2011年09月21日

台風です。気をつけましょう。

台風ですね。
ランチに出たら、傘の柄が折れる突風。
皆さん気を付けてくださいね。

お気に入りのパスタ屋ですらガラガラでした。
ちなみにいつも頼む、ブラッドオレンジアイスティーでよろしいですかって
いわれたのには、ちょっと顔なじみになったようでうれしかったです。

近くのコンビニでタバコを買う時も、
これとこれでしたっけ?
なんて言ってもらえたり、
(カラダのことを考えれば、医学に携わる者でもあるのだし、止めるべき!
と思われるでしょうね。ちょっとした時間つぶしや気分転換に便利なんで
止めれないでいます。本気で止めようとも思っていないので、当分吸い続けるでしょう。
ご容赦を。)

どちらも私の仕事を話したことはありませんし、私がどこの誰かも知らないでしょう。
ただのその店のお得意さんでしかないのですが、ちょっと街に馴染んできたようで
うれしいんです。

そんななか、前回初診の患者さんが、本日来院してくださったとき、
「あっぷるいーと吉祥寺歯科」のことを友達に話したら、
「知ってる知ってる墨田区にあるよ」って言われたそうです。
もちろん「あっぷるいーと」って言葉も私の作った造語ですので、
そんな名称の歯科医院はうちしかありません。

もともと私がやっていた中井川歯科医院のことを知っているということでした。
(今は吉祥寺に移転してしまっているため、存在しません。)

距離にして25キロ〜30キロほど離れた墨田区本所と武蔵野市吉祥寺。
その吉祥寺で、本所のことを知っていてくれるなんて話を
伺えるとは思ってもいませんでした。
これもまたうれしいものです。

いろいろなつながりがあるって、イイですよね。


今日は台風のために、電車も止まっているとか。
何人か予約もキャンセル者が出てしまい、
今回は、その時間を利用してブログ更新してみましょう。


こんなナゾナゾというかクイズというか、って知っていますか?

とある小国には、美容室が1軒しかありません。
そこには2人の男の美容師しかいないのです。

二人とも同じ制服に身を包んで小奇麗にしてはいるものの、
片方はバランスの悪いボサボサの髪型をした老人の美容師。
もう一方はカッコもセンスも良い髪型をした若い美容師。

さて、あなたならどちらの美容師を指名しますか?


若いイケメンカリスマ美容師も多い現代を引き合いに出すと、
ダサい老人を選ぶよりは、カッコイイ若い美容師のほうが正解な気がしませんか?

でもこのクイズにおいては、
もしあなたがボッサボサの髪型にさせられたくなければ、
老人の美容師を選ぶべきです。

2人しかいない美容師。
お互いの髪を切りあっていることになります。
老人の髪を切っているのは若い美容師。
若い美容師は、バランスの悪いボサボサの髪型を作る腕前と考えられるでしょう。


このクイズを学生の頃の麻酔実習をしている時に思い出しました。

学生同士、お互いが局所麻酔を注射するという練習です。

私が打った相手は、
「全然痛くなかったのによく効いてるってわかるよぉ」と言ってくれたのに、
私に注射をした同級生は、
飛び上るほど、馬鹿みたいに痛かった!


自分で自分を治療する事って、できません。
(私の場合、1枚の鏡で見える位置ならば自分で治療できちゃうんですが、
それじゃ見えないところが多すぎて、治療が必要な時は親友を頼ります。)

腕を磨くのは良いことなんだけど、その腕は自分のためには活かせない。

せつない技術職なんですよ。歯科医師って。

そんな笑い話を今回はお届け?

台風だしねぇ。
こんなブログもありでしょう。


カラフルあっぷるいーと3.JPG



posted by あっぷるいーと いんちょう at 18:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんか面白かった
良いセンスしてる
Posted by ちゃび at 2014年10月06日 16:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック