2013年03月16日

命の医療現場で求められる歯科

さて、久々の更新となってしまいました。
いくつか書けるだけのネタがあったのですが・・・

3月3日は桃の節句。
陽気はもう春。

日曜だというのに朝9時から医療セミナーへ。

ガン治療などの手術前後の患者さんの
口内環境を整えることが大切であると
各総合病院でもちゃんと考えてくれていて、
いくつかの総合病院の中の歯科や外科の
先生が講演するというもの。
赤十字病院の先生がホストとなって、
国立がんセンターをはじめ、
4人の先生が主に語ってくれるんです。

実際に、
手術前の口内環境を整えることで
患者さんの手術リスク負担を軽減し、
手術後の口内環境を整えることでは
予後の回復力に貢献することを、
実際の症例を交えて話してくれたりするんです。

17日もその延長戦で、
今度は自宅介護にかかわる内容となっています。
ちなみにそこは、
実体験も豊富にある分、私も相当以上に詳しい分野。

講習会って、演者の経験に触れることで、
自分とは違うアプローチがあるのではないか?
そういう見方もできるのか?
など、単なる「受け売りを教わる」のではなく、
本当の現場スキルを底上げする力があるんです。

知らないことを教えてもらう講習会というのは
今となってはほとんどないわけですが、
知っていること、やっていることのスキルを
もっともっと太く強くしていくことはできるんです。
そういうスタンスで講習会を選ぶのも面白いんですよ。

・・・まぁ、朝9時から6〜7時間ぶっ通しってのは
学校時代から離れて10年以上経過した今となっては
結構きついのですが。

数年前から、
いま、歯科は、命にかかわる分野の最前線の
「縁の下の力持ち」を担うことも
期待されているんです。

もちろん主役は外科医であり、
手術チームではあるんですが、
それをサポートする内科医と同じようなポジションで、
手術を受ける患者さんの、身体の状態を良くさせる
ことを期待されているわけです。

そこにはもちろん、
病院内の歯科だけで対応できることは
そんなに多くないわけで。
それゆえに、私たち一般開業医との連携を
綿密にしていきたいという考えから、
合同勉強会が開かれるんです。

医師や看護師や歯科衛生士も交えた
「 歯科と命 」に関する勉強会は、
命に取り組む総合医療力を高めるためにも
今後も増えていくことでしょう。

万が一に備えて
医療保険に入っている人は多いでしょう?
でも、
万が一にならないように、
もしくは、
万が一になっても、抵抗力がちゃんとあるように、
日ごろからの健康維持の意識も高めてくださいね。
・・・もちろんその中には口内環境正常化という
キーワードも保持してほしいものです。
実際に、口内環境の差が、
術後回復力の差になっているのですから。


そんなこんなで、
セミナーが終わって、
武蔵境から吉祥寺まで歩いてみました。

三鷹駅前のちょっとしたオアシスでは、
桜が咲いていたりもしました。

20130303_160545.jpg

20130303_160438.jpg


講習会もあるんですが、
音楽ライブにも誘われてて、
今月は前半だけで3本見に行くことに。
jaggやJAZZなど、さまざま。

この日も、講習会後だというのに、行ったんです。
そっちもそっちで、大いに楽しみました。

同期の親友には
「体力お化け」と揶揄されることもある
わけですが、面白いことは疲れにくいでしょ。

勉強もお仕事もお遊びも、ちゃんと楽しむことは
おススメですよ。


そんなこんなで、もうホワイトデーも終わりです。
ちゃんと楽しめた人たちもいるでしょうか?
基本的にはカップルの日でしょうから。

せっかくなので、そんな楽しんだ若者に、
ちょっと一言を。


吉祥寺で起こった悲しい事件もありました。
何の罪もない被害者もその家族もつらく、
加害者の親族も追い詰められていきました。
みんなが悲しい出来事です。

事件扱いされていないことですが、
日常的に馬鹿はいます。
老人の足を引っ掛けるような若者もいる。
眠気に耐えてフラフラ歩く子供を
カバンで突き飛ばすおじさんもいる。

とてもいい街ながら、
その影では、
とても弱い者たちがいきがる。
怖い街では何もできないような半端者がいきがる。
時にイラつくほどに。

明日は我が身という危機感を覚えないからこそ、
行きかう街の雑踏は普段と何も変わらない。

対岸の火事ではすまないかもしれません。
あまり殺伐としてほしくはないのだが、
呆けていていいわけでもないでしょう。
加害者にも被害者にもなりうるんですから。

馬鹿ほど他者を巻き込んでいきがります。
あなたは? 周りには、いるでしょうか?
命を懸けていきがる者と、
口先のプライドを引っさげていきがる者。
あきらかに差があることに気づきましょう。

快楽以外の楽しむことを
知っているか知らないか。
それが
人生の厚みの差になるのかもしれません。


早咲きの桜をお目にかけようと思いつつ、
気付けば桜の開花宣言がなされるのではないか
といわれていた16日です。

ほんとに日々なんてあっという間ですね。


カラフルあっぷるいーと3.JPG




posted by あっぷるいーと いんちょう at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 全身に関わる歯科の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック