2020年09月01日

2020年9月の予定&マスクと歯磨き

2020年9月の予定

8日(火)19時終了
29日(火)19時終了

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日、中学校歯科健診をしてきました。
本来ならば5月に行うところですが、
コロナの影響で8月後半に。

学生さんたちも夏休みが減って大変でしょう。
ニュースでは
臨海学校、林間学校もなしで思い出が作れなかった。
エアコンが猛暑で壊れて授業にならない。
教育格差が生まれた。
教師も準備で天手古舞。
学生の感染もでている地域もあるよう。
などなど様々飛び交っています。

武蔵野市の場合は学生の人数も多いので
歯科医師も複数人で診ますが
それでも100人単位で診るので
この時期は我々も怖いです。

マスクしてフェイスガードして自分の場合は眼鏡もある。
ましてや暑い時期。くもっちゃいます。

自分の所に来た生徒さんには
やはり14歳ごろから顎関節症の兆しが出ている子供ばかり。
なので食べ方などの注意を一言以上添えてあげるので
他の先生よりは1人にかけるペースが長いので
多少は見た人数は少ないでしょうね。

もう何年目になるのか、吉祥寺に来て10年近くになりますので
毎年同じ学校を見ているわけですから、初めて見た生徒さんは
皆ご卒業されています。それでもやはり第2大臼歯が生える頃には
顎関節症と同等の挙動不全が起こるんです。

ぜひ気を付けていただきたい時期なんです。

まぁそれはともかくとして、
今回気になったのは、やはりコロナのせいなんですかね
去年よりニキビの子が増えた感じだったんです。

マスクを外すとニキビ。
オデコはそれほどじゃない子も多かったので、
やはりマスクのせい。
コロナストレスもあるかもしれません。

ニキビも炎症を伴うものがあります。
1つ1つは小さいですが、多数存在すると
以前に書いた免疫力の低下にもつながることも懸念した方が
よいかもしれません。

若く成長期にあるので免疫力は高い筈ですけど
思春期にあるのでホルモンバランスは崩しやすく、
恋煩いによる精神不安定、
炎天下部活での肉体的疲労、
授業で脳もフル回転してもらわなければなりません。
ちょこっと今の歯車が狂うとバランスを失いかねない
といえる時期でもある事でしょう。

是非マスクは毎日洗ってください。
できれば1日中同じマスクを使うのではなくて
何度か取り換えるようにしましょう。
特に以前書きましたが「ハブラシ」が「禁制品」になっている
学校ばかりですから、その口内環境を介した「呼気」は
雑菌の塊と言えます。
もちろんそれだけじゃなく様々なガス成分も含まれます。
それがマスクの中に充満し顔に当たるのだから
皮膚疾患もできるでしょう。
その空気も含めて吸気として再度肺に取り込む訳ですから
肺疾患の危険性や
血液に取り込まれるので各臓器の疾患リスクになることも
懸念されるんです。
もっとも子供の場合は高齢者よりもリスクは低いでしょうが。

タバコを吐く空気は遠くの人まで達するので「悪い」
という映像はよく見かけます。
しかしタバコと関係なく同じ距離「ただの呼気は届く」わけです。
だからコロナ禍においては他者を感染させない為マスクをして
届く距離を減らそうとしています。

しかし熱中症棄権領域に達したので
屋外などは風による空気の流れがあるので
マスクを外して熱中症対策をしよう
ということを言い出しました。
それと同じ理論なら屋外タバコは副流煙の心配がない
と言っているのと同じようなもの。
だから多くの皆さんは屋外でもマスクをする方を選んでいる。
35℃を超えるといわれる日でも吉祥寺では多くの人が
マスクをつけて歩いていました。
まぁ「うつりたくない」からの方が
理由としては強いかもしれませんが。

ただ
マスク呼吸での熱中症や心筋梗塞などを
起こすぐらいなら外しましょう。
そして
マスク重視の人は自分で再度吸い込む呼気にも
気を配りましょう。
「昼にも歯を磨く」だけで全然違いますから。

殺菌行為と自己免疫の強さは反比例の形に近いので
どちらかに依存するのではなくて、バランスを取りましょう。

そしてなにより、人間には柔軟性がある。
都内300人以上感染という時期を知ってしまっちゃったため
200人感染とかのニュースばかり見ていると
今日は減ったなって安心しちゃいませんか?
慣れが一番怖い。
初心忘れるべからず。恐れず畏れよ。

どう身を守るかは人それぞれあってしかるべき。
人類初の脅威は、これが正解と言えるものがない。

とはいえ企業に騙されることもある。
ウイルスシャットアウトという商品は
できる予防策の1つとしてウチでも使っていましたが
消費者庁立ち入りのもと研究データとしてはズサンで
根拠なしとされてしまいました。
ただ、周囲の人や患者さんでも花粉症に苦しむ人々は
手放せないという人もいるのも事実。
プラシーボ効果(思い込み)かもしれませんが
まぁいっぱい買っちゃったので使い切るまでは
していようとは思います。
けっこうこの会社の他の商品も買っちゃったので
不信感になっちゃいましたね。残念。
間接的におすすめしちゃった人達ごめんなさい。

歯科医師という立場でこのブログも書いていますので
歯を磨こうをお勧めする立場でものを書いています。
ただ最も感染するリスクが高いといわれる職業ですが
感染したという情報は極端に低い。

歯科医療関係者だからといって
特別な予防策を駆使しているわけではありません。
ただちゃんと歯を磨く習慣が他の人よりはある
ということは言えるでしょう。
また歯科クリニックに来院される人の方が
全く来院しない方に比べて口腔ケア意識が高い
といえるでしょう。

低リスク高予防の人達での接触は
そんなに怖いものではないのかもしれません。
我々歯科医師は
高リスク高予防といえると思いますが
それでも感染者職種としては安全圏にいます。

当たり前の予防策がいかに大切かが伺えます。

ぜひ「普段」が戻る秋を迎えたいものです。

ちなみに吉祥寺では食パン戦争が開催されています。
コピス地下の食パン専門店。ここはたまに買う。
東急3階の種類ある食パン専門店。
サンロードから東急に向かう道のダイソーそば。
第一ホテルの向かい側。
コピス向かいのレンガ館の1階。
この4つはまだ試していないので気になりますね。

新たなブーム到来でしょうか。
食欲の秋を彩るものとなりえるのか。
コロナ禍自粛にもできる
新たな男性の趣味として食パン作りが
ブームとなってきたといいますが、
どういう流行にのるのか。
コッペパン専門も南北にあるし
クロワッサンたい焼きはつぶれちゃったけど、
ここ数年はパンブームなんでしょうね。

もっと小っちゃければ食べ歩き食べ比べができるのに。
パン切り包丁も持ってないから大きいふわふわ食パンは
つぶしちゃうのがもったいないよなぁ。
と思うこの頃。
サラッと出かけて、自宅で楽しむ。
こういうご時世、ストレス貯めないように頑張りましょう。



カラフルあっぷるいーと3.JPG





posted by あっぷるいーと いんちょう at 13:26| Comment(0) | 中学生・子供のための歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする