2014年10月31日

障害児施設へお邪魔して

なかなか書く時間がとれないまま
今月も終わろうとしています。
最近、歯科の事、書けてませんもんねぇ。
いろいろネタはあるのだが・・・

そこで今日体験してきたことを書きましょう。
10月の予定でも書きましたが、
30日は歯科医師会役員としてのお仕事で、
障害児施設へ訪問して、
食事風景や歯の状態を見させてもらい、
施設スタッフや御家庭へ
フィードバック出来るような
歯科医師目線からのアドバイスをすること
を目的とした活動をしていました。

ちなみに
今日は3才〜6才の小学校入学前の
可愛いお子さまたち。

高齢者施設で言うならデイケアやデイサービスに
あたる時間帯なんですが、
こういうところでは何と言うのでしょうか?
様々な市の活動について、勉強不足な状態です。

ちなみに障害児の歯科治療の経験なら
豊富とは言えないまでも、それなりにはあります。
親御さんと共に通院できる子供であれば、
大抵の治療は可能でしょう。

どちらかと言うと大変苦戦を強いられるのは、
成人になっていらっしゃる重度障害がある方で、
意思疏通が難しいけれど、1人で通院される場合、
問診による病状悪化の経緯が計れず、
場合によってはレントゲンもとれず、
どんな薬を飲んでいるかもわからず、
かといって、
軽い処置で変化をみることも意思疏通ができないと困難、
極端な処置にすれば症状は改善できるが、
できるだけ元の状況に近い改善をさせたいという理想や、
将来的に長持ちしやすい状態の構築を目指す治療とは
かけ離れてしまう可能性も出てきてしまいます。
結構難しいんです。

たまに人に話すと、笑い話扱いになってしまいますが、
成人の方でパーキンソンを患い
常に一定のリズムで頭を左右に振る方の治療をしたときです。
強引にその頭を固定しようとすると、
悲鳴のような叫びをあげ、手足までバタつかせますし、
首振りの力も強烈で支える男の手ですら難しい。
その首振りのリズムと範囲に合わせて、
私自身の肩から手までを動かしつつ、
視界はぶれないように、ミラーも回転させ、
自分の体幹はいっさい動かさない。
使う道具はみんなと同じタービンです。
曲芸じみてますが、
武道と楽器の経験と歯科医師としての経験、
そしてその患者さんを不安に感じさせないことに配慮した
首振り行為の容認によって、
そのリズムが狂うことが最低限で済んだ事による幸運
もあったと言えるでしょうか。
ちなみに1回の治療で済むはずもない多量虫歯。
同じ状況のまま何回もやったわけです。
油断できないのは、パッと見同じことが起きているからといって
同じとは言えないということ。
1本1本の歯、どこをやるかによって、私の体勢や角度は異なり、
患者さんだって、その時の心境や来院までに何をしていたかによって、
首の振り方も変化します。
端で聞けば、苦労話や笑い話でいいでしょうけど、
こっちとしては、現状把握、あらゆる事態の想定と対応、
予期せぬ行動に出た場合の反射的防衛策、最善の治療法、
等を考えた上で、
患部の歯への集中、首振りのリズムと範囲への警戒、
手足などの予期せぬ行動に出るサインがないかのチェック、
などリアルタイムで感じていなければならないので、
たぶん他の人が見たこともないオーラを出しまくっているかも?

人差し指がピクッと動くだけで、
警戒体制をとれるようにしなければいけない訳です。
そんなに苦労するなら大学病院に送れば・・・
ある意味全うな意見ですが、
人員があり拘束具がある所で、
心因性の恐怖感をあおってでも、歯の治療が優先されるべき、
というのは最終手段だと思っています。

よく「くいしばり」のことを書きますが
障害者ほど顕著に強烈なくいしばり跡があります。
それだけ歯のダメージが大きく、
肉体的にも精神的にも影響を受けていると想像できます。
病気のせいで歯に甚大な被害が及ぼされ、
その歯のせいで、病気を更に悪化させたり、
他の症状が現れるきっかけとなります。

あっぷるいーと吉祥寺歯科に、
噛み合わせ、くいしばり、顎関節症、ドライマウス、小児矯正、
などを主訴として御来院された方はわかるでしょうが、
御自分の気付かない癖が歯に影響を及ぼしている状況が、
理解はできても、簡単には改善できないでしょう。
それだけ身体に染み込んだ悪癖を取るのは大変です。

健常者でも、一朝一夕にはできないことを、
話の理解もできず、異常なくらいのくいしばりを
日常茶飯事に行う障害者に求めることは難しく、
100ある力を、
健常者なら70、50、目指すは0、だとするなら、
重度の障害者は99でも98でもいいから下げてあげる
ことを目指すと言えることも多いです。


だからこそ、悪癖が重篤化し、抜けなくなる「前」の、
子供の時期から、ちゃんとアプローチしていきたい。

食べることにも不安がある状況を改善し、
更にその先まで・・・
とても1回でできることではないんですが、
できることはしたいわけです。

現時点では、
この小学校入学前の時期までの最低限のフォローアップと、
義務教育が過ぎて、成人と呼ばれる前後の時期以降への、
フォローしかできていません。
そういう子供たちを受け入れる学校の中へは、
歯科医師会としてフォローする状況にはないので、
大丈夫なのか、手伝う必要はないのかなどを、
市から確認してほしいとお願いしている最中。

また、こういう施設へも
もっと積極的に参加できた方が良いのだが・・・
親御さんや行政や、様々なことを1つ1つクリアして
いかなければならないので、まだ小さな一歩ですが。

特に今回お邪魔した施設は、
理事長先生からして尊敬できる人物だと思いました。
田舎のおばあちゃんを思い出すような温かさと、
子供たちの将来を考えた校長先生のような触れ合いと、
こういうお仕事ですから、どんなに経験を積み重ねようと
毎日が一歩一歩手探りでしょうけど、
それを真摯に受け止めて何をしてあげられるだろうかと
行動している意欲を感じました。


社会福祉の一環であり、
その中でのたったヒトコマの経験ではありますが、
もどかしくて歯がゆい。
こういう理事長や各スタッフのもとで、
歯科医師として、
もっと積極的に参加して、一緒に子供たちを見守れないかなぁ。



カラフルあっぷるいーと3.JPG


posted by あっぷるいーと いんちょう at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 全身に関わる歯科の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408045533

この記事へのトラックバック