2018年01月10日

2018年1月の予定&戌年にちなんで犬の歯周病の話

2018年1月の予定&戌年にちなんで犬の歯周病の話

19日(金曜)17:30終了
23日(火曜)午前休診・午後通常診療

となっていますのでご注意ください。

――――――――――――――――――――――――
新年あけましておめでとうございます。
2018年が始まりました。

20180104_205158.jpg

写真は浅草橋近くのビル。靖国通り沿いでした。
たまたま赤信号で止まったら目に入ったのでパシャリ。
ライティングで鏡餅というのも面白い。

新年早々。自販機で缶コーヒー買ったら
7777がそろったようで
(見てなかったけど電子音はしていた)
もう一本の大当たり。
人生で2度目なので、当選確率は低いけど。
今年はプチラッキーな年になるのでしょうか。

さて、今年1回目のブログでは
いきなり「グロい写真」(気持ち悪く見える写真)を
掲載します。
好まない方は見るのをやめておきましょう。

題して
「ペットの歯周病は大丈夫?命にかかわりますから気を付けて。」

うちのワンちゃんの話です。
うちでは現時点で犬3つ猫1つ(匹とは言いたくないので)
と生活しています。
ペキニーズ×2・ヨークシャーテリア・ヒマラヤン
といるのですが、
戌年ということもあり、正月休みだし、
口臭も臭く感じていた2つの
歯石取りをするか。
と気軽に始めてビックリ。

最初ペキニーズから始めたら
こんなに歯石が大きいのかと・・・。

年末に
異変に気付いたのは母でした。
口の中から血が出ていると。
獣医に診てもらったのですが
抗生物質を渡されただけでした。
切れてもいないし、胃腸からの出血でもないそう。

それでも多少は良くなったのですが、
御飯も食べなくなり・・・

正月休みに入ったので私が口の中を見てみると
がっつりした歯石とその下に「ものもらい」
みたいな歯ぐきの腫れ。

もともと自宅用に置いていた
スケーラーという歯石を落とす器具をもちい
人間と同じようにやろうとします。
たいして腫れていないところは難なくやらせてくれました。
しかし腫れているところ、歯が揺れ出してしまったところ
などは嫌がってやらせません。
人間でも痛く感じるところです。

以前獣医に聞いたことがありますが、
歯専門でやる獣医がいて、
全身麻酔をして眠らせて
ペンチみたいな道具で
ペキペキ砕き割って取るのだそう。

全身麻酔はできなくもないが、
もともと心臓が強い犬種ではないので
できるかぎりかけたくないし、自宅ではできない。
歯科診療と同じ歯石取りの方がペンチのようなものを
使うより細かくできるだろうし歯を痛めなかろう。
ということで2人がかりで押さえながらやるしかありません。

歯の側面を覆いかぶさる大きな歯石。
気のいいワンコですので噛まれはしませんが・・・。

1時間がかりで、絶対落としたい歯石だけを取った感じです。
はーはーしていた状態が落ち着いた20分後くらいから
食事を自発的に取り始めました。

歯石で口の中が気持ち悪かったのか
炎症が慢性的に続いたせいでの体調不良なのか
動揺し始めた歯が痛かったのか。
もともと動物(犬も)は噛みはしますが基本は丸飲みです。
人間のような咀嚼はしません。
ここ数日ほとんど食事をしなかったのが
歯石を取った直後から普通に食事しはじめ、
健常時と同じ状態になったのですから、
治療のためと押さえつけられたことでのカロリー消費の補充
という意味だけではないのが分かりますね。

ちなみに人間の場合もある種、歯石落としをちゃんとやると
やっている最中からお腹が鳴り出す人が
ウチの場合は約60%くらいいます。
歯石を落とすことで腸の蠕動運動がしっかり起こる
ということを指し示すと同時に
ちゃんと歯石が落とせているという指標にもなっています。
お腹がならない人のほとんどが
「くいしばりレベル3」(ウチの指標なので他所では通じませんが)
歯根膜の柔軟性がなくなっている状態の人ばかり。
身体の連動が閉ざされているのでしょう。

ともあれ、ウチのワンコにとっても、
歯石による歯肉炎・歯周病のせいで
腸の動きが悪くなり食欲がない状態になっていた
可能性も考えられるというわけです。

クタクタに疲れはしましたが、
もう1つもこのままやろうということに。
ヨークシャーテリアの番です。

奥歯・・・歯の形がわからない・・・
人間とは形態が違います。
でも、さっきのペキニーズとは異なる違和感。

歯石っぽいところにスケーラーを差し込みます。
そして取れたのを見て・・・
なんだこれ・・・

先ほどの10倍以上歯石。
歯にあたる面はグジュグジュの臭く軟かい何か。
歯を覆うほどのカルシウムの塊。

こりゃやばい。
死んじゃうよ。
片っ端から取らなきゃ。

もう1つ奥はグラグラ過ぎて根っこごと歯が取れた。
人間でも同じですが、
骨とくっつくべきところが炎症で破壊され
歯そのものが異物(害)として判断されるようになると
歯を排除するために、歯に触れるハグキに皮(表皮)
が作られ、拒絶の壁のようになります。
抜け落ちるのを待つ生体防御反応です。
そこまで悪くなった歯は簡単に抜けます。
反対の歯はなんとか歯石だけが取れた。

20180103_220626-1.jpg

・・・その結果がこれです。
赤い丸で囲まれたものが歯(歯根までくっついたもの)で
それ以上大きいのがすべて歯石です。
なんとなく歯根が3つ見えるでしょうか?
とんがっている角みたいに見えます。
そのうち2つは赤茶けた感じ
・・・これすべて歯石に覆われています。
まさに生体にとっては異物(害)ですね。
実際に残りの1根のほんのわずかなところで
この歯はぶら下がっているだけだったようで、
抜けたハグキからはほとんど血は出ませんでした。
(ほとんどが皮になっていたということです)
ちなみにこの残り1根も、歯根の形がおかしい。
たぶん膿も出ていたのでしょう、
歯根が溶けて短くなっているようです。

20180103_220742.jpg

取った歯石の比較として
前述のペキニーズの大きいといえる歯石とも
並べてみましたが、大きさの次元が違います。
(小さく見える方も歯を覆い隠すほどなんですけど)

愛犬といえども、嫌われるの覚悟で治療に取り掛かっています。
二度としっぽを振ってくれなくても
死なれてしまうよりはマシ。
・・・そんな思いは通じているのでしょうね。
治療後、普段通り、ちゃんと愛情を示してくれましたから。

20180106_203126.jpg
たぶん初出しのウチの子。

太りすぎで腰が立たず、歩けないのかと思ってましたが、
歯石を取った直後、最近見たこともないスピードで
はしゃいでいました。
・・・いかに歯周病の慢性炎症が、
「食」や「歩行」など様々なことに影響するのか
再三にわたって実感するわけです。

残念ながら、他の方の愛犬や愛猫の歯石を
取ってあげられるわけではありません。
ちゃんと信頼できる腕を持った獣医さんを探しましょう。
歯石取りはできない獣医さんもいますし
ある意味、歯の治療は特殊技術の塊ですので
見よう見まねで素人がやるのも危険だったりします。

以前テレビで見たことありますけど
馬専門の歯医者(獣医)さんもいて
口に頭を突っ込んで視診し、
やすり掛けして噛み合わせを整えたりと、
すごい事やっていました。

私は今回のことでものすごく反省しました。
もっとペットを可愛がるだけじゃなく
歯のケアもしておくんだったと。

せっかくの戌年です。
皆様もペットの健康も気遣ってあげてください。

家族みんなで幸せな良い年でありますように。



カラフルあっぷるいーと3.JPG



posted by あっぷるいーと いんちょう at 13:12| Comment(0) | 歯周病・歯肉炎・歯ぐきの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

2017年12月の予定&舌骨・嚥下・他ちょっと難しい事

2017年12月&正月休みの予定

2日(土曜) 17時30分終了
19日(火曜) 19時終了
(28日は特養健診があり往診は休診します)

28日(木曜)〜1月4日(木曜)正月休み
1月5日(金曜)より診療

――――――――――――――――――――――――

舌骨という存在を知っていますか?

呼吸・開口・咀嚼(そしゃく・噛む動作)
・嚥下(えんげ・飲み込む動作)・会話
・笑い・歌唱などに関与する骨で
下顎骨の内側・舌根の下に位置し
数種類の筋肉で宙吊りになっています。

口を開けるときは
舌骨を支点として下顎骨を引き下げ、
嚥下(飲み込む)のときは
下顎骨を支点にして舌骨を引き上げます。

つまり食事をするときなどには
この2つの動きを交互に行うため
支点となるときの下顎骨では噛み合わせがの安定が、
宙吊りとなっている舌骨では可動に関わる筋肉バランスが
大切になってきます。

さて舌骨は筋肉で宙吊りとなっているといいましたが
どうなっているかを言葉で説明するのは難しく
画力もなく、著作権侵害するわけにもいかない為、
見せることが困難です。
なので言葉だけで頑張って説明してみますが
分かりにくければネット上に画像がたくさんありますので
参考にしてみてください。

舌骨は上の方に吊っている筋肉が4種
下の方に引き下げる筋肉も4種あります。
関連する箇所の名前がついているので
その場所さえイメージできれば分かりやすいかもしれません。
また別の筋肉として舌につながる舌骨舌筋もありますが
そこまで話すと長く複雑になるので今回は割愛します。

舌骨の上にある筋肉たち4種
(舌骨上筋群といいます)
オトガイ舌骨筋
顎舌骨筋
顎二腹筋
茎突舌骨筋

大雑把に言うと、「下あご」と「耳の後ろの骨」と
筋肉でつながっています。

舌骨の下にある筋肉たち4種
(舌骨下筋群といいます)
甲状舌骨筋
胸骨舌骨筋
肩甲舌骨筋
胸骨甲状筋

これも大雑把に言うと、甲状軟骨・鎖骨回り・肩甲骨と
筋肉でつながっています。

舌骨を中心として
身体の前側(下顎骨・鎖骨)と
身体の後側(耳の後ろ・肩甲骨)に
つながっているわけです。
つまり連動しています。

そしてこの舌骨は、
ゴックンという飲込みのとても深く関与しています。
@ 舌骨上筋群は、舌骨と喉頭を前上方に挙上することで
食道入り口を広げ、食べ物をスムーズに食道へ導く。
  (この機能が不十分だと食物の咽頭残留や誤嚥などを生じる)

A 舌骨下筋群がスムーズに動かないと、
舌骨上筋群の動きが悪くなるのでこれもまた@が悪くなる。
今までもこのブログで必要以上に肩甲骨の話をしてきましたが
舌骨を介して肩甲骨にもつながっているので
肩甲骨の位置が悪いと飲込みにも関わってくるのです。

B 甲状舌骨筋は甲状軟骨=のどぼとけのすぐ上
(声帯を守るように覆っている軟骨)
と舌骨を結び付けています。
ゴックンと飲み込むことで舌骨とともに甲状軟骨を
前上方へ挙上され、@の状態になります。
しかし、甲状軟骨も茎突咽頭筋によって吊り下げられていて
複数の筋肉(胸骨など)ともつながっています。
当然そのつながる筋肉が悪いと飲込みも悪くなります。
逆にこの動きがスムーズな人ほど歌唱力がアップします。
(歌の先生が最も重視するのは姿勢だといいますが
このような筋肉の連動を見越して指導しているのですね)

人間は操り人形よりももっといっぱいの筋肉のつながりがあります。
なので、うちでは必ず、基準となる下顎の位置を正してから
下部の筋肉を正していきます。
下顎骨の位置とは、
噛み合わせであったり、
顎関節であったり、
それに伴う噛む筋肉(咀嚼筋)であったり、
が正された状態をさします。
そのためには、肩甲骨や腕、頭の位置、身体のクセ
なども関連してきます。

複雑なことを簡単に話す方法がわからなかったので
ブログでは避けていた内容ですが、
特に最近、舌骨のポジションをお話しできるような状態まで
改善されてきた患者さんが増えましたので
ほんのさわりではありますが、この機会にアップしてみました。

本当は舌の話もしたいところですがまたの機会に。

皆様、良い年末・年始でありますよう。



カラフルあっぷるいーと3.JPG





posted by あっぷるいーと いんちょう at 19:51| Comment(0) | 全身に関わる歯科の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

2017年11月の予定&歯科の触診

2017年11月の予定

10日(金曜)19:00終了
28日(火曜)午前休診・午後通常診療

となります。ご注意ください。

――――――――――――――――――――――――

今日は触診のお話。
超・長文になっています。
お時間のある時にゆっくりどうぞ。

触診とは手指で触って確かめることを言います。
わずかな動きの変化(リズム・タイミング・強さなど)
を察知することでおかしい状況になっているのかを探ります。
近年では専門の機械もかつてよりは小型化され
状況を数値化できるメリットはありますが
実際の現場では必要なものとは限りません。
職人並みの研ぎ澄ました感覚の方が   
素早く細かく何度もできたりするので
使い勝手が楽です。

ちなみに専門的な機械は保険対象外。
診断とそれにまつわる治療も自費扱いになります。
その方が信用できると思われる方は
そういう治療をされている病院を探されるとよいでしょう。
ウチの場合は保険内で治療することがほとんどの為
触診による診査が絶対必要になります。

噛み合わせやドライマウス、顎関節症に関連して
必ず触診する顔の部分があります。
顎関節の挙動と咬筋・側頭筋のバランスです。

これは素人さんでも大体わかる動きなので
(わずかな差はわからない人もいますが…)
自分で触ってみるのもよいでしょう。

まずは顎関節。
耳の穴に人差し指を当て、
ゆっくり前の「もみあげ」あたりまでズラします。
その状態で口を大きく開け閉めしてもらうと
関節が動いているのを感じるでしょう。
その位置より気持ち下方にある人が多いので、
関節の動きを感じながら微調整してください。

位置が定まったら
口の開け閉め(大きく限界まで動かしましょう)
をして左右で動きが同じことを確かめましょう。
軽い開け閉めではズレは感じにくいです。
しっかり開け閉めしましょう。

カックンと段差を乗り上げるような感覚があったり
ゴリゴリ・カクカクとした感じがあるようなら
顎関節症レベル3。

スムーズに動くのに
左右で全く動きが異なっている感じがしたら
顎関節症レベル4。(一番悪くなった状態です)
このレベル4はレントゲンを撮ることで
左右の骨の形が変わってしまっているのを
発見できると思います。
またレベル3のようなゴリゴリした感覚はなくなり
滑らかなのに左右で挙動が違う状態のはずです。

ちなみに病名で分類すると
T型 咀嚼筋障害
II型 顎関節痛障害
V型 顎関節円板障害
 タイプA 復位性
 タイプB 非復位性
W型 変形性顎関節症

悪くなっている部分でいうなら
T型 筋肉の痛み(感じていない場合も多い)
II型 靭帯などによる痛み(感じていない場合も多い)
V型 軟骨(関節円板)のズレ
W型 関節の骨の変形
となります。

かなりの割合で高校生頃に
顎がカクカクなっていたという経験がある人は
ある時から感じなくなったはずです。
それがレベル3からレベル4に悪化したことでの変化です。
なのでレベル4になった人は
ここを触ってもらうと動きに左右差を感じるでしょう。
たいていの人がカクカクしなくなった
=治ったと思っていますが
レベル4になってしまっただけで、実際は悪化しています。

次は
アゴの骨でよく「えらが張る」といわれる部分から
指3本分程度前方。
上下の歯を接触させて、さらに強く噛み込むと
ホホの筋肉がプクップクッと膨れるでしょう。
その筋肉を上にたどると、
頬骨まで伸びます。
その筋肉の動きは左右で均等でしょうか?
噛むための筋肉は4種類ありますが
ここはそのうちの咬筋というところ。

さらに
「こめかみ」にあたる部分。
顎関節から上に進み、
耳よりも上にたどり着いたところ。
ここも強く噛み込むと動くはずです。
左右均等でしょうか?
ここは側頭筋というところ。

他は骨の内側にあるので
専門的な触診が必要な時は触りますが
大体はこの2か所の筋肉で診断は事足ります。
細かくは無理でしょうが
顎関節症レベル1〜2はこの触診で有無が判定できます。

うちでは
この筋肉たちと顎関節の3か所は噛み合わせの調整を
するときは必ず触ります。もちろん歯も触ります。
たいていの原因は噛み合わせのズレにあります。

しかし、ときにそのバランスを崩す要因として
噛み合わせ以外のこともあります。

先ほどの咬筋や側頭筋が痛いといって
来院される人がいますが、
ウチで数年前に咬合調整をしてある人の場合だと、
そんなに簡単にバランスが崩れることはありません。
もちろん歯肉炎や歯周病で
バランスが一時的に狂うことはありますが
この例ではそれがないと仮定します。
そんな時は大体が「肩や肩甲骨のコリ」だったりします。

肩や肩甲骨をほぐすと
噛んでて楽。咬筋や側頭筋が軽い。
となることもしばしば。
そんな時は噛み合わせを調整してはダメ。
ケース バイ ケースで診ていくわけです。

もう少し歯の触診について話しておきましょう。
カチカチ噛んでもらったときの歯の振動
なんかも触診しています。
左右で当たる強さに相違がないか
タイミングは?などをチェックしています。
ズレがあった場合、赤い紙を噛んでもらい
当たる所に色付けをし、どう削って調整するか
顎関節や筋肉、アゴの角度や、
レントゲンでわかる関節の変形度合などを参考に
考えていきます。
歯の噛む面の傾斜に対して
下げるのか、横に移動させるのか、滑らせるのか、
などすべてあれば32本ある歯のバランスと
動いた後の状況を想定して変えるわけです。
だから右が強く当たるけど左を削ることで
右が正しく治るということも起こります。

強く当たる右だけを削ってしまう人が多いので
おかしくされる場合があるわけですね。
専門を掲げる大学病院でも起こることなので
そこで治らなくって…とウチに来られる人の多くは
恐怖心や不安感を植え付けられているので
なかなか削って調整する治療をさせてくれないんです。
すぐ治ることを
すごく遠回りして治していかなければならないこともあります。

ちなみにカチカチ噛んで、歯ぎしりして…
あきらかに歯の自然な削れを見ると
もっと動かしてるよ!
と言いたい人が多いのですが
「そんなに動かしたことはない」と言われてしまいます。
上下の歯で削りあってぴったりハマる状態を鏡で見せても
納得しきれない感を出されるのですが、
そこまで動かしてるのです。
妥協点として「寝ているときの歯ぎしりなのかも」
と言ってくれる人もいますが、
食事の食べ方だったり、仕事の姿勢だったり、
ということも多い。
気を付けてくれればいいのですが
寝ているとき!とされてしまうと
日中の悪癖はないものと自分で太鼓判を押してしまいます。
日中のことを気付いてくれるまでは
完治させにくい。悪化を遅らすことはできますが。
ちなみに自費治療になりますが
ボトックスとかさせてくれるなら
自覚や自己変革がなくとも早く治せますが…
まぁ、その人しだいで変わります。

何度も言っているのですが
身体はつながっていて連動しているので
どこが悪いかを見極めたうえで
噛み合わせを判断しなければならないので
「噛み合わせを診れない歯医者はいないけど
噛み合わせを正せる歯医者は少ない」という
現実が起こっているのですが・・・

小さな積み重ねが
飲み込むなどのあたりまえの行為を
できなくさせる原因になっていたりもします。
「ご飯」を「おかゆ」に、「おかゆ」を「ミキサー食」に
・・・それすらダメなら管や点滴で。
そうなる前にちゃんと見てもらえるといいのですけれど。

以前書いたと思いますが
ドライマウスで十数件の病院
(大学病院や総合病院、個人クリニックまで
耳鼻科から始めて歯科へと渡り歩いたおじいちゃん)
で治らなかったそう。
最終的には不治の病といわれたんだそうです。
それでもあきらめずウチにたどり着き2〜3か月後には
本人も「こんなに出て大丈夫かね?」というほど
唾液が出るようになりました。
まぁそこまでは良いんです。当然の結果ですから。
ただ、それから1年半以上放置されている状態。
「悪くなったらまた治してもらえばいいんだろう?」
と考える方が多いのですが、
治せる状態と治りきらない状態というのがあるんです。
治せるものしか治せません。今よりはマシにはできますが。

身体が曲がり骨が変形した状態だったり
内臓を摘出されてしまったり
口の中は口の中だけで出来上がっているものではないので
足が悪くなって口の中の状態が悪化することだってあります。
定期的にメンテナンスしようと伝えるのも
些細な変化から対応しておくことで
大事にさせないように準備しておくことができるためです。

特に口の中は日々の
衛生状態・栄養状態・精神状態などなど
あまたの影響を受けやすいところ。
放置して自覚できる症状・変化の再発は
多くが9か月目あたりで起こります。
(自覚できるだけまだ良い方。
 本当に完治させにくいほど悪化・変形している方は
 自覚症状すら現れませんから数年放置され悪化しています。)

なので自覚症状が出る前の
6カ月周期でのメンテナンスをおすすめしています。
(状態が悪ければ3カ月、良ければ1〜2年周期にすることも)

話がそれましたがドライマウスなども
これらの触診がものを言います。

最後はギャグのような本気の話で締めましょう。
感覚は繊細な強弱コントロールができて研ぎ澄まされます。
ドラムでもいいしピアノでもいい。
もちろん中級者以上のスキルがなきゃダメですが、
ドラムならゴーストノートとアクセントが使いこなせるレベル。
とはいえプロでも一生修行中と断言するもので
70歳を超えても現役の世界一稼いだスティーブ・ガッドですら
もっともっと上手くなりたいと対談で語るほどの技術ですから
極めることはできないのかもしれませんが、
なんちゃってレベルなら練習しだいでできます。
手の握り方1つでできない人は一生できない技術でもあります。
ちなみにウチで教える歯の磨き方にも通じるポイントでもあります。
(体験された方の多くは難しがっているのですが
 出来てしまえばこんな簡単なことはないのですが・・・)

弦楽器・管楽器とは違う能力を遊びながら鍛えられます。
今から将来歯医者にさせたいと思われる方がいたとして、
(今のご時世では不人気職業ですが)
職人並みの感覚を培わしておきたいなら
ドラムやピアノがおすすめです。

もっとも顔中に筋電図を張り付けて歯科治療をする
ような時代が来るかもしれませんので
そうなるようなら触診という技術そのものが
衰退していくかもしれませんね。
近年では内科・整形外科などでも触診してくれない
とボヤく患者さんも多いです。
データ表とパソコンばっか見て…と。
先端医療という名が、=ヒューマニズムの欠落
とはなってほしくないのですが。
関わりの長さや多さに比例して、
早く異変に気付いてあげられる
という現実もありますから。
人間の体は複雑です。


カラフルあっぷるいーと3.JPG



posted by あっぷるいーと いんちょう at 16:49| Comment(0) | 歯・噛み合わせの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする