2012年07月18日

海の日の休日診療と「夏の歯の危険性」

暑い日が続きますねぇ。
早くも夏バテ中・・・かも?

昨日(もう一昨日ですが)は海の日。
輪番での休日診療当番日でした。

朝9時から夕方5時まで。
お昼時間はナシで、合間でとってくださいとのこと。

いつもより朝早いのもキツい。
まぁ、そんなに忙しいってこともないだろう
って油断してたのが、そもそもの間違い。

昼飯用にって買っといたコンビニ弁当に箸をつけれたのは午後6時。

治療中に待合室に3人待ってるって・・・
スタッフは1人でいいからって言っちゃったし、
保険証登録だけで持ってかれちゃったら、
治療は自分1人になっちまった!

いやぁ、疲れた。

この間、このブログコメントで
誕生日おめでとうと言ってくれたのは、
たぶんあの娘かなぁって思う。
覚えててくれたんだぁという、驚きと喜びを実感。
かなりうれしかったんだけど、
祝ってくれて喜べる歳じゃないんだなぁ、ってこの日に痛感。

以前は何時間でも1人で治療できたのに・・・。

1日中、はじめましての人ばかり見てたこともある。
余所様で治療途中の人。
単に取れちゃっただけの人。
オペ一歩手前といえるほど腫れちゃってる人も数名。
最低限の情報で何故こんなことになってるのか迄判断しなければならなかったひと。
難しくはなかったのだがこんな状態になってる人って始めてみた。
ってこともあった。
そりゃ精神的にも肉体的にも疲労はするけど・・・。
がんばろっと!


ところで夏って、歯にも関係することがあるんです。

夏バテになって免疫力が落ちると、
細菌感染による抵抗力が落ちる。
夏バテになって代謝が落ちると、
ドライマウス様の症状が起こり口内環境が悪化する。
結果、歯周病が悪化する。

暑いからってビールばかり飲んで寝ちゃうと酸蝕症。

夏休みを謳歌して、不規則・不摂生な生活が続くと虫歯過多。

そんな人との、ひと夏の恋
・・・アバンチュールって言葉に踊っちゃえば、
エイズばかりに着目されるけれども、
しっかりと口腔内にも細菌感染が!

これら色々なものが入り混じった若者も多いので、
カビてる20代も時折見る。
カビは抗生剤は効かない真菌。
抗菌薬ではなく抗真菌薬が必要です。
そんなカビも人から人へなんてことも水面下では起こってるかも?

表面上の感染でしっかり対処されてれば、
重篤なことにはならないですが、
もし、繁殖が表面から深部にまで根をはっちゃえば、
イソジンなどのうがい程度では浸透殺菌ができず、
大変なことになることもあるんです。

いろいろ気をつけよう、夏!

ウかれるのも、恋愛するのも、命がけってことで・・・。

・・・オーバーに語ってます。
・・・ただ、そんな患者さんが来院してくるのも事実。
そして、そんな状態になっていても、
治療もせず放置している人は、
来院してくる人より圧倒的に多いでしょう。



カラフルあっぷるいーと3.JPG






posted by あっぷるいーと いんちょう at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 口腔ケアの大切さ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック