2014年11月24日

テレビ&雑誌の特集って1側面だから気をつけよう

最近は歯科関連のTV放送が増えていますね。
歯周病やらドライマウスやら往診やら。
様々な裏事情を知っていると、
アホらしく思えることもありますが。

歯科業界としての、
正しいことと、
その程度だけしか理解されていないことと、
歯科業界に進出してきたその他の業界の見せたいこと、
などが中心として描かれているなぁ・・・。
弱点には触れもせず。

まぁ、私も
全ての番組をチェックしているわけではないので、
各番組の内容を非難することはしませんが、
おかげで、来院されてくる方々に、それらに関して
質問される機会が増えてしまうので、
いくつかは、ここで答えてしまいましょう。
ウチならではの見解と思ってください。

まず、
「徹底的に歯を磨くことが最重要である」
という内容に関して、
これは正しい・・・ただしそれだけではない。

徹底的に磨き上げれば、虫歯や歯周病のリスクは減り、
健全な口内環境を維持しやすくなります。

ただ、見かけ上の健康状態を保っている人もいるんです。
1日3回、
フロスや歯間ブラシも使い、
夜だけは1時間近くかけて磨いている人もいます。
見かけ上は、とても綺麗そう。
でもハグキの中は隠れ炎症があることも。
表面的には綺麗なハグキをしているからと、
ハグキ表面までのコントロールで終わってしまうと、
気付かないまま歯周病が進行していることもあります。

歯周病は細菌だけでなく、噛む圧力が強すぎてもおこる。
噛む圧力は当然ながら、
ハミガキでコントロールできるものではありません。

また、磨き残しによる歯石のつき方でも、
「磨けていない」と指摘するだけでなく、
くいしばり、猫背、どういうふうに噛んでいるか、
などの判断材料となります。
そこからどの歯に圧力過多となっているかがわかる。
(まぁ、多くの専門家は知らないかもしれませんが・・・)

ちなみに骨密度によって、
ハグキの腫れが引き起こす状態も違うんです。
支える骨が溶けるか、歯が削れるか・・・などなど。
ウチのレントゲンは骨密度の判定もできるので、
必要のある方にだけお話していることなんですけど。

だから、磨けることだけじゃ足りないんです。
勿論磨けるほうが良いには越したことないのですが、
それだけに歯科医師サイドが目を奪われてしまえば、
お粗末としかいえません。

虫歯も歯周病も他の口腔内疾患も、
ハミガキとの関連が一番多い。
しかし、それだけで変わるなんて単純だったら、
我々、歯科医師の存在は必要なく、
歯のエステティシャンがいればよいだけ・・・
そんなレベルではないんです、口内環境のコントロールって。


ついで、ドライマウスのことも触れましょう。
お決まりのトレーニングが、
「パ・タ・カ・ラ」発音と、舌の運動。

破裂音で舌を動かし、さらに前後左右に大きく動かす。
・・・舌を動かすことで出てくるツバはネバネバです。

ウチでドライマウスの患者さんの治療をするときは、
サラサラの唾液が出るようにしましょうと言います。

たとえば、貧血や脱水状態、服用薬剤の副作用などで
ドライマウスになっている場合は、
身体の状態が悪いので、唾液が出ない。
そんな人にとっては、比較的出しやすい唾液である、
ネバネバ唾液だけでも出したい状況です。
そういう人に、舌の運動をおすすめすることは有益です。

しかし大多数のドライマウス状態がある人には、
唾液が出るだけの体内環境があります。
しかし、隠れ炎症やくいしばり、噛み合う歯がない、
などの口内環境が悪くて、ツバが出ない状況がほとんど。
そんな人に、
ネバネバ唾液ばかり出させようとすることは間違いです。

ネバネバ唾液過多とは、交感神経興奮状態。
つまり緊張しっぱなしのくいしばり状態ともいえます。

サラサラ唾液過多であれば、副交感神経優位の
リラックス状態にあるともいえます。

口内環境にとって、(体内環境や精神環境にも)
サラサラ唾液が多いほど良い環境といえます。
そして残念ながら、
いくら舌を運動しても、ここにはほぼ無関係。

ツバが出ない状態を、
何でもかんでも同じと考えちゃいかんのですが、
まだ、専門家を名乗る人々も
素人状態みたいなもんな分野ですし、
しょうがないんですけどねぇ。
臨床をちゃんとやればわかることなんですけど。

テレビの影響ってすごくて、
まれに患者さんにドライマウスの話をすると
「じゃぁ舌の運動しなくっちゃ」
と返事されることがあるんです。
・・・いいんですけどね。四六時中やってくれるなら。
ツバは24時間出ていることが理想ですから。
まぁ・・・ウチでお伝えすることは、
載っている本すら探すのは困難なことですし。
伝わる人にしか伝わらないのは自覚していますしね。


最後に歯科往診のことについて簡単に触れましょう。
やっているクリニックに相談されるのもいいですし、
市役所の生活福祉課などに相談されるのもありです。
各地域の歯科医師会に相談されても対応してくれます。
介護福祉士などに相談されるのも可能でしょう。
結構対応可能なクリニックって探せばあるんです。
ただし、それを専門としている所以外は、
昼休みや休診日のみの対応となってしまいますが。

仲介業者・紹介業者ビジネスに頼るのもありですけど、
上前を掻っ攫うようなビジネスですから、
かつて私はその提携の申し出をお断りしました。
患者さんに向き合い何度も通ってケアすることは、
難しいビジネスライクな仕組みになっていましたから。
最近はどうなのかは知りませんが・・・。

往診に携わる場合は、通院困難な人が対象ですが、
本当に難しい人や、終末期医療に差し掛かってしまう方、
そういう方々の治療って、
歯科クリニックだけでどうこうではなく
病院医師やケアマネージャー、栄養士や理学療法士、
様々な連携をとり合うことで支えています。
考え方にもよりますが、プロ同士の真剣な場ですから、
気軽に医療スタッフのような顔をした営業マンに
入ってほしくないんですけど・・・、時代ですね。

その患者さんに必要な治療ができれば、
往診を希望される方にとっては、
どこのクリニックでもよいわけですから。
できるだけ放置しないようにしてください。

寿命と健康寿命という言葉を知っているでしょうか。
病気になり日常生活に支障が出られてから、
お亡くなりになるまで
男女とも平均10年くらいの差があります。
つまり、
10年くらい介護生活になってしまうことが多いということ。
そこには、歯科往診のシステムも必要になってきます。
できるだけ近場の先生や、
かかりつけの先生が対応してくれることが
最も良いでしょうが、まずは相談できる窓口があるので、
必要のあるご家族は、窓口に声をかけましょう。


他にもいろいろ目にしましたが、
書ききれないのでこの3つに絞りました。

出演する医学関係者がどーのこーのというわけではありませんが、
お決まりで出演される某教授が突出した専門家かといえば・・・
研究している専門家ではあるのでしょう。
警鐘を鳴らすための広告塔としては優秀です。

結構あるんです。テレビや雑誌の出演・取材依頼。
でも、ちゃんと話を聞くと、
ウチじゃなくてもいいよね、と言いたくなるものばかり。
ろくすっぽブログも読んでないから、一から話をすることもある。
ホントに時間の無駄な出演交渉って、
何を知ってウチに話を持ってくるんでしょうね?

とあるベスト100選的な本ですら、
載せてあげるから数十万ね、とかって言われます。
その出版社は1冊出せば売れなくても数千万の儲け。
どうやら、矯正やインプラントなど、細かく分野分けして、
何度も美味しい思いをしようとしているようです。
広告として出すならいいけど、
基本的に出版社社員が誰一人受診したことのないクリニックを
何基準かもわからず推薦します、と出版されてもねぇ。
とお断りしたばかり。

あけっぴろげに有名人になりたいわけではないので。

よっぽど真剣に依頼されれば、
いずれは出演することもあるかしら?
まぁ、依然書いた今日依頼、今日取材、明日朝一放送なんて
うすっぺらなものになりそうなものに協力はしませんが。

まぁ、ともかく。
メディアを使って警鐘を鳴らすには
それだけ歯学界でも認知されてきた病気であるということ。
だけれども、テレビなどで言う治療や予防は、
たった1つの側面でしかなく、
1/10すらもモーラされていない内容ですので、
そこで言ったことだけでは足りません。
編集もあるしね。
特集なんて、機械屋さんや学会などが広告したい時にしか
されないのが残念なんですが。
まぁ、テレビも雑誌もスポンサーありきですから。

私の実感ですけど、どんなに経験を積もうと、
こうだろうと予測したことに当てはまらない人は必ずいます。
その患者さんのことを知り、
少しずつ自分の中のデータベースを増やしていくことでしか、
対応できません。
現場はお決まりごとだけでは成り立ちません。

だから、テレビなどで目にした内容は
警鐘として受け止めてもらい、
自身にとって疑わしい症状がある場合には、
そのテレビ&雑誌だけを鵜呑みにせず、
クリニックへ相談されるのがよいでしょう。



カラフルあっぷるいーと3.JPG













posted by あっぷるいーと いんちょう at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック