2013年08月14日

スマホ依存症で顎関節症に

以前、猫背の人ほど「くいしばっちゃってる」という
ブログを書きました。

そのせいか、
吉祥寺の街を歩くたびに、
どんだけ猫背の人がいるかなぁって
見るようになっちゃいました。

横断歩道の赤信号で待っている時、
向かいの歩道をまっすぐ歩く人の
「背骨と肩と頭」の位置。
・・・すごく良くわかります。
「背骨」より「頭や肩」が前方にある人がほとんどだぁ。

クリニック内でお話しするとき、
お仕事上のPCマウスの使い方、
カバンの持ち方、
小さなお子さんとの手のつなぎ方、
椅子の座り方と手の位置、
などをメインに、
日常生活で陥りやすい猫背 ⇒ 顎関節症との関連
をお話しすることが多いのですが、
先日患者さんとお話ししていて、
「スマホ依存症」による弊害もあるなぁと気付きました。

昨日、ヤフーニュース&産経新聞で取り上げられた本
「スマホ中毒症」
スマホは“21世紀のアヘン”であると副題に書かれています。

オーバーすぎるタイトルのように思われますが、
インターネット中毒に陥っている人の脳の損傷状態は、
アルコール中毒やヘロイン中毒患者と極めて似た状態だという研究もあるそう。

インターネットへの依存性が高く「病的」とされる
中高生が50万人以上もいるという報告も。

ベネッセ教育総合研究所が発表した調査結果では、
【1週間、ほとんど毎日スマホと接する】2歳児は、22.1%にのぼったそう。
その大半が【外出先での待ち時間】に使わせており、53.3%となっています。

・・・そういえば、クリニック内でも、
お母さんの治療を待つ子供に、スマホを渡す場面が増えました。
少し前は、3DSなどのゲーム機、
もう少し前は、マンガ本だったような。

昨年3DSで遊んでた小学生が、
最近では自らスマホを要求する場面もあります。

20130813_2309152.jpg

私が子供の頃は、
ドンキーコングが落としてくる樽を左右によけながら梯子を登りきる、
ビルから滴り落ちるオイルをマリオが左右に動きバケツで受け止める、
などの単調なゲーム機しかありませんでしたが、
それでもハマったもんです。

ファミコンやツインファミコンは持っていた小学生時代。
いつの間にかやらなくなった中高時代。
大学に入ってから、プレステ2で遊ぶ友達に、
「なんでそんなもんやってんの?」と悪態つきつつ、
その子がいらなくなったという、プレステ1をもらい
ファイナルファンタジー7にハマり、
その後またゲームに関心がなくなり、
周囲がゲームに興じ始めると欲しくなり、
気付けば、DS,3DS,PSP,VITAともっている。

スマホも、
ほっとけば1日、時計代わりにしか見ない日もあるけど、
防水ケースに入れて風呂で見るのは日課にもなってる。
(本を持って入る日もあるけど)
寝る前にベッドで見だしたら、何時間も経ってることもある。

そこで、気にしてほしいことを。
ハードカバーの新書本より小さいマンガコミック。
マンガコミックより小さい文庫本。
見開きの文庫本より小さいDSなどの携帯ゲーム機や
PS3などの家庭用ゲームコントローラー。
それよりも小さいスマホ。

だんだん小さくなり、軽量化・携帯性・多機能性があがる。
当然のようにそのコンテンツにハマる。
身を乗り出すというよりも、身を縮めるようになる。
もっと猫背になる。
くいしばる。
噛み合わせが変形する。
顎関節症になる。
ドライマウスになる。
口臭・着色・口内炎が増える。
口内環境の悪化で、体内環境も狂う。

・・・きっと現代の人たちの多くが悪化すれば、そのデータが
30年後の未来の人たちへの警鐘として役立つでしょう。

しかし今、
現代人を救う手立てはありません。
だって、スマホが普及して10年も経ってない。
2010年ころから広く普及しだしたわけです。
ただでさえ、データ不足。

スマホ依存症が、
目や脳に影響を与える研究はされていても、
歯や顎関節にも影響が出てるということを
調べそうな研究機関が思い当たらない。

ましてや、
大学病院ですら顎関節症に対応する処置が確立されてない。
専門科をクレジットしていても、ちゃんと治せず、
漢方を使って対症療法しているだけのところもある。

グーグル検索で「スマホ 顎関節症」と打っても
まったくヒットしませんもの。

研究畑にいなかったもんで、
私自身が論文を書いて警鐘を鳴らすというのもねぇ。

基本的に、
スマホ⇒猫背⇒くいしばり⇒顎関節症
という流れだけじゃないのが、顎関節症の原因。
ホントに多岐にわたるんです。

ただ、多くの人が、癖や姿勢の影響を受けてる。

ぜひ、街ゆく人々の横姿を見てみましょう。
7〜8割近くが前方傾斜してますから。

顎関節症を診断できないクリニックは多いです。
今まで言われたことないから、私は顎関節症じゃない
と思っている人も本当に多い。

歩きスマホに、運転スマホ(自転車も自動車も)。
どこにでもいる危険スマホ。
そんなのを見かけるたび、
読者自身は、自分の姿勢を正す癖をつけましょう。

予防こそ最大の防御です。
意識こそ最大の予防です。
気付くきっかけを見つけることこそ、意識することにつながります。
そこらじゅうに転がってますからキッカケは。

ヒトのふり見て、我がふり直せ。
そんなことわざもあるんです。


カラフルあっぷるいーと3.JPG




posted by あっぷるいーと いんちょう at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯・噛み合わせの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/371941945

この記事へのトラックバック