2013年07月31日

歯だけ見ててもわかることは限られます。

たとえば、2〜3分ほど会話を交わせば、
その人が普段、どう噛む癖があるのかの見当はつきます。

しかし、診断となると、
歯を見たり、レントゲンを見たり、
筋肉の硬直状態や身体の動かし方を見たり、
様々な方面から把握する必要があります。

正しく把握できれば、どうすれば治せるか、がわかります。

特に、顎関節症やドライマウスの診断には必須項目です。
歯石の付き方や、ステイン(着色)の付き方も、
その診断にとって必要な情報です。
(あまりそういう診断までされる人はいないでしょうけど、
私の場合、歯石を取る治療をすることで、
その人の噛み方の診断をしているんです)

治療行為をすることで、その人の状態が更にわかる。

ところが、先日、警察から相談されたモノは・・・
白骨の歯型写真のみ。

身元の特定をしたいので、
何かこの写真からわかることはないですか?
というもの。

・・・う〜ん?
一般的な特徴は話せるけど、
歯だけしか映ってないんじゃ・・・なんとも。

顎関節も、頸椎や背骨も写ってない。
噛み合わせも写ってない。
白骨じゃぁ、筋肉だってわからない。

現物を見せて触れるならば、もう少しは語れるけれども、
写真だけじゃぁ。

治療跡や歯のすり減りだけで判断出来ることって、

こういう特徴はみられるけれど、
その原因になりうる可能性は、
こういう場合と、こういう場合と、こういう場合があって・・・

多くを知り過ぎていると、
断定するにはこの情報が足りない!
ということに気づいてしまうため、
お役には立てません。

他府県から捜査に来られているとの事だったので、
お役にたてれば良かったんですけど・・・

生きている人間には詳しいんですけどね。

唯一、役に立てたかなぁ、というアドバイスは、
型とって模型にして持ってきてもらうとか、
顎関節や頸椎などの骨格写真も持ってきてもらうとか、
そういった情報がないと、それなりの判断はできないよ
ということぐらいでしょうか。

歯型写真だけで出来ることは、白骨と残存カルテの照合で
本人と断定できるかどうか、ということぐらいでしょう。

毎年のように白骨死体が発見されている昨今。
こういう相談は増えてくるのかもしれません。
何か警察と連携して協力できる体制を整えることも
必要かもしれませんね。


日本の自殺者は年間3万人超、
他殺者では年間450人弱、
火災死者年間1740人弱、
交通事故死30日以内年間6000人程度。

2009年では、1年で114万人もの方が亡くなられています。
(自然死や死産、病死、事故死、自殺なども含む)
これは、1日3134人、
1分間に2人亡くなっている、という計算です。

1989年〜2007年間の日本の失踪者白書では、
捜査受理されたものでは、171万8600人とのこと。
類別は、
(1)拉致
(2)他殺
(3)蒸発
(4)家出
(5)自殺
(6)何らかの事件での巻添え他。
年間にすると、1年で9万人が失踪している。
一日に換算しますと、毎日246人失踪していることになります。

死者と失踪人を合わせると、年間120万人越え。
日本総人口を1億人で考えれば、
毎年84人に1人はいないわけです。

幼稚園〜大学までの同級生のうち、
数人は毎年いなくなっているかもしれない。
実際、私の場合は高校時代に同級生が病死しています。
他の友達も無事でしょうか?

自分の命も他人の命も、大切にしましょう。



カラフルあっぷるいーと3.JPG




posted by あっぷるいーと いんちょう at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック