2016年08月03日

2016年8月の予定&歯ブラシのポイント

2016年8月の予定

 5日(金曜)・19時終了
14日(日曜)〜18日(木曜)・お盆休み
26日(金曜)・19時終了

となります。
今回はお盆休みをずらす形となりましたので
ご注意ください。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
今回は
夏休み真っ只中の8月ですので、
日常の生活習慣とは
異なった生活リズムになる時期です。
そこで、基本に立ち返った
「歯の磨き方」
のお話にしましょう。
たぶん前にも書いていますが
少し具体的にしてみます。

まず、確認しますが、
「歯を磨いた直後は歯がツルツルになった」
という実感があるでしょうか?

歯科クリニックでの歯石落としやクリーニング
を受けられた事がある方は多いでしょう。
その直後の感覚にも似たツルツル感が
ハブラシの後にも感じているでしょうか?

そんな実感がない人は、
たとえフロスや歯間ブラシ、
電動ハブラシやウォーターピックなどを駆使して
30分や1時間もかけて磨いていたとしても
「磨けていない人」
だと断言します。

そればかりか、一生懸命がんばって
歯茎の中に汚れを押し込んでしまっているパターンが
あまりにも多いのが現実です。

様々なクリニックでブラッシング指導を受けると
たいていが
「毛先を軽く歯に当てるようにしましょう」
といわれませんか?
(言いまわしはそれぞれのクリニックで
 異なるかもしれませんが大体同じことのはず。
 ウチでも磨き方の指標となるような言い方をしていますが
 根本は同じことをお話しています。)

箒(ほうき)で落ち葉を掃いたことはありますか?

イメージしてほしいのですが、
地面に箒をしっかりと押し付けて落ち葉を履くと
1mmも落ち葉が動かず、
その上を箒が撫でて通り過ぎただけ
という経験はありませんか?

どちらかというと
地面に箒が触れるか触れないかの状態で
軽く当たる程度のほうが
スムーズに落ち葉を掃けた経験はありませんか?

ハブラシの使い方は箒と同じイメージで。

強く当てるということは
毛先がしなっている状態。
毛の横っ面で撫でているだけになります。

ラフですがペイントで絵を描いてみました。
丸がそれぞれ歯だと思ってください。
こんなシナリで磨いては絶対ダメです!!!

ハブラシストローク強すぎfull.jpg

毛先を押しつぶさないようにしましょう。


次のポイントとしては、
「やさしく」というイメージは
「動かさないことではありません」
「しっかり動いているけどあたりがソフト」
ということです。

つまり、1本を磨くには「前後の歯まで磨くように」
ハブラシを動かすことです。

また絵で紹介しましょう。
上の絵ではハブラシの柄側末端の毛先が
赤と黄色の歯の間に位置します。
下の絵ではハブラシの先端の毛先が
黄色と青の歯の間に位置します。

ハブラシストローク.jpg

この絵で言うなら22本?の毛先が
すべて黄色い歯を磨くのであれば
上の絵→下の絵・下の絵→上の絵
の位置まで何度も黄色い歯を通り過ぎることで磨けます。

黄色い歯の上に永くハブラシが留まることが
正しいと考えてしまう方がいますが、
留まる=そこだけを磨くということは、
約10本ほどの毛先で突っついている人がほとんど。

1回通り過ぎることで22本の毛先が掃く、
1往復すると2回分の44本の毛先で掃きとります。
それだけでもあたっている毛束の本数が違いすぎます。
ましてや箒のように磨けない人ではその差も現れます。


最後のポイントは、磨く角度を変えよう。

噛む面は、まっすぐ垂直にあてると溝が磨きにくい。
なので、
溝の側面に対しても垂直に当てるイメージがおすすめ。

また歯そのものの側面も球状なので3方向に角度を
つけることがおすすめです。

一応これもラフな絵を描いてみました。
参考になれば・・・

hkakudo .jpg

一応治療に伴いクリニック内でお話しすることの
簡易版のような内容ですが、
なんとなく伝わったでしょうか?

磨き方は細かく言えばこの他にも
口の開け方・手首や指の使い方・姿勢
ハブラシの選び方・ハミガキ粉の有無
うがいの仕方・食べる順番など
歯を綺麗にするお話はかなりの量になります。

クリニックでのハブラシ指導などの時に
お話しする内容をすべて書くには
活字では膨大ですから、
いつか機会があればにしましょう。

ポイントは、
「ハブラシしたら歯がツルツルする」
という実感がある磨き方をしましょう。
ウチでは追加して
「ハミガキ1分で実感できます」
とお伝えします。

日常的にお使いのハブラシを持参して
ブラッシング指導を受けると、
磨き癖もわかります。


余談ですが
8月は事故に遭う機会も増える時期です。
安全に配慮して、楽しんでください。

たとえば周囲に気を配れない
大流行のポケモンGOやっている歩行者。
前も見ないでフラフラしていたりするので
ひきそうで、運転者も怖いです。
気をつけましょうね。

ちなみに私もポケモンGOやってみようと
思ったのですが、私のスマホは古いようで
対応していませんと、ダウンロードも
出来ずじまい。
周囲で始めていた人はもう飽きてきた
なんていう人も結構いるので、
終息は速いのかもしれませんね。

では良い夏を。


カラフルあっぷるいーと3.JPG



posted by あっぷるいーと いんちょう at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 口腔ケアの大切さ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする