーは私にとっても勉強になったので、
きっと皆さんにとっても役立つことでしょう。

武蔵野市では、
毎年3回の募集があり、
全6回講習で行われています。
お時間のかかることですから
お気軽にとは言いにくいですが、
よろしければぜひご参加ください。


カラフルあっぷるいーと3.JPG







posted by あっぷるいーと いんちょう at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 全身に関わる歯科の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414128909

この記事へのトラックバック