2017年07月05日

2017年7月の予定&中学生のためのカルシウムの話

2017年7月の予定

7日(金)19:00終了
15日(土)17:30終了
25日(火)午前休診(午後通常診療)

6日(木)学校医会のため往診時間は異なります。

――――――――――――――――――――――――

いろいろやることがあって
すっかりブログでの予定をお知らせするのを忘れてました。
急ピッチで書き上げましょう。
(別件で使用する記事を活用します)

今は中学校の校医が回ってきています。
将来のことを考えると中学生時代って
ものすごく大切なタイミングなんです。

そこで養護の先生にお願いして
2年間の任期中に6種の「学校歯科だより」を
配布させてもらえるようにし、
年3枚ペースで今だから気を付けたい事を
A4用紙1枚分(表面のみ)に簡単にまとめ
本人・家族宛にお届けするようにしました。

あまり多くて頻繁だと読む気も失せるでしょうし
この時期に伝えておきたい事は6枚で最低限モーラできます。
今の3年生は1年で卒業し半分しか読めないでしょうが、
学校保健とは自分で健康管理する基礎力を
身につけることを目的としているそうで
きっかけを作る手助けになれば目的は果たせます。
注意喚起として子供時代に聞いたことは
大人になっても記憶に残っているという人も多い。
歯に関しても無関心が一番悪化させる要因ですし。

その第1弾としてカルシウムのことを書きましたが
知らない人も多いようなので、
より詳細に書いてみたいと思います。

まず初めに成長期は身長が伸びます。
つまり骨も長く太く強くなる時期です。
カルシウムは骨や歯に99%存在する
ということは知っているでしょう。

骨が成長する=タンパク質をとっている
骨が強くなる=カルシウムの蓄積量が増える
ということはご理解いただけているでしょうか?

骨の
70%はカルシウムを含めた無機質
20%はコラーゲンなどの有機質
10%は水分でできています。
その中のコラーゲンはタンパク質でできています。
コラーゲン部分が成長で大きくなり
そのスペースにカルシウムが入り込み固くなります。
もちろんカルシウムで固められなければ
骨はまっすぐに伸びませんから成長にも関わるのですが、
身長が伸びるなどに重要なのはタンパク質
それを支えるのがカルシウムというイメージです。

そして
成長期を過ぎると身長は伸びません。
つまり
骨が成長しない→カルシウムの蓄積が止まる
ということです。

体内にカルシウムを貯めて増やしておけるのは10代だけです。
中学だけでなく高校や大学・新社会人くらいまでは成長できるのですが
最も成長するのは小4〜中3の時期です。
基本その後25歳くらいから減りだしますが
40代中旬までは体内カルシウム量の維持はしやすいです。
しかしその後はだんだん減る方が多くなります。

特に女性の方が華奢ですので
カルシウム量は男性より少ないことが多い。
45歳以降の骨が減ってしまう現象が起きると
余力が少ないので骨粗しょう症へと至りやすくなってしまいます。
ちなみに健康状態と骨粗しょう症を比較すると
約70%ほどに(−30%)骨量が減ってしまう状態をさします。

だからこそ10代のうちに骨にカルシウムを貯めておく
「骨貯金」を推奨しています。
10代のうちに十分なMAX量を蓄えておき、
20代以降はその状態を維持するよう気を付ける
ことが大事になります。

ところで99%は骨や歯にあるカルシウムの
残り1%の意味って知っていますか?

1%は血液中にあります。
刺激を受けるとカルシウムが細胞の中に入り
筋肉の収縮、脳や神経の情報伝達、血液凝固、
心臓の脈拍リズムを一定に保つなど
様々な働きをします。
その血液中のカルシウム濃度を一定にするための
ストックとして骨を貯蔵庫としているわけです。

体内カルシウム(Ca)バランスが崩れれば
生命にかかわるというのもご理解いただけるでしょう。
例えば
体内(血液中)Ca不足が続くと
→ 骨からCaを取り出す(骨はもろくなる=虫歯・歯周病・骨粗しょう症が進行しやすい)
→ 体内Ca濃度が増える
→ 血管筋に取り込まれる
→ 血管を収縮させる
→ 高血圧になる。
(Caバランスの乱れは高血圧症の要因の1つです)
など単に骨や歯のことだけでなく色々な場面に関わります。

もちろん歯にとっても再石灰化という修復力に
カルシウムは関わってきますので
カルシウムが減少すれば虫歯になりやすい状態に。

高血圧からくる免疫機能の低下が起これば
口内細菌の悪化も。
歯周病やカビの繁殖なんかも見られます。

取り過ぎもよくない(甲上腺の病気などにも関わってきます)ので
サプリメントなどを多用するには注意が必要ですが、
ぜひ、成長期と呼ばれるうちはカルシウムを積極的に取らせましょう。
(タンパク質による成長ありきですが)

また折を見て「中学生のための歯科」的に書きますね。




カラフルあっぷるいーと3.JPG



posted by あっぷるいーと いんちょう at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学生・子供のための歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

2017年6月の予定&駄文・良い歯の集いと日本語とドラムと椅子と姿勢

2017年6月の予定

2日(金)19:00終了
9日(金)19:30終了
10日(土)13:00終了
14日(水)19:00終了
23日(金)18:30終了

また
8日(木)午前一中健診
22日(木)特養施設健診
があるため往診時間が変更になります。

一応インフォメーションも。
6月10日の土曜日は恒例の
「良い歯の集い」を武蔵野公会堂で開催します。

20170531_132239.jpg

歯科の有名な先生のお話もしていただきます。

今回はお楽しみ企画として
落語と漫才も。
笑点でおなじみの小遊三師匠もお呼びしています。
ラフティセラピー(笑い療法)ではないですが
楽しんで帰ってください。

――――――――――――――――――――――――

さて今日は駄文。

何年か前にアップしたこのブログで、
MY練習用ドラムセットの写真をあげたことがあります。

よく趣味でドラムセットの検索をするのですが
その時の写真がたまにヒットします。
何故そんなに出てくるのだろうと思っていたら、
先日気付きました。
私もたまにページジャンプする
「ドラムセットマニア」という誰かのブログページに
そのまま転載されていました。

断りもない無断転用ですが、
それを知ったときにうれしくなって・・・
まさかここに載るとは!
自分が時折ではありますが
(あまり更新されないので)
好きで定期的に見ていたものに
自分のものが写っているのは結構うれしいものでした。

それを記事にしようと思ったときに・・・
「ついにやけちゃって・・・」
と記述したくなってハッと気づきました。
念のため検索してみると・・・

「にやける」
正しい意味・・・・なよなよしている
間違いの意味・・・薄笑いを浮かべている
正しく使っている人が  14.7%
間違って使っている人が 76.5%

ついでに
「失笑する」
正しい意味・・・・こらえきれず吹き出して笑う
間違いの意味・・・笑いも出ないくらいあきれる
正しく使っている人が  27.7%
間違って使っている人が 60.4%

私は完全に大多数の方にいました。
気付かずブログで半永久的に残るとこだ。
過半数以上に間違えられる言葉って、
時に会話として成り立ちませんね。

失笑オンパレードと言われるより
爆笑オンパレードの方が期待持てます。

小遊三師匠などに引っ掛けて笑いのネタを・・・
と書き始めたらすぐに落とし穴。
残念ながら正しい日本語とは限らないこのブログ。
今回のように念のためチェックすることもあるのですが
習慣的言い回しは正しくない意味で使っているかもしれません。
過去のまではチェックしきれません。
なんとなくで・・・すみません。

ということで
今の練習用MYドラムセットを。
当時のままのリズムトラベラーに
太鼓やシンバルを増やして
水平にセッティングしています。

多分身長的に20インチ以上のバスドラでは
水平セッティングじゃタムのリムばかり
叩いちゃうでしょうから小口径バスじゃないと。
ジャズやるときなどは
ライドシンバルでいろいろな音を出したいので
垂直気味に立てるのですが
練習用では生音も出せないので
不得手な位置の水平にしています。

またドラムセットマニアに載ったらいいな
ということで今の写真もアップしておきましょう。

20170531_002210.jpg

3タム2フロア2スネア+ミニティンバレス
メーカーバラバラなシンバル。
リベットの代わりのシズルで
Rピン(クリップ)にナットなどを付けたものが
あると最近知ったのだが
試してみたらシンバルが傷つきそうだったので
ダイソーにあったカーテン用フックをお試し中。
意外と面白いかもです。

ところで
椅子の高さってドラムプレイの場合、
やりやすさの違いはあっても
低くても高くてもできるんですが
作業、制作なんかをされる場合でもそうなんですが
基準とした位置にした方がいいんです。

プロドラマー菅沼孝三氏は
身長×0.321を椅子の高さの目安にするといいと
言っているそうで、
身長が165cmなら椅子の高さは53pくらい。
(ヒールアップしかしないなら+2cmくらいもあり)
手は「小さく前へならえ」をやるような感じで
楽に出る位置。そこにキーボードとかノートとか
作業するものがあると姿勢も正しやすい。

実際その座りは骨盤が安定しやすい位置です。

本気で猫背改善したければ
机も椅子もちょうどいい高さに調節できるものが
いいのですが・・・

ちなみに私の場合、治療時は
大体その姿勢が取れるようにしています。
(子供や大柄な人などでは変えていますが)
ドラム時は、MYセットならそのように、
対バンやレッスンでは様々。
(いちいち直さなくても短い時間なら負担も少ないので)

長時間同じ姿勢でいるなら負担にならない方がいいです。
一度お試しあれ。



カラフルあっぷるいーと3.JPG


posted by あっぷるいーと いんちょう at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

オーラルフレイルにならないためには過信しないで

口や舌、軟口蓋や喉頭蓋、
意識することない当たり前の動きを
衰えさせないために何をするべきか。

行きつくところは
社会性の欠落・歯の欠損
がないようにすることでしょう。

会話の有無だけでなく
身綺麗にする意識がうまれれば
他人からどう見られたいかを想像し
「齢だなぁ」と思われないように
身体を動かす(日常生活活動をする)
人も増えます。
(動かないような生活をしないということ)

歯がしっかりしていれば
舌も衰えにくいし
唾液も出るようになる。
飲み込みにくさも感じることなく
よく食べられることが
体力・免疫力を維持することになります。
(動いているからカロリー消費するので食べようとする)

そしてこのブログでよく言う「姿勢や猫背」は
歯のすり減りを歪にするだけでなく
飲み込み(嚥下)に関しても
悪影響を及ぼします。

本来なら
オーラルフレイルの話をするならば
オーラルディアドコキネシスのような
「パ・タ・カ」を1分で何回言えるか
などの検査の話を書くべきでしょう。
1秒間に「パ」を4回以上できれば8回。
(平均は6回です)
BPM120(テンポのことです)で
4分音符〜8分音符
で言えなければ機能が衰えていることになります。
また1分続けられるかも重要視されています。
1分は結構大変です。

咬合力や唾液検査などもあります。
もちろん悪い状態を知るためには
平均値に自分がいるかどうかを
把握することは大切でしょう。
そういう客観的判断を重要視するクリニックもあります。
残念ながら保険対応の検査ではありませんので
別途費用がかかります。

ただ身体にとって歯が必要なように
歯にとっても身体が必要です。
お互いに分離独立してもいますが
それだけではない。

くいしばりによる歯周病の原因が
白内障による視野狭窄で起こっていることもあります。
たとえば左右どちらかだけ見えにくいことで
バランスを保とうと見づらい方に力をこめる。
結果見づらいほうをくいしばって
歯が痛くなることもあります。

同じような左右バランスを保つために
片方だけの病気や症状の帳尻をとろうとしてしまう。
たとえば
膝関節損傷で歯周病が起こっていることもあります。
脳梗塞・片麻痺で起こっていることもあります。
(麻痺があるから磨けない、というだけではありません)
だから診療時に身体の状態も聞いたりします。
「目は関係ない・足は関係ない・・・」
なんて自己判断しないで話してくれる患者さんの方が
早く診断できることも多いです。

近年、親知らずがはえない子、前歯の本数が足りない子
など顎の成長不足や歯並びの悪い人も増えていたりします。
IT化が進み昔のようなテレビゲームがスマホでできるため
いつでもどこでもな便利と人体の影響もあるでしょう。
その時代に合った影響というものがあります。
子供だからどう・高齢者だからこうというだけではなく
今の子供は、今の高齢者は・・・という観点で
診なければいけないわけです。
そういう意味では一見無駄話のようなものも
原因を探る手掛かりになる。

複雑化する現代社会では
ただでさえ宇宙に例えられる人体が
もっと複雑化するのですから
悪化した状態だけを診ても難しいわけです。

オーラルフレイルにならない人はいます。
なるためには必ず原因があるはずです。
高齢者・有病者・社会人・学生・小児・・・
いつから始まったのかを探ることも重要です。

そしてできれば家族の方が
わずかに食べこぼす
むせやすい
言葉が聞き取りにくい
など悪化の初期症状であるオーラルフレイルを
見逃さず気付いてあげてほしいのですが
毎日ちょっとずつ悪化していたりすると
気付かないものです。

はじめましての場合や
何年も前に数回来た程度だと
歯科クリニックの先生もオーラルフレイル状態だと
気付けないこともあるでしょう。
よく歯医者同士が集まって話すときに
患者さんがウチからアッチへ、
アッチからウチへ、
と変わっていてもかまわないけど、
歯医者に全く行かない生活になっているほうが心配だよね
という会話もします。
相性や都合もあるでしょうから他所へ行くのは良いんですが
通院しない=悪い状態のまま放置
というのが一番怖い。
今日明日のこともあれば
5年先・10年先・50年先を見据えての話でもあります。
そういう積み重ねが治療困難状態を招き
オーラルフレイルを超え
心身のフレイルへと進みます。

ウチにもいます。
薬だけでいいという人。
いつ磨いたんだろうという人。
入れ歯入れないのねという人。
体力のある今はどうにかなっているでしょうが、
何か起こったときは・・・
ご自愛くださいね。

端的に話せばこうはならなかった
オーラルフレイルの話でした。
市民講演した時の内容をそのまま書いたほうが
きれいでまとまりがあったのですが・・・
オーラルフレイルの説明よりも
その周辺の話に重点を置いてしまったために
読みづらくなってしまったでしょうか?
今後も書く機会はあるでしょうから
今回はこのへんで区切ります。



カラフルあっぷるいーと3.JPG




posted by あっぷるいーと いんちょう at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 全身に関わる歯科の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする