2015年02月15日

唾液と舌の話・・・健康教室A

私が担当した、歯つらつ健康教室で話した内容の
続きです。(今回は第2回目の内容となります)
1回目を見ていない方はそちらを先にどーぞ。


先に余談を、
本日2月15日は宮地楽器教室バンドリハの日。
原曲上はフェードアウトで終わるところをどうするか、
なんかを決めたり、
最初で最後のメンバー勢揃い(次は本番で)なので
実力のほどが初めてわかる時。

1曲40分近く繰り返されるのだが、
ドラムの場合、
ゴダイゴのモンキーマジックなんかは
レッドツェッペリンの移民の歌と
同じフレーズを繰り返すものだから、
リキんじゃうと足がツリそうになったり、
体力消耗したりで、結構グッタリです。

風も強く砂舞い散るものだから、
目や車内にも飛び込んでこられちゃって。

まぁそれでも、
ベースの先生に去年より良くなったねぇと言われたり、
他の上手いメンバーから
新宿でビッグバンドあるんだけど来ない?
と勧誘されたり(これ以上やりきれないので断っちゃったけど)
なんていう嬉しい言葉ももらえたので、
結果良い日でした。

とりあえず今回のシリーズブログは、
今月内に終わらせなくちゃいけないし、
何年後になるかわからないけれど
私の任期が終了した後に引き継ぐであろう先生にも
わかるようにスライドの原稿をあげたいので
同時進行で書いているようなものです。
だから講演した時の記憶が薄らぐ前に書きあげねば。

バンドの本番まで2週間。
ビッグバンドの練習もあるし、
委員会もあるし、
記憶が上書きされる前に書かねば!
(ここのところ、本来の趣旨から離れたブログしか
 書けていなかったのでちょうどイイしね。)

継ぎ足しもあるので今回でも終了できていません。
では本編です。

-----------------------------------

だから、唾液が減ると・・・

・潤いがないから口が渇く
・滑らないから傷つきやすく、口内炎もできる
・飲み込みにくくなり、むせる
・汚れが流れないから歯垢がベッタリ
・口臭がする
・中和されないから刺激物がダメになる
・消化不良
・殺菌されないから風邪をひき易くもなる
・歯周病になる
・再石灰化しないので虫歯になる
・味覚が狂いご飯が不味い
・口の中が苦い
・脳や胃腸などの全身への影響
・癌や血管などの生命への影響

などなど、いろんなリスクが起こります。

ではどうすればよいか?

・・・それは唾液の出る仕組みを正すことです。

たとえば「梅干し」を連想するだけで
唾液が出ることがあります。
その秘密は脳の中にあります。

唾液が出るためには、脳の『唾液核』という
唾液を出す司令塔のスイッチを押すことです。

美味しそうなものを見ることで視覚中枢を介して、
美味しそうな香りを嗅ぐことで嗅覚中枢を介して、
美味しいものを味わうことで味覚を介して、
『唾液核』のスイッチを押すことができます。

しかしもっと直接的にこのスイッチを押すものがあります。

最強のスイッチは『歯』にあります。

歯の神経というと、
虫歯の時に痛んだり、
感染すると取りましょうと言われてしまう、
歯髄を思い浮かべるでしょう。

しかしここでいう神経とは、
歯と骨をつなぐ部分にある
『歯根膜の中にある神経』のことです。

歯は親知らずを含めると、32本あります。
1つ1つの歯に対応した脳細胞が存在します。
つまり32個の脳細胞が唾液を出すスイッチとなるのです。

歯があって噛むという行為をすることで、
唾液が出る!

さらに咬む行為で使う筋肉は、
まるで牛の搾乳をする手のように、
3大唾液腺を刺激します。

結論は
『歯を失わないこと』です。
そのためには、歯を失う原因を早く治すこと。
歯が元気でいられる口内環境を作りましょう。

汚れると細菌感染します。
また、
歯を1本失うとその負担は他の歯が代替します。
失った部分を補うように、顎や舌の動きも変化します。
歯並びが悪いと過重バランスが悪くなり、
それもまた負担となります。

過重負担の原因ともなる、
猫背や歯ぎしり・くいしばりなどの悪癖も
直す努力が必要です。

逆に、「今日誰とも会話してない」なんていう方も
口内環境にとっては悪いです。
使わない機能は退化していきます。
精神的にも負担となれば
それを補うために肉体的にも負担となります。
それが様々な病気の要因として必ずあげられる
『ストレス』です。


それでは、このまま舌の話にも進みましょう。
最近、健康番組・医療系のテレビでは
唾液を出すために舌を動かそうと言っていますが・・・

-------------------------------------------

ということで、せっかくなのでひっぱります。
(話の切れ目ではあるので)

ついでに、ここまでの内容で出た質問に関して、
気になるものがあったので述べておきます。

「歯を失うと顎がズレるんですか?」
という質問に私はこう答えました。

人は2本足で立っています。
もし右足を大地に触れないように立つと、
人はバランスをとるために、
左足1本で立てるように重心を移動させます。
これが顎がズレる正体です。

せっかくなので続けてみましょう。

さらにそのまま左足1本のまま立ってみましょう。
バランスを崩しだし、グラグラしてきます。
重心が不安定になりやすい状態だからです。
これが、どこで噛んでいいか、わからなくなっている状態。

さらに我慢して左足1本で立っていましょう。
左足の筋肉が疲れてプルプルしてきます。
これが咬み合わせのバランスが悪くておこる偏頭痛とか。

それでもまだ我慢して左足1本で立っていましょう。
左足の感覚がなくなってきます。
血の巡りが悪くなり、ツライことさえ感じなくなります。
その状態の時間が長くなれば骨も変形してきます。
はい、顎関節症(レベル4の最終段階)の出来上がりです。


・・・伝わるでしょうか?
唐突に出た質問でしたが、
比較的わかりやすいんじゃないかなぁ?
と思ってやってみたのですが。
(スライドとか用意しておけばよいのですが、
 見せることができない状態で、何人もに
 知ってもらえるようにするって、結構難しい。)

まぁ、さらに顎関節症の話までしたいところではありますが、
決められた講演時間という制限があるしねぇ。
という、苦肉の策でした。


それでは次回をお待ちあれ。
(今のところ次回完結予定です)


カラフルあっぷるいーと3.JPG





posted by あっぷるいーと いんちょう at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 全身に関わる歯科の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414118126

この記事へのトラックバック