2013年06月26日

歯周病治療を「歯科医師」が行う意味

梅雨ですねぇ。
急などしゃ降り雨が、いきなり上がって快晴に。

吉祥寺の一角に咲く梅雨にうたれても咲き誇る花。
20130625_145647.jpg
中央線沿いの一角の風景です。
いつも通る道の
ちょっとした変化に季節を感じるのも新鮮な感じがします。

こういう時期にちょっと増えてしまう症状が、
皆さんおなじみの「歯が痛い」。

とはいえ、虫歯ではなく
歯周病の痛みを感じる方が増える時期です。

歯が疼く、浮いた感じがする、噛むと痛い、しみる・・・
気候の影響や、体調変化の影響などで
とくに、「くいしばり傾向のある人」にみられる時期です。

歯周病に関しては、ポピュラーな題材ですので、
このブログでも、何度か書いていますが、
今回はちょっと視点を変えてお送りしましょう。

2チャンネルや、
一般の方の医療相談系座談会とでもいうべき
ネット上の「歯周病やその治療状態」の内容を見ると、
あまりにも滅茶苦茶で適当なものが多いんです。

そのなかでも一番「カチン!」ときたのが、
歯石は歯科衛生士が取るものなのだから、
歯科衛生士のいるクリニックじゃなきゃダメだ、
という意見の乱立。

そこで思い出した。
専門家を名乗る歯科医師がテレビで似たようなことを言っていた。
・・・きっとこの人も、
     歯周病 = 歯石だけが悪い
       と思っているんだろう。

そこには、歯石という「汚れやバイ菌」を取ることだけが
歯周治療であるかのような誤解があるんですねぇ。

もっとも、私たち歯科医師の、
真の内容を解説する複雑な説明より、
患者さんのイメージしやすい言葉を選んで
注意喚起を促してしまいがちなことにも原因があるのですが・・・

歯石が付いている部位 = 磨けていない所
・・・ってだけじゃないんです。
(もちろんそういう意味もおおいにあるんですが)

「噛み合わせが強いところ」ほど、
ハグキが下がり、歯根が見え、
歯根の複雑な形ゆえに
磨いていてもデッドスペースが出来てしまうから
歯石が残って磨けていないように見える所。

「ドライマウス」の影響で、
自浄作用(ツバで洗い流す力)が衰え、
歯石が蓄積してしまうところ。
またその影響で「酸蝕症」になり
歯石が付着しやすい状態になっている所。

「身体の抵抗力が低下」し、
わずかなバイ菌にも過度の炎症反応を起こし、
血清成分の豊富な歯肉溝滲出液(しにくこうしんしゅつえき)が
あふれてしまい、細菌の温床となっている状態。

などなど、
歯ブラシよりも前に、原因がある人は相当多くいるんです。

それを診断するには、
本来なら歯科医師が歯石を取りながら、
1本1本の歯に
・どう付いているのか
・どこまで付いているのか
・なぜ付いているのか
を見極めるのが最善策。

原因療法であるべき歯石取り(スケーリング)が、
単なる対症療法にしかなっていないようではダメなんです。

スケーリングを
手でやるクリニックがイイのか
機械でやるクリニックがイイのか
なんてページを目にした時なんてバカかって思いましたもん。
両方必要です。
手だけで行うところ・・・難しいですよ完全に取りきるのは。
機械だけで行うところ・・・まずハグキの中は洗っていませんよ。
(すべてがそうと言い切るつもりはないですが、
 どっちかだけなんて出来ませんもん。私。)

歯がつるつるした・・・という感想じゃなく、
口の中がスッキリ軽くなった・・・という感想をもてれば
ちゃんと歯周病治療がなしえたといえるんです。
炎症部まで治療された状態ってこういうことです。

当然そのためには、出すべき「ハグキの血=炎症」をしっかり出し、
歯石とともに取り去ることが有効です。

歯周病治療には、
内服薬等を用いる「歯周内科」
手術を伴う「歯周外科」
もあるんです。

それだけ手ごわい病気が、歯周病。

それをすべてモーラできるのは歯科医師だけでしょう。
もちろん通常は、
歯科衛生士と共同で歯周病管理を行っているでしょうから
我々から見れば、分業+共闘という感覚なのですが、
一般の方には、歯科衛生士だけが歯周病のプロと
勘違いしている人が多いのでしょうね。

ウチは・・・歯周病によってズラされる噛み合わせの影響が
さらに歯周病を増悪させてしまう事を鑑みているので、
自分でスケーリングしたいんですねぇ。
その方が細部までの状態がわかるので。
(結構多いんですよ、そういうクリニックも)

まぁ、クリニックによっても
治療の考え方やスタンスは大きく異なるので、
一概に言い尽くせるものではないのですが、
残念すぎる意見を目にする度に、
ちゃんと正しく広める活動をすべきだなぁと思います。

虫歯、顎関節症、ドライマウス、くいしばり、噛み合わせのズレ・・・
ホントに多くのことに絡み、
それらの原因ともなっている場合の多い歯周病。

一般では、その影響が出てくる「6カ月」を目安に、
個人に合わせて、早かったり遅かったりのペースで、
スケーリングする習慣があるといいですね。




カラフルあっぷるいーと3.JPG









posted by あっぷるいーと いんちょう at 02:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・歯肉炎・歯ぐきの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367526779

この記事へのトラックバック