2018年05月21日

噛んで食べることの重要性4回目、脳の認識

噛む食事摂取がなぜ重要なのか?の4回目です。
摂食嚥下の始まりと脳の関係を紐解く回となっていますが
活字だけで解説するには難しいかもしれません。

空腹感が食事の本当のスタートですが、
摂食嚥下の話というとここからがスタートになります。

摂食嚥下のスタート地点は
「食べ物であることが認識できる」所から始まります。

脳機能や視覚などに障害があり
食べ物と認識できない人、
介助で食べ物を差し出されているのに
寝てしまい起きていられない人、
など口の中に入れるよりも前の段階が
働かないことには「食べる」が難しくなります。

介護の現場では
声かけやスプーンなどで唇を刺激してあげることで
食べ物を口に入れたりと
その状況に応じて創意工夫を重ねなければいけないわけです。
プロの現場を覗ける機会があるとよいのですが・・・。

先ほどの空腹感にも絡んでますが、
五感をフルに使って感じる空腹感などは、
特に食事として認識できていることと同義といえるでしょう。

逆に
食べることに対する興味すらもないような
テレビ見ながら、新聞読みながら、スマホ眺めながら、
な生活が健康なうちから当たり前になっているようでは
食への興味もわかなくなります。
食事とは飲み込めばよいだけの手段とでも
思っているのかもしれませんね。

もちろんどう食べようが個人の自由でしょう。
ただ考えてください。
介護現場では、食事に40分かかるならまぁまぁ。
2時間かかるという人もいるわけです。
食事に10分程度しか掛からない現代において
噛むわけでもない丸飲み状態の人が40分です。
介護職員は何人で入居者何人を見るんでしょう?
他にもやることは山のようにあるでしょうが、
食事が終わらなければ次に進めません。
あなたが食事に2時間かかる人になる可能性もあるんです。
健康な時どうだったか?
それが関わっているかもしれません。

使わない機能は劣化・退化していく。
廃用性症候群といいます。
食べる機能も廃用性症候群になりえます。
毎日歩いていたのに歩けなくなる。
毎日話していたのに話せなくなる。
毎日食べていたのに食べられなくなる。
病気のせい、事故のせい、薬のせい・・・だけでなく
「正しく使っていなかったせい」
も同じレベルの悪化をします。

昨日の晩飯は・・・もし答えられなければ
記憶に残っていない可能性があります。
記憶に残るほどそれを見ても感じてもいないかも?
それは
テレビ見ながら、新聞読みながら、スマホ眺めながら、
食べている人と同じレベルなのかもしれません。
残念ながら自分に対する戒めの言葉でもありますが
自分も覚えていないことが時々あります。
商品名的な名称は答えられる・・・なら、
味や香りがどうだったか、例えば何に似ていたとか、
食べたものの感想も言えるほど記憶に残っているなら
安心ですよね。
こういうところからも脳機能の衰えが来る要因になります。
お互い注意しましょう。

食べる機能を退化させない第1のポイントとして、
後々で何を食べたのかもわからないようじゃなくて、
日頃から食べ物をしっかりと認識する癖を付けましょう。
色・艶・香・・・調理されたものを楽しむことができます。
時期・産地・・・素材としての特徴を推考することができます。
ここのスーパー・あそこの八百屋・・・買い出しの会話も家族で。
「当たり前の毎日を、豊かなものに変えていく魔法。」
そんなキャッチコピーが昔あったような?
創作したのかしら?
どう楽しむのかは自由。楽しんだもん勝ち。
その結果が数十年先の未来で活きるかもしれないし
残念ながら
摂食嚥下機能が悪化するのは変わらないのかもしれません。
しかし、現在では食を楽しめた人ほど、
食への関心が高まり、良いものを選ぶようになり、
身体の病気リスクが減るかもしれません。
普通のスーパーの同じコーナーに並ぶ野菜の中から
よりみずみずしいものを選べるようになるかもしれません。
(手指で押しつぶして確認しちゃダメですよ)
そんな積み重ねが
10年で悪化する健康曲線が
20年先まで伸びる、
30年先でも健康ラインを保っている、
なんていう変化につながります。
「治る」こともその一環ですが、もっと前に
悪化度を減らし、健康でいることがまず最大の予防です。

脳の働きで食事をとらえてみましょう。
例えば食事の出発点は先ほどから言うように
「見て認識」することから始まります。
そして食べるに関連した、
情動が生まれ、記憶を呼び覚まします。

具体的に言うと、まず
視覚情報は後頭葉に伝えられます。

その後2か所に情報を送ります。
一方は側頭葉。
「これは何?」と物体を認識する場所です。
食べ物であると認識するのに重要です。
もう一方は頭頂葉。
「どう使う?」道具の使い方を判断したり
「どこ?」空間情報処理を行う場所です。
例えばスプーンに乗ってるので噛み切らないように。
唇までの距離がまだある・・・などを判断します。

その情報が前頭葉で再び統合され
大脳辺縁系視床下部の満腹中枢・摂食中枢の情報とともに
摂食(ご飯を食べる)という決定を下します。
同時に食事に対する意欲や自発性も生まれます。

その結果として運動プログラムが活性化し
運動野が活動し食べる行為へ
・・・これが食べるための脳の働きです。

食べるという習慣も
脳の大まかなすべての部分を使って
食べるという動作ができるわけですね。
かつて人間の脳細胞は10%程度しか使われていないと
いわれていましたが、現代では90%以上が使われている
と判明しています。
食べるという行為ですら脳全体を駆使した結果の行動です。

だからこそ脳機能が動かない状態だと
口から食べることが難しくなります。
逆に口からちゃんと食べる
(先ほどの何を食べたかもわからない状態の真逆)
ことで脳を活性化させる。
ある種のリハビリになっていることもわかるでしょう。

食べることの重要なポイントとして
脳の機能を活性化させる
ということも押さえておきましょうね。

キレがいいのでここまでにします。
また次回。


カラフルあっぷるいーと3.JPG




posted by あっぷるいーと いんちょう at 16:16| Comment(0) | 全身に関わる歯科の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

2018年5月の予定&噛む食事の意味3回目


2018年5月の予定

11日・金曜日・19時終了
16日・水曜日・17時終了
現時点での予定は以上です。
急な変更があるかもしれませんのでご注意ください。


ゴールデンウィークもあけました。
コピス前での演奏に足を運んでくださった方々
ありがとうございました。
今回は特に私のドラムは地味。
ブラシとかロッドで気配を消すような楽曲ばかりでしたので
もっと目立って欲しかったというお声もいただきました。
次回はどうなるでしょう。
秋のアニメフェスも参加すると思いますが、
歯科医師会の方でも年々目立つようになってしまい
とうとう役職を逃げられないポジションに・・・
音楽イベントに歯科医師会が忙しいから参加できない
とならないように、何とか調整できれば良いのですが。
じゃないとウチのバンド演奏は崩壊する可能性が・・・。

先に見いだされてしまったのは音楽系ですし、
優先度はウチの患者さん→音楽系→歯科医師会としたいですけど
圧倒的濃密関係の物量押しでどんどん食い込んできそう。

能ある鷹が爪を隠しきれなくなった
と言えればカッコよいかもしれません。
隠そうとしたわけではないのですが
出しゃばって目立とうとするタイプでもないので
「何もできなさそう」と見ていた人もいたようなのですが
時間の経過とともに、適時適切な裏方としての動きに
気付かれることが増えてしまい
いつのまにか「どのポジションでもできる人」といわれる始末。
買いかぶられても困るんですけど。
その人によって私の見え方は様々みたいなので
今後もどうなることでしょう?

これからいろいろ決まるのですが、
聞いた話では、7月からは毎月第2・第4の火曜日が
6時30分までしか治療出来ないことになりそうです。
他にもチラホラ出かけることが増えそう。
とりあえず2年間はそんな日々になりそうです。

特に遅めじゃないと治療に来れない方々を中心にして
ご迷惑をおかけすることになると思います。
ましてやウチの場合、遠方より来られる方も多く、
遅めの時間ですと、八王子・立川・池袋・品川方面から
仕事を終えて駆けつけてこられる方々などに
直接負担をかけることになってしまいそうです。
吉祥寺周辺に自宅があるならまだしも、
治療を終えてまたそれぞれの駅へ戻られるのですから
そんな方々の治療できる時間を減らしたくはないのですが・・・。

その代償として、武蔵野市に住まう方々への貢献として
お返しすることになるわけです。
でもその結果、その成果を武蔵野市発信で、
他の自治体でも有効活用できるようなものとして
提供できれば・・・とも考えています。
アイデアは色々あるわけで。何をどう実現させるかは
今後しだいでしょう。

なにとぞご了承・ご協力お願いします。
自分も住所は練馬なので、隣の武蔵野で頑張って改善出来ても
すぐには影響ないのですが、それはそれとして。
種まきの前の土を耕す準備から始めるのですから
先は長いですけど、すべてはこれからです。
性格上、無意味な手は抜けませんので、
頑張らせていただこうと思います。

・・・・・
読み返して気付きましたけど政治的な事ではなく
歯科からの健康・生活・環境づくりなどへの提案
などに関連したことですのでお間違えなく。

それでは本題の続き3回目です。

――――――――――――――――――――――――――

食事をするために必要な要素。
出発点は何だと思いますか?

食べるという行為にはキッカケが必要です。
それが
「空腹感」おなかがすいたと感じることです。

ダイエットにとっては大敵でしょうが、
拒食症の人にとっては治療として大切な要素。
また摂食嚥下をスムーズに行うための
主電源のようなものです。

例えば
急に口の中に食物が入ってきて
慌てて噛むという動きを始めるよりも、
これから食べるぞ!という意志から、
何を食べようか?などの行動を経て
食べ物をほおばるという方が
全身から食べることに対する
受け入れ態勢ができているのは想像できるでしょう?
おいしそうなものを見るとヨダレが出るなどは
準備万端整った証拠といえるかもしれません。

今回最初に登場するのはホルモン・グレリン。
空腹によって刺激された胃粘膜から分泌され、
脳の視床下部に働いて食欲を出させます。
同時に脳の下垂体に働き、
成長ホルモンも分泌させます。

ついでに、この時サーチュイン遺伝子が空腹時に分泌されて
体内をめぐり傷ついた細胞を修復してくれるのではないかと
研究されています。
(かつては長寿遺伝子とテレビでも騒がれていたが、
その後この20年に及ぶ研究が否定されている。ただ
現在でもアルツハイマー・心血管系・糖尿病などの
治療にかかわるのではないかと研究されています。
何年かすると新たな発見が叶うかもしれませんね。)

成長ホルモンはその言葉からも分かるように、
“身長を伸ばすホルモン”としてよく知られています。
しかし、成長ホルモンにはもう1つ重要な役割があります。
それは、「体にある物質」を
「エネルギーとして使えるような物質」に
変えていく働きです(これを代謝といいます)。
私たちが生きていくためには、体内でエネルギーを
つくることが欠かせませんが、
成長ホルモンはその過程で大切な役割を担っています。

食事・運動・睡眠のバランスが崩れると
成長ホルモンも乱れることは有名でしょう?

もしこのグレリンが暴走すると
肥満ホルモンと呼ばれ
食欲が増え、脂肪細胞を増加させます。
じつは睡眠時間が短い人ほど
グレリンは増えやすくなるといわれます。

かつては食欲が起こる仕組みとして
血中のブドウ糖(血糖値)が減ると空腹を感じ、
血中のブドウ糖が増えると満腹になるといわれていましたが、
現在ではそれだけではなく
このグレリンのような末梢臓器からの信号や、
中枢神経からの信号など、
いくつものルートが複雑に影響して
食欲を起こさせていることが判明しています。

例えば見た目。
おいしそうに皿に盛り付けられたり、
テーブルコーディネートされていたり。
タレントさんのSNSなどにアップされているのですが
本当によくできたものもあれば
残念なものもアップされています。
ぜひ見比べてみてください。
残念な状態よりも
見事な盛り付けの方が食欲を駆り立てませんか?
皆さん絶賛される
「里田まい 料理」は本当にみごとです。
おなか減ってきます。

イギリスの伝統料理
「星を見上げるパイ」の見た目はショッキングです。
パイから魚が何匹も顔を出しているのですから。
しかし、その言い伝えは
連日の大嵐で船を出せず
食べることもできなくなってきた漁師たちに
その嵐の中、船を出し
漁村全員の食べる分の魚を取って戻ってきた
英雄をたたえるために作られたものだとか。

余談ですが、
ジブリの魔女の宅急便で
主人公キキが配送依頼を受けた家で
本当はパイを作るつもりがオーブンが壊れてできない。
しかし奥に使っていない石窯があり
それなら動かせると、一緒になってパイ作りをした・・・
という件のパイが「星を見上げるパイ」なんだとか。
さすがに映画では
ものすごくかわいいデザインになっていましたし、
配送先の孫娘は残念ながら喜んでいませんでしたけど。

まぁ、家庭内だけでなく
例えば大自然の中バーベキューをすることを想像しましょう。
焼けていくところを見て
炭火の爆ぜる音を聞き
焼ける匂いを嗅ぎ
その炎の熱を感じる
鳥のさえずりと少し冷気を帯びた山の風
木漏れ日の暖かさを家族とともに共有しあう楽しい食事。
よだれ出てきませんか?

そんな五感も食欲を起こさせる刺激の1つです。

映画飯、ドラマ飯、アニメ飯は最近のキーワードとなるのか
ちょっと流行っていますね。
「食べる」に興味を持ってくれるのは
医療的にも喜ばしい事です。
YouTubeのAlmazan Kitchenなど画像も綺麗で
自然な感じの調理でよく見てしまいますし、
深夜の飯テロ番組といわれるものも
ついつい見ちゃいますね。
吉祥寺だとカヤシマさんが
昔のドラマ・孤独のグルメに出たときは、
3カ月以上ランチを食べに行けなかったほど
混んでましたなぁ。

食べることに問題があるか?を考えたとき
空腹感を感じているかどうか、
何故感じないのか?
そんなことから気にしてほしいのですが
治療を考えると、
この後に続く「摂食嚥下」の機能低下があるかどうか
からスタートすることが多いわけです。

もし本人やご家族で「食べる」について悩み事がある方が
このブログを読まれているようでしたら、
できるだけ、「空腹感」を感じるところから
食事に向き合えているか?
感じない理由が思い当たるか?
その理由を対処することは可能なのか?
というところから見つめなおしてみてください。

キッカケは思いもよらぬ所から。ということもあります。
まぁ意外と多いのは「おやつ」食べ過ぎで食欲がわかない
なんて笑い話もあります。
何かの心配事が気持ちの中でくすぶっていて
食欲がわかなかったり、
薬を飲み過ぎて交感神経が持続的に興奮状態となるため
膨満感になっていたり、
便秘が続いていたり、
単に運動不足で消費してないこともあります。
入れ歯が合わなくなっていたり、
歯周病で不快な口腔内になっていても食欲は減ります。

このへんは原因が分かりやすいですが
「食欲不振」のよくある原因には、
胃疾患・肝疾患・腎疾患・結核性疾患・熱性疾患なども
疑わなければなりません。

例えば病気になったときはその患部に血液が集中し
免疫機能で修復しようとします。
食事をすると胃などに血液が集まって消化しようとするので
そのタイミングでは病気の修復機能力が低下します。
そのため食欲を落とし修復機能に集中して血液を
送り込めるようにするため食欲を減らすことがあります。
「治るために食べない」というタイミングならば
身体にとって必要なことですので無理に食べさせるべきではありません。
ですから一次的な食欲不振なら問題ないのですが
長期にわたるとその免疫機能のもとになるのも食事から得ているため
免疫も落ち、さらに食欲も落ちてしまうと生命維持活動力も落ちます。

薬を毛嫌いする人もいますが、体力が十分なうちだけです。
免疫が落ちてしまえば治る力はありません。
できるだけ短期で治すなら薬を利用した方がいいことも多々あります。
必要に応じてで正しく利用しましょう。

高齢者の食欲不振は、認知症、内蔵機能低下、
味覚嗅覚視覚などの低下、と
「老化だから仕方がない」といわれてしまいそうなことも。
いつも何度も言いますが、しっかり食べる同世代がいる限り
老化ではありません。人間である限り万人みな同じように
起きることが老化です。多数派が正しいわけではありません。
気を付けて。

また癌(ガン)などがステージ3〜4と進んでしまっても
食欲がなくなることが増えます。
食べたい気持ちはあるのだけれど
香りだけでも受け付けたくない・・・
吐き気がする・・・
などの兆候があれば要注意でしょう。
できればジュースやスープにしてでも
食べさせてほしいところです。
食べなくなって、
お小水(おしっこ)すら出なくなってしまえば
最後のカウントダウンとなってしまいます。
逆にどんな病気でも
末期からでも完治・寛解したという人は必ずいます!
そういう人たちに、
単なる医療の受け身だけで治った人はいるのでしょうか?
体験記などを書く人の話しか目にできませんが
能動的に生活環境すらも変えている人が多い。
多くの人に負けないで頑張ってって言いたいですね。
私も大変なのは十分わかりますし体験もしています。
負けたくないです。
自分一人じゃ難しい。それでも一人で乗り越える人もいる。
可能なら家族で乗り越えた方がいい。
私自身も家族介護の経験がありますから
相談に乗れることもたくさんあるとおもいます。

かかりつけの医者でも、介護職員でも、たまたま出会った人でも。
何かのきっかけで役に立つアドバイスがもらえることもあります。
出来ればそういうつながりを断ち切らないように
社交性を失わないような生活は意識してください。

(こういうコミュニティーセンターの活用も重要ですし
そこで行うこのような講演に参加されるのも今後の自分に
役立つことがあるかもしれません。
いろいろ参加してみましょうね。
余談ですが歯科医師会としても毎年6月に武蔵野公会堂で
「良い歯のための集い」というイベントを開催しています。
TVなどでも活躍する先生の健康のためのお話とか
笑顔になる楽しいイベントとか
ガンバって色々企画しています。よければ参加お待ちしています。)

→私の話ことばでの講演内容ですので
ブログ的には一応カッコつきにしました。
なかなか書くと本題にたどり着けませんね。
どんだけ濃い内容を60分で話したんでしょう。
スライド150枚分・・・恐るべしです。
他のことも書きたいのですが、
終われないと新しく書けないので・・・
また次回に続きます。



カラフルあっぷるいーと3.JPGカラフルあっぷるいーと3.JPG







posted by あっぷるいーと いんちょう at 19:51| Comment(0) | クリニック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

携帯用ガムテープを作ってみた

思い付きの駄文ですので
まったく歯のことではありません。
シリーズも途中ですが
「携帯用ガムテープ」のお話です。

旅行のときガムテープって持っていきますか?
防災グッズには入っていますか?

まもなくゴールデンウィークになりますね。
旅行に行かれる方も多いでしょう。
そんな時、お土産や帰宅時の荷物減らしに
宅配便を利用する人もいるでしょう。

ダンボールだけコンビニなどでもらって
まとめて配送することもありませんか?
(宅配便の集積センターで荷物を送るなら
必要ない事ではあるのですが)
そんな時、
コンビニや100円ショップでガムテープを買って、
使い切らない分は手荷物で持って帰ったり、
使い途中でも邪魔なので捨てたり、
しませんか?

そんなときたまたま防災グッズを検索していたら
ダクトテープホルダー?キーホルダー?
というものに行きつきました。
多少ですが画像検索で出てきます。
コンパクトに巻き取ったガムテープなどを
キーホルダーとして持ち歩く。

ガムテープ・ダクトテープなどは
エチケットブラシなど毛玉取りにもなるし、
防災グッズとして非常時のテント修理などにも使え、
登山で靴が破れた人の応急処置にダクトテープを用いた、
骨折の添え木固定に、
なんて話もあるほど防災グッズとしても欲しいのだが
テープとして売っているサイズでは邪魔になる。
ダクトテープホルダーはピッタリなサイズだと思いました。

また、ドラムってシンバルやタイコの
ミュート(消音やサスティーンという余韻の調節)に
ガムテープや養生テープなどを使うこともあるし、
スタンド類のネジのゆるみの補修にもなる。
スティックバッグに1つ入れておいてもいいぐらい。
ということですごくほしかったのだけれど・・・。

数年たっているためなかなか手に入らなそう。
輸入品なのか20ドル(2500円)もするし
個人輸入するしかなさそうな感じ。
そこまでの手間をかけてまでは・・・

元・沢尻エリカさんの旦那で、
スーパーメディアクリエーター高城剛さんは
(昔イカ天の後番組エビ天の審査員にいたと思うんだけど)
(三宅裕司のいかすバンド天国
=ブランキ―ジェットシティーはじめ様々輩出)
(三宅裕司のえびぞり巨匠天国
 =様々な若手クリエイターの映像上映
当時としては時代の先取りすぎたかも)
使わないテレホンカードなどにグルグルとテープを巻き付けて
財布に入れておくなんて記事にもたどり着いたのだが
テープって厚みの断面部分に埃がくっつきません?
財布が厚くなるのも嫌だし。

EDC(エブリ・デイ・キャリー)などでは
そのまま芯棒もなく巻き取ったものを
ミントタブレットのスチール缶に入れて
他の緊急時役立ちそうなグッズとともに持ち歩いている
なんて画像も見つかったのだが、
それも埃が付きそう、他のグッズにベタベタが付きそう
なんて思えてしまう。

それが嫌なので自作してみました。

第一弾は平ワッシャーとワイヤー
にカラビナ極小サイズを使ってキーホルダーっぽく。
これは残念ながら安定性も悪く
持ち歩くには・・・いまいち。

そこでネジを使うことにしました。
ガムテープなどの一般的な幅は50o(5p)
そのため60oのボルトが必要でした。
島忠やドイトなどホームセンターを覗くと
M3以下では見つからなかったのだが
M4ならば60oボルトがあった。
平ワッシャーもM4なら20oがあり
コンパクトにしたければ小さいワッシャーにすればよい。
ボルトも短いものにすればテーピングテープもいける。
断面がワッシャーで保護されるため汚れにくい。
テープのベタつきも他にうつることはないだろう。

20180418_123945.jpg

ワッシャーの固定に六角ナットを2つ使うのだが、
そのうちの1つを
別件で買っていた真中高ナットと、
たまたま見かけたユニクロアイボルト(フック状ボルト)
に変えると結構長いがキーホルダーにもなる。
もっともパーツも見つからない可能性もあるだろうし
ちょっとは重くもなるのでここまではおすすめしていないが、
ポケットやバッグ内に1つ忍ばせておくには
いいサイズ感だと思う。

20180419_003643.jpg

テーピングテープなんかはもっと細いので
よりコンパクトにできる。
フック状ボルト30oを使えば小さいキーホルダー
になるだろうし、
長いボルトで2サイズ混合の1本も作れるだろう。

ぜひ
防災バッグや旅行のおともにどーでしょう。
材料さえそろえば製作時間は10分もかかりません。
巻き直せるタイプのテープ限定ですけど。
紙のガムテープとかではできません。

というか防災グッズ開発者よ。
もしくはドラム(楽器)機材メーカーよ。
見ていたら製品化しておくれ。
もっとカッコよく
すでに海外で商品化されているものだから
特許もとれないだろうけど
あったらいいなぁ。

とはいえ興味ない人には全くウケないでしょう。
自分的には便利なんだけどなぁ。
まぁ年に数回くらいしか出番はなさそうだけど。

そんなこんなで、今年のゴールデンウィークは
4月30日(月・祝)PM1時から
コピス前のイベントで演奏をしたり、
他の人の演奏を聴きに行ったり。
後日、親友と旅行にもいく予定です。
皆様も楽しんでください。
連休中に痛くなっても見てあげられませんのでご注意を。

4月29日(日曜)〜5月6日(日曜)はゴールデンウィーク
として休診します。ご注意ください。



カラフルあっぷるいーと3.JPG



posted by あっぷるいーと いんちょう at 17:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする