2010年11月11日

松尾芭蕉にみる歯周病悪化

松尾芭蕉といえば、

 服部半蔵じゃないかとか、
 公儀隠密ではないかとか、
 伊賀の出ということもあり、いまだに素性ですら楽しめる存在。

なかでも「奥の細道」自体が、各藩の内情を探った暗号となっているのでは?
なんて説も、おもしろい。


かつてのテレビ時代劇で、佐藤浩市さんが芭蕉の影武者・忍者役だったことが思い出される。


ただ、奥の細道の俳句を読んでみると、
歯科医師としてみれば、「一般的なこと」が描かれていることがわかります。


芭蕉46歳の句。
『結びより はや歯にひびく 泉かな』

結びとは、手にすくって水を飲むこと。
泉の冷水をすくって口に入れたら、とたんに歯がしみてしまい、自分も歳をとったなと感じた様子を詠んでいます。

もしこれが虫歯なら、歯の中の神経(歯髄)が生きている状態。
 現代医療であれば、
 虫歯を削って埋めれば治るか、
 歯髄をとらなければならない状態
 のどちらかでしょう。

もしこれが歯周病なら、歯根が見えてきている状態。(知覚過敏に類することもあり。)
 現代医療であるなら、
 歯周病治療や再生手術、知覚過敏処置などをする状態でしょう。

けして老化現象ではないのです。
 診断技術も治療するすべもなかった頃であったからこそ、
 歯の症状を、歳をとったと感じる症状とあつかわれたのでしょう。



芭蕉48歳の句。
『衰えや 歯に食いあてし 海苔の砂』

海苔についている砂を噛んでしまい、歯に痛みを感じ体力が衰えたものだと嘆いています。むし歯や歯周病などで、悩んでいた様子が伺えます。

もしこれが虫歯であったのなら、
 歯の神経(歯髄)が死に、さらに下の骨(歯槽骨)まで膿がたまった状態でしょう。
 現代医療であれば、
 膿をとる治療や手術、抜歯の対象でもあるでしょう。

もしこれが歯周病であるなら、
 かなり歯がグラグラと動いている状態でしょう。
 現代医療であるなら、
 固定できなければ抜歯することになるでしょう。

ひょっとしたら、噛みきることもできなくて、
柔らかいものだけを選んで食べていたのかもしれませんね。
それなのに、ノリに砂が混じっていて・・・「イタッ!」・・・。

芭蕉のノリは、当時の生成技術が悪くても、
いくらなんでも、あさり・しじみ汁に残っている砂よりは少ないでしょう。
その程度でも痛みを感じるのですから、芭蕉の歯は相当悪いはず。



冷たい水がしみて、でも治療するすべもないため放置して、
2年たったら噛むと歯に痛みが出る・・・。

・・・単なる悪化ジャン!



芭蕉49歳の句。
『塩鯛の 歯ぐきも寒し 魚の店』

 冬の魚屋の棚、売られている塩鯛の、歯ぐきがむき出しになっている状態を描写した作品といわれ、ハグキがむき出しになっている状態を「歯ぐきも寒し」と表現している。
ただ、芭蕉自身が、自分の歯周病がずっと気になって、店先の魚のハグキがむき出しになっている事にも目が行ったという説もあり。

ひょっとすると、
 もし虫歯であれば、冷たい風が芭蕉の歯にもしみていた?
 もし歯周病であるなら、冷たい風が芭蕉の歯にもしみていた?
 と読むこともできる。

1〜2本の歯の痛みが、全体にまで広がってきたのではなかろうか?


芭蕉の俳句は美しいと評価する人は多い。

でも誰も、「芭蕉のように病気を放ったらかしてはいけないよ」と言う人はいない。


忍者だなんて騒がれる前に、治療しないとこうなるよ特集でもやってほしいな、TVスタッフ!

きっと笑えるぞ!
・・・・とはいえ、同じ状態になっているTVスタッフは多いとも聞く。
我が事のようで笑えない視聴者もいるのでは?
なんて企画会議でボツになるかも、なネタでしょうか。


このブログを読んでくれた方は、芭蕉のようになる前にちゃんと治療しましょうね。



カラフルあっぷるいーと3.JPG


posted by あっぷるいーと いんちょう at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・歯肉炎・歯ぐきの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック